SD in the TUBE 7 days program / スペースダンス・イン・ザ・チューブ 7日プログラム

SPACE DANCE in the TUBE 7 days program /
スペースダンス・イン・ザ・チューブ  7日プログラム

EXHIBITION + KIDS SPACE DANCE 
+ SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE +
PHOTO GALLERY
展示 + こども宇宙ダンス + 
スペースダンスワークショップ & 公演 + 写真展

2009-2020, we hold “SPACE DANCE in the TUBE” in Asia, Africa, Middle East, Europe, South-Middle-North America, and in Japan at several museums, science museums, theaters, universities, schools and so on. Then, 450,000 people come to enjoy this project.

2009-2020年、私たちは『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』をアジア、アフリカ、中東、ヨーロッパ、北米、中南米、日本のさまざまな美術館・科学館・大学・諸学校等で開催し、45万人の人びとがこのプロジェクトに来場しました。

[Promotion Video / プロモーションビデオ]

[KIDS SPACE DANCE]
[SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE 1]
[SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE 2]

…………………………….

“SPACE DEVELOPMENT and SPACE TUBE”
Hiroyuki Iwamoto
Director of New Enterprise Promotion Department,
Japan Aerospace Enploration Agency (JAXA)
『宇宙開発とスペースチューブ』
岩本裕之
宇宙航空研究開発機構(JAXA)

   ”An era came, anyone can go to space. Space travel will begin, if we pay the money even if we are not an astronaut we will be able to go to space. The International Space Station has made it possible for the humans to live in space for a long time. The inside of Space Station is zero gravity. What kind of pictures we can creat in this space? What kind of entertainments, games and arts in the zero gravity space will be? Thinking a lot makes us excited. But, it is difficult for us to actually experience zero gravity on the earth.

  「誰でも宇宙に行ける時代がやってきました。宇宙飛行士でなくてもお金さえ払えば宇宙に行けるようになります。国際宇宙ステーションによって、宇宙空間での長期滞在、つまり宇宙で人間が生活できるようになりました。宇宙ステーションの中は無重力です。この空間で油絵を描くとどういう表現が出来るのでしょうか? 無重力空間での娯楽やゲーム、芸術はどんなものになるのでしょう? いろいろ考えるとワクワクします。しかしながら、私たちが地球上で無重力を実際に体験することは難しいことです。

Although it is not zero gravity in SPACE TUBE, it is a very unstable space, it is difficult to balance and support the body at the beginning, but if we get accustomed we can move comfortably and freely. I guess it is exactly the same as an astronaut going to space and gradually moving the body freely in a zero gravity space.In other words, through experiencing SPACE TUBE, it is possible to experience pseudo-nearly zero gravity different from the ground. I expect many people to experience SPACE TUBE and find the way to move the body with a new feeling. Because this new experience leads to the humans adapting to life in space and developing the advance into space.”

スペースチューブの中は、無重力ではありませんが、きわめて不安定な空間で、初めはバランスを取ったり、からだを支えたりすることが難しいですが、慣れれば快適に自由自在に動くことが出来ます。それはきっと宇宙飛行士が、宇宙に行って無重力空間で徐々に身体を自由に動かせるようになるのと同じだと思います。つまり、スペースチューブ体験をすることで、疑似的に地上と違う無重力に近い体験が出来るのです。私は、多くの人にスペースチューブを体験してもらって、新たな身体の動かし方を感じてもらうことを期待しています。その新しい体験が、人類が宇宙での生活に適応し、宇宙に進出して行くことに通じるからです。」

………………………………..

■Mission / ミッション

“SPACE DANCE in the TUBE, EXHIBITION + KIDS SPACE DANCE + SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE + PHOTO GALLERY” is a new communication with our whole body. We think that this project is very useful as “Social Design with 6 themes of Education, Health, Welfare, Art & Science, Environment, and Universe“. Its purpose is the getting an awareness about the body, particularly the familiar relationship between the body and the space. This awareness with its enough reality is needed as the essential element for the daily life in our information society.

『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』は、スペースチューブを使った身体コミュニケーションです。身体・空間・情報に対する斬新な発想に基づく「体験型展示+子供宇宙ダンス+スペースダンスワークショップ & 公演+写真展 & 映像展」として、教育(情報社会・宇宙時代に必要な全身的身体感覚の回復と、科学的センスの育成)、健康(新しい健康開発)、福祉(障害と健常の区別の改革と、リハビリテーション体験の導入)、アート&サイエンス(アート&サイエンスの体験)、環境(「身体と環境は一体」という視点によるデザイン)、宇宙(宇宙文化・地球文化の発展に必要な想像力の育成)の社会デザインの各テーマの実施にとって最適です。

Now we are planning to hold “SPACE DANCE in the TUBE” as 7 days program in the world for the general public, children, student, office worker, housewife, elderly people, handicapped people at museums, science museums, theatres, libraries, universities, schools, welfare facilities and so on.

私たちは、『スペースダンス・イン・ザ・チューブ 7日プログラム~体験型展示 + こども宇宙ダンス + スペースダンスワークショップ & 公演 + 写真展』を、日本発の新しい体験型の文化ソフトとして、内外の美術館・科学館・劇場・地域センター・商業施設・図書館・大学・諸学校・福祉施設等において実施することを計画しています。

………………………………..

■Concept / コンセプト

– Development of a New Scientific Sense / 
新しい科学的センスを育てる –

Now we have a serious crisis that threaten our existence. In our continuous search for convenience and comfort in today’s information society, we began to lose our sense of raw reality, our kinetic sense, and our physical sensations. As one characteristic phenomenon, we have a difficult social condition where we can’t judge the difference exactly between the real image and the virtual image.

