ECKHART GARDEN / エックハルトの庭

“ECKHART GARDEN / Shrine with Alone”
エックハルトの庭 / 一人の神殿
2020

Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

Tetsuro on a boat in Bosporus Strait, Istanbul 2017.6.7

Eckhart Garden” is a “Sign” and a “Map” that I send to my looking for “Them“. Why I needed to call myself “Universal Age 17“? Because I understood I need a time to meet with them. As 17, as a boy with dreaming, I need to wait well with them, and in high spirits. Also, when I meet them it will no doubt be required to have more strong mind and more great energy.

エックハルトの庭』は、私が求める『彼ら』に送る<サイン>であり、<地図>である。<宇宙年齢17才>を名乗るのも、『彼ら』に出会うためには時間がかかることを理解したから。17才として、夢見る少年として、元気で、待っている必要があったから。それに、『彼ら』に出会えば、もっと強靭な精神と大きなエネルギーを要求されるのも間違いないから。

………………………………………..

ECKHART GARDEN 10 / エックハルトの庭10
2020.10

[Short Poem;  One Day, In Space / 詩; ある日、宇宙で]

In order to for the humans to create a rich space culture in space, “Personal Tool for supporting Posture” that can customize the artificial gravity will be effective. Because, ” Posture is Mother’s Womb for Creating Culture“. The humans are expected to face the new evolutionary possibilities in space environment, in that time “Personal Tool for supporting Posture” can influence its evolution. If we need a preparation for its possibility on the ground, what is it?

人間が宇宙で豊かな宇宙文化を形成するためには、人工重力をカスタマイズできる「個人用の姿勢支援ツール」が有効になる。「姿勢こそ文化創造の母胎」だからである。宇宙環境で人間は新しい進化の可能性に直面すると予想されるが、姿勢支援ツールはその進化のあり方に影響を及ぼせる。私たちがそのために地上でしておくべき準備があるとすれば、それは何か?

I edited “ECKHART GARDEN 10” with “SHORT POEM; One day, In Space“, “PHOTO; New Way for Walking“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 10 – Walking Dance [2]“, and “STORY; Posture is Mother’s Womb for Creating Culture“.

エックハルトの庭10』を『詩~ある日、宇宙で』『写真~新しい歩き方』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース10 – ウォーキングダンス2』『物語~姿勢は文化創造の母胎』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“New Way for Walking / 新しい歩き方”

■ VIDEO / ビデオ  
“Space Dance in the Robotic Universe 10 – Walking Dance 2”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース10 – 
ウォーキングダンス2

■ STORY / 物語
“Posture is Mother’s Womb for Creating Culture /
姿勢は文化創造の母胎”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 9 / エックハルトの庭9
2020.9

[Short Poem;  Towards the Future / 詩; 未来に向かって]

One day, Toru Terada, a French literary and famous philosopher of Kukai, one of Zen masters in Japan who came to see my performance, taught me a wonderful word “Drop Out with Transparent Body“. When I performed in Paris, Yvonne Tenenbaum, Wittgenstein translator and dance critic, criticized my dance as a “Standing Zen“. These two words made a deep impression to my heart and dominated me in later years. Standing up towards the future while making a body transparent. It will be a breathtaking and beautiful experience for everyone, not just for me.

或る日、私の公演を見に来た、フランス文学者であり、また日本の禅のマスターの一人・空海に対する研究で著名な寺田透に、「透体脱落」という素敵な言葉を教えてもらった。パリで公演した時、ヴィトゲンシュタイン翻訳家でダンス批評家のイボンヌ・テネンバウムに、貴方のダンスは「立ち上がる禅」のようだったと批評された。この二つの言葉は私の心に沁みつき、後年の私を支配した。未来に向かって、身体を透明にしながら、立ち上がること。それは私だけでなく、誰にとっても息をのむような美しい体験になるだろう。

I edited “ECKHART GARDEN 9” with “SHORT POEM; Towards the Future”, “PHOTO; Future as Return from Past“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 9 – Standing Zen“, and “STORY; Declaration of Future“.

