About TETSURO

■ARTICLE of Tetsuro Fukuhara / 批評

■”Comment from the United Nations / 国連コメント”
United Nations Secretary – General’s Assistant /
国連事務総長補佐秘書室 ニューヨーク

“We would like to express our heartfelt gratitude for the beautiful performance of Space Dance at the United Nations Headquarters in New York. Space Dance was a truly fascinating collaboration between Japanese Butoh, architecture and media technology.”

「ニューヨーク国連本部で上演されたスペースダンスの美しい公演に対して、心からのお礼を申し上げます。スペースダンスは、日本の舞踏ダンスと建築とメディアテクノロジーによる真に魅惑的なコラボレーションでありました。」

■Akio Wada / 和田章男
Consul General of Japan in Istanbul /
在イスタンブール総領事館・総領事 イスタンブール

“Space dance has the infinite potential of art to open and develop new fields. I think that it broke the stereotypes about the Japanese people and understood that the modern Japanese people are a dynamic people who cannot be grasped in a narrow and fixed manner”.

「スペースダンスは、新しい分野を切り開いて発展していく芸術の無限の可能性を秘めたものでした。それは、日本人に対する固定観念を打ち破り、現代の日本人は狭く固定的に捉えることが出来ないダイナミックな民族であることを理解して頂いたものと思います。」

■Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) / 宇宙航空研究開発機構
Tsukuba Space Center / つくば宇宙センター

“An interesting feature of Tokyo Space Dance activities is that they go beyond the boundaries of art and dance. Since their theme to examine the lifestyle of human beings in space, we expect that it will develop into a wide range of activities such as the fusion of research in different genres and the birth of new lifestyles”.

「芸術、舞踊という枠を超えているところが東京スペースダンスの活動の興味深い特徴です。人類の宇宙での生活様式を検討することもテーマとして挙げていることから、異なるジャンルの研究の融合や新しい生活習慣などの誕生といった幅広い活動に発展することも期待しています。 」

■Rediscovery of Body / 身体の再発見
Bangkok Post / バンコク・ポスト

Workshops and performances in “Space Dance in the Tube” are steps to reconnect human needs in the information society to the body, ensuring the reality humans need without being confused by the virtual world. They taught that it is necessary to “return to the body” above all in order to continue.

「『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』におけるワークショップと公演とは、情報社会における人間の欲求をふたたび身体に結びつけるためのステップであり、仮想世界に惑わされることなく人間に必要なリアリティを確保していくためには、何よりも「身体に戻る」必要があることを教えていた。」

■Masahiro Masunaga / 増永雅博
Embassy of Japan in Uganda, Kampala Uganda /
在ウガンダ日本国大使館 カンパラ(ウガンダ)

“Not only did the children have a valuable experience, but also the fact that the Ugandan children learned and experienced a different aspect of the Ugandan people’s image of Japan is also in promoting the relationship between Japan and Uganda. I think it was very meaningful. When next time they visit Uganda and perform, the Embassy of Japan in Uganda will cooperate to the extent possible”.

「子供たちが貴重な体験をしただけではなく、これまでのウガンダ人の持つ日本のイメージとは異なる一面をウガンダの子供たちが知り体験したことは、日本とウガンダの関係を促進していく上でも大変有意義なことであったと思います。次回ウガンダを訪問されて公演を実施される際にも、在ウガンダ日本国大使館として可能な範囲での協力をしていく所存です。」

………………………………..

■Biography / 経歴

◇1990; “Tree of Tarkovsky” (Paris, Berlin, Hanover)[supported Japan Foundation]

◆1990年:『タルコフスキーの木』(パリ・ベルリン・ハノーバー・ナイメーヘン)[国際交流基金後援]

◇1991; “Tree of Tarkovsky” (New York, Montreal, Toronto, Ottawa)[Supported Canada Council and Canada National Museum] “Wind from Future” (Tokyo)[Hiroaki Yoshimoto + Shunske Serizawa +  Kazuo Ohno + Tetsuro Fukuhara][Asahi Newspaper supported]

◆1991年:『タルコフスキーの木』(ニューヨーク・モントリオール・トロント・オタワ)[カナダカウンシル、カナダ国立美術館後援]。『未来からの風』公演(東京)[トークセッション「映像都市の生と死」吉本隆明×芹澤俊介×福原哲郎。「新しい身体・新しい生命」大野一雄×福原哲郎][朝日友の会後援]

◇1992; “Wind from Future 2” (Tokyo, Paris) [Kazuo Ohno + Yvone Tenembaum + Shigeo Ohyama+ Tetsuro Fukuhara] [British Council, Paris 8 University, Asahi News Paper supported]

