Chapter 5 / 第五章

第五章 『アートの新しい役割』
Chapter 5 “New Role of Art”

第六章 『アートの新しい役割』
Chapter 6 “New Role of Art”

アートに新しい領域が開かれ、「多層的な顔」と
「多層的な職業」を
もつ者たちが登場する。
A new field is opened in art, and people with “Multilayered Face”
and “Multilayered Occupation” appear.

1 ダンスの新しい出発
1 New Start of Dance

[1]

フランスのカミーユ・ポワテルの「現代サーカス」のような、「新しい時代のオペラ」を思わせる、各分野の統合を目指す新世代サーカスが登場している。ネット世界では日本の「初音ミク」[注44]のようなネット上で人びとに共有されるバーチャルアイドルが登場し、表現者の新しい意欲を開拓している。アイルランドの歌姫ビョークのように、本格的なアートの拡張の試みも始まっている[注45] [参25]。ダンスもまた、ダンスを読み替えることで新しい出発が可能になっている

Now we know that a new generation of circus like “Modern Circus” by Camille Boitel in France is making a dashing appearance. It gives an image of “Opera of New Era” to us and it aims the integration of several fields. And, on the Interne a virtual idol like Miku Hatsune [C-44] is making a dashing appearance too and she is pioneering the new interests of the people who want to express themselves through more new way. Also, like Bjork, a famous singer in Iceland, we know several earnest trials to expand the arts [C-45] [R-25]. Also, we can find a new possibility and a new start in “Dance” too if we give a different reading of the function of the dance.

[2]

ダンスを「姿勢の創造」と読み解けば、ダンスは世界中のあらゆる人びとが毎日無意識にやっていること、「姿勢の創造と調整」に行き当たる。スペースチューブがふつうの人びとを即席のダンサーにする力をもつことから、世界の75億人にスペースチューブを届ける方法が出てくる。くつやくつ下は世界中の人びとの毎日の必需品である。誰でもお風呂にも、できれば毎日入りたい。スペースチューブも、くつやくつ下やお風呂のようにできないか? そのための魔法を発明したい。

If we re-understand a “Dance” as “Creation of Posture”, “Dance” goes to what everyone in the world does “Creation and Adjustment of Posture” as their behaviors unconsciously every day. And, as Space Tube keeps an ability to change the general public including the kids to an improvised dancer, so we can find a way for us to bring Space Tube to 7.5 billion people worldwide. Shoes and socks are the daily necessities of people all over the world. Everyone wants to take a bath preferably every day. Can Space Tube be like shoes, socks or baths? I want to invent magic for that.

「身体が世界中の人間の毎日の関心事」であることは、貧しい者にも豊かな者にも共通している。同じひとつの身体の苦痛が両者に共通の「ゆがみ」を与え、その回復が共通の「笑顔」をつくる。このような身体が、本人が自覚できない範囲で「改造」され、「曖昧」になり、「感覚の混乱」が進行していく以上、その回復を実現する新しい装置が登場し、身体ケアの新しい方法が確立される必要がある。身体がゆらげば、あらゆる生活がゆらぐからである。

It is common to both the poor and the rich that “Body is a Daily Concern of People in the world”. The pain of one and the same body gives “Distortion” common to both, and its recovery creates a common “Smile”. As such a body is “Remodeled” to the extent that he or she can’t be aware of, “Ambiguous” and “Sense of Confusion” progresses, a new device that realizes its recovery appears and a new body care method needs to be established. Because if our body shake, all our life will be unsettled.

[3]

私は、このような要請に応える場所として『スペースミュージアム』について次のように構想している。

I am conceived about “SPACE MUSEUM” as a place to respond to such the requests as follows;

スペースミュージアム』は、体験の場であり、デザインの場であり、それらの成果を世界に提示する発信の場である。そして、その担い手を育てる教育の場である。

SPACE MUSEUM ” is a place of experience, a place of design, a place of informing that presents the results of those to the world. And it is a place of education to train the pillars.

