SPACE DANCE SCHOOL / スペースダンススクール

SPACE DANCE SCHOOL / スペースダンススクール 

We operate “SPACE DANCE SCHOOL” withSPACE DANCE WORKSHOP & Performance” as live project and with “SD-School” & “FESTIVAL SPACE DANCE Online” as online project.

スペースダンススクール」を、ライブプロジェクトとしての『スペースダンスワークショップ & 公演』と、オンラインプロジェクトとしての『SDスクール』と『フェスティバルスペースダンス・オンライン』により運営します。

……………………………………………

■ Mission / ミッション

Through “SPACE DANCE SCHOOL” we will bring up “International Space Dancers” for the space dance project and for opening SPACE MUSEUM around the world.

スペースダンススクール』を通して、私たちはスペースダンスプロジェクト実施とスペースミュージアム運営に必要な「スペースダンサー」を世界中で育成します。

[Space Dance Workshop & Performance Promotion Video

…………………………………

■What is Space Dance? / スペースダンスとは?

Space Dance is a dance with a concept of “Dance & Design” which recover the amicable relationship between the body and the space. The purpose of Space Dance is creating several designs after the dances.

スペースダンスは、「ダンス & デザイン」をコンセプトとし、身体と空間との親和的関係を回復させ、ダンスの後に新しいデザインを誕生させることを目的としています。

Tetsuro Fukuhara created Space Dance on 2001 when he performed at the United Nations in New York supported by the Ministry of Foreign Affairs of Japan through his epochal experiences by the meeting with Artist, Shusaku Arakawa and the “Theory of Affordance” from 1994.

スペースダンスは、1994年に福原哲郎が美術家・荒川修作アフォーダンス理論に出会ったことを契機に、2001年のニューヨーク国連本部での公演を通して誕生しました。

The essence of Space Dance is computerize the “Amicable relationship  Body and Space, or between Body and Object” as “Tacid Knowledge“. Similarly, it is to visualize the “Lost Memory” recovered at that time as an “Image“. For this purpose we adapt the collaboration by “Dance + Architecture + Information + Design“.

スペースダンスの本質は、「身体と空間、或いは身体とモノの親和的関係」を「身体知」として情報化することです。同様に、その時に回復される「失われた記憶」を「イメージ」として可視化することです。そのために「ダンス+建築+情報+デザイン」による共同作業を採用します。

The definition of Space Dance by Tetsuro Fukuhara is like the below;

福原哲郎による「スペースダンスの定義」は次の通りです;


The body is not a tool for expressing a story, the body is a story.
身体は物語を表現するための道具ではなく、身体が物語です。

In any time the excellent dancer in the world keeps the ability to dance with a “Special dance technique to organize the body as the object“. In Space Dance we study this dance technique. Then we try to recover the memory beyond humans through our dance and we accumulate its result as the tacit knowledge about the body.
すぐれたダンサーは、いつの時代でも、「身体を客体化してダンスする特別な技術」を持っています。スペースダンスでは、この技術を学び、ダンスの動きを通じて「記憶の発掘」に挑戦し、そこで得られた成果を「身体知」として蓄積します。

Our “Feet” always are connected to the ground with one gravity. Our human in our daily life forget this fact. But when we dance with a dance technique to organize our body as the object, the relationship between our feet and the grand will be clear and we can get back a familiar feeling between the body and the earth. 
」は、地面との接触面を通じて地球に繋がっています。人は日常ではこの事実を忘れて生活していますが、身体を客体化してダンスすることで、「足」と地面の関係がよく見え、その関係は親和的になり、身体と地球の密接な関係が回復されます。

In this time when we dance together with the earth we can recognize some strange new feeling happen around the temporal lobe of “Brain“. Why? Because it is a first experience for our brain to move our body with such a strange new way. 
ダンサーが地球との密接な関係を回復してダンスする時、「」の頭頂葉や側頭葉の周辺にわずかな異変が生じることを認識できます。それは、地球と親和的に接続された身体を動かすことは「脳」にとってもはじめての体験だからです。

はじめての体験を行うためには、「脳」も新しい力を獲得する必要があります。その体験は、まるで、盲人が愛用の杖を自分の「第2の身体」にして地面を探っていくように、ダンサーも地球を「第2の身体」にして宇宙を探っていくような体験です。