Then, for children and adult, “Space Dance in the Tube” stimulate their bodies directly, and they can recognize themselves as the real existence with the body and awaken the original plentiful physical sensations as the humans. Soon they can develop New Scientific Sense“, they need this sense for their daily life.

世界中で急速に進む情報化の波のなかで、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の判別が誰にも困難になりつつある現代の社会状況において、『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』は、参加者~子どもたちから大人・高齢者・何らかの障害をもつ人たちまで~の身体を直接に刺激し、自分がいかにリアルな身体的存在であるかを教え、人間として持っている本来の豊かな身体感覚を覚醒させることができます。

2009年のバンコク・カンパラ(ウガンダ)において最初の大きな成果を挙げることができたように、『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』は、戦争孤児やエイズ孤児に対して、或いは自閉症や学習障害などの心的障害を負う子供たちに対して、その身体と心をケアするためにも有効な役割を果たすことができます。バンコクではその様子はバンコク・ポストに『身体の再発見』として大きく報道されて話題になり、カンパラでは国連ウガンダ事務所より以下のように評価されました。

◎United Nations 
Office of the Special Envoy of the Secretary-General
for LRA-Affected Areas in UGANDA
ウガンダ国連事務所

          “SPACE DANCE in the TUBE is an important and unique project. Not only is it interesting from the creative point of view giving Uganda artists an opportunity to enhance their contemporary dance skills to better compete internationally, but it is also a useful tool for working in areas formerly revaged by conflict. Space Dance could be a constructive technique working with rehabilitating children associated with armed conflict and vulnerable youths orphaned by war”.

“『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』は、ウガンダにおいて、実にユニークなプロジェクトでした。それは、いくつかの学校において、紛争地域に特有に見られるさまざまな『傷』に対する癒しのツールとしても機能していたからです。それは、武装兵士に脅かされ心的障害を負ったリハビリを必要とする子供たちや、戦争孤児になった傷つきやすい若者たちに対して、その『心』を立て直すための新しい機会を提供できたのです”

………………………………..

7 DAYS PROGRAM, 10:00-20:00 from Monday to Sunday
7日プログラム 10:00-20:00 月曜日~日曜日

■Contents / 内容

[1] EXHIBITION for EXPERIENCE / 体験型展示
10:00-13:00 / 15:00-18:00 every day

We organize “EXHIBITION” with 4 rooms as “Balance and Posture”, “Light and Darkness”, “Real and Virtual”, and Contemplation and Healing by Space Tube. Everybody can enjoy Space Tube Experience.

スペースチューブにより、「バランスと姿勢・光と闇・リアルとバーチャル・思索と癒し」による「4つの部屋」を構成します。参加者はスペースチューブの異なる状態を自由に体験できます。スペースチューブにより、「バランスと姿勢・光と闇・リアルとバーチャル・思索と癒し」による「4つの部屋」を構成します。参加者はスペースチューブの異なる状態を自由に体験できます。

[2] KIDS SPACE DANCE / こども宇宙ダンス
13:00-15:00 every day

We invite the children and their parents, and we hold “KIDS SPACE DANCE” as a “New Scientific Education” with 7 workshop themes of “Walking, Entrusting, Making Balance, Straining Ears in the Darkness, Feeling Transmission Sense in the Light, Overlapping Real Body on the Body of Image, Floating“, then we organize “Kids Space Dance Performance” as its results.

こどもたちとその親を招待し、「ウォーキングダンス・委ねる・バランスをつくる・闇の中で耳を澄ます・光の中で身体が溶け出す感覚を味わう・リアルな身体を映像の身体に重ねる・浮遊し、落下する」の7テーマのワークショップによる『こども宇宙ダンス』を実施します。そして、最後にワークショップの成果として、こどもたちによるミニ・スペースダンス公演を実施します。

[3] SPACE DANCE WORKSHOP / スペースダンスワークショップ
18:00-20:00 from Monday to Friday

We hold “SPACE DANCE WORKSHOP” with 6 themes of “Body Foundation + Affordance + Beginning + Development + Change + Ending” for dancers and artists.

スペースダンスワークショップを「身体基礎 + アフォーダンス + 起(足の発生) + 承(姿勢の創造) + 転(カタルシス) + 結(足の終わり)」の6テーマにより実施します。

[4] SPACE DANCE PERFORMANCE / スペースダンス公演
18:00-20:00 Saturday & Sunday

As the results of “SPACE DANCE WORKSHOP”, we hold “SPACE DANCE PERFORMANCE” with 11 chapters of “Memory + Walking Dance + Paradise + Open a body in the Sky + Dimension + Strange Fruit + Fluid Furniture + Affinity + Standing Zen + Walking Dance 2 + Catharsis” by the workshop participants & Tokyo Space Dance members.

スペースダンスワークショップの成果として、ワークショップ参加者とともに、「記憶 + ウォーキングダンス + パラダイス+ からだを空に開く + 次元 + 奇妙な果実 + 流体家具 + 親和性 + 立ち上がる禅 + ウォーキングダンス2 + カタルシス + 花」の12の物語によるスペースダンス公演を実施します。

[5] PHOTO GALLERY / 写真展
10:00-20:00 every day

We exhibit “Photo Gallery“ with the selected photos from the last SPACE DANCE PROJECTs recorded by Tokyo Space Dance in Japan and overseas.

世界中で開催したスペースダンスプロジェクトの記録から、「写真展」を開催します。

……………………….
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]