Epilogue / おわりに

[おわりに]
[Epilogue]

おわりに
Epilogue

[1]

  思いがけない仕事を、思いがけない世界で、思いがけない人びとと。

  For Unexpected Work, in Unexpected World, and with Unexpected People.

私はずっとそんな思いで生きてきた。いまだにその思いは実現されていない。だから私の心には一つの大きな空虚が残されている。私にはその空虚を埋める必要がある。

I have always lived with such a thought. This hope has not been realized yet. So there is a big emptiness in my heart. I need to fill up the emptiness.

2016年10月、プロデューサーのアニタがワルシャワ現代美術館の前にあるTheater Instituteで私の公演を制作してくれた。この夜、木立に囲まれた劇場で、私は劇場の外に出て、近くにある大きな樹の下からダンスを始めた。照明効果も手伝い、客席から身を乗り出すようにして私を見ている観客たちの背後に、観客よりも多い数の亡霊たちの群れが見えたような気がした。耳を澄ますと、かすかに声が聴こえた。「アナタに呼ばれ、ワタシたちは全地球員の代表の一部としてここにやって来た。ご存知のように、地球員とはいま生きている人間たちのことだけでありません。ワタシたちや異星人や絶滅した動物たちについても考えているアナタの構想は素晴らしいと思う。だから、早くアナタのダンスを見せて」と言っていた。孤軍奮闘する私を応援する為に彼らが来てくれたのだ。そして、彼らの中には、いまは亡き親友・イボンヌの姿も混じっている気がした。

On October 2016, one of my close friends Anita produced my performance at Theater Institute in front of the Museum of Contemporary Art Warsaw. This night, at the theater surrounded by trees, I went outside the theater and started dancing from under a big tree. I also helped with the lighting effect, and I could see a large group of ghosts behind the audience watching me, they were looking out from the audience seats. I heard a faint voice “Called by you, we came here as a part of the representatives of all the Earth members. As you know, Earthmen are not just about living beings. I think your ideas about us, aliens, and the extinct animals are also great. So, please show us your dance soon.” They came to this theater to support me. And I felt that some of them are also mixed with the deceased my best friend Yvonne.

[2]

私はイスタンブールが好きで、2001年に外務省の派遣講師として行って以来、毎年行っている。なぜ好きかといえば、イボンヌがイスタンブールほどカルチャーショックを受ける都市はないと言っていたからだ。イスタンブールは古代から現在に至るまで文明の一大交流地点で、今でも多くの文化が混淆している。私が教える大学の現代ダンスのクラスやスタジオの女性ダンサーたちも、アラブ系・ヨーロッパ系・ロシア系・アジア系と、4通りの違った美しさをもっている。過去の遺産を目に見える形で残し、カルチャーショックを強烈に体験させる都市。ここに来るたびに私の身体にも古くて新しい血が蘇り、若返る。

I love Istanbul so much and I am continuing to come there every year since 2001. The reason why I love Istanbul, because Yvonne said that there are no cities where cultural shock is received as much as Istanbul. Istanbul is a big exchange point of civilization from ancient times to the present, and many cultures are mixed. Also, my students of women of my class at the contemporary dance department of the university and the participants in the dance studio, they have four different kinds of beauty, from Arabic, European, Russian and Asian. Sure, Istanbul is a nice city that leaves past heritage in a form that is visible and experiences cultural shock intensely. When I come here every time, old and new blood revives on my body and rejuvenates.

最近のイスタンブールは政治的混乱の影響でざわついているが、そんな重厚な歴史をもつ都市は世界中でも稀である。そんな都市感覚を味わいたくて、私は仕事の合間に一人で街を歩き、ボスポラス海峡を往来する船に乗る。この時間が、私がものを一番ゆっくりと考えられる時間だ。これからまだ何をしたいのか、そしてどんな風に死にたいのかを含めて、いろんなアイデアがこの船の上から生まれる。

Recent Istanbul is controversial due to political turmoil, but cities with such a heavy history are rare in the world. I want to taste such a sense of Istanbul, I walk around the city alone during my work and get on a ship that goes through the Bosporus. This time is my dear time when I can think things most minutely. Many ideas are born on this ship, including the ideas what I want to do now and how I want to die.