以上の目的の為に、「ダンス・建築・デザイン・情報」によるコラボレーションを採用する。現代という時代は他分野によるコラボレーションを必要とする時代になっていく。それは、これまでの方法では解決できない「新しい問題群」を扱うからである。そのために、それを扱う専門家たちの専門性も更新される必要が出てくる。やっと私たちの世界も、感覚の協同による自由なコラボレーションが可能な時代に入ってきたのである。概念上はアーティストとサイエンティストは別世界に住む異邦人たちだが、感覚の世界では両者は驚くほど近づき、一人の人間が両者を兼ねることも矛盾ではなくなっていく。これまで一緒に歩くことが必要だったのにいろんな事情で別々に歩くことを強いられてきた者たちが、いまはじめて一緒に歩くことを求められ、驚いている。そんな新しい時代がやってきているのである[注46]。

For the above purpose, I adopt a collaboration based on “Dance + Architecture + Design + Information”. Our modern era will become an era where collaboration by other fields is required. That is because we deal with “New Problem Groups” that can’t be solved by the previous methods. For that reason, the experts who deal with that need to be updated their expertise. Finally, our world has also come into an era where free collaboration is possible through collaboration of senses. Conceptually, the artists and scientists live in different worlds, but in the world of sensations the two are surprisingly close, and it is no contradiction that one person doubles as both. Those who had been forced to walk separately in various circumstances, but now they are asked to walk together for the first time, so they are very surprised to this big change. Such a new era is coming [C-46].

[4]

そして、『スペースミュージアム』で重要な役割を果たすのは、ダンサーである。それは、ダンサーが「身体の専門家」の一人として社会的に評価され、『身体知』を先行して担う者であり、『身体知』の情報化のためにもっとも近い位置に立っているからである。ダンサーとは、日々身体技術を鍛え、少し身体を浮かすことを覚え、日常ではできない「姿勢の創造~フォルムの形成」を行っている。この、少し身体を浮かすことの中で培われる身体知に、情報社会・高齢社会・宇宙時代を迎えた今日においては特別の価値がある。しかし、この価値は、これまで社会化されたことはなく、ダンスという狭い舞台芸術の中で秘密のまま放置されてきた。

And, it is the dancer that plays an important role in “Space Museum”. This is because dancers are evaluated socially as one of “Body Experts”, they are the persons who precede “Tacit Knowledge”, and stand at the closest position to express “Tacit Knowledge” as the information. The dancers train their body skills day by day and study to float a body a bit, they are doing “Creation of Posture ~ Formation of Form” which people can’t do in the everyday life. Today, we have special value to “Tacit Knowledge” cultivated in floating the body a bit, in the information society, in the aged society, and in the space age. However, this value has never been socialized, it has been left secret in the narrow world of performing arts of dance.

[5]

ダンサーは、自分が培ってきた身体知を情報化する意志をもつかぎり、20世紀前半のバウハウス時代の建築家と同様に、21世紀にふさわしい「新しい職能」をひらき、社会的存在として活躍できる可能性が出てきた。身体知を担う者たちの重要性は、情報化社会では格段に増加するからである。「姿勢」の創造や調整が世界中の人びとの毎日のテーマになれば、それを日々やっているダンサーは人びとに新しい形で結びつき、ダンスの効用が生活の中で注目されることになる。

As long as the dancers have the intention of informing “Tacit Knowledge” that they have cultivated, they can open a “New Function” suitable for the 21st century and can be active as a social entity as well as the Bauhaus architects in the first half of the 20th century. Because the importance of the dancers who shoulder “Tacit Knowledge” increase dramatically in the information society. If the creation and adjustment of “Posture” becomes a daily theme for people all over the world, the dancers who are doing it every day will be tied in a new way to the people, and the utility of dance will draw attention in their lives.

