SPACE DANCE 7 days / スペースダンス 7日間

SPACE DANCE 7 days /
スペースダンス 7日間

…………………………

SPACE DANCE 7 Days” with “PHOTO & VIDEO EXHIBITION + SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE + SPACE DESIGN WORKSHOP + KIDS SPACE DANCE” used Space Tube and other Space Equipment is a new communication with our whole body. We think that this project is very useful as “Social Design with 6 themes of Education, Health, Welfare, Art & Science, Environment, and Universe“. Its purpose is the getting an awareness about the body, particularly the familiar relationship between the body and the space. This awareness with its enough reality is needed as the essential element for the daily life in our information society.

スペースダンス 7日間』は、スペースチューブ等の新しい空間装置を使った身体コミュニケーションです。身体・空間・情報に対する斬新な発想に基づく「写真展 & 映像展+スペースダンスワークショップ & 公演+スペースダンス・デザインワークショップ + 子供宇宙ダンス」として、教育(情報社会・宇宙時代に必要な全身的身体感覚の回復と、科学的センスの育成)、健康(新しい健康開発)、福祉(障害と健常の区別の改革と、リハビリテーション体験の導入)、アート&サイエンス(アート&サイエンスの体験)、環境(「身体と環境は一体」という視点によるデザイン)、宇宙(宇宙文化・地球文化の発展に必要な想像力の育成)の各テーマの実施にとって最適です。

………………………………..

■Concept / コンセプト

– Development of a New Scientific Sense / 
新しい科学的センスを育てる 

Now we have a serious crisis that threaten our existence. In our continuous search for convenience and comfort in today’s information society, we began to lose our sense of raw reality, our kinetic sense, and our physical sensations. As one characteristic phenomenon, we have a difficult social condition where we can’t judge the difference exactly between the real image and the virtual image. And, for children and adult, “Space Dance Project” stimulate their bodies directly, and we can recognize ourselves as the real existence with the body and awaken the original plentiful physical sensations as the humans. Then, based on this physical sensation, we can respond to “Real” and “Virtual” correctly, also when we need we can create “New Real” between “Real” and “Virtual”, finally we can develop New Scientific Sense“, we need this sense for our daily life.

世界中で急速に進む情報化の波のなかで、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の判別が誰にも困難になりつつある現代の社会状況において、『スペースダンスプロジェクト』は、参加者~子どもたちから大人・高齢者・何らかの障害をもつ人たちまで~の身体を直接に刺激し、自分がいかにリアルな身体的存在であるかを教え、人間として持っている本来の豊かな身体感覚を覚醒させることができます。そして、この身体感覚を基礎にしてリアルにもバーチャルにも正しく対応し、必要に応じてリアルとバーチャルの間に「新しいリアル」を創造していくという、私たちの日々の生活を支える「新しい科学的センス」を育てることができます。

…………………………

■Contents / 内容

7 DAYS PROGRAM, 10:00-20:00 from Monday to Sunday
7日プログラム 10:00-20:00 月曜日~日曜日

[1]
PHOTO & VIDEO EXHIBITION / 写真展 & 映像展
10:00-20:00 every day

We hold “Photo & Video Exhibition“ with the selected photos from the last SPACE DANCE PROJECT recorded by Tokyo Space Dance in Japan and overseas, currently ongoing projects, and Tetsuro Fukuhara’s works.

世界中で開催したスペースダンスプロジェクトの記録や、現在進行中のプロジェクト、また福原哲郎作品などをまとめ、スペースダンスの「写真展 & 映像展」として開催します。

[2]
SPACE DANCE WORKSHOP / スペースダンスワークショップ
18:00-20:00 from Monday to Friday

We hold “SPACE DANCE WORKSHOP” with 6 themes of “Body Foundation + Affordance + Beginning + Development + Change + Ending” for dancers and artists.

スペースダンスワークショップを「身体基礎 + アフォーダンス + 起(足の発生) + 承(姿勢の創造) + 転(カタルシス) + 結(足の終わり)」の6テーマにより実施します。

[3]
SPACE DANCE PERFORMANCE / スペースダンス公演
18:00-20:00 Saturday & Sunday

As the results of “SPACE DANCE WORKSHOP”, we hold “SPACE DANCE PERFORMANCE” with 11 chapters of “Memory + Walking Dance + Paradise + Open a body in the Sky + Dimension + Strange Fruit + Fluid Furniture + Affinity + Standing Zen + Walking Dance 2 + Catharsis” by the workshop participants & Tokyo Space Dance members.

スペースダンスワークショップの成果として、ワークショップ参加者とともに、「記憶 + ウォーキングダンス + パラダイス+ からだを空に開く + 次元 + 奇妙な果実 + 流体家具 + 親和性 + 立ち上がる禅 + ウォーキングダンス2 + カタルシス + 花」の12の物語によるスペースダンス公演を実施します。

[4]
SPACE DESIGN WORKSHOP / 
 スペースデザインワークショップ
15:00-17:00 from Monday to Friday

At “SPACE DESIGN WORKSHOP“, we try to design various Objects, Spaces, and Images including Space Tube to develop Space Dance based on a concept of Dance & Design through the  training our imaginative power and creativity. Then, we use its results for “Space Dance Workshop & Performance”, also at “Space Museum” we exhibit and sell it.

スペースデザインワークショップ」において、スペースダンスをダンス&デザインのコンセプトにより発展させていくために、私たちの想像力と創造力を鍛え、スペースチューブをはじめ、様々なモノ・空間・イメージのデザインに挑戦します。その成果は『スペースダンスワークショップ & 公演』で使用すると共に『スペースミュージアム』に展示し、販売します。

[5]
KIDS SPACE DANCE / こども宇宙ダンス
13:00-15:00 every day

We invite the children and their parents, and we hold “KIDS SPACE DANCE” as a “New Scientific Education” with 7 workshop themes of “Walking, Entrusting, Making Balance, Straining Ears in the Darkness, Feeling Transmission Sense in the Light, Overlapping Real Body on the Body of Image, Floating“, then we organize “Kids Space Dance Performance” as its results.

こどもたちとその親を招待し、「ウォーキングダンス・委ねる・バランスをつくる・闇の中で耳を澄ます・光の中で身体が溶け出す感覚を味わう・リアルな身体を映像の身体に重ねる・浮遊し、落下する」の7テーマのワークショップによる『こども宇宙ダンス』を実施します。そして、最後にワークショップの成果として、こどもたちによるミニ・スペースダンス公演を実施します。

……………………….
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2021]