◆1992年:『未来からの風2』(東京・パリ)[トークセッション「宇宙論と魂の学習」大野一雄×イボンヌ・テネンバウム×大山茂夫×福原哲郎][ブリティッシュカウンシル、パリ第8大学、朝日友の会後援]

◇1993; “Benjamin’s Angel” (Paris, London) [Paris 8 University, London Arts Factory Supported]  “Wild of Future” (Tokyo){Seiichi Washida + Hajime Yatsuka + Yasuo Ito + Mamoru Oshii + Tetsu Iwashita + Satoshi Miyagi + Tetsuro Fukuhara][Japan Arts Found supported]

◆1993年:『ベンヤミンの天使』(パリ・ロンドン)[パリ第8大学、ロンドン・アーツファクトリー後援] 『野性の未来』(東京)[鷲田清一×八束はじめ×伊藤裕夫×押井守×岩下徹×小池博史×宮城聡×福原哲郎][芸術文化振興基金後援]

◇1994: “Passage Festival”[Tokyo, Kiryu, Kyoto, Cardiff, Paris](Japan Foundation, French Embassy, British Council, NHK, Mainichi-Newspaper, Kyoto-shi, Chapter Arts Centre, Japan Embassy in Paris supported)

◆1994年:『パサージュ・フェスティバル』(東京・桐生・京都・パリ・カーディフ)[国際交流基金、ブリティッシュカウンシル、フランス大使館、NHK京都、毎日新聞社、桐生タイムス、群馬県、京都市後援]『西欧とアジアの芸術から』(パリ)[パリ第8大学、在仏日本大使館後援]

◇1995: “East Winds Festival of New Butoh”[London](Arts Council of England, Japan Foundation supported)

◆1995年:『ロンドンフェスティバル』参加(ロンドン、ノッテインガム)[英国アーツカウンシル後援]

◇1996: “Space Dance in Nagi in the architectural space by Shusaku Arakawa”[Okayama Nagi, Japan]. 

◆1996年:『スペースダンス in 荒川修作の建築空間』(奈義・岡山)

◇1996: “Affinity”[Beirut, Melbourne](Japan Foundation, Japan Embassy in Lebanon supported). “International Dance Meeting”[Roma](Roma City supported)

◆1996年:『アフィニティ』(ベイルート・メルボルン・ローマ)[国際交流基金、在レバノン日本大使館、ローマ市後援]

◇1996: “Body for Future Development Committee” (Hajime Yatsuka + Jun Aoki + Masato Sasaki + Michitaka Hirose + Machiko Kusahara + Iwao Fujimasa + Hajime Matsumoto + Tetsuro Fukuhara)

◆1996年:『未来身体』(未来身体開発委員会)[八束はじめ×青木淳×佐々木正人×廣瀬通孝×草原真知子×藤正巌×松本元×福原哲郎]

◇1996: “Space Dance in Nagi Ryoanji by Shusaku Arakawa” (Nagi, Okayama, Japan)[Contemporary Thought supported] “Body Speaks, Speaks Body”[Shusaku Arakawa + Masato Sasaki + Tetsuro Fukuhara]

◆1996年:『ダンス/荒川修作による奈義の龍安寺』(岡山)[現代思想後援]『身体が語る、身体を語る』(現代思想8月臨時増刊)[荒川修作×佐々木正人×福原哲郎]

◇1997: “Space Dance, Body of the Future “[London, Roma](Arts Council of England, Dartington College supported). “Digital Space Dance”[Shiroishi-city](Japanese Ministry of Trade supported)

◆1997年:『スペースダンス』(ロンドン・ローマ)[英国アーツカウンシル、ローマ市後援]

◇1997: “Space Dance / Video on Demand” (Shiroishi-city, Miyagi Prefecture)[Shiroich Information Center, Ministry of Posts and Telecommunications Subsidy Project]

◆1997年:『スペースダンス/ビデオ・オン・デマンド』制作(宮城県白石市情報センター)[郵政省補助事業]

◇1998: “Space Dance, Body of the Future”[Detroit, London, Rome, Napoli](The Japan Foundation, Cranbrook Academy of Art, Consulate General of Japan, DAIWA Anglo-Japanese Foundation and Citta della supported)

◆1998年:『スペースダンス〜身体の未来』(デトロイト・ロンドン・ローマ・ナポリ)[国際交流基金日米センター、デトロイト日本領事館、クランブルック芸術アカデミー、ナポリ科学館後援]

