CONCEPTUAL EXHIBITION / 企画展

CONCEPTUAL EXHIBITION / 企画展

…………………………………

[A]
“Body-Space Model” and “Design after Dance” / 

身体-空間モデルと「ダンスの後にデザインが生まれる」2021.4.1 – 5.31

We will introduce 2 concepts of “Body-Space Model” and “Design after Dance” that consist the basics of Space Dance and the idea of “APAROS & DESIGN” that consist the engine for its activities, then will will exhibit its fruits until today.

スペースダンスの基礎を形成する『身体・空間モデル』と『ダンスの後にデザインが生まれる』というコンセプトについて、そして活動のエンジンを構成する『アパロス & デザイン』というアイデアについて紹介し、現在までの成果について展示します。

…………………………………

[B]
From “Information” to “Experience” / 

「情報」から「体験」へ
2021.4.1 – 5.31

As a design necessary for our “SPACE MUSEUM”, we will try to design “Information” that encourages “Experience” while introducing the world’s leading cases.

私たちの「スペースミュージアム」に必要なデザインとして、世界の先行事例を紹介しつつ、「体験」を促すような「情報」のデザインを試みます。

As the game designer Tetsuya Mizuguchi in Japan suggests, a new flow of “From Information to Experience” will emerge in accordance with the evolution of information space. The accuracy of information that can be perceived by humans is limited to 8K. So, even if the accuracy is increased beyond 8K, humans can’t recognize it, so it is worthless. Because humans desires are endless, people who are tired for pursuing the accuracy of information will start to seek “Actual Experience” of information. There is no limit in the world of experience such as information, and the experience keeps an unknown depth, so the quest never stops.

日本のゲームデザイナー・水口哲也が提案するように、情報空間の進化につれて、情報から体験へ」という新しい流れが誕生するでしょう。人が知覚できる情報の精度は8Kが限度で、それ以上は精度を増しても人は認識できず価値がないと言われています。人間の欲求にはキリがないため、情報の精度の追求に飽きた人びとは、情報の実際の体験を求め始めることになるでしょう。体験には情報のような限度はなく、昔も今も体験は未知の深さをもっており、探求が止むことはありません。

And in the case of Tetsuya Mizuguchi and others, “Music” is introduced as a factor to realize “From Information to Experience”, but is it enough? We introduce “Body” instead of “Music” and give “Music” another important position. Then, above all, for the purpose of “Physical Growth“, we will develop “Alter Ego Creationism” as a proof of the growth.

そして、水口哲也等の場合は「情報から体験へ」を実現するファクターとして「音楽」を導入しますが、果たしてそれで充分でしょうか? 私たちは、「音楽」の代わりに「身体」を導入し、「音楽」には別の重要な位置を与えます。そして、何よりも「身体の成長」を目的として、成長の証しとしての「分身創造論」を展開します。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]