SPACE DANCE SCHOOL / スペースダンススクール

“SPACE DANCE SCHOOL”
『スペースダンススクール』

We are holding “SPACE DANCE SCHOOL Online” on “SD-School” to expand the understanding of SPACE DANCE editing the essence of SPACE DANCE with the following “4 Chapters.

On “SD-School” the teachers, the students, and the guests are uploading each “My SPACE DANCE” regularly

私たちは、スペースダンスに対する理解を拡げるために、スペースダンスのエッセンスを下記の「4章」としてまとめ、『SD-School』においてスペースダンススクール・オンラインを展開しています。

SD-Schoolでは、教師・生徒・ゲストが定期的に各人の『My SPACE DANCE』をアップしています。

[1]
[Promotion Video by Tetsuro Fukuhara / プロモーションビデオ by 福原哲郎]
[2]
[Promotion Video by Ayumi Toyabe / プロモーションビデオ by 鳥谷部歩美]

…………………………………

Chapter 1 “Affordance”
第1章『アフォーダンス』

The body keeps one unity with the environment, so we can’t handle the body independently. At first, on this chapter, dancers study the way how to handle the body well. Dancers organize their body as the “object“, not as the subject, then they clear the senses, and they try to get back an amicable relationship between body and space. In this dance, if dancers can feel that they don’t dance alone, the space dance together with them, in that time its dances are successful.

身体は環境と一体であり、身体だけを独立して扱うことは出来ません。はじめに、ダンサーはスペースダンスにおける身体の扱い方を学びます。身体を、主体ではなく、「客体」として扱い、感覚を澄ませ、身体とスペースの間に親和的関係を成立させます。そして、自分一人がダンスしているのではなくスペースが自分と一緒にダンスしているように感じられるなら、このダンスは成功しています。

Chapter 2 “WALKING DANCE”
第2章『ウォーキングダンス』

Dancers make a “Most gentle walking in the world” forming the amicable relationship between the feet and the ground. Dancers move the attention back to the memory of the far past and reminisce the moment when the humans realized the “Miracle of the Bipedalism” by two legs, and experience the “Feeling as starting the humans again“. In order to deepen its experience, dancers try to quest, prepare the tools if they feel a necessity, and make a more unique way of walking as a dance.

ダンサーは、足と地面の間に親和的関係を形成し、「この世でもっともやさしい歩行」をつくります。注意をはるかな過去の記憶に遡らせ、人間が二本の足で立ち「二足歩行の奇跡」を実現した瞬間を追想し、「人間をはじめ直す感覚」を体験します。その体験を深めるために、さらに独特な個性的な歩き方をダンスとして追求し、必要な道具があれば用意し、試みます。

Chapter 3 “PARADISE in the LITTLE MOVING”
第3章『小さな動きの中の天国』

Dancers don’t consume all energy which flow in the body and dare to select “Little Moving” controlled the dance, then they experience the world of the energy which expand like a snowball, so they never feel tired. And, dancers know the “Hidden Unknown Movement’s World” in dance movements, then they touch the top of dance by the continuation of “Little Moving” and realize “PARADISE, freedom possible all movements in all directions” with a big joy. Dancers touch a climax of dance and get back the “Wildness” lost in our life.

ダンサーは、身体に流れ込むエネルギーをすべて消費せず、あえて動きを制御して「小さな動き」を選択し、そこに留まることで、雪ダルマのように膨張するエネルギーを体感できます。そのため、ダンサーは疲れることを知りません。そして、自分のダンスの動きの中に「隠された未知の動きの世界」が存在する事を知り、「パラダイス~あらゆる動きが可能になる自由」を大きな喜びをもって体験し、ダンスの頂点に至り、失くしていた「野生」を取り戻します。

Chapter 4 “FLOWER”
第4章『花』

How to do to end our dance? “Everything that starts” has the “End” sure. And on this theme we add one more theme as “Design for the Death” to show how to end our life. How do we want to die? Beyond the end of “Death” we can expect the beginning of “Next Life“. Dancers sit down quietly and lie down, and look back upon the joys and sorrows they have ever experienced, then, as a ritual, and as a “Flower“, they celebrate the beginning and the end, death and rebirth.

どのようにダンスを終息させたらよいでしょうか。「始まったもの」には必ず「終わり」があります。そして、このテーマに、どのように人生を終息させるかという「死に方のデザイン」を重ねます。私たちはどのように死にたいでしょうか。「」という終息の先には、「次の生」という始まりが予想されます。ダンサーは静かに座り、そして横たわり、これまでに体験した人生の喜びと悲しみについて追想し、始まりと終わりを、死と再生を、一つの儀式として「」として祝います。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]