[3]

アメリカの最初の女性文化人類学者マーガレッド・ミードも、波乱万丈の人生を送った。誰をも深く愛し過ぎる才能によって、何度も恋に落ち、深く傷つくと共に、大きな喜びを手に入れた。グレゴリー・ベイトソンとも結婚し、子供をつくり、そして離婚した。彼女が引用したルース・ベネディクトの意味深長な詩。

America’s first female cultural anthropologist Margaret Mead sent a life full of dread. Due to the talent that she loves everyone deeply, she had fall in love many times, she got deeply hurt and got the great pleasures. She married with Gregory Bateson, and made a child and divorced. This is a meaningful poem by Ruth Benedict she quoted;

  さまよい続ける二つの生のステップが、互いの調べに引き寄せられて、一つのテンポを刻んでいくそのひとときが、私たちのもつすべて。

  All that we have is the time that two wonderful living steps are attracted to each other’s investigation and carved one tempo.

マーガレッドとルースの関係も愛し合う関係として秘密裡に進展し、マーガレッドは「知的な開眼の瞬間は、恋に落ちる時と似ている」と言っている。

The relationship between Margaret and Ruth also progressed secretly as a relationship of love, and Margaret wrote that “The moment of intelligent opening of eyes is similar to falling in love.”

[4]

哲学者アーレントはハイデッガーの愛弟子だった。「いかに、自分で考えることが、重要か」について徹底的にハイデッガーに教えられ、その思想に深く共鳴した。このアーレントが、ナチスの戦犯アイヒマンの罪を問う公開裁判で、アイヒマンがいかに残虐な人間かではなく、権力に迎合することでいかに自分で考えなくなってしまっただけの凡庸な人間であるかについて証言し、アイヒマンの残虐性について徹底的に糾弾して欲しかったマスコミや世論から大バッシングを受けた。しかし、アーレントはこのバッシングをはねのけていく。重要な問題について、自分で考えず、それを他にまかせてしまうことが、その後いかに大きな負の連鎖を引き起こす場合があるかについて彼女は自分の生涯をかけて示した。自分がやったことは、自分で責任を取る必要がある。しかし、自分で考えることをやめてしまうと、その痕跡が心に残らず、その責任が取れない。アイヒマンはその好例だったとするアーレントによる指摘だ。

Philosopher Arendt Hannah was a disciple of Heidegger. Heidegger taught her thoroughly about “How important is to think by yourself”, she resonated deeply with this thought. In the open court asking Eichmann Adolf’s crime of Nazi war criminal warrant about how Eichmann is not a brutal human being but a mediocre person who just merely thinks not to think himself by complying with power. Then she received a great bashing from the press and public opinion that they wanted to thoroughly criticize the cruelty of Eichmann. However, Arendt bounced off this bashing. She has shown herself over how long it is that there are cases where it is sometimes how big negative chains may be caused by not thinking about important issues on our own and leaving it to others. We need to take responsibility ourselves for what we did. However, if we cease thinking ourselves, that trace will not remain in our mind and we can’t take responsibility for it. It is pointed out by Arendt that Eichmann was a good example.

そして、アーレントの映画を見ればわかるように、彼女の人生の底流になっているもう一つのテーマが、愛。アーレントはハイデッガーと出会った若き日に、彼を愛した。ハイデッガーを陶酔の表情で見つめていた若き日のアーレント。その表情は美しく、印象的だ。彼女を支え続けた夫も、いまでも彼女の心にその愛が生きていることを知り、それが悲しい。彼にはその愛をどうすることも出来ない。しかし、アーレントのハイデッガーに対する愛は純粋に精神的なもので、彼との関係を壊すものではない。アーレントは依然として夫を愛し、彼を必要としている。だから彼も彼女を受け入れていく。人生にはたびたびこのような難題が起きる。精神的な愛の対象をもつことは人生を豊かにする。しかし、それを自分のパートナーがもっていることは辛い。どうするか? 人は、このような局面で、自分の調整能力を最大限に試される。

And, when we see the movie of Arendt, we know another her theme underlying her life is love. Arendt loved Heidegger on a young day when she met him. Arendt in a young age, she was staring to Heidegger with an expression of euphoria. The expression is beautiful and impressive. Her husband who has continued to support her still knows that her love is alive in her heart and it is sad. He can’t change its love. But Arendt’s love to Heidegger is purely spiritual and it does not break the relationship with him. Arendt still loves her husband and needs him. That’s why he also accepts her. Such challenges frequently occur in our life. Having subjects of spiritual love will enrich our lives. But it is painful for our partner to have it. What to do? People in such a situation will be tested to their fullest extent of their ability to adjust.

[5]

愛ほど誰にとっても必要で、また悩ますものはない。愛ほどすぐ身近にあり、また遠くて不可能なものはない。私も、人生の成り行き上、「不可能な愛」を求めて生きることがテーマになってしまった。私が高校生だった17才の時の初恋の相手が23才で死んでいたことを40才になった時に知り、大きなショックを受けた。それ以来、彼女の姿は私の心の中でどんどん大きくなっていく。私が求める精神的相手として、彼女ほど相応しい女性はいなかったことをその時に知ったからだ。彼女は私には魔術師であり、私が行く先々で違った姿を取って出没し、私を悩ませる。

It is necessary for everyone as much as Love, and there is nothing to bother. It is as close as possible, none is impossible in the distance for Love. I also had one of themes to live seeking “Impossible Love” on the way of my life.