エックハルトの庭9』を『詩~未来に向かって』『写真~過去からのリターンとしての未来』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース9 – 立ち上がる禅』『物語~未来宣言』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Future as Return from Past / 過去からのリターンとしての未来”

■ VIDEO / ビデオ  
“Space Dance in the Robotic Universe 9 – Standing Zen”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース9 – 
立ち上がる禅

■ STORY / 物語
“Declaration of Future / 未来宣言”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 8 / エックハルトの庭8
2020.8

[Short Poem;  I Dance / 詩; 私は踊る]

I dance on the unknown stage. Dance is a “pleasure to renew a sense towards the world completely at the moment“. I am being filled now, so although I am alone, but I am not alone. Although I am humans, but I am not only humans. In my dance I am enjoying by myself because I see myself from far-off another planet.

私は踊る、未知のステージに立たされて。ダンスの楽しみとは「世界に対する感覚を一新する喜び」だ。私は、いま満たされて、一人なのに、一人じゃない。人間なのに、人間だけじゃない。私は、ダンスの中で、遠く離れた惑星から私を見て楽しんでいる。

I edited “ECKHART GARDEN 8” with “SHORT POEM; I Dance”, “PHOTO; Dream of Flying in the Sky“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 8 – Affinity“, and “STORY; Big Family“. 

エックハルトの庭8』を『詩~私は踊る』『写真~空を飛ぶ夢』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース8 – 親和性』『物語~大家族』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Dream of Flying in the Sky / 空を飛ぶ夢”

■ VIDEO / ビデオ
“Space Dance in the Robotic Universe 8 – Affinity”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース8 – 親和性

■ STORY / 物語
“Big Family / 大家族”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 7 / エックハルトの庭7
2020.7

[Short Poem;  Memory Chair / 詩; 記憶イス]

Shiro Kuramata, Japanese Interior Designer, has pursued a chair that gives a floating sensation as if we are free from the gravity, with a theme of “Dreamy State of Mind“. As a generation following him, I am looking for a chair that helps us to create the variety of postures with a little floating body, and remember us.

日本のインテリアデザイナー・倉俣史郎は「夢見心地」をテーマとし、重力から解放されたかのような浮遊感覚を与えるイスを追求した。倉俣に続く世代として、私は、少しからだを浮かせた状態での多様な姿勢創造を支援し、「私を記憶するイス」のデザインを求めている。

I edited “ECKHART GARDEN 7” with “SHORT POEM; Memory Chair”, “PHOTO; Strange Furniture“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 7 – Fluid Furniture“, and “STORY; Looking for New Furniture“.

エックハルトの庭7』を『詩~記憶イス』『写真~不思議な家具』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース7 – 流体家具』『物語~新しい家具を見たい』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Strange Furniture / 不思議な家具”

■ VIDEO / ビデオ
“Space Dance in the Robotic Universe 7 – Fluid Furniture”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース – 流体家具

■ STORY / 物語
“Looking for New Furniture / 新しい家具を見たい”

………………………………………..

ECKHART GARDEN 6 / エックハルトの庭6
2020.6

[Short Poem; On my Virtual Glass / 詩; 仮想メガネには]

Recently on my virtual glass many things have appeared. It is definitely a landscape in my mind, but I am not sure how it will link to what actually happens. It is often the case that even an interesting dream has nothing to do with reality, and a boring dream often becomes a reality. But, it doesn’t matter. I want to see the continuation.

の仮想メガネには、最近いろんなものが映る。それが私の心の中の風景であることに間違いないが、実際に起きる事とどれだけリンクするのかはわからない。面白い夢でも現実と関係をもたないこともしょっちゅうだし、つまらない夢が現実になることだって多い。でも構わない。私はその続きを見たい

I edited “ECKHART GARDEN 6” with “SHORT POEM; On my Virtual Glass”, “PHOTO; Lost Animal, Dead, and Alien“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 6 – Strange Fruit“, and “STORY; Residents in Surplus Dimension“.

