What is Butoh? / 舞踏とは?

What is Butoh? / 舞踏とは?

We created SPACE DANCE through Butoh as its development by Tetsuro Fukuhara’s experience. So, we have a question, “What is Butoh?” Butoh is still in circulation in the world’s cultural markets under the name “Butoh / 舞踏”.

私たちはスペースダンスを福原哲郎の舞踏体験から発展させる形で創造しました。「BUTOH」の名称で現在も世界の文化市場に流通する「舞踏」とは、一体どんなダンスなのでしょうか?

Butoh is currently ending its epidemic in Europe and the United States, and has started in Africa, Asia, and Middle & South America. We can find many Butoh Dancers and Choreographers in the world.

舞踏は現在、一時の欧米で流行した時期を終り、アフリカ・アジア・南米等への進出を始めており、多くの日本人以外の舞踏家を輩出しつつあります。

Butoh has two styles, one is “Butoh with Darkness“, other is “Improvisation Butoh“. Tetsuro Fukuhara, delegate of Tokyo Space Dance, he belongs to “Improvisation Butoh” as the second generation. He carries on Butoh, then he created “Space Dance” to socialize a dance and the “Tacit Knowledge” as a value for the general public by the collaboration of “Dance + Architecture + Information + Design“.

日本で誕生した「舞踏」には暗黒舞踏派即興舞踏派がありますが、東京スペースダンス代表・福原哲郎は舞踏第二世代として即興舞踏派に属します。そして、舞踏の中に含まれる『身体知』を情報化して社会に還元するために「ダンス + 建築 + 情報 + デザイン」によるコラボレーションを採用し、舞踏を「スペースダンス」として継承しています。

…………………………………

■What is Butoh? / 舞踏とは何か ?

In the second half of 1960, in Japan, Tatsumi Hijikata and Kazuo Ohno created “Butoh with Darkness” to unify the difference as a big problem between the traditional dance & its culture before Edo-era as Japanse original and the modern dance & its culture after Meiji-era from Europe and America. Then, Akira Kasai created “Improvisation Butoh” through “Butoh with Darkness”. Tetsuro Fukuhara studied “Improvisation Butoh” from Akira Kasai and “Spirit of Butoh” from Tatsumi Hijikata and Kazuo Ohno.

舞踏は、 1960年代後半の日本において、 江戸時代までに存在していた日本の伝統的身体所作と現代ダンスを融合するものとして、土方巽大野一雄により暗黒舞踏が創造され、笠井叡により即興舞踏が創造されました。福原哲郎は笠井叡より即興舞踏を学び、土方巽より「舞踏の精神」を学びました。

The definition of Butoh by Tetsuro Fukuhara is like the below;

福原哲郎による「舞踏の定義」とは以下のようなものです;


Butoh is “
step from within“.
舞踏とは、「内部からのステップ」です。

Butoh is “self-realization” though the body of the individual, direct, original dance technique.
舞踏とは、各人の個性に根ざした、自前のダンステクニックによる身体芸術であり、「直接的な自己表現」です。

Butoh is “recovery of the wild in mankind and a rebirth of the body” intoxicated somehow lost in the contemporary world.
舞踏とは、「野性の回復」であり、現代世界において失われた「陶酔する身体」の復活です。

Butoh is an art which promotes us growth, and keeps “the age-worthy flower” blossoming continuously. Everybody can make their own Butoh as much as they receive their own body.
舞踏は、自己の身体を受容する限り、年齢・国籍・性別に関係なく、誰でも踊れます。舞踏は日本で誕生しましたが、柔道や合気道のように外国人の舞踏家も増えており、日本人に限られたダンスではありません。

What is a pleasure of a dance? Sure, it is a pleasure to change our feelings about our world at the moment. In this dance feelings we can’t find any differences between ourselves and between our humans and other all existence, we feel we are connected to everyone and everywhere. So a dancer dance eternally to get this feelings exactly.
舞踏の楽しみ、それは「世界に対する感覚を一新する喜び」です。自分と他者の区別がなく、自分があらゆる世界、あらゆる場所、あらゆる動物とあらゆる植物、あらゆる人びとに「一体」として繋がっているという至福の感覚を味わうことができます。舞踏家はその感覚を得たくて、何度でも踊ります。

Butoh is a physical art that creates a “Dance that matures with Age“. Like Japanese Noh’s “Flower“, Butoh has “Flower in Time” and “Flower in Secret” and Butoh Artist creates the beauty that matures year by year.
舞踏とは、「年齢と共に成熟するダンス」をつくる身体芸術です。能の「」のように、舞踏にも「時分の花」と「秘すれば花」があり、舞踏家は年々に成熟する美を創造します。

Also, as 21st dance history, we have a big theme to develop “a mature dance together with our age” using new dance technique. If we should retire after a definit e age, we should say its dance belongs to the old system. In Butoh the maturity is important, for us “the tacit knowledge” which we keep in our body is most important treasure. We can increase the tacit knowledge with our age year by year and we can create our dances on the basis of this Knowledge. For this dance we don’t need the so-called strong muscles.
年齢と共に成熟するダンス」を創造することも、21世紀ダンスの大きな課題です。一定の年齢が来れば引退しなければならないダンスとは、そのダンス技術にムリがあった証拠であり、狭い美の概念に囚われたダンスに属します。

So, we teach several ways for the participants and our students to receive their own body, to away a model for the imitation, to decide the things by themselves, to find their own feelings and techniques, and to make their own dance story.
舞踏では、「年齢と共に成熟するダンス」を習得するために、美の概念を拡張し、身体を受容すること、ムリをしないこと、ならうべきモデルを持たないこと、自前の世界観をもつことを教えます。

◎Critique / 批評

“Our Day with a Crisis”
Shigeo Ohyama
, Research of Asahi-Newspapers investigation center, Tokyo
『危機の時代に』
大山茂夫
(朝日新聞調査研究室主任研究員/東京)

My attraction to Butoh is based on the world of technology. As a journalist I have been dealing with information technology and computers for more than ten years. Doing such work I became aware, through my all senses, of all what is happening in our day life, and this made me aware of a strong sense of crisis in the future of the human mind’s image.

