DIRECTOR’s ACTIVITY / ディレクター活動

DIRECTOR’s ACTIVITY / ディレクター活動

Tetsuro Fukuhara is CEO of Space Museum Corp, Director of Tokyo Space Dance, Space Dance Choreographer, Writer, and Media Artist

㈱スペースミュージアム代表取締役社長東京スペースダンスディレクター・スペースダンス舞踏家作家メディアアーティスト

On 1972-1975, He studied “Improvisation Butoh” from Akira Kasai. He belongs to the second generation of Butoh. On 1975, He started his own works in Tokyo. On 1983, He joined “Story of Seven Herbs” directed by Tatsumi Hijikata, then he founded Tokyo Space Dance. On 1990-1991, He made his debut in Paris, Berlin, Montreal, Tronto, and New York supported by Japan Foundation and Canada Council.

1972年-1975年、笠井叡に師事し即興舞踏を学ぶ。1975年、舞踏家として国内デビュー。舞踏第二世代に属する。 1983年、土方巽監修作品『七草物語』に参加後、東京スペースダンス設立。1990年-1991年、国際交流基金、カナダカウンシル後援による『タルコフスキーの木』でパリ・ベルリン・ハノーバー・トロント・モントリオール・ニューヨークで海外デビュー。

After that, he worked on the themes of “Body and Space” and “Computerization of Tacit Knowledge.” And, he held the many performances, workshops, special classes, and exhibitions at many foreign cities including MIT Media Labo, the United Nations New York and so on.

以後、「身体と空間」の問題、身体知の情報化の問題に取り組む。MITメディアラボ、ニューヨーク国連本部をはじめ多くの海外都市で公演・ワークショップ・特別授業・展示会を開催。

On 2018 August, he published “VISION of BODY” by English & Polish, also as its memorial he presented “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” at Kopernik Science Center on September 2018.

2018年8月、『身体の夢』(英語&ポーランド語版)出版。その記念として、2018年9月、コペルニクス科学館で『アバロス – <私の分身>としてのAIロボット』を講演し、スペースダンス公演を実施。

………………………………………

■スペースミュージアム計画への契機を
つくったプロジェクト

[1]『パサージュ・フェスティバル』(1994)
(東京・桐生・京都・パリ・カーディフ)
[伊藤裕夫(電通総合研究所・プロデューサー)×八束はじめ(建築家)×
鷲田清一(関西大学教授・哲学)×福原哲郎]

[2]『未来身体』(1996)
(東京、未来身体開発委員会)
[八束はじめ×青木淳(建築家)×佐々木正人(東大教授・認知心理学)×
廣瀬通孝(東大教授・VR)×草原真知子(メディアアートキュレーター)×
松本元(通産省電子技術総合研究所・コンピュータ科学)×福原哲郎]

[3]『スペースダンス/荒川修作による奈義の龍安寺』(1996)
(岡山)
[奈義の龍安寺×現代思想×福原哲郎]

[4]『身体が語る、身体を語る』(1996)
(東京、現代思想8月臨時増刊)
[荒川修作(美術家)×佐々木正人×福原哲郎]

[5]『スペースダンス/ビデオ・オン・デマンド』(1996)
(宮城県白石市情報センター)
[八束はじめ×佐々木正人×福原哲郎]

[6]『仮想空間における身ぶり』(1996)
[東京・ニューヨーク、文部科学省科学研究費補助プロジェクト]
[草原真知子×福原哲郎]

[7]『スペースダンス』(2000)
[ボストン、マサチューセッツ工科大学メディアラボ]
[福原哲郎]

[8]『スペースダンス』(2001)
[ニューヨーク国連本部]
[福原哲郎]

[9]『スペースダンス~或る日、宇宙で』(2004-2006)
(東京、日本科学未来館+宇宙航空研究開発機構)
[谷淳(理化学研究所・脳科学)×松本信二(清水建設宇宙開発室室長)×
甲野善紀(古武術家)×茂木健一郎(SCS研究所・脳科学)×
入来篤史(理化学研究所・脳科学)×的川泰宣(JAXA執行役)×
岩本裕之(JAXA)×光盛史郎(未来工学研究所)×佐々木正人×福原哲郎]

[10]『宇宙ダンス/新しい身体をつくる』(2008)
(東京、出版・春秋社)
[福原哲郎]

[11[『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(2008)
(東京・アサヒアートスクウェア)
[林光(博報堂生活総合研究所所長)×和田雄志(未来工学研究所)×
藤井直敬(理化学研究所・脳科学)×福原哲郎]

[12]『身体の夢 / VISION of BODY』(2018)
(ワルシャワ、出版・PMPKA財団)
[福原哲郎]

[13]記念講演『アバロス – <私の分身>としてのAIロボット』(2018)
(ワルシャワ、コペルニクス科学館)
[福原哲郎]

[14]『こども科学博~スペーストンネル』(2019)
(京都)
[稲盛財団×NHKエデュケーショナル×福原哲郎]

………………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]