エックハルトの庭6』を『詩~仮想メガネには』『写真~失われた動物・死者・異星人』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース6 – 奇妙な果実』『物語~異界の住人たち』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Lost Animal, Dead, and Alien / 失われた動物・死者・異星人”
 
 
 
 
■ STORY / 物語
“Residents in Surplus Dimension”
異界の住人たち
 

………………………………………..

ECKHART GARDEN 5 / エックハルトの庭5
2020.5

[Short Poem; Fluctuation / 詩; ゆらぎ]

When I dance a “Fluctuation” will come up in a Space. The audience sees me as a dancer who lives in a Space and see me as a dancer who dances as a Space. There, a Space moves with a “Fluctuation” together with my movements. Surplus Dimension appears into this “Fluctuation” in a Space, so I am dancing while I am bringing Surplus Dimension into our world. At last the audience starts to think about me, I exist both into our world and into Surplus Dimension same time as a double-existence.

私がダンスすると、空間に「ゆらぎ」が生まれる。観客は、空間に住み、空間としてダンスしている私を見ている。そこでは、空間が、私の動きと共に、ゆらぎつつ動いている。余剰次元はこの空間の「ゆらぎ」に現れる為、私は余剰次元をこの世界に引き込みつつダンスしている。そのため、観客には、私が現実の世界と余剰次元に同時に存在しているようにダブって見える。

I edited “ECKHART GARDEN 5” with “SHORT POEM; Fluctuation”, “PHOTO; Seeking Elena“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 5 – Surplus Dimension“, and “STORY; INTERSTELLAR and Lisa Randall, We also live in Surplus Dimension?“.

エックハルトの庭5』を『詩~ゆらぎ』『写真~エレナを求めて』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース5 – 余剰次元』『物語~インターステラーとリサ・ランドール~私たちは余剰次元にも住んでいるのか?』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Seeking Elena / エレナを求めて”
 
 
■ VIDEO / ビデオ
“Space Dance in the Robotic Universe 5 – Surplus Dimension”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース – 
余剰次元
 
 
■ STORY / 物語
“INTERSTELLAR and Lisa Randall, We are living in Surplus Dimension too?”
インターステラーとリサ・ランダル~私たちは余剰次元にも
住んでいるのか?
 
 

………………………………………..

ECKHART GARDEN 4 / エックハルトの庭4
2020.4

[Short Poem; LOVE / 詩; 愛]

In a dream. I am left alone on a certain planet. Now, assuming a shared life with my lost prematurely dead girlfriend, Elena, I am striving to build a “ECKHART GARDEN – Shrine with Alone” by myself everyday. I don’t know she will come to this planet tomorrow.

夢の中で。ある惑星に一人残された私は、早死にした恋人エレナとの生活を夢見て、毎日一人で孤独に『エックハルトの庭 / 一人の神殿』の構築に励んでいる。彼女が明日ここにやって来ることも知らないで。

I edited “ECKHART GARDEN 4” with “SHORT POEM; LOVE”, “PHOTO; Memory of a Wing“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 4 – Open a Body in the Sky“, and “STORY; About LOVE“.

エックハルトの庭4』を『詩~愛』『写真~翼の記憶』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース4 – からだを空に開く』『物語~愛について』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Memory of a Wing / 翼の記憶”

■ VIDEO / ビデオ
“Space Dance in the Robotic Universe 4 – Open a Body in the Sky”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース4 – からだを空に開く

.■ STORY / 物語
“About LOVE / “愛について

……………………………………….

ECKHART GARDEN 3 / エックハルトの庭3
2020.3

[SHORT POEM; Movement seeks Movement / 詩; 動きが動きを求める]

One movement invites other movements naturally. I feel that a pleasure which I can find in one dance movement don’t close into this movement, the movement seeks other movements just like one invisible rule works there. Its chain of the movements keeps the endless options. And over one memory corresponds to one movement. So, we can reproduce various memorial worlds by the combination of the various movements.

