Tana, Resident in Surplus Dimension / 異界の住人・タナ

[1]

One day, when I was playing at the “Boundary” in the space tunnel, I met Tana, who at first did not seem to be a human being in our world. That’s because Tana had a different atmosphere than a living human being, and there was a shadow of us inside the space tunnel, but Tana didn’t have it. Something that doesn’t have a shadow is something that doesn’t belong to this world, like a vampire, or a dead human being.

ある日、私がスペーストンネルの「境界」で遊んでいたら、どう見てもこの世の人間とは思えないタナに出会った。それは、タナが生きた人間とは違う雰囲気をもっていたし、スペーストンネルの内部では僕たちの影ができるが、タナにはそれがなかったからだ。影が映らない存在なんてバンパイアとか死んだ人間とか、要するにこの世のものではない存在だ。

[2]

When I look closely, Tana, like a pterosaur, was a boy who often appears in my dreams. I knew Tana in my dreams. At this way, I may be able to meet a pterosaur soon. Tana had previously come up in a dream and told me that the book I was looking for was in the National Library of Paris. I went for a trial while I was at work and its book was really there. That’s why I trusted Tana as a special person.

よく見ると、タナは、翼竜と同じように、僕の夢によく出てくる少年だった。僕は夢の中でタナを知っていた。この調子でいけば、僕はもうすぐ翼竜にも会えるのかも知れない。タナは以前、夢の中に出てきて、僕が探していた本がパリの国立図書館にあることを教えてくれた。仕事のついでに試しに行ってみると、本当にそこにあった。だから僕はタナを特別な存在として信頼した。

And when I was looking at an old photo book on another day, Tana was on it. How, Tana died in Prague, Czechoslovakia in 1850, according to this record. Tana was a real person in the 19th century. Naturally, I was very surprised. And since then, I have come to believe in the existence of the world of the dead. Anyone who has such an experience, not just me, will have no choice but to believe.

そして、別の日に古い写真集を見ていたら、タナが載っていた。何と、タナはこの記録によれば1850年にチェコスロバキアのプラハで死んでいた。タナは19世紀の実在の人物だったのだ。当然、僕は、大変に驚いた。そして、それ以来、僕は死者の世界の存在を信じるようになった。僕だけではなく、こんな経験をすれば、誰だって信じるしかなくなるだろう。

[3]

The day I met Tana, he came to see me because he had something to do. Since he died at the age of 17, he seems to have remained at same age. He was also a disciple of a famous puppeteer in Prague. Partly because of his profession, he was interested in our work of manipulating space tube robots and net robots as human’s alter ego. By the way, the book I searched for in the National Library of Paris was also a document about Western dolls. So I was surprised to hear “What kind of business do you have with me? Tana explains that they need a “Moving House” and want me to help.

僕がタナに出会った日は、タナの方で用事があるということで、僕に会いにきたという。17才で死んで以来、年齢はそのままで止まっているそうだ。そして、プラハで有名な人形使いの弟子をしていたそうだ。その職業のせいもあり、スペースチューブロボットやネットロボットを人間の分身として操る僕たちの仕事に興味があったという。そういえば、僕がパリの国立図書館で探した本も、西洋の人形についての文献だった。それで、「どんな用事があるの?」と聞いて驚いた。タナは次のように説明し、自分たちには「引っ越し」が必要で、それを手伝って欲しいと言う。

[4]

Tana said that “We would like to restore the relationship with the real world that was estranged until now. In the days when the world religions had power, the exchange between this world and the other world was active, but now it is not. Then, now human beings are planning to go out into space. However, as you can understand that you have a deep affection for animals, human beings are not just real living human beings. We dead are also human beings as our memory, and the dead are also dreaming. In truth, the desire of living humans to want to go to space is influenced by our dreams strongly. So if they go to space, we also need to go to space.