したがって、このような時にも、20世紀のアートシステムに対する反省もなく、「ダンサーとは舞台上でふつうの人びとにはできない美しい動きをつくり出す人」とだけ解釈し、これまでと同様にダンサーとふつうの人びとを差別化していれば、人間同士の優劣を比較しているだけでつまらない。それよりも、「ダンサーとは、生物の進化史を身体の動きを通して追想し、それを根拠に新しい姿勢の創造に挑戦する人。未来の身体への予感を率先して開拓する人」と解釈していけば、それはふつうの人びとにも役立つことで、新しい広がりを見せる。これからは、ダンスの用途を限定することは、ダンスをつまらないものにすることである。

Therefore, even in such a case, if there is no reflection on the 20th century art system, and if we interpret about dance only like “Dancers are the persons who create the beautiful movements that can’t be realized by ordinary people on the stage” it is boring just by comparing the superiorities between the humans, we see only the differentiation between a dancer and ordinary people. So, more than that, if we interpret about dance like “Dancers are the persons who recollect a history of the evolution of the life, and depend on its recollection they challenge the creation of the new postures through dance movements. They are pioneers who develop the vision of the body for the tomorrow”, it will be useful for ordinary people and it will show a new spread. From now, limiting the use of dance will make dance a boring one.

[6]

宇宙開発も、生体改造も、ロボット開発も、仮想空間開発も、高齢者文化開発も、誰もが身体がわからなくなり困っていくのが事実だとすれば、ダンサーにはチャンスはいくらでもある。そこでコラボレーションを成立させれば、「新しいダンス」の創造へのきっかけをつかめる。高レベルのダンス教育がされていることで有名なロンドンのラバンの学校でも、ごく一部の卒業生が世界的に有名な舞踊団に入れるだけで、他の卒業生には就職口がない。またそのような舞踊団に就職できても、彼らのリタイアの時期は信じられないほど早い。世界中の大学のダンス学部でも事情は同じであり、これほど現代ダンス教育の矛盾を端的に示す証拠もない。就職口が無い教育を実施するダンス学部とは、第一歩から「教育の理念」に反しているだろう。舞踏も含め、「ダンス&デザイン」のコンセプトにより、「新しいダンス」と「社会化されるダンス」の構築へ。新しい要請に向けて柁を切るべき時が来ているのである。

If it is true that space development, biometric remodeling, robot development, virtual space development, elderly people’s culture development are all difficult to understand for the general public, the dancers have a lot of opportunities. Then, if they realize collaboration, they will catch the opportunity to create “New Dance”. Even in Laban’s school in London, which is famous for its high level of dance education, only a few graduates can enter the world famous dance troupe, and other graduates can’t get jobs. Even if they get a job at such a troupe, the timing of their retirement is incredibly early. The circumstances are the same also at the university’s dance faculties around the world, and there is no witness to boldly show contradiction of contemporary dance education so much. The time is coming to address new demands.

2 経済を生み出す新しい文化
2 New Culture that yields Economy

[1]

これまで、人間の歴史では、経済と文化は別メニューであり、しかも「お金」が主導権を握るため、文化は経済の下に隷属させられ、不景気のときにはつねに文化は冷遇されてきた。そして、経済に科学技術が、文化にアートが、と住み分けてしまうために、社会をリードするものは科学技術であり、文化がその後を追う、という間違った構造を壊すことができない。しかし、経済を生み出す新しい文化が誕生すれば、この関係を修復でき、歴史の歯車をもう一度正しい方向に向って回転できる。

Until now, in human’s history, economy and culture are separate menus, and “Money” is the initiative, culture is slaughtered under the economy, culture has always been tolerated in times of recession. And because science and technology is divided into economy and culture to art, the things that lead society are science and technology, and culture can’t break the wrong structure that culture follows. But once a new culture that yields economy is born, this bad relationship can be repaired and the gear of history can be rotated once more in the right direction.

『スペースミュージアム』では、アーティストも、それまではサイエンティストの仕事だった領分にも進出する。科学者だけが科学する時代は終わり、ダンサーだけがダンスする時代は終わる。それほど、既成分野は解体し、混合し、それをもって私たちは新しい時代を迎えていくことになる。その結果として、サイエンティストでもありダンサーでもある等の、「多層的な顔」と「新しい職業」をもつ人間たちが沢山登場することになる。何と面白い時代か。

At “Space Museum”, artists also advance into the area that was the work of scientists until then. The era that only scientists will science will be over, and the era that only dancers dance will be over. So, the existing fields will be dismantled and mixed, and we will have a new era. As a result, there will be many people with “Multilayered Face” and “New Occupation” such as being scientists and dancers. What an interesting era!

