ECKHART GARDEN / エックハルトの庭 – 2021

“ECKHART GARDEN / Shrine with Alone”
エックハルトの庭 / 一人の神殿
2021

Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

Tetsuro on a boat in Bosporus Strait, Istanbul 2017.6.7

Eckhart Garden” is a “Sign” and a “Map” that I send to my looking for “Them“. Why I needed to call myself “Universal Age 17“? Because I understood I need a time to meet them. As 17, as a boy with dreaming, in high spirits, I need to wait them well. Also, when I meet them it will no doubt be required to have more strong mind and more great energy.

エックハルトの庭』は、私が求める『彼ら』に送る<サイン>であり、<地図>である。<宇宙年齢17才>を名乗るのも、『彼ら』に出会うためには時間がかかることを理解したから。17才として、夢見る少年として、元気で、待っている必要があったから。それに、『彼ら』に出会えば、もっと強靭な精神と大きなエネルギーを要求されるのも間違いないから。

………………………………………..

ECKHART GARDEN 17 / エックハルトの庭17
2021.5

[Short Poem; Paradise / 詩; パラダイス]

I make a “Softest Dance in the World” and superpose “One Movement” on “One Movement”, then go to “Paradise of Small Moving.” I move because I am filled. I don’t need to act hastily because I am filled. I go out from the condition with the full to find a something new, and I return back to the full. When I continue this movement as a breathing the full starts to expand it like a “Snowball”.

この世で最もやわらかいダンス」をつくり、「一つの動き」に「一つの動き」を重ね、「小さな動きの天国」に入る。満ちているから動く。満ちているので焦ることはない。満ちている状態から、新しいものを求めて外に出て、また戻る。それを呼吸のように繰り返していく内に、満ちている状態が「雪ダルマ」のように膨張をはじめる。

I edited “ECKHART GARDEN 17” with “SHORT POEM; Paradise“, “DESIGN; History of Posture’s Evolution“, “DANCE; Space Dance in the Robotic Universe 17 – Paradise“, and “STORY; My Butoh, My Space Dance“.

エックハルトの 庭17』を『詩~パラダイス』『デザイン~姿勢の進化史』『ダンス~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース17 – パラダイス』『物語~私の舞踏、私のスペースダンス』によって構成しました。

■ DESIGN / デザイン
“History of Posture’s Evolution / 姿勢の進化史”

■ DANCE / ダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 17 – Paradise”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース17 – パラダイス

■ STORY / 物語
“My Butoh, My Space Dance / 私の舞踏、私のスペースダンス”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 16 / エックハルトの庭16
2021.4

[Short Poem; Attempt to Restart Humans / 詩; 人間を始め直す試み]

The movie “Gravity“(2013) tells the story of an astronaut played by Sandra Bullock, who miraculously returns to Earth after suffering an accident on a spaceship on which she rides. At the end of this movie, she wakes up on the beach, clasping the sand with her hands, standing up like “First Animal to get a Foot“, happily stepping on the ground and slowly walking. To me, it looked she starts to walk, then she recognizes that there are “Error” in space exploration so far, and thinks about the need for gravity for humans and what to do to avoid repeating the same mistakes. Humans can make mistakes over and over again. However, what is needed each time is to re-experience a “Miracle of Bipedalism“. Because, it is an “Attempt to restart Humans.”

映画『グラビティ』(2013)は、サンドラ・ブロックが演じる宇宙飛行士が自分たちが乗る宇宙船の事故に遇い、自分だけが奇跡的に地球に帰還する物語である。映画の最後で、浜辺で目覚めた彼女は、両手で砂を握りしめ、まるで「はじめて足を獲得した動物」のように立ち上がり、嬉しそうに、大地を踏みしめ、ゆっくりと歩き出す。私には、彼女がこれまでの宇宙開発には「誤り」があったことを認識し、人間には重力が必要なこと、同じ過ちを繰り返さないためにはどうすればいいのか、そんなことを考えながら歩き始めたように見えた。人間は、何度でも過ちを繰り返すことが出来る。しかし、その度に必要になるのは「二足歩行の奇跡」を追体験することだろう。それが「人間を始め直す試み」だからである。

I edited “ECKHART GARDEN 16” with “SHORT POEM; Attempt to Restart Humans“, “DESIGN; Personal Tool for supporting Posture“, “DANCE; Space Dance in the Robotic Universe 16 – Walking Dance“, and “STORY; Aldrin, I am standing diagonally“.