私が舞踏に魅せられた動機は、ハイテクノロジーの進展だった。身体のもつ根源的感覚をとりもどし、立ち帰ることが、どんな時代よりも緊急に必要になったのだと思う。

As far as I understand Butoh is not a dance merely trying to express some ideas or feelings through the body, but is trying to express the body itself, the root of the body. Of course, as a form of art Butoh has diversity, but I think that as excellent Butoh dancer should feel the crisis of our time. So, I had entered the Butoh’s world and I met Tetsuro Fukuhara there.

私の理解するところでは、舞踏は、身体そのもの、つまり身体の根源にある存在を表現しようとする。すぐれた舞踏家はこの時代の危機を感じとっているはずだと考え、私はハイテクノロジーの行方を追う一方で、舞踏の世界に入りこんでいった。そこで出会ったのが福原哲郎だった。

When I saw his dance for the first time he was dancing in the center of the stage. As a tree growing he held both arms straight up in the air. The highly raised right hand was moving slowly, and even more slowly did his fingers do so, but nevertheless his body was advancing. At that instant, as if in a spark, I remembered something deep down. It was nonverbal, a sense appearing like a wave – motion way ? down my own body. This movement happened simultaneously with the movement of Fukuhara’s dance, which was cutting the space in a minimal but intense way. The intensity locking me down. I was surprised that his dance could express the original sense of the body for a movement.

福原は、舞台の正面で舞っていた。指ひとつひとつが凝縮したまま微かに動き、身体が前に進んできた。その瞬間、私は火花が走るように、何かを思い出した。言葉にならない、身体の底から噴き出す波動のような感覚といったらいいだろうか。舞い手の身体は、その何かに添い、何かを放って、寸分たがわずという感じで、空間を切っていた。私は身じろぎもできなくなって、凝視していた。舞踏家の身体の動きが、一瞬にして根源的な感覚を伝えてしまうとは、何ということだろう。

“Beyond Style”
Yvonne Tenenbaum, Art Critic, Paris
『スタイルを超えて』
イボンヌ・テネンバウム(批評家/パリ)

In Tetsuro Fukuhara’s dance, we see a Butoh even more extreme than it was till now; no figurative image, no representation in any way, no history, no myth, no recognizable forms from any where, even from previous Butoh. And his dance in not confined either in slow motion nor in attitudes of retirement within oneself. We just see bodies listening and leaving way to the every strange force that makes them and human people dance. Like a tree’s leaves and branches, they show us every movement and stage of this force, sometimes wild, sometimes subtle and almost imperceptible.

私は今日、世にも澄み切ったダンスを見た。福原哲郎のダンスは、欧米の国々で一般的になった暗黒舞踏とは違い、私が理解した舞踏の真髄に近いものである。 自我の消失についての探求は西欧でも、トレシャ・ブラウンやウィリアム・フォーサイスによっても試行されている。しかし、福原の舞踏の特徴は、ダンサーと演出家は一体であり、彼は自己のダンスの経過を聴きつつダンスしている、という点である。

福原は、自己意識からぬけ出しているだけではなく、「自我としての主体」とは異なる「空間としての主体」という新しい位置を獲得している。この「空間としての主体」という観点こそ、今後の芸術や文化において重要な鍵を形成することになる新しい哲学であるゆえに、私が言う意味における舞踏の、独自で、重要な今日的な宝なのである。

“Living Sculptures”
Nadine Meisner, the Sunday Times, London
『生きている彫刻』
ナディン・メイスナー、
サンデータイムス・ロンドン

Britain’s first festival of new Butoh was in full celebration in London’s East End. Butoh performers often seem like living sculptures, merged with the surrounding space, hardly disturbing the air. Sometimes they move so slowly you scarcely notice, as happened with Tetsuro Fukuhara’s piece. I confess to an occasional restlessness as great chunks of time passed with little perceptible difference to the stage picture. Even so, the performance was compelling, Fukuhara creating a spare and mysterious beauty.

『この夜、新しい人がやってきた』
フセイン・ビン・ハムザ
(アンナハール/ベイルート)

この夜、福原哲郎がベイルート劇場で演じたものは、われわれアラブ人には衝撃的な体験だった。それは、福原が、一目でダンスの素晴しいテクニシャンであることを感じさせながら、フォルムに対しては驚くほど淡白で、個々の動きに感情移入することなく、明確な距離をとっていたからである。

なぜ彼はこのように自由に振舞えるのか? 彼は自分自身に聞き入り、魂の森のなかに姿を隠しているようだ。彼は劇場の約束事には縛られず、自分ひとりのままで嬉々としており、ひたすら身体に湧き出してくる驚くべきエネルギーに守られていた。人間の動きには必ず終わりがあるのに、彼の動きはその束縛を逃れ、はじめも終わりもなく、永遠に続いていくように思われた。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]