PERMANENT EXHIBITION / 常設展

PERMANENT EXHIBITION / 常設展

…………………………………

[A]
Space Dance Tetsuro / 福原哲郎のスペースダンス

Tetsuro Fukuhara belonged to the second generation of Japanese Butoh. Then, on 2001, he created “Space Dance” based on Butoh when he performed at the United Nations in New York supported by the Ministry of Foreign Affairs of Japan through his Knowledge cultivated with the epochal encounter between Shusaku Arakawa and the “Theory of Affordance“.

福原哲郎は日本の舞踏の第二世代に属し、2001年、ニューヨークの国連本部において、日本の外務省の後援により公演しました。そして、その公演において、荒川修作アフォーダンス理論との画期的な出会いを通して培った知見に基づいた「スペースダンス」を創始しました。

…………………………………

[B]
Space Dance / スペースダンス

[B-1]
SPACE DANCE at Outside Location
/ スペースダンス、外で

We can develop each dances as Space Dancers more easy at outside location with their hidden charms. Because in our today’s world, the theaters, the museums, the studios and so on have almost same environments and same information. But, sure, we need different environments and different information to develop each dancer’s characteristic dances.

私たちは、個々のダンサーが自分にも隠されていた魅力を発揮するスペースダンサーとして育つためには、室内よりも屋外のロケーションがより容易になると考えています。それは、個々のダンサーの個性が開花すためには、異なった環境と異なった情報が必要であるにもかかわらず、今日では世界中の劇場も、美術館も、スタジオも、ほぼ同様な環境と情報に満たされてしまっているからです。

[B-2]
SPACE DANCE in SPACE TUBE
/ スペースダンス、スペースチューブの中で

Space Dance in Space Tube” is a media to realize our concept of “Design after Dance“. In Space Tube we can experience a very amicable relationship between the body and the space. So, we can feel the nostalgia as if we return back to the mother’s womb and we can get back several our lost memories. Then, we can create new dances that we have never experienced before supported by new visions with more big energies from the space.

スペースチューブの中のスペースダンス」は、私たちの「ダンスの後にデザインが生まれる」というコンセプトを実現する重要なダンスです。スペースチューブの中では、私たちは身体と空間の間の非常に親密な関係を体験でき、まるで母の胎内に帰ったような郷愁を感じ、失った多くの記憶を回復できます。そのため、私たちは新しいビジョンと空間からエネルギーに支えられ、これまで経験したことがない新しいダンスを創造できます。

[B-3]
KIDS SPACE DANCE / こども宇宙ダンス

Space Dance Experience” also will be a very educational chance for the kids. Sure, if the kids will start to enjoy Space Tube from young age they can develop several interesting acute senses and abilities for their life.

スペースチューブ体験は、子供たちにも貴重な教育的機会を与えます。もし子供たちがごく小さな時からこの体験を楽しみ始めるなら、彼らは興味深いさまざまな鋭い感覚を身につけるものと思われます。

Above all, through this experience the kids can get back the physical sensation, so we help to solve the “Social Problem of the Loss of Physicality in Information Society“. In other words, the kids can learn naturally about the “Distinction between Real and Virtual” which becomes difficult to understand for anyone where the virtualization by the technology such as Virtual Reality, Augmented Reality, AI, and Robotics rapidly progresses.

何よりも、子供たちは、この体験を通じて身体感覚を必要なだけ取り戻すことができるので、「情報社会における身体感覚の喪失」という現代社会において懸案になっている社会的問題の解決に役立ちます。子供たちは、誰にとってもその識別が困難になりつつある「リアルとバーチャルの差」について、スペースチューブの中で遊んでいる内に自然に学ぶことができるのです。

…………………………………

[C]
Fruits of SPACE DANCE SCHOOL /

スペースダンススクールの成果

We hold each space dancer’s “EXHIBITION SPACE DANCE Online” as a result of “SD-school“.

SD-School』の成果として、スペースダンサーの『My SPACE DANCE』を『EXHIBITION SPACE DANCE Online』を構成し、展示します。

We hold this exhibition every year and train space dancers around the world with enough time, slowly. Then, we form “New Stage for Expression and Interchange” unaffected by the trend of the times to show the activity as an artist for a lifetime.

私たちは、この展示を毎年開催し、時間をかけて、ゆっくりと、世界中にスペースダンサーを育成し、時代の潮流に左右されることがない、アーティストとしての能動性を生涯にわたり発揮できるように、「表現と交流のための新しいステージ」を形成します。

…………………………………

[D]
SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE – Omnibus Edition / スペースダンス・イン・ザ・
ロボティックユニバース – 総集編

[Video / ビデオ; Omnibus Edition / 総集編]

We will edit “SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE – Omnibus Edition” as a one-year closing accounts from monthly “SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE“.

毎月発表する福原哲郎の「スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース」の1年間の決算として、その総集編を展示します。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]