[2]

『スペースミュージアム』は、この意味で、文化と経済を共存させる試みであり、ここではアートとサイエンスは共にあり、ダンスとデザインは共にある。私たちには、これまでのアートの延命が課題なのではなく、新しい経済を生み出す新しいアートの創造と、経済の文化化が課題なのだ。これからの時代の「新しい人」とは、歴史がこれまで分断してきたものをもう一度集め、それを一身に抱えていく人間たちのことにちがいない。

“Space Museum” is an attempt to coexist culture and economy in this sense, where art and science are both, dance and design are together. For us, the life extension of art is not our theme, but the creation of new art that yields a new economy and the developing the economy as a new culture are our subjects. The “New People” in our new era must be those who collect history once again divided past so far and have them in one’s body.

3 新しい個人の誕生
3 Birth of a New Individual

[1]

私たちの時代は、「集団」に代わり「個人」が注目される時代になっていく。大企業に滅私奉公的に所属していれば一生が安泰という企業神話は崩壊した。「個人」が新しい力をつける必要に迫られるようになった。ネット上のコミュニティも爆発的に賑わっている。誰もがブログを書き、発信している。全体の表現者数は大きく底上げされ、ブランド化された新しいスターたちも登場をはじめている。

In our era, instead of “collective” we will become an era in which “individuals” are drawing attention. If it belongs to a large organization and belongs to our company, our company’s myth that lifetime is stable has collapsed. “Individuals” began to be pressed for new power. The community on the net is exploding in bust. Everyone writes and sends a blog. The total number of performers has been greatly raised, and new branded stars are beginning to appear.

これからは、個人としての生き方が重要になり、結婚しているか独身かの差にかかわらず、トレンドは「一人の生活」になるだろう。男も、女も、これまでと同じように相手に頼っていると面白いことが始まらず、一度手に入れた面白い仕事も年齢と共に成熟させることが難しいからだ。女が率先して自立を始めたので、男も自立しないと大変なことになる。定年や第二の人生という概念も怪しくなりはじめた。年齢に対する感覚も、信じられないほど変わりはじめている。

From now, the way of life as an individual becomes important, regardless of whether it is married or single, the trend will be a “Single Life”. Both men and women depend on their opponent as before, but something interesting does not begin, and it is difficult to mature with the age of interesting jobs we get once. Since a woman began to become self-sustaining, it would be serious if a man did not become independent. The concept of a retirement age and the second life also began to be suspicious. The sense of age is beginning to change incredibly.

[2]

住むべき場所も、情報技術が「新しいリアル」を提供するレベルが高くなるため、「一所定住」と「世界周遊」を同時にむりなくこなせるようになる。人びとは、リアルな移動とネット利用を組み合わせ、これまでとはまったく違う形式の生活をはじめるだろう。生活スタイルの変更自体が「個人の時代」のシンボルになる[注47] [参26]。

As the place where we should live is also higher the level at which information technology provides “New Real”, we will be able to do “One Place of Residence” and “World Tour” at the same time. People will combine real travel and net use, and will start a completely different form of life. Changing the life style itself becomes a symbol of “Age of the Individual” [C-47] [R-26].

[3]

高度な医療が発展し、これからは簡単には「死ねない社会」である。生殖期間を過ぎても死ねない人間が「文化」を生み出した。今後、120歳までは医療の力で平均寿命がのびるといわれている超高齢社会では、予定された「死期」を過ぎても死ねない人間たちがあふれ出す。それは一体どんな光景になることだろう? 文化のあり方が現在の延長のままで続くはずがない。

Advanced medical treatment has developed, and we should live in a “Society in which we can’t die easy”. People who can’t die even after the reproductive period created “Culture”. In a super aged society, which is said to have an average life expectancy with medical force until the age of 120, people who can’t die after the scheduled “Death” overflows. There is no way that the state of culture continues with the current extension.