ビョークが「あなたがいなくて淋しいけれど、私はまだあなたに出会っていない」と歌っているように、人はまだ見ぬ「あなた」の登場を待っているのだろうか。愛は、人間活動の原動力の一つで、誰も避けて通ることができない。特に、恋愛は、相手に自分の魂を無防備のまま差し出すことだから、相手を間違えるとお互いに魂を傷つけ合い、お互いにヒドイ目に合う。それでも、いくら懲りても、人は愛から撤退しない。そして、ヒドイ目に合うたびにビョークが歌う「あなた」に対する想いをつよくする。

As Bjork sings “I am lonely without you, but I have not met you yet”, people are waiting for the appearance of “You” that they don’t meet yet? Love is one of the driving forces of human activity, no one can avoid passing. Especially, since Love is putting out their souls unprotected to the opponent, so if we make a mistake for selecting a partner, we hurt each other soul and fight each other with a bitter experience. Still, no matter how much we discipline, we can’t withdraw from Love. And we will be more deep our thoughts on “You” where Bjork sings whenever we have a bad time.

[6]

私の仕事は、スペースダンス舞踏家として「年齢を超えて成熟するダンス」を追求すること。身体と環境の親密な関係を情報化すること。その情報化から「新しいデザイン」を起こすこと。デザインを通し地球文化改革と宇宙文化開発に貢献すること。その拠点として『スペースミュージアム』を運営すること。こんな大それた目標のために、何が必要なのか。誰と会えばいいのか。どこに行けばいいのか。私はそのために世界中をかけ回り、試行錯誤を繰り返し、うまく行かずに何度でも落ち込み、そして子供のように何度でも平気で起き上がる。そのため、私の生活はとても忙しい。

My work is to pursue “Dance that Matures Beyond Age” as a Butoh-Space Dancer, and to inform amicable relationship between body and environment, then to make “New Design” based on its information. Also, my work is to contributing to earth culture reform and space culture development through this design, and to operate “Space Museum” worldwide as the foothold for these works. What is necessary for such a big goal? Who should I see for it? Where should I go for it? So, I go around the world, repeating trial and error, getting down without going anywhere, and getting up as often as I can. Therefore, my life is so busy.

[7]

  それは、特定の知識と、予想外の価値観と、つよいこだわりを備えた一つの精神からしか生まれてこなかった。

  It has been able to born only from a single spirit with specific knowledge, unexpected value and sticking commitment.

現代世界には、すでに数えきれないほどの素晴らしい表現が満ちている。その事実を知るたびに、別に世界は私を必要としていず、私の表現も不要なのではないかと、しばしば自分を疑う。しかし、そうではないようだ。「無数のよりよきものたち」で世界を満たせと、世界は多くの表現を待っている。そのために、私も、自分の意志とこだわりのセンスを磨き、希望を保ち、表現し続ける必要があるのだった。

Today’s our modern world is already full with the countless wonderful expressions. Every time I learn about its fact, I often doubt myself that the world doesn’t need me and my expression is unnecessary. But it seems not to be the case. It seems that the world is waiting for a lot of expressions as we can fill the world with “Myriads of Better Things”. So, I also need to refine my sense and commitment and keep my hope.

[8]

90才にして、死ぬ間際に「あと5年は生きて、描きたい」と語ったという江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎。北斎ほど晩年になるほどすごい絵を描いた浮世絵師はいなかった。私は、気分が沈むたびに部屋の壁にかけた北斎の『雪中虎図』を見て励まされている。これは北斎の絶筆ではないかと推測されている絵で、虎が雪の中を舞い上がり空に昇っていく。やわらかく静かな絵だが霊気に満ち、私は北斎が次の絵の題材を見つけて嬉しそうに旅立って行くように感じる[参28]。

An Ukiyo-e artist of the Edo period, Hokusai Katsushika, he said “I want to live more 5 years and I would like to paint” at his 90 years old just before his death. There was no Ukiyo-e artist who drew such the wonderful spine-chilling pictures year by year as Hokusai was in his later years. I am encouraged looking at Hokusai’s “Picture of Tiger in Snow” which I put in the room whenever I was in low spirits. This picture is speculated as his last work, in a picture the tiger is soaring in the snow and rising to the sky. This picture is soft and quiet, but full of the spirit, I feel that Hokusai finds the next subject of his paint and starts on a journey joyfully [R-28].