タナは言った、「これまで疎遠だった現実との関係を回復したいと思います。世界の宗教が力を持っていた時代には、この世とあの世の交流は活発でした。しかし、現在では、そうではありません。ところが、人類はいま宇宙に出て行くことを計画しています。しかし、動物に深い愛情を示すあなたには理解してもらえると思いますが、人類とは、現実の生きた人間たちのことだけではありません。私たち死者もまた記憶のなかの人類として存在し、死者もまた夢を見ています。実際のところ、生きた人間たちが宇宙に行きたいと願うのは、私たちの夢にも強く影響されているのです。彼らが宇宙に行くなら、私たちも宇宙に行く必要があります。

We cannot leave the evolution of humankind to them alone. If they perish, we too will be affected and perished. As you know, their plans for the universe are not always good in all. Already many human space colonization plans have failed. They need our cooperation and accompaniment.”

人類の進化を彼らだけに任せるわけには行きません。彼らが滅べば、私たちもその影響を受けて滅ぶことになります。 あなたもご存知のように、彼らの宇宙についての計画は、全体としては必ずしもよいとは言えませんので。既に多くの人類の宇宙移住計画は失敗しています。人類には私たちの協力と同行が必要なのです」。

[5]

I told Tana, “That’s right. Even in our new United Nations, same as in the past, governments of each country are starting to come up with self-centered space plans with the selfishness, so it will be difficult to coordinate. Tana happily said, “You understand my opinion!?”

“I see. That’s it. I understood the dead started preparing by the dead. Is Megumi’s mysterious energy related to that?”
“That’s right. Megumi is very well lately. We are just starting to prepare for a big moving house. Megumi is very educated and she is one of the leaders. She is a great activist. Can you cooperate?”
“Of course. I’m happy.”
“Thank you.”
“Because if that’s the case, it’s a great business to ask from our side.”

僕がタナに「それはその通りだね。僕たちの新・国連でも、やはり昔のように、各国政府が勝手に自国中心主義の宇宙計画を打ち出すようになっているので、その調整に苦労させられる」と答えると、タナも嬉しそうに「わかっていただけますか!?」と言った。

「なるほど。それでわかった。死者たちは死者たちで準備を開始したということなんだ。メグミの不思議な元気もそれに関係しているわけだ?」
「さすがです。その通り。メグミさんは最近とても元気です。私たちはいま大移動の準備をはじめたところです。メグミさんはとても博学で、彼女もそのリーダーの一人です。すごい活動家ですよ。協力していただけますか?」
「もちろん。喜んで」
「有難うございます」
「だって、そういうことなら、それはこちらからお願いすべき素晴らしい事業だから」

[6]

Certainly, the strange things will happen in the world. The other day, I was just surprised to meet Kibe as one of lost animals. I met Tana as one of the dead today. And I can meet Megumi, who has been wandering in the darkness of my heart for a long time, soon. I have always wanted to live knowing not only animals but also death. It was Megumi’s death that triggered it. The Megumi actually will guide me to the world of the dead. I can also meet my daughter Cosmos. How, I have a daughter. I’ve always wanted a daughter. And Megumi is going to move to a new world with Cosmos. Now I understand the meaning of my recent dream. My life is going to be renewed with a new stage.

たしかに、世界には不思議なことが起きる。ついこの間、失われた動物としてのキベに出会って驚いたばかりだ。今日は死者の一人としてタナに出会った。そして、僕の心の闇を長くさまよっていたメグミとも、すぐにも再会できるという。僕は、いつ頃からか、動物だけでなく、死についても知りながら生きたいと願ってきた。そのきっかけをつくったのはメグミの死だ。そのメグミが、実際に死者の世界を案内してくれる。娘のコスモスにも会えるのだ。何と、僕には娘がいる。僕はずっと娘が欲しかった。そしてメグミはコスモスを連れて新しい世界に引越ししようとしている。今になり、最近見た夢の意味がわかった。僕の生活がまたひとつ新しい舞台に向って変化しようとしているのだ。