KIDS SPACE DANCE / こども宇宙ダンス

KIDS SPACE DANCE / こども宇宙ダンス

[KIDS SPACE DANCE Promotion Video]
こども宇宙ダンス・プロモーションビデオ

450,000 kids, their parents, and general public enjoyed Space Tube Experience around the world.

世界中で、45万人のこどもたち・その親・一般の人びとがスペースチューブ体験を楽しんでいます。

◆Kumi Kawasaki,
curator of Kawaguchi Arts Gallery
川崎久美(キュレーター、川口アートギャラリー)

“Everyday 300 visitors come to our museum to experience Space Tube. It was a wonderful spectacle. Many children got into Space Tube, and come out, then soon stood in line in front of Space Tube with quick running. And they come into Space Tube over and over. Before I never saw this kind of amzing scene about children’s condition with big excitement. I felt Space Tube keeps some magical effects.”

「毎日300人近い来場者で、スペースチューブは大人気です! なんだかすごい光景でした。沢山のこどもたちが、チューブにもぐりこんでは、出てきて、またすぐに入り口に並び・・・の繰り返しで、こんな風にこどもたちが興奮する光景は見たことがありません。なにか脳内モルヒネ!? でも出ているのでしょうか。スペースチューブには魔物がついているようです。」

◎”INVITATION to Space Tube Experience”
Yuichi Takayanagi
Director of Tama-Rokuto Science Center
『スペースチューブ体験への誘い』
高柳雄一(多摩六都科学館・館長)

          “GPS, meteorological satellite, broadcasting satellite · · ·. For us who live in the ocean of countless information, opportunities to conscious of the workings of sensibility directly knowing the environment in the body are rapidly decreasing, and opportunities to feel conscious of the work of sensitivity to human beings becomes precious as much There. The experience of self-awareness of the world with Space Tube and the attempt to express it through the whole body must be an adventure to revive the sensitivity that is buried under consciousness and to know the new world that can be shared by the group. I would like to encourage many of you to experience Space Tube.”

  「GPS、気象衛星、放送衛星・・。無数の情報の海に生きる私たちにとって、身体で直接環境を知る感性の働きを意識する機会は急激に減少しつつあり、人間にとって感性の働きを意識して感じる機会はそれだけ貴重なものになっている。スペースチューブを使った身体全体による世界の自覚体験、それによる表現の試みは意識下に埋もれている感性を蘇らせ、集団で共有できる新たな世界を知る冒険になるに違いない。多くの皆さんの体験的参加を呼びかけたい。」

……………………………………………….

■Concept / コンセプト

We will develop this project as “KIDS SPACE DANCE as a New Scientific Edecation“, because we think that today’s kids need to get a “New Scientific Sense” in our information society and to correspond to the coming Space Age.

私たちは、このプロジェクトを『新しい科学教育としてのこども宇宙ダンス』として発展させます。急速に進展する情報社会とこれから本格的に到来する宇宙時代を生きることになるこどもたちにとっては、『新しい科学的センス』を身につけることが必須の課題になると考えるからです。

Through Space Tube Experience the kids can get back the physical sensation, so we help to solve “the social problem of the loss of physicality in information society“. Also, the kids can learn about “the distinction between Real and Virtual” which becomes difficult to understand for anyone where the virtualization by the technology such as Virtual Reality, Augumented Reality, AI, and Robotics rapidly progresses.

スペースチューブ体験を通して、こどもたちは身体感覚を充分に回復でき、「情報社会では人びとの身体感覚が損なわれる」という大きな社会的問題の解決に役立てます。また、こどもたちは、仮想現実・拡張現実・人工知能・ロボティクス等のテクノロジーによる「世界の仮想化」が急速に進む現代社会において必要になる「リアル(現実)とバーチャル(仮想)の区別を判別する能力」についても、スペースチューブ体験により容易に身につけることができます。

Like that, the kids can study the importance of Real at first, secondly they can recognize the value  of Virtual, at last, with the value of Real & Virtural, they can cultivate a new “Scientific Sense” necessary for the living.