エックハルトの 庭16』を『詩~人間を始め直す試み』『デザイン~個人用姿勢支援ツール』『ダンス~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース16 – ウォーキングダンス』『物語~オルドリン、斜めに立っている私』によって構成しました。

■ DESIGN / デザイン
“Personal Tool for supporting Posture / 個人用姿勢支援ツール”

■ DANCE / ダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 16 – Walking Dance”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース16 – ウォーキングダンス

■ STORY / 物語
“Aldrin, I am standing diagonally / オルドリン、斜めに立っている私”

………………………………………..

★ 

ECKHART GARDEN 15 / エックハルトの庭15
2021.3

[Short Poem; Stand up Slowly / 詩; ゆっくりと立ち上がる]

A new field is opened in art and design, and people with “Multilayered Face
and “Multilayered Occupation” appear. I wear Aparos as my alter ego and stand up slowly to meet them. I prepared new theories and new images and make up my mind to accept “Necessary Changes“.

アートとデザインに新しい領域が開かれ、「多層的な顔」と「多層的な職業」をもつ者たちが登場する。私は彼らと出会うために、アパロスを私の分身として身にまとい、ゆっくりと立ち上がる。新しい理論と新しいイメージを用意し、「必要な変化」を受け入れることを覚悟した。

I edited “ECKHART GARDEN 15” with “SHORT POEM; Stand up Slowly“, “DESIGN; BIRTH of APAROS“, “DANCE; Space Dance in the Robotic Universe 15 – Standing Zen“, and “STORY; New Start of Dance“.

エックハルトの 庭15』を『詩~ゆっくりと立ち上がる』『デザイン~アパロス誕生』『ダンス~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース15 – 立ち上がる禅』『物語~ダンスの新しい出発』によって構成しました。

■ DESIGN / デザイン
“BIRTH of APAROS / アパロス誕生”

■ DANCE / ダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 15 – Standing Zen”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース15 – 立ち上がる禅

■ STORY / 物語
“New Start of Dance / ダンスの新しい出発”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 14 / エックハルトの庭14
2021.2

[Short Poem; Emptiness / 詩; 空虚]

“When I was dancing on a big bridge where many cars traveling with a tremendous speed, suddenly I felt the cold and felt “Emptiness” made a faint around my neck. The “Fluctuation” produced by my dance was expanding between the cars and me, and changed a space. I wonder, this was a hint that the entrance to the “Surplus Dimension” may be existing near unexpectedly”.

「私が多くの車が行きかう橋の歩道でダンスしていると、急にあたりに冷気を感じ、首の周りにヒヤリとした「空虚」を感じた。ダンスが生み出す「ゆらぎ」が膨張し、空間を変質させているのだ。余剰次元の入り口は意外なところにあるのかも知れない。」

I edited “ECKHART GARDEN 14” with “SHORT POEM; Emptiness“, “DESIGN; Shape of Surplus Dimension“, “DANCE; Space Dance in the Robotic Universe 14 – Surplus Dimension“, and “STORY; We also live in Surplus Dimension?“.

エックハルトの庭14』を『詩~空虚』『デザイン~余剰次元の形』『ダンス~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース14 – 余剰次元』『物語~私たちは余剰次元にも住むのか?』によって構成しました。

■ DESIGN / デザイン
“Shape of Surplus Dimension / 余剰次元の形”

■ DANCE / ダンス
“Space Dance in the Robotic Universe 14 – Surplus Dimension”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース14 – 余剰次元

■ STORY / 物語
“We also live in Surplus Dimension? / 私たちは余剰次元にも住むのか?”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 13 / エックハルトの庭13
2021.1

[Short Poem; When I became a Bird / 詩;  鳥になった時]

“Does someone remember those experiences when we landed as amphibians, ran as quadruped animals, stood up on two legs, and flew in the sky as birds? When I became a bird, I felt I saw that there were many gaps in the sky, and various things falling from them.”

「両生類として陸に上がった時、四足動物として走った時、2本の足で立ち上がった時、鳥として空を飛んだ時、その時の経験を覚えている者がいるだろうか? 私が鳥になった時、空には沢山の<すきま>が存在し、そこからいろんなものが落下しているのを見た気がする」。

I edited “ECKHART GARDEN 13” with “SHORT POEM; When I became a Bird“, “DESIGN; Memory“, “DANCE; Space Dance in the Robotic Universe 13 – Memory“, and “STORY; When the Time comes“.

エックハルトの庭13』を『詩~鳥になった時』『デザイン~記憶』『ダンス~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース13 – 記憶』『物語~時が来れば』によって構成しました。

■ DESIGN / デザイン
“Memory / 記憶” 

■ DANCE / ダンス 
“Space Dance in the Robotic Universe 13 – Memory”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース13 – 記憶

■ STORY / 物語
“When the Time comes / 時が来れば”


[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2021]