SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE / スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース

 “SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE”
スペースダンス・イン・ザ・
ロボティックユニバース

New Entertainment in the Era of Information Society and Space Age
情報社会・宇宙時代の新しいエンターテインメント

(Dedicated to A.A.T = Elena / A.A.T = Elenaに捧げる)

tetsuro on a boat in the bosporus straits 2018/10/14

We produce and hold “SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE” as a New Entertainment in Information Society and Space Age.

情報社会・宇宙時代の新しいエンターテイメントとして、『スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース』を制作し、上演します。

[Promotion Video of “Pilot Performance”]
………………………………..

Mission / ミッション

Inspired by a mysterious word of artist Shusaku Arakawa as “If you can’t produce something after your dance, maybe you feel the emptiness?“, we are trying to create Dance & Design in a new format by “SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE” and we are aiming for its socialization.

美術家・荒川修作の「ダンスの後に何も生まれていないと、虚しいのでは?」という不思議な言葉に霊感を受け、『スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース』を通して、新しい形式によるアート & デザインの創造とその社会化をめざします。

 …………………………………

12 Chapters / 12章

SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE” consists of 12 stories “MEMORY, WALKING DANCE, PARADISE in the LITTLE MOVING, OPEN a BODY in the SKY, SURPLUS DIMENSION, STRANGE FRUIT, FRUID FURNITURE, AFFINITY, STANDING ZEN, WALKING DANCE 2, CATHARSIS, and FLOWER

記憶・ウォーキングダンス・小さな動きの中の天国・からだを空にひらく・余剰次元・奇妙な果実・流体家具・親和性・立ち上がる禅・ウォーキングダンス2・カタルシス・花」の12の物語から構成される「スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース」。

Here, as a leap in the author’s personal history, we advance it as a story of a dancer(author) and Elena(author’s lover with a premature death).

ここでは、作者の個人史の飛躍として、ダンサー(作者)とエレナ(作者の早死した恋人)の物語として展開します。

Dancer get back the “Lost Memories“, experience vicariously the “Miracle of Bipedalism” established by humans, enjoy the “Joy of Moving Freely” and develop an image of “Ideal Love“. As a next step, dancer discover the “Surplus Dimension” that overlaps with the real world in Space Tube, encounter the “Lost Animals, Dead, and Aliens” that appear there, become aware of the human’s new possibility and design “Fluid Furniture” with their cooperation, and celebrate its completion with them by naming it as the “Birth of Music“. Then, stand up wearing “APAROS” as a robot suit that was developed to create the alter ego, challenge “Creating Various Postures” in a less gravity condition assuming that dancer will travel to space soon, encounter “Alien Elena” as a partner responsible for the realization of “Ideal Love”, finally, let the flowers fall and leave to space with Elena and others.

ダンサーは、「失われた記憶」を回復し、人間が確立した「二足歩行の奇跡」を追体験し、「自由に動くことの楽しさ」を満喫し、「理想の愛」に対するイメージを育てます。次に、現実世界と重なって存在する「余剰次元」をスペースチューブの中に発見し、そこに出現する「失われた動物たち・死者たち・異星人たち」と遭遇し、人間の新しい可能性に目覚めて彼らの協力により「流体家具」をデザインし、その完成を「音楽の誕生」と名付けて彼らと共に祝います。さらに、分身創造のために開発した「アパロス」をロボットスーツとして身に纏って立ち上がり、やがて宇宙に旅立つことを想定して減重力環境の中での「多様な姿勢創造」に挑戦し、「理想の愛」の実現を担う相手として「異星人・エレナ」と出会い、最後に、「」を降らせてエレナたちと共に宇宙に旅立ちます。

………………..

Chapter 1 “MEMORY” / 記憶

Approach with Brain Science. In accordance with the dancer’s sensitive movements from inside who wears an animal mask and a headset, the dancer’s brain is stimulated and the images of various creatures are revived in the dancer’s memory. We will read the changes in brain waves and try to express the image of “History of Posture’s Evolution“. 