スペースチューブ体験を通して、こどもたちは、最初にリアルの大切さについて学び、次に仮想の価値について認識し、最後にリアルと仮想の調整の仕方について学び、もって生きるために必要な「新しい科学的センス」を身につけます。

……………………………………………….

■4 Types / 4つのタイプ

Through our long experiences we know that the condition of kids’s Space Tube Experiences are roughly divided into 4 types such as “I like Movement“, “I am concerned about Structure“, “I am interested in Beautiful Space Shape inside”, and “I am sensitive to Sounds and Smells“. But, if our adults don’t press its tendency to them under the compulsion and we watch  over them fondly, we can develop their “New Individuality” based on the physicality and we can help them to develop the new talents who will be responsible for the new era.

私たちが長年取り組んできた経験では、こどもたちのスペースチューブ体験の様子は、大別して4つのタイプに分けられます。新しい動きの開発に熱中する「運動派」。スペースチューブの布やロープに触ったり、スペースチューブの全体像が気になる「構造派」。スペースチューブの内部に形成される美しい形態に見とれる「幾何学派」。彼らにカメラを渡すと大人も驚く素晴らしい写真を撮ります。スペースチューブの内部では未知の音が聴こえたり新しい匂いがすると言い出す「感覚派」。

身体的体験のレベルでもこれだけこどもたちの傾向が違うことは、こどもたちの見かけの印象とははるかに異なるため、私たちには常に新鮮な驚きでした。ここで見られるタイプを、こどもたちに押しつけることなく、見守ることで、こどもたちの「新しい個性」の開発に役立てると思います。

Also, we believe that if the kids start to enjoy Space Tube Experience and if they master “KIDS SPACE DANCE” from young time, sure they can get the several new talented abilities more exactly.

そして、こどもたちがスペースチューブ体験を一過性のイベントとしてではなく、幼少時から日常的に体験することになるならば、こどもたちは確実に、多様で多彩な新しい能力を自らの力で開発していくのではないでしょうか。

……………………………………………….

■KIDS SPACE DANCE Workshop
こども宇宙ダンス・ワークショップ

We invite the kids and their parents and we hold “KIDS SPACE DANCE” with 7 themes of “Waking Dance“, “Entrusting“, “Making Balance“, “Straining Ears in the Darkness“, “Feeling Transmission Sense in the Light“, “Overlapping Real Body on the Body of Image“, and “Floating & Falling“. Then, “Kids Space Dance Performance” as a final. We hold this project  for Science Museum, Museum, Primary School, and others as the Extracurricular Lesson, as part of “New Scientific Education“.

こどもたちとその親を招待し、「ウォーキングダンス・委ねる・バランスをつくる・闇の中で耳を澄ます・光の中で身体が溶け出す感覚を味わう・リアルな身体を映像の身体に重ねる・浮遊し、落下する」の7テーマのワークショップによる『こども宇宙ダンス』を実施します。そして、最後にワークショップの成果として、こどもたちによるミニ・スペースダンス公演を実施します。私たちはこのプロジェクトを、科学館・美術館・小学校・幼稚園等における課外授業として、「新しい科学教育」の一環として開催します。

[1] Walking Dance /ウォーキングダンス

Trough “Waling Dance” in Space Tube the kids can get bck the amicable relationship between the sole of foot and the ground, also they can make soft the ankle, the knee, and the waist easy. Then, through these experiences they can control their whole body and they can raise the body as a “Senstive Antenna” with the various senses.

「ウォーキングダンス」を通じて、子供たちは自分の足裏とスペースチューブの親和的関係を実現でき、足首・ひざ・腰を柔らかくできます。それにより、子供たちは身体を周囲に対して柔軟に開放し、自分の身体を多様な感覚を備えた「敏感なアンテナ」として高めることができます。

[2] Entrusting / ゆだねる

Trough “Entrusting” in Space Tube the kids can change Space Tube as their “Second Body“, also they can experience the bodily sensation naturally such as the touch feeling of the cloth, the condition of the tension, and the intensity of the rope. Then, through these experiences  they can feel the extended sense of consciousness as if they became a Space Tube.