Our brain keeps all memories about all life on our earth. Because our brain into the Mother’s womb during 10 months grow up through the process of evolution of the brain from the beginning to today’s human brain. So, in our dance movements too, sometime we can find other strange movements of all life through these memories.
「脳」は、その誕生の過程で、母親の胎内に約10ヶ月存在する時に、発生時の脳から現在の人間の脳に至るまでの進化史を再現しつつ形成される為、脳にはすべての生命体の記憶が貯蔵されています。そのために、人の身体の動きにも「人の動き以外の動き」が混じっています。

So in Space Dance when we try to dance to organize our body as the object we can touch several “Forgotten Memories” sometimes with a wave motion of the internal organs, sometimes with a sound of the bone, and sometimes with an excitement of the nerve. In that time we can feel a new feeling in our brain, then under this influence we can find the unexperienced movements by chance. In short we can stimulate several “Forgotten Memories”.
スペースダンスでは、ダンサーが脳にわずかな異変を感じ、その影響でふとしたはずみにこれまで経験したことがない動きをはじめる時に、脳に貯蔵された「忘れられた記憶」に触れ、それらの記憶を刺激し、覚醒させます。

“Forgotten Memories” wake up a strong nostalgia in our mind. And this nostalgia gives new energy to us. Then we understand “New unknown movement’s world” exists behind our usual human’s movements.
「忘れられた記憶」はダンサーの心につよい郷愁の念を呼び起こし、ダンサーに新しいエネルギーを与え、人間としての「既知の動きの世界」の背後に「未知の動きの世界」が存在することを教えます。

This energy continue without the end. When we dig up “Forgotten Memories” we can organize the unexpected movements based on each memories. We shake with its freshness and we are amazed by ourselves. Then we start to talk a new story for our dance beyond the humans drama.
このエネルギーは無限です。「忘れられた記憶」を発掘したダンサーは、脳の機能を発展させ、個々の記憶に対応した「思いがけない動き」を体現し、その新鮮さにふるえ、自ら驚きます。その発掘と体現の程度により、ダンサーは「人間的な劇を超えた新しい物語」を身体をもって語りはじめます。

Usually, very soon, our human feel tired in our movements without this energy. But when we house this energy we get the lasting energy from the circulation between the body and the ground, then it arise like the growth of a “Snowball“. We never feel tired.
このエネルギーを宿したダンサーは、踊れば踊るほど、坂道を転げ落ちる雪ダルマのようにエネルギーを増幅させ、疲れることがありません。

Like that in Space Dance we dig up “Forgotten Memories” and we expand “New unknown movement’s world”, then we try to express “New unknown movement’s world” as “History of Postures Evolution with Fish, Amphibia, Quadruped Animal, Bird, Monkey, and Human“. 
スペースダンスでは、こうして「忘れられた記憶」を発掘し、それに応じた「新しい動きの世界」を展開し、この過程を魚・両生類・四足動物・鳥・サルを含む「姿勢の進化史」として表現します。

We can describe that “History of Postures Evolution” had started from a ameba without hands and feet. Then now “History of Postures Evolution” meets one peak by human with a bipedal walker.
「姿勢の進化史」は、手や足を持たないアメーバーからはじまり、現在の人間における二足歩行の形態として一つの頂点を迎えています。しかし、この頂点も、宇宙時代を迎えた今日の世界においては「一つの通過点」に過ぎません。


Why “History of Postures Evolution” is important for Space Dance? Because the purpose of Space Dance is the looking back on the past of all life, and the creation for “Future of Humans Body” as a return from its retrospection.
姿勢の進化史」として表現するのは、スペースダンスが、ヒトの起源について回想すると共に、その回想からのリターンとして、ヒトの「身体の未来」をデザインすることを目的としているからです。

Then we develop “Body-Space Model” which is necessary for the informatization of the tacid knowledge. And using this model we create a visualization of “History of Postures Evolution” as the image. And we make an information of “New unknown movement’s world”. Finally we try to create various designs through the tacid knowledge for the new body, the new object, and the new space.
そのために、スペースダンスでは、「身体知」の情報化に必要になる「身体-空間モデル」を開発し、このモデルを使用して体験される「姿勢の進化史」を映像として可視化します。さらに、ここで蓄積される「身体知~記憶の発掘による新しい動きの世界」を、身体・モノ・空間を対象としたデザインとして変換し、出力します。

