Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

Tetsuro Fukuhara belonged to the second generation of Japanese Butoh. Then, on 2001, he created “Space Dance” based on Butoh when he performed at the United Nations in New York supported by the Ministry of Foreign Affairs of Japan through his Knowledge cultivated with the epochal encounter between Shusaku Arakawa and the “Theory of Affordance“.

福原哲郎は日本の舞踏の第二世代に属し、2001年、ニューヨークの国連本部において、日本の外務省の後援により公演しました。そして、その公演において、荒川修作アフォーダンス理論との画期的な出会いを通して培った知見に基づいた「スペースダンス」を創始しました。

[1]

[2]

[3]

[4]

[5]

[6]

[7]

[8]

[9]