◇1999: “Behaviors in the Computer Space”[Tokyo](Japanese Ministry of Education supported)

◆1999年:『仮想空間における身ぶり~文部科学省科学研究費補助プロジェクト』[文部科学省後援]

◇2000: “Space Dance, Body of the Future “[New York, Kuala Lumpur, London](Japan Foundation, Suny Stonybrook University, Jimmy Lim House, London Butoh Network supported). “Space Dance Presentation”[Boston](Massachusetts Institute of Technology, Media Laboratory supported). “Monaco Danses Dances Forum”[Monaco](Government of Monaco supported)

◆2000年:『スペースダンス / 身体の未来』(ニューヨーク・クアラルンプール・シンガポール・ロンドン・東京)[国際交流基金、ラママ後援]
『スペースダンス』(ボストン)[マサチューセッツ工科大学メディアラボ後援]

◇2001: “Space Dance, dance meets with information at tea house”[Tokyo](Tokyo Desingn Center, NEC supported). “Space Dance at the United Nations”[New York](United Nations Japanese Book Club supported). “Space Dance in Turkey”[Ankara, Istanbul, Tarsus, Mersin](Embassy of Japan in Ankara-Turkey, Consulate General of Japan in Istanbul, the Ministry of Foreign Affair supported). “Space Dance Workshop”[Singapore](Lasalle-SIA supported). “Space Dance Workshop in Japan 2001″[London, Edinburgh](London Butoh Network, Japan Festival Found, British Airways and the others supported)

◆2001年:『スペースダンス』(東京・東京デザインセンター)[東京デザインセンター後援]『スペースダンス』(ニューヨーク・ニューヨーク国連本部)[国連後援]『スペースダンス』(アンカラ・イスタンブール・タルサス・メルシン・シンガポール)[外務省、在アンカラ日本大使館、在イスタンブール日本総領事館、トルコ日本文化交流センター、中東工科大学、ガジ大学、ミマル・シナン大学、トルコ日本友好協会、ラサール芸術大学後援]

◇2002: “Space Dance, Memories Square”[Tokyo Bayside Area](Japanese Agency for Cultural Affairs, Tokyo News Paper, Tokyo MX TV supported). “Space Dance”[Istanbul, Paris, Nagoya, Monterrey, Mexico City](Japan Foundation, MAYA Sanat, ISEA2002, Conarte, INBA, Mexico National Arts Center supported)

◆2002年:『スペースダンス~記憶ノ広場』(東京臨海副都心)[西沢立衛(建築家)×藤本荘介(建築家)×福原哲郎][芸術文化振興基金、東京新聞、東京MXテレビ後援]『ISEA2002』(名古屋)[ISEA2002主催]『スペースダンス』(イスタンブール・パリ・モンテレー・メキシコシティー)[国際交流基金、Conarte、INBA、メキシコ国立芸術センター後援]

◇2003: “Space Dance”[Toronto](Ryerson University supported). “Space Dance”[Istanbul](MAYA Sanat, Yildiz Technical University and Mimar Sinan University supported)

◆2003年: 『スペースダンス』(トロント・イスタンブール・ロンドン・パリ・筑波宇宙センター)[リエルソン大学、イルディス工科大学、ミマール・シナン大学、London Butoh Network、宇宙開発事業団後援]

◇2004: “Space Dance, Someday in the Universe”[Tokyo] [Jun Tani + Shinji Matsumoto + Zenki Kohno + Kenichiro Mogi + Yasunobu Matogawa + Shinichi Kobayashi + Tetsuro Fukuhara] (Japan Aerospace Exploration Agency supported). 

◆2004年:『スペースダンス~或る日、宇宙で』(つくば宇宙センター+日本科学未来館+宇宙航空研究開発機構)[谷淳(脳科学者・理化学研究所)×松本信二(元・清水建設宇宙開発室室長)×甲野善紀(古武術家)×茂木健一郎(ソニーコンピュータサイエンス研究所)×的川泰宣(JAXA執行役)×小林信一(科学技術振興機構社会技術研究システム)×福原哲郎][宇宙航空研究開発機構+東京スペースダンス主催]

◇2004: “Space Dance”[Tokyo, Tottnes, New York, Paris](Japan Aerospace Exploration Agency, National Museum of Emerging Science and Innovation, Dartington College of Arts, CAVE, Palais de Tokyo supported)

◇2004: “7th Space & Arts Workshop – Science, Technology, and Arts” (Noordwijk, Holand)[European Space Agency(ESA) + LEONARDO supported]

◆2004年:『7th Space & Arts Workshop – Science, Technology, and Arts』参加(Noordwijk、オランダ)[欧州宇宙機関+LEONARDO主催]

◇2005: “Space Design and Life Style Design”[Fukuoka](International Astronautical Congress 2005 supported). 