Like that, in Space Dance we can create the new designs after our dance. For these works we use “Space Tube” as our needed installation.
こうして、スペースダンスでは、ダンスの後にデザインが誕生します。具体的に、「身体-空間モデル」の開発に必要なインスタレーションとして、スペースチューブを使用します。

“Space Tube” is a closed soft space using by special cloth, not an opened hard space like our modern architecture. So, in “Space Tube” the dancer’s body movements can cope to the shape of the space as the very familiar relationship. Then, in “Space Tube” we can express dancer’s  “the tacit knowledge” as the information very easy.
スペースチューブは、近代建築による「かたい空間」とは異なり、「やわらかい空間」です。そのため、スペースチューブの内部では、身体の動きと空間の形状が一対一の関係で即応するため、個々のダンサーが蓄積した「身体知」が容易に情報化の対象となります。


Then, Space Dance will be very different from usual dances, Space Dance will be just a work of “Design after Dance“.
こうして、スペースダンスとは、通常のダンスとは異なり、ダンスの後にデザインを出力することを目的とする「ダンス&デザイン」の行為となります。

…………………………………

■6 Chapters of Space Dance Workshop / 
スペースダンスワークショップの6章

We hold “Space Dance Workshop” with 6 chapters of “Body Foundation + Affordance + Beginning + Development + Change + Ending“.
スペースダンスワークショップを「身体基礎 + アフォーダンス + 起(き) + 承(しょう) + 転(てん) + 結(けつ)」の6章により構成し、スペースダンサーとしての基礎を鍛えます。

Chapter 1 “Body Foundation” / 
第1章 『身体基礎』

We make the waist soft and all joints of our body soft to keep the center of the body, and we increase efficiency of energy circulation between the body and the space.

「身体の中心」を保ち、「身体と空間の間のエネルギー循環」を効率よくするために、身体のすべての関節と筋肉をやわらかくします。

Chapter 2 “Affordance” / 
第2章 『アフォーダンス』

We organize our body as the object, not as the subject. Also we try to get back a familiar relationship between our body and space, or some object near our body, for example a pillar, a handrail, and so on. Through these efforts we can get a feeling of “Animism” which realize the unity with others and we can start our dance by reliance upon others, not by our own exertions. And we can construct a dance with an idea or a technic called Affordance, in this dance we can feel that we don’t dance, the space or the object dance together with us.

ダンスを、「自力」ではなく、環境情報を吸収することから「他力」としてスタートさせるために、身体を客体視して身体を「客体」として意識し、「客体」と身体の周囲の何らかの「外物」との間に親和的関係を成立させます。そして、自分ではなく、「外物」がダンスしているように見えるダンスを構成します。

Chapter 3 “Beginning / 起(ki)〜Birth of Foot第3章 『起(き)~足の発生』

At first, we sit upright and calm down. Next step, we stand up very slowly to activate our sense and to revive some memory with a strange feeling. Through this standup we can feel as if our foot just now growth entirely. Still more, we dance slowly and find the suitable movements as if we wonder in the darkness to become acute all senses and to increase various memories.

はじめに正座して、心身を落ち着かせます。次に、正座の姿勢から、全身の感覚が顕在化するように、またそれにつれて一定の「記憶」が蘇ってくるように、まるで「足」が今はじめて発生してくるような感覚で、ゆっくりと立ち上がります。さらに、感覚が先鋭化し、同時に「記憶」の回復が増幅される動きのあり方を探し、あたかも暗闇の中を一人で彷徨するように、ゆっくりとダンスします。

Chapter 4 “Development / 承(shoo)〜Creation of Postures” / 第4章 『承(しょう)~姿勢の創造』

In succession of “Beginning / 起(ki)“, at first we recognize that when we start something, sure, it should come to an end. And we try to develop dance movements as “Creation of Postures” which we want naturally. Also same time we try to choice our favorite memory through other many sundry memories and we try to take a focus with it. Then, finally we can aim to reach the “Climax” of dance movements. In this “Climax” we can renew our feelings to the world, and we can behave freely in all directions, and we can feel that just now we get most active life.