ゆだねる」を通じて、子供たちはスペースチューブを自分の「第2の身体」にすることができ、スペースチューブの布の感触・張り具合・ロープの強度などを自然に体感できます。それにより、子供たちは自分がスペースチューブになったような意識の拡張を体感できます。

[3] Making Balance / バランスをつくる

Trough “Making Balance” in Space Tube the kids can recover the balance of the body once broken and experience a new sense of balance. Then, through these experiences they can try to do such as the jump, the stop in an oblique posture, the falling and so on.

バランスをつくる」を通じて、子供たちは一度は崩された身体のバランスを回復させ、新しいバランス感覚を獲得できます。それにより、子供たちはスペースチューブの中で自由に動き、それまでは出来なかった跳躍や斜めの姿勢での停止など、さまざまな運動の開発に挑戦できます。

[4] Straining Ears in Darkness / 闇の中で耳を澄ます

Trough “Straining Ears in Darkness” in Space Tube the kids’s senses are sharpened, they can hear a sound that they could not hear before and they can sense a smell that they could not sense before. Then, trough these experiences they can feel the signs that the surplus dimension world coexists inside Space Tube. (We use the darkness, a delicate sound, and a delicate smell.)

闇の中で耳を澄ます」を通じて、子供たちの感覚は研ぎ澄まされ、それまで聴こえなかった音が聴こえたり、それまでしなかった匂いを感覚できます。それにより、子供たちはスペースチューブの内部に異次元世界が共存しているかのような気配を体感できます。(闇・微細な音・微細な匂いを使用)

[5] Feeling Transmission Sense in the Light /
光の中で身体が溶け出す感覚を味わう

Trough “Feeling Transmission Sense in the Light” in Space Tube the kids can feel like the boundary between the inside and the outside of Space Tube disappears and they can experience the feeling that their bodies melt out to the outside. Through these experiences they can develop the sensation they can move spaces freely. (We use “overflowing light”.)

光の中で身体が溶け出す感覚を味わう」を通じて、子供たちはスペースチューブの内部と外部の境界が無くなるように感じ、自分の身体が外部に溶け出していくような感覚を体感できます。それにより、子供たちは自分たちが住む空間とは別の空間が存在することを空想したり、二つの空間を自由に移動できる感覚を体感できます。(溢れる光を使用)

[6] Overlapping Real Body on the Body of Image /
リアルな身体を映像の身体に重ねる

Trough “Overlapping Real Body on the Body of Image” in Space Tube the kids can learn about the difference between real and image with their bodies. Then, through these experiences they can study that new creation will be possible with a combination of real and image. (We use a video camera and a projector.)

「リアルな身体をイメージの身体に重ねる」を通じて、子供たちはリアル(現実)とイメージ(仮想)の差について身をもって認識することができます。それにより、子供たちは、リアルとイメージの組み合わせによる新しい創造が可能になることを学べます。(ビデオカメラ・プロジェクターを使用)

[7] Floating & Falling / 浮遊し、落下する

Trough “Floating & Falling” in Space Tube the kids can experience the A pseudo zero gravity between zero-gravity and one-gravity, and when they make a floating they can form several unknown postures. Also, when they experience a falling they can enjoy one special feeling of the relief as if the astronaut return back to the earth. Then, though these experiences the kids can recognize that they are “Existence with the Weight” that they grew up in one-gravity global environment and can imagine themselves when they advance into the space environment in the future.

「浮遊し、落下する」を通じて、子供たちはゼロ重力と1重力の間の疑似的無重力を体験でき、浮遊状態の中でさまざまな未知の姿勢を形成できます。また、浮遊から落下する時に、まるで宇宙飛行士が地球に帰還した時のような安堵の感覚を体験できます。それにより、子供たちは自分が1重力の地球環境で育った「体重をもつ存在」である事を認識し、将来宇宙環境に進出した時の自分の姿を想像できます。

…………………………..
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]