◆2005年:『スペースデザインとライフスタイルデザイン』(福岡)[国際宇宙会議福岡2005後援]

◇2005:”Space Design”[Tokyo Design Center, Tokyo](Obayashi Foundation supported). 

◆2005年:『スペースデザイン』(東京デザインセンター、東京)[大林都市振興財団助成研究後援]

◇2006: “Space Dance”[Tokyo Design Center, Tokyo] [Yuichi Takayanagi + Masato Sasaki + Yasushi Ikeda + Tetsuro Fukuhara] (JAXA, Tokyo Design Center, TORAY, Obayashi Foundation, Institution of Future Technology supported). 

◆2006年:『スペースダンス』(東京デザインセンター)[高柳雄一(多摩六都科学館館長、元NHK解説委員)×佐々木正人(東京大学大学院情報学環教授)×佐倉統(東京大学大学院情報学環助教授)×渡辺篤太郎(JAXA執行役)×池田靖史(建築家/慶応大学環境情報学部助教授)×福原哲郎][共催:東京デザインセンター 後援:宇宙航空研究開発機構、未来工学研究所、東レ 助成:大林都市振興財団]

◇2006: “Space Dance” with a conference by Jean-Mark Adolphe[Brussels, Luxembourg](Tree&Leaf, Galerie QG Salzinsel supported). “New Butoh and Space Dance”[Leeds](Leeds University supported). 

◆2006年:『スペースダンス』[ジャン・マーク・アドルフ×福原哲郎](ブリュッセル・ルクセンブルク)

◇2006:”Space Dance, Someday in the Universe” publishing[Tokyo](by Japan Aerospace Exploration Agency). 

◆2006年:『スペースダンス、或る日宇宙で』出版 [東京](宇宙航空研究開発機構

◇2006:”Science Agora 2006″[Tokyo](Japan Science & Technology Agency and Ministry of Education & Science supported). 

◇2006:”Space Dance in the Robotic Universe”[Monaco](Monaco Dance Forum supported) In “UNESCO Prize for Digital Arts”, selected as “20 Project in the World”.

◆2006年:『スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース』(モナコ)[モナコ・ダンスフォーラム主催]。「ユネスコ・デジタルアート賞~世界の20プロジェクト」受賞

◇2007: “Space Dance in the Tube, Hoya Primary School”[Tokyo](Tama Science Museum supported). “Space Dance in the Tube”[Tokyo](Tama Science Museum and Japan Aerospace Exploration Agency supported). “Space Dance in the Tube, Otemachi Cafe”[Tokyo](National Institute of Science & Technology of Ministry Education, Institution of Future Technology and Japan Aerospace Exploration Agency supported). 

◆2007年: 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(多摩六都科学館、大手町カフェ)[宇宙航空研究開発機構後援] 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』特別授業(東京・西東京市保谷小学校)

◇2008: “Space Dance in the Tube”[Kampala/Uganda](National Theatre, United Nations Uganda Office supported). 

◆2008年: 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(カンパラ, ウガンダ)[ウガンダ国立劇場][国連ウガンダ事務所後援]

◇2008: “Space Dance in the Tube”[Kita-Kyushu, Japan](Space World supported). 

◆2008年: 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(スペースワールド)[スペースワールド後援]

“Space Dance in the Tube”[Tokyo][Hikaru Hayashi + Naotaka Fujii + Tetsuro Fukuhara](Asahi Art Square supported)

◆2008年: 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(アサヒアートスクウェア、東京)[アサヒアートスクウェア後援][林光(元・博報堂生活総合研究所所長)×和田雄志(未来工学研究所21世紀社会システム研究センター長)×藤井直敬(脳科学者・理化学研究所脳科学総合研究所)×福原哲郎]

◇2008: “Space Dance / Body of Future” publishing[Tokyo](by Shunjusha Publishing Campany). 

◆2008年:『宇宙ダンス/新しい身体をつくる』(春秋社)出版

◇2009: “Space Dance in the Tube”[Bangkok/Thai, Kampala/Uganda](Japan Foundation, Ministry of Foreign Affairs, Japanese Embassy, JICA, National Theatre, Keiga Dance Company, United Nations Uganda Office supported). 

◆2009年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(Bangkok, Kampala)(パトラバティ劇場・シラバコーン美術大学・他)[国際交流基金・外務省アジア大洋州局後援、JICA、ウガンダ国立劇場後援]

◇2009: “Space Dance in the Tube”[Tokyo](National Graduate Institute for Policy Studies, Regional Exchange Center supported). 