第3章の『起(き)』のダンスを承け、はじまったものには必ず終わりがある事を認識し、ダンスの動きを「姿勢の創造」として展開し、同時に回復される記憶群から自分の望む「記憶」を選別してより明瞭にして、動きの「頂点」を目指します。まるでこれ以上活動的な生命体は自分以外にはないと思える感覚で、自由に、縦横にダンスして、世界に対する感覚を一新します。

Chapter 5 “Change / 転(ten)〜Catharsis” / 
第5章 『転(けつ)~カタルシス』

In succession of “Development / 承(shou)“, at first we change a dance stage, then we try to make a same dance of Chapter 4. However, on chapter 5 we aim to reach “Catharsis” beyond “Climax“. We can find “Catharsis” as a final station of our dance when we go through “Climax”. We try to make our dance until when we can think this my dance will be a best “Creation of Postures”, then as a result we get the finest happiness.

第4章の『承(しょう)』のダンスを承け、ダンスする場所を変え、再度同様のダンスを試みます。但し、ここで目指すのは「頂点」ではなく、「頂点」を通過した終わりの地点としての「カタルシス」。人間として、これ以上の「姿勢の創造」はあり得ないと思えるまで多様なダンスを繰り返し、その結果として最良の幸福感に浸ります。

Chapter 6 “Ending / 結(ketsu)〜End of Foot” / 第6章 『結(けつ)~足の終わり』

In succession of “Change / 転(ten)“,  we squat down very slowly, and we sit down, next lie down, finally we rest with our closed eyes, then we accomplish “Catharsis”. In this scene we organize the best several feelings as if we finish our foots, and as if we start our preparation to step up our life as a “Post Human“. Finally we enjoy a last feeling to wait a new sunrise of a new world.

第5章の『転(てん)』のダンスを承け、ゆっくりとしゃがみこみ、ふたたび正座し、次に寝転び、最後に静止して、「カタルシス」を完成させます。まるでこの一連の動きにより「足」を消滅させる事ができるかのように、また人間としての勤めを終わり「ポスト人間」への準備に入ったかのように、新しい世界の日の出を待つような感覚で。

…………………………………

■9 Chapters of Space Dance Performance / 
スペースダンス公演の9章

We hold “Space Dance Performance” with following 9 chapters based on the result of “Space Dance Workshop”.

『スペースダンスワークショップ』の成果を基礎にして、以下「9章」から構成される『スペースダンス公演』を参加者とともに公演します。

Chapter 1 “MEMORY” / 第1章『記憶』

Dancers stand up on a stage and dance with a relaxed way by “technique for handling the body objectively“, and they circulate the energy between the body and the space. Then, dancers experience that “Lost Memories” accumulated in the brain revive together with the dance movements. And, dancers stand still and internalize more, then amplify the memories, finally fill with the memories just overflowing the body.

ダンサーは,ステージに立ち、「身体を客体化する技術」によりゆったりとダンスし、エネルギーを身体と空間の間に循環させることで、「」に蓄積された「忘れられた記憶」がダンスの動きと共に蘇ることを体験する。そして、立ち尽くし、さらに内面化して記憶を増幅させ、身体を溢れるばかりの記憶で満たす。 

Chapter 2 “WALKING DANCE” /
第2章『ウォーキングダンス』

Dancers make a “Most gentle walking in the world” forming the amicable relationship between the feet and the ground. Dancers move the attention back to the memory of the far past and reminisce the moment when the humans realized the “Miracle of the Bipedalism” by two legs, and experience the “Feeling as starting the humans again“. In order to deepen its experience, dancers try to make a more unique way of walking. 

ダンサーは、足と地面の間に親和的関係を形成し、「この世でもっともやさしい歩行」をつくる。注意をはるかな過去の記憶に遡らせ、人間が二本の足で立ち「二足歩行の奇跡」を実現した瞬間を追想し、「人間をはじめ直す感覚」を体験する。その体験を深めるために、さらに独特な歩き方を試みる。

Chapter 3 “PARADISE in the LITTLE MOVING”
第3章『小さな動きの中の天国』

Dancers don’t consume the all energy which flow in the body and dare to select “Little Moving” controlled the dance, then they experience the world of the energy which expand like a snowball, so they never feel tired. And, dancers know the “Hidden Movement’s World” in dance movements, then they touch the top of dance by the continuation of “Little Moving” and realize “PARADISE, freedom possible all movements in all directions.” In this dance climax dancers renew all feelings to the world completely with a big joy and get back the “Wildness” lost in their life.