[4]

一人の異性と出会った時に、関心が「恋愛」ではなく「文化」に移っている場合には、相手の年齢は関係なくなる。9才の子どもでも、90才の老人でも、相手が自分が知りたかった知識や技術の持ち主であることがわかれば、「恋愛」とは違った形で関心を示し、夢中になる。一緒にいても、「恋愛」が目的だった時のような期待感や違和感を感じない。このような感覚の変容を体験することは、女や男という性別に特化した感覚から自由になれるため、「一人の生活」のための大切な条件になる。

When one meets an opposite sex, when the interest shifts to “Culture” instead of “Love”, the age of the partner is irrelevant. Even a nine-year-old child or an aged 90-year old, if we understand that they are the owner of the knowledge and skills that we wanted to know, we are interested in and obsessed with a form different from “Love.” Even though we are with them, we don’t feel expectation or incongruity as when “Love” was the purpose. Experiencing such a transformation of sensation becomes an important condition for “Single Life” because it can be freed from the feeling specialized in the sex of women and men.

昨年5月にフランス大統領に就任したマクロンとその妻ブリジッド。二人は、演劇の生徒とその先生との関係だった。マクロンはいま39才で、ブリジッドは63才。年齢差は24才。最初に出会った時マクロンは15才で、ブリジッドは39才。ブリジッドは3人の子供をもつ既婚の母だった。しかし、マクロンは知的に早熟な少年で、ブリジッドに結婚を迫った。ブリジッドは彼について「この少年の知性に完全にまいってしまった」と言っている。「文化」でも繋がり、「愛」でも繋がった、飛び切り素晴らしいカップルの誕生である。今後、このような年齢に縛られない多様な価値観により繋がった面白い人間関係が増えていくだろう。

Macron, who took office as President of France on May 2017, and his wife Brigitte. They were the relationship between a play students and a teacher. Macron is 39 years old and Brigitte is 63 years old. The age difference is 24 years old. When Brigitte first met Macron was 15 years old and she was 39 years old. Brigitte was a married mother with three children. However, Macron was an intellectually premature boy and urged Brigitte to marry. Brigitte says about him “I’m completely into this boy’s intelligence.” It is the birth of a wonderful couple that flew away and connected with “Culture” and also connected with “Love”. From now, there will be an increasing number of interesting human’s relationships connected by various values not bound by such an age.

[5]

大人たちの世界の大きな変動に影響され、子供たちの世界にも大きな変化が起きていく。現在の子供たちが社会に出る時には、その6割以上がまだ存在していない職業につくこと、20年後には多くの大企業も消え去り、特定の成功モデルが存在しない社会になると指摘されている。死に対する感覚も大きく変化し、50年後には「墓」が不要になっていることも充分に予想される[注48]。子供たちは、新しい想像力を開発し、新しい生き方を身につける必要にいやでも迫られる。子供たちは何を学び、どんな得意な術を身につければいいのか。平均年齢120才が当たり前になる社会では、どのように人生設計をすべきか。60才や70才で社会からリタイアしていたこれまでの人生設計とは大きく違うモデルが必要になるのは当然である。子供たちに対する新しい教育がますます重要になる。

Influenced by the great fluctuations of adults’ world, there are major changes in the world of children. When the present children go out to society, it is pointed out that becoming a profession where 60% or more of them don’t exist, and 20 years later many big companies also disappear, becoming a society without a specific success model. The great sense of death also changes, and it is fully expected that “Grave” will be unnecessary after 50 years [C-48]. Children are urged to develop new imagination and obliging themselves to acquire new ways of living. What do the children learn and what kind of good skill can they learn? How should they design their life in a society where average age is 120 years old? It is natural that a model that is very different from the life design that had been retired from society at the age of 60 or 70 would be necessary. Education for children becomes increasingly important.