◆2009年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(東京・政策研究大学院大学)[第14回全国首長連携交流会参加]

◇2009: “2009 – Space Journey” (Mitaka, Tokyo)[Shusaku Arakawa Garden]

◆2009年:『2009年 – 宇宙の旅』(三鷹、東京)[荒川修作の三鷹天命反転住宅]

◇2010-2012: “Space Dance in the Tube”[New York, Kampala, Nairobi, Paris, London, Braunchweig, Milano, Roma, Frankfurt, Istanbul](National Theater, several institutions, and several universities supported). “Space Dance in the Tube”[Nara](Ieon Takamanohara supported). “Space Dance in the Tube”[Nagoya](Ai-Chikyuhaku Memorial Park supported). “Space Dance in the Tube”[Kawaguchi](Kawaguchi Arts Gallery supported). “Space Dance in the Tube”[Inabe-City](Inabe-City supported). “Space Dance in the Tube”[Yokohama](Yokohama National University supported). “Space Dance in the Tube”[Niigata](Niigata Prefectural Science Museum supported). “Space Dance in the Tube”[Fukui](Fukui Science Museum supported). “Space Dance in the Tube”[Kagawa](Sanuki Children Museum supported). “Space Dance in the Tube”[Kochi](Karport Kochi supported)

◆2010年~2012年: 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(ウガンダ国立劇場、その他ニューヨーク・パリ・ブランシュバイク・イスタンブール・ナイロビ・ロンドン)[国際交流基金、その他後援] 『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』[愛・地球博記念公園、川口市アートギャラリー、いなべ市、横浜国立大学、新潟県立自然科学館、福井児童科学館、さぬき子供の国、かるぽーと高知]

◇2013: “Space Dance in the Tube”[Santiago, Chile](Centro Cultural Estacion Mapocho supported). 

◆2013年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(チリ・サンティアゴ、Centro Cultural Estacion Mapocho/Santiago OFF)

◇2013: “Space Dance in the Tube”[Havana, Cuba](International Dance Festival/Ciudad de la Havana supported). 

◆2013年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(キューバ・ハバナ、Ciudad de la Havana/国際ダンスフェスティバル)

◇2013: “Space Dance in the Tube”[New York](“IDEAS CITY by New Museum” at Studio Anise). 

◆2013年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(ニューミュージアム、ニューヨーク)[New Museum “IDEAS CITY Festival”]

◇2013: “Space Dance in the Tube”[Kofu, Japan](Yamanashi Prefectural Science Center supported)

◆2013年:『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(山梨県立科学館)[山梨県立科学館後援]

◇2014: “Space Dance in the Tube”[Nagoya Dome](Nagoya Dome, TV Aichi supported).  “Space Dance in the Tube”[Kofu](Yamanashi Prefectural Science Center supported). 

◆2014年;『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(山梨県立科学館、ナゴヤドーム)

◇2017: “Space Dance in the Tube – Universe × Art”(Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo)[SONY]

◆2017年;『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(東京都現代美術館『宇宙×芸術』展)[東京都現代美術館主催。文化庁メディア芸術祭協賛事業。アサヒグループ芸術文化財団、朝日新聞文化財団助成。JAXA、国立天文台、三菱重工業、ソニー]

◇2017: “Space Dance in the Tube”[Echigo-Etsumari Modern Art Museum]. 

◆2017 – 2018年;『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(十日町、新潟)[越後妻有里山現代美術館後援]

◇2017 – 2018: “Space Dance in the Tube”[Eskisehir Science Center, LaNaNa, Cer Modern Museum, Baza Theatre, Theatre Institute, SESC Museum, Niigata Creative Center, Warsaw University, Manggha Museum].

◆2017年;『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(エスキシェヒール科学センター・Cer現代美術館・SESC現代美術館・新潟こども創造センター・多摩六都科学館・ワルシャワ大学・マンガ美術館等)。

2018; “Space Dance in the Tube” at Kopernik Science Center, Istabul Bilgi University. 

◆2018年;『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』(Warsaw, Istanbul)[コペルニクス科学館、Bilgi大学後援]

2018; Publication of “VISION of BODY” with English & Polish by Pompka Foundation, and Presentation of “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” at Kopernik Science Center.

2018年; 『身体の夢』(英語&ポーランド語版)出版。コペルニクス科学館で記念講演『アバロス – <私の分身>としてのAIロボット』を実施。

………………………………..
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2021]