ダンサーは、身体に流れ込むエネルギーをすべて消費せず、あえて動きを制御して「小さな動き」を選択し、そこに留まることで、雪ダルマのように膨張するエネルギーの世界を体感する。そのためダンサーは疲れることがない。そして、自分のダンスの動きの中に「隠されていた動きの世界」が存在する事を知り、あえて選択した「小さな動き」の連続によりダンスの頂点に至り、「パラダイス~あらゆる動きが可能になる自由」を大きな喜びをもって実現する。また、失くしていた「野生」を取り戻す。

Chapter 4 “OPEN a BODY in the SKY” / 
第4章『からだを空にひらく』

Dancers take off a jacket and play a “Suppressed Beauty Scene” as a ceremony to be born again as a “New Life Form“. The audiences see the sight that dancer’s naked back will be visible very slowly like the big moon is climbing from the edge of the mountain. Dancers release their bodies in the sky and store the necessary wisdom for a “New Journey“.

ダンサーは、「新しい生命体」として生まれ変わるために、「抑制された美のシーン」を儀式として演じる。観客は、山の端から登る大きな月を見るように、非常にゆっくりとダンサーの裸の背中が見えてくる光景を目撃する。ダンサーは、身体を空間に解放し、「新しい旅」に必要な知恵を蓄える。

Chapter 5-1 “DIMENSION” / 
第5章の1『余剰次元』

Dancers come into Space Tube and push their faces against the cloth of Space Tube at an angle of 45 degrees. For the audiences, they see this scene as one face with “Three-dimensional face of dancers that can be seen through” and “Two-dimentional face of dancers as a shadow”. This scene is an indication to the existence of “Surplus Dimension” in Space Tube. Dancers know there are many things that have disappered from our world in Surplus Dimension, also “Four-dimensional existence” and “Five-dimensional existence” live together there. 

ダンサーは、スペースチューブの中に入り、自分の顔を45度の角度でスペースチューブの布に押し付ける。観客には「透けて見えるダンサーの三次元の顔」と「影として見えるダンサーの二次元の顔」が一つの顔として重なって見える。このシーンは、スペースチューブの中には余剰次元が励起することへの暗示である。ダ ンサーは、余剰次元には世界から消えた多くのものが存在し、「4次元の存在」と「5次元の存在」が同居していることを知ることができる。

Chapter 5-2 “STRANGE FRUIT” / 
第5章の2『奇妙な果実』

Dancers entrust themselves to Space Tube and feel that Space Tube is expanded as their “Second Body“, and they know that “Floating” can be easy with this sense. So, dancers float and get back various lost their memories, then according to the memories revived their bodies repeat the transformation like the fluid body, they become to Fish, to Amphibian, to Quadrupted Animal, and to Bird

ダンサーは、スペースチューブに身体を委ね、スペースチューブが自分の「第2の身体」として拡張されていく感覚を味わい、この感覚の中で容易に「浮遊」が可能になることを知る。ダンサーは浮遊して、失われた「多様な記憶」を回復させる。蘇った記憶に応じて、ダンサーの身体が流体のように変形を繰り返し、ダンサーは「魚」になり、「両生類」になり、「四足動物」になり、「鳥」になる。

Chapter 5-3 “FLUID FURNITURE” / 
第5章の3『流体家具』

Using various posture’s formation such as Fish, Amphibian, Quadruped Animal and Bird, dancers make a collaboration together with a chair in Space Tube and grow up a chair as “Fluid Furniture“. “Fluid Furniture” is a new kind of objects such as a chair and same time a bed, when dancers sit down this chair they can make the new postures “Between standing and sitting” and “Between sitting and lie down“. 