一つの動きは他の動きを自然に誘う。ダンスの一つの動きの中で発見される楽しさは、その動きの中で閉じることはない。まるで見えない法則があるかのように、動きが動きを求めている。その動きの連鎖は、無限の選択肢をもっている。そして、一つの動きには、一つ以上の記憶が対応している。そのために、ヒトは多様な動きの組合せで、多様な記憶の世界を再現できる。

I edited “ECKHART GARDEN 3 2020.3” with “SHORT POEM; Movement seeks Movement” “PHOTO; Paradise“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 3 – Paradise“, and “STORY; Pleasure of Dancing“.

エックハルトの庭3 2020.3』を『詩; 動きが動きを求める』『写真~パラダイス』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース3 – 小さな動きの中の天国』『物語~ダンスの楽しみ』によって構成しました。

■ PHOTO; Paradise
(写真; パラダイス)

■ VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 3 – Paradise
(ビデオ; スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース3 –
小さな動きの中の天国)

■ STORY; Pleasure of Dancing
(物語; ダンスの楽しみ)

………………………………………..

ECKHART GARDEN 2 / エックハルトの庭2
2020.2

[SHORT POEM; History of Posture Evolution / 詩; 姿勢の進化史]

I think this is our human’s existence, at the moment when we touch “The Whole of the Movements that we forgot” we will be stricken with a deep impression unconsciously still now.

私たち人間は、「忘れてしまった動きの全体性」というものに触れた瞬間に、いまでも我知らず深い感動に襲われてしまう存在であるようだ。

We edited “ECKHART GARDEN 2 2020.2” with “SHORT POEM; History of Posture Evolution” “PHOTO; Miracle of Bipedalism“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 2 – Walking Dance“, and “STORY; Why the humans chose the bipedalism?“.

エックハルトの庭2 2020.2』を『詩~姿勢の進化史』『写真~二足歩行の奇跡』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース2 – ウォーキングダンス』『物語~なぜヒトは二足歩行を選択したのか?』によって構成しました。

■ PHOTO; Miracle of Bipedalism
(写真; 二足歩行の奇跡)

■ VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 2020.2 – Walking Dance
(ビデオ; スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース2
– ウォーキングダンス)

■ STORY; Why the humans chose the bipedalism?
(物語; ヒトはなぜ二足歩行を選択したのか?)

………………………………………..

ECKHART GARDEN 1 / エックハルトの庭1
2020.1

[SHORT POEM; Mermaid / 詩; 人魚]

A long time ago, I felt I went up to the ground as a “Mermaid“. When I was sinking in the water of the sea, various memories revived in my mind. There is also a legend that the mermaid is the ghosts of the animals who had returned to the sea and become dolphins and whales long ago when they didn’t remember anymore. I don’t know if they regret or they are  inviting humans to the sea.

海の水に身を沈めていたら、ひとつの記憶が蘇ってきた。大昔、私は 「人魚」として大地に上がったこともあった気がする。人魚とは、もう覚えていないくらい遠い昔に、海に還ってイルカやクジラになった動物たちの亡霊だという伝説もある。人魚たちはいま、悔やんでいるのか。それとも人間を海に誘っているのか。

We edited “ECKHART GARDEN 1 2020.1” with “SHORT POEM; Mermaid” “PHOTO; Animals in the Memories“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 1 – Memory“, and “STORY; A Story consisted on the Million Hypotheses“.

エックハルトの庭1 2020.1』を『詩 ~人魚』『写真~記憶の中の動物たち』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース1 – 記憶』『物語~百万の仮説の上に成立する一つの物語』によって構成しました。

■ PHOTO; Animals in the Memories
(写真; 記憶の中の動物たち)

■ VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 2020.1 – Memory
(ビデオ; スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース1 – 記憶)

■ STORY; A Story consisted on the Million Hypotheses
(物語; 百万の仮説の上に成立する一つの物語)

………………………………………..
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]