脳科学的アプローチ。動物マスクを被り、ヘッドセットをつけたダンサーの内面からの微細な動きにつれ、ダンサーの脳が刺激され、記憶の中に多様な生物のイメージが蘇ります。脳波の変化を読み取り、「姿勢の進化史」に対する映像表現を試みます。

………………..

Chapter 2 “WALKING DANCE” /
ウォーキングダンス

Walking Approach using “Body-Space Model“. Dancer develops the amicable relationships between the legs and the ground, the body and the space to get the enough energy for dance. Dancer experiences vicariously the process of how humans established the “Miracle of Bipedalism” and restarts humans.

身体-空間モデル」を使用した歩行アプローチ。ダンスに必要な充分なエネルギーを確保するために、ダンサーは足と地面の間に、身体と空間の間に、親和的関係をつくります。人間はどのように「二足歩行の奇跡」を確立したのか、その過程を追体験し、人間を始め直します。

………………..

Chapter 3 “PARADISE in the LITTLE MOVING” / 
小さな動きの中の天国

By superimposing “Small Movement” on “Small Movement”, dancer creates a “Top of Dance” and enter “Paradise of Small Movement“. It is important to enter “Paradise of Movement” and dancer recognizes that “Paradise by Small Movement” and “Paradise by Big Movement” are the same “Paradise”, and enjoy the “Joy of Moving Freely.” 

「小さな動き」に「小さな動き」を重ね、「ダンスの頂点」をつくり、「小さな動きの天国」に入ります。「動きの天国」に入ることが重要で、ダンサーは「小さな動きによる天国」も「大きな動きによる天国」も同じ「天国」であることを認識し、「自由に動くことの楽しさ」を満喫します。

………………..

Chapter 4 “Open a BODY in the SKY” /
からだを空にひらく

Intimating the existence of “Elena in Surplus Dimension“. This is a restrained “Dance of Beauty” by real and artificial Space Dancers, similar to Elena. As the dance progresses, we can see “Water Wings” on their naked back. These wings give them the freedom to go anywhere.

余剰次元のエレナ」の存在を暗示。エレナに似た、現実と人工のスペースダンサーたちによる、抑制を効かせた「美のダンス」です。ダンスの進行につれて、彼女たちの裸の背中に「水の翼」が見えてきます。彼女たちは、この翼によりどこにでも自由に行くことができます。

………………..

Chapter 5 “SURPLUS DIMENSION” / 余剰次元

Astrophysical Approach. Dancer creates “Boundary” in the center of Space Tube depending on how dancer moves, and dancer discovers “Surplus Dimension” that overlap with the real world. Dancer is surprised to find “Surplus Dimension” exist so close to dancer and pass through dancer’s body. And, dancer experience strange sensations that “Surplus Dimension” are consisted by the substances that are different from the substances that make up real world. 

宇宙物理学的アプローチ。ダンサーは、自分の動き方によりスペースチューブの中央に「境界」が出来、そこに現実世界と重なって存在する「余剰次元」を発見します。ダンサーは、「余剰次元」がこんなにも身近に、しかも自分の身体を貫いて存在していることを知って驚き、また、「余剰次元」が現実を構成する物質とは異なる物質で形成されているような奇妙な感覚を味わいます。

………………..

Chapter 6 “STRANGE FRUIT” / 奇妙な果実

Approach with a story. Dancer encounter “Lost Animals, Dead, and Aliens” that emerge from the “Boundary”. Dancer who saw their existence with dancer’s own eye is confused and keenly aware that dancer is now being asked to renew the worldview. They beg dancer for something, also they seduce dancer.