ダンサーは、魚・両生類・四足動物・鳥などの多様な姿勢形成を利用して、スペースチューブの中で椅子とのコラボレーションを実施して「流体家具」を誕生させる。「流体家具」は、椅子でもあり同時にベッドであるような「新しい家具」であり、ダンサーは「流体家具」に座ることで、「立つと坐るの間」と「坐ると寝るの間」に新しい姿勢を形成できる。

Chapter 5-4 “AFFINITY” / 
第5章の4『親和性』

Dancers repeat one favorite dance endlessly. Then dancers can hear one “Music” which they loved it when in the long time ago. It is a shout of distant familiar animals accumulated in their brains. In the head of dancers, old memories and new memories compete, and the gaps pass through the neurons and hear it as “Unknown micro current change = Music“. 

ダンサーは、スペースチューブの中で安らぎ、気に入った一つのダンスを延々と繰り返す。すると、いつの頃か好きだった「音楽」がダンサーの耳に聴こえはじめる。それはダンサーの脳に蓄積された親しかった遠い動物たちの叫びだ。ダンサーの頭の中で古い記憶と新しい記憶がせめぎ合い、そのズレがニューロンを通過する「未知の微電流の変化=音楽」として聴こえる。

Chapter 6 “STANDING ZEN” / 
第6章『立ち上がる禅』

Dancers leave Space Tube and sit down quietly and calm down the body and the mind. Why I stay here? Where I should go? When dancers close the eyes they hear a voice from somewhere such as “Well, the time come. There is a world you want to know and the works you seek for is waiting for you“. Dancer stand up very slowly to activate their sense. Through this stand up dancers feel as if their feet just now grow entirely. 

ダンサーは、スペースチューブを出て、静かに座り、心身を落ち着ける。そして、考える。なぜここにいるのか? どこに行けばいいのか? 目を閉じると、どこからか「さぁ、時が来た。そこにはあなたが知りたかった世界があり、あなたが待ち望んでいた仕事が待っている」という声が聴こえる。ダンサーは、ゆっくりと、立ち上がる。

Chapter 7 “WALKING DANCE 2” / 
第7章『ウォーキングダンス2』

Dancers try again Walking Dance. Through this Walking Dance dancers notice one strange thing that not only their feet be activated but also “One more leg” just now growing from their waists and be activated next to their two legs. Also their two hands transform as 2 “Wings“. Then, dancers begin to get a new way of walking by “Half Floating” and “Half Turning” with three legs and two wings in order for dancers to become a new life form and to create a new condition for the next humans.

ダンサーは、再度ウォーキング・ダンスを試みる。ゆっくりと立ち上がりつつ、まるでいまはじめて腰から生えてきたように、二本の足の隣に「もう一本の足」が存在していることに気づく。また、両手は「」になっている。ダンサーは、三本の足と翼で、半ば「浮遊」し、半ば「回転」しているような、新しい歩き方の工夫を始める。ダンサーが新しい生命体になり、人間の次の姿を形成するために。 

Chapter 8 “CATHARSIS” / 
第8章『カタルシス』

Dancers repeat to form “Postures for Next Human” as a return from the reminisce to the part. Through this way dancers discover their hidden characters and charms, and they cultivate their new individualities as if they become to the multiple personality, finally they come to “Catharsis” beyond “Paradise” as a final station of dance movement with their own forms.

ダンサーは、過去への回帰からのリターンとしての「ポスト人間の姿勢」の形成を繰り返し試みる。ダンサーは、隠されていた自分の性格と魅力を発見し、多重人格者のようになった自分の新しい個性をつかみ取る。自分の固有のフォルムをつくり、パラダイスを超えて、カタルシスに至る。

Chapter 9 “FLOWER” / 
第9章『花』

Dancers squat down slowly. In their mind dancers have a reunion with “People they missed” and they experience themselves as “Flower with a joy“. Dancers meditate the day that they awake up on the unknown planet, and they let down the flowers and finish Catharsis. In this way, dancers finish “One Journey” and greet to the behind the audiences with a full smile and a deep bow, finally they return back to the ground to ressolve out. 

ダンサーは、静かに横たわる。心の中で「会いたかった人びと」と再会し、自分を「喜びに満ちた花」として体験する。やがて自分が「人間の次の世代」として見知らぬ惑星で目覚めるその日について黙想し、花々を降らせ、カタルシスを完成させる。こうして「一つの旅」を終わり、満身の微笑とともに観客の背後に向かって挨拶し、溶け出すように大地に帰還する。

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]