4 現代科学と死の対話
4 Dialogue between Modern Science and Death

[1]

リサ・ランドールは余剰次元を構成するブレーンについて、次のように述べている[参14]。

Lisa Randall describes the layer that constitutes the extra dimension as follows [R-14];

あるブレーンは私たちのブレーンと平行になっていて、パラレルワールド(並行世界)を内包しているかも知れない。別のブレーンに生命体がいたとしても、その生き物は全く別の環境に閉じ込められているわけだから、全く違った力を全く違った感覚で感知しているに違いない。私たちの感覚は、私たちを取り巻く科学反応と、光と、音を拾うように調整されている。別のブレーンでは基本的な力と粒子が違うはずだから、そこに生き物がいたとしても、私たちのブレーンの生き物とは共通点がないだろう。いくつかのブレーンワールドについては、シグナルを発見できるかも知れない。」(リサ・ランドール『ワープする宇宙』NHK出版 2005 96ページ)

One layer is parallel to our layer and may contain a parallel world. Even if there is an organism in another layer, the living thing is confined in a completely different environment, so it must be perceived totally different force with a totally different sensation. Our senses are coordinated to pick up scientific reactions, lights, and sounds surrounding us. In another layer, the fundamental force and particles should be different, so if there are creatures there, there is no point in common with our layer creatures. For some layer worlds, we may be able to find the signal.”(“Warped Passages” NHK Publication 2007 at page 96.)

現代医学は、「脳死」と「心臓停止」により死を判断する。「脳死」により、意識を生成させているのは脳であるという理由から、意識も消滅すると考えている。「心臓停止」により、死は完成され、身体の腐敗も始まると考えている。実際、いかなる人たちも死ねば私たちの目の前からアッと言う間に消え去ってしまい、その痕跡はまったく残さない。しかし、これらは私たちが生きる四次元世界を構成する物理現象についての理解である。たしかに、意識は脳の死と共に消滅するだろう。しかし、その消滅は私たちの世界の中での消滅であり、リサ・ランドールも空想するような他の物理現象も存在するとすれば、まったく違った形式で一度成立した意識も存続を続けているかも知れない。

Modern medicine judges death by “Brain Death” and “Cardiac Arrest”. Because of “Brain Death”, consciousness also disappears because it is the brain that is generating consciousness. We believe that “Cardiac Arrest” completes death and begins body decay. Indeed, if anyone dies, they disappear in a matter of time before our eyes, leaving no traces of it. However, these are the understanding of the physical phenomena that make up the four-dimensional world where we live. Indeed, consciousness will disappear with the death of the brain. However, its extinction is the annihilation in our world, if there are other physical phenomena, it may continue to exist in a different form.

[2]

入来篤史は、「身体を離れた心」について以下のように述べていた[参7]。

Atsushi Iriki said about “Mind leaving the Body” like the below [R-7];

ネットでつながれた近未来世界では、身体を離れ、電子社会を浮遊する<自己>はどうなるのでしょうか? 心が身体を離れた時、それは一体どこへ向かうのでしょうか? 科学技術と知性をもった人間の脳と心は、また新たな<何か>を創造するのでしょうか?」。

In the near future world connected by the net, what happens to our “Self” leaving the body and floating into the electronic society? When the mind leaves the body, where does it go? Will human’s brain and mind with science technology and intelligence create new “Something” again?”(“Origin of Intelligence, Hand and Brain Mechanism to Create the Future” by Riken Brain Science Institute. Kodansha 2007 at page 181.)

「身体を離れた心」を想定することは「身体においてのみ心は発生する」と考える通常の脳科学者にとってはあり得ないが、「心は脳の中で仮想的存在として発生している」と考える入来にとっては、以上の記述に矛盾はない。まず、心が仮想の存在であるなら、私たちは長年にわたる「心は脳の中で物理的実体としていかに成立しているか」という大きな問いから解放される[注49]。次に、その効果は余剰次元における心の探索にも大きなヒントを与える。

It is impossible to estimate “Mind leaving the Body” for an ordinary brain scientist who thinks that the mind occurs only in the body. But we can’t find any contradictions in his thought because he thinks that the mind occurs in the brain as a virtual existence. If his thought is right we are released from the big question of long-standing such as “how is the mind occurred as a physical entity in the brain?” [C-49] Also, his thought gives great hints to the search of the mind in the surplus dimension.