物語的アプローチ。ダンサーは、「境界」から出現する「失われた動物たち・死者たち・異星人たち」と遭遇します。彼らの存在を目の当たりにしたダンサーは、混乱し、いま自分が世界観を一新するように求められていることを痛感します。彼らは、ダンサーに何事かを懇願し、またダンサーを誘惑します。

………………..

Chapter 7 “FLUID FURNITURE” / 流体家具

Design Approach such as Shiro Kuramata. Dancer awaken to the new possibility of humans, and design “Fluid Furniture” that is the impetus for human evolution getting their cooperation. Dancer integrates this furniture and create the strange postures that has never been experienced before, between standing and sitting, and between sitting and lying. 

倉俣史郎的なデザインアプローチ。ダンサーは、人間の新しい可能性に目覚め、彼らの協力により、人間進化の機縁となる「流体家具」をデザインします。ダンサーは、この家具と一体化し、「立つと座るの間」に、また「座ると寝るの間」に、これまで体験したことがない奇妙な姿勢を形成します。

………………..

Chapter 8 “AFFINITY” / 親和性

Dancer and “Lost Animals, Dead, and Aliens” come together and celebrate the birth of “Fluid Furniture”. “Fluid Furniture” is what they are looking for too, and if they want, they can choice a same way in the direction of humans evolution with “New Posture” that “Fluid Furniture” offer. When dancer and they work together, “New Music” will be born.

ダンサーと「失われた動物たち・死者たち・異星人たち」が一堂に会し、流体家具の誕生を祝います。流体家具は彼らも求めていたもので、彼らが望むなら、流体家具が提供する「新しい姿勢」をもって人間進化の方向に同行できます。ダンサーと彼らが協働して動く時、「新しい音楽」が誕生します。

………………..

Chapter 9 “STANDING ZEN” / 立ち上がる禅

Approach with Zen. Dancer who leaved Space Tube meditates on new theories and methods that are thought to be necessary for humans evolution, wears “Aparos” developed for the creation of alter ego as a robot suit, and stand up slowly. This a “Declaration of Future” by dancer.

禅的なアプローチ。スペースチューブを出たダンサーが、人間進化に必要と思われる新しい理論と方法について瞑想し、分身創造のために開発した「アパロス」をロボットスーツとして身に纏い、ゆっくりと立ち上がります。ダンサーによる「未来宣言」です。

………………..

Chapter 10 “WALKING DANCE 2” /
ウォーキングダンス2

Posture Simulation for Post-Human. Assuming that dancer will travel to space in the very near future, dancer uses the robot suit as “Fluid Furniture” and challenges to realize “New Dance, Creating Various Postures” in a less-gravity condition. 

ポスト人間のための姿勢のシュミレーション。ダンサーは、ごく近い将来に宇宙に旅立つことを想定し、身に纏ったロボットスーツを流体家具として機能させ、減重力環境の中での「新しいダンス~多様な姿勢創造」に挑戦します。

………………..

Chapter 11 “CATHARSIS” / カタルシス

Dancer meets “Alien Elena” who also challenge to  realize “New Dance, Creating Various Postures”, recognizes each other as a partner who realize “Ideal Love“, and reaches to “Catharsis” through deo with Elena.

ダンサーは、同じく「新しいダンス~多様な姿勢創造」に挑戦する「異星人・エレナ」と出会い、お互いを「理想の愛」を実現する相手として認識し、エレナとのデュオにより「カタルシス」に至ります。二人の愛が、旅立つ宇宙の方向を決定します。

………………..

Chapter 12 “FLOWER” / 花

Dancer, wearing “Aparos”, travel to space together with Elena and many “Lost Animals, Dead, and Aliens” through the passageways in Surplus Dimension. A large number of “Flowers” pour on the remaining ground.

ダンサーは、アパロスを身に纏い、エレナと、多くの「失われた動物たち・死者たち・異星人たち」と共に、余剰次元の通路を通って宇宙に旅立ちます。残された地面には、夥しい数の「」が降りそそぎます。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]