[3]

なぜ、物質が誕生し、宇宙が誕生したのか? そして、なぜ私たちはここに存在しているのか? それはまだ誰にもわかっていない。『物質を生む主体』は存在するのか、存在しないのか。当然、それも謎のままである。しかし人間はそれを知りたいのである。もし『物質を生む主体』が存在するとすれば、この主体が宇宙において多層な物理世界を誕生させているのかも知れない。私たちが生きる四次元世界は、その多層な物理世界のうちのひとつである。だから私は、人間の脳は四次元世界に属する物理現象として意識や心を生成しているが、この脳の死後、意識や心は別の世界の別の脳の内部に別の形態をとって存続する、と考えてみたい。

Why was a material born, and the universe was born? It has not been understood by anyone yet. “Subject that produces Material” remains a mystery. But our humans want to know it. If “Subject that produces Material” exists, it may be that this entity has created a multilayered physical world. The four-dimensional world in which we live is one of its multilayered physical worlds. So I think that the human’s brain generates consciousness as a physical phenomenon belonging to the four dimensional world but after consciousness of this brain consciousness can survive inside another brain of another world.

2013年3月、スイスの山中にある最先端のCERN(欧州原子核研究機構)は、おそらくはヒッグス粒子の検出に成功したと発表した。今後、CERNでは、ダークマターの解明も含めて、どんな新しい粒子が検出されることになるのか。そして、新粒子が検出される度に、科学者たちはそれまでこれこそ宇宙の真の姿と提案していた宇宙モデルを捨て、新しいモデルに乗り換えていく。一般の人びとはその度に置き去りにされ、振り回される。大きな信頼を集めているビッグバン理論も、或る日「間違いでした」と変更される可能性がないとは言えない[注50]。

The state-of-the-art LHC in the mountains of Switzerland succeeded in detecting Higgs particles. From now, what kind of new particles will be detected in LHC, including elucidation of Dark Matter? And each time a new particle is detected, the scientists will discard the true form of the universe and the proposed space model until then and transfer to a new model. People in general are left behind and will be swayed [C-50].

[4]

いかに生きるかというテーマと共に、いかに死ぬかも特別に重要なテーマになっていく。死に対して最も戦略的な方法を持ち込んでいるのは、チベット仏教だ。ダライ・ラマ14世は、「死後どこに、いかにして生まれ変わってくるかはカルマの力によるが、死の瞬間の心の状態もまた再生の質に影響を与える。死の瞬間はもっとも深遠で有益な内的体験が生じる時でもある。死と死のプロセスは、チベット仏教と現代科学の間に出会いをもたらす」と述べていた[注51] [参27]。

How to die together with the theme of how to live will become an especially important theme. It is Tibetan Buddhism that brings in the most strategic way to death. The Dalai Lama 14th said, “Where and how to be reborn after death depends on the power of Karma, but the state of mind at the moment of death also affects the quality of regeneration, the moment of death is the most profound and profitable It is also the time when an internal experience occurs, the process of death and death brings encounter between Tibetan Buddhism and modern science.” [C-51] [R-27]

死について、転生のための明確な実践的プログラムを用意し、現代科学とも対話可能であると宣言していること。死に方がわからなくなった時代と言われ、死に対する恐怖を増大させている現代人にとって、再生や輪廻がチベット仏教が説くような形で存在するかどうかは別のテーマとして、このようなプログラムを用意できていること自体が素晴らしい。能動的な死に方を実践したいと考えている者たちには、貴重な先行事例である。死は重要であり、生きる者に残された「最後の創造的デザインのチャンス」だからである。

About death, we can prepare a definite practical program for incarnation and declare that it is possible to talk with modern science. For contemporary people who are increasing fear of death, which is said to be a time when people don’t know how to die, apart from whether there is regeneration or circulation, it is wonderful that we can prepare such a program. It is a valuable precedent case for those who want to practice their own active death. Death is the last creative design opportunity left to the living one.