SD DESIGN WORKSHOP / スペースダンス・デザインワークショップ

SPACE DANCE DESIGN WORKSHOP / 
 スペースダンス・デザインワークショップ

At “SPACE DESIGN WORKSHOP“, we try to design various Objects, Spaces, and Images to develop Space Dance based on a concept of Dance & Design through the  training our imaginative power and creativity.

スペースデザインワークショップ」において、スペースダンスをダンス&デザインのコンセプトにより発展させていくために、私たちの想像力と創造力を鍛え、様々なモノ・空間・イメージのデザインに挑戦します。

[Preparation / 準備] 
SPACE DANCE based on AFFORDANCE
アフォーダンスによるスペースダンス

As a preparation of “Space Design Workshop” we study Space Dance based on AFFORDANCE. In Space Dance the environment supports the dance. We don’t want to maka a dance by ourselves. We dance, by being intergrated with the space or the objects, together with the space or the object. It is not the dancer but the “Relationship between the dancer and the space or the object” determines the dance movement

スペースデザインワークショップ」の準備として、「アフォーダンス」に基礎をおくスペースダンスについて学びます。スペースダンスでは、ダンサーは自分の動きを自分一人でつくりダンスするのではなく、空間やモノと一体になることで、空間やモノと共にダンスします。ダンスの動きを決定するのは、ダンサーではなく、「ダンサーと空間やモノとの関係」です。

[Workshop 1]
Robotic Suit Trial Production /
ロボットスーツ試作

The dancer’s ambition will be to cultivate new dance movements, both externally and internally. In that case, the environment of the thing that wraps the dancer’s body, such as costumes and shoes, may be disturbing at first, but by adapting, it may develop the new movements that couldn’t have been done without it. From this view point, we design a “Robot Suit” for dancers.

ダンサーの野心は、外的にも、内的にも、新しい動きの開拓にあるでしょう。その場合、衣装やくつなど、ダンサーの身体を包むモノの環境が、最初は邪魔するとしても、なじむことで、それなしにはできなかった新しい動きを開発してくれることがあります。ここでは、以上の観点から、ダンサーのための「ロボットスーツ」をデザインします。

Robot Suit initially take their body balance, but when they can take control and master it, it transforms into a suit that gives them the opportunity for “Creating New Posture“. And using by the effect of AI program “Robot Suit” can learn their all last movements and reproduce it, also develop their unexpected new movements that manifests their unconscious sleep desires.

ロボットスーツは最初はダンサーの身体のバランスを奪いますが、ダンサーが身を委ね、使いこなすことができると、ダンサーに「新しい姿勢創造」の機会を与えるスーツに変化します。さらに、ロボットスーツにAIプログラムを搭載し、ダンサーの動きを<学習>させれば、ダンサーの動きを<再現>し、ダンサーの無意識の願望を顕在化したような思いがけない新しい動きを<開発>できます。

[Workshop 2]
In Search of a Costume & Shoe Prototype /
服とくつの原型を求めて

March 2019, we hold the design workshops to search “Costume and Shoe Prototype” together with the students from the industrial department and art department at the university and high school in Istanbul and Izmir, Turkey. They challenged to these first experiences with a big pleasure.

2019年3月、私たちはトルコのイズミールとイスタンブールの大学・高校において、工業デザイン学科とアート学科の学生たちと共に、「服とくつの原型」を求めるデザインワークショップを開催しました。彼らは、はじめての体験に嬉々としてこの取り組みに挑戦しました。

[Workshop 3]
Space Tube – 4 Rooms / 
スペースチューブ – 4 ルーム

We design “4 Rooms, Balance & Posture, Light & Darkness, Real & Virtual, Contemplation & Healing” using Space Tube, lighting system, sound system, generating smell, and video camera & projector. Through 4 Rooms, people can experience Space Tube through many ways from the view points of Art, Science, Information, and Healing.

スペースチューブと照明・音・匂い・ビデオカメラ&プロジェクターを使用して、「4つの部屋~バランスと姿勢の部屋 + 光と闇の部屋 + リアルとバーチャルの部屋 + 思索と癒しの部屋」をデザインします。人びとは「4つの部屋」により、スペースチューブをアート・科学・情報・癒しの観点から多面的に体験できます。

[Workshop 4]
Surplus Dimension / 余剰次元

Inside Space Tube, a beautiful “Boundary” of space is formed in the center part, where we can experience a fantastic sense that “Lost Animals, Dear Dead People, and Aliens” will appear. Considering the structural relationship between our world and surplus dimension with the reference to the theoretical physicist Lisa Randall‘s surplus dimension theory, we design “Various Existences living in Surplus Dimension” fantasically.

スペースチューブの内部では、中央部分に美しい「境界」が空間として形成され、そこから「失われた動物たち・死者たち・異星人たち」が出現するような、幻想的な感覚を味わうことが出来ます。理論物理学者リサ・ランドールの余剰次元論を参考に、私たちの四次元世界と余剰次元の構造的関係について考え、余剰次元に住むさまざまな存在について空想的にデザインします。

[Workshop 5]
Fluid Furniture & Memory Chair / 
流体家具 & 記憶イス

Just as Japanese indurstrial designer Shiro Kuramata once aimed for “Design of Chairs with a Dreamy Feeling“, we try to design “Fluid Furniture & Memory Chair” as one of “Next Generation of Furniture“.

かつて日本の工業デザイナー・倉俣史郎が「夢見心地をもつイスのデザイン」を目指したように、私たちは「次世代家具」の一つとして「流体家具 & 記憶イス」のデザインにトライします。

We design “Fluid Furniture” through a collaboration between the dancer and the chair in Space Tube. “Fluid Furniture” is expressed as an image in which the humans and the furniture are intergrated by an excessive increase in affinity. And, it is designed as a “New Furniture” that has the function of forming the several new postures “Between Standing and Sitting” and “Between Sitting and Lie Down“. Also, it is designed as a chair and same time as a bed.

スペースチューブの中でダンサーと可塑的イスとのコラボレーションを実施し、スペースチューブも可塑的イスも人も一体になったかのような「流体家具」をデザインします。「流体家具」は、親和性の過度の増加によるヒトとモノが一体化したイメージとして表現されますが、「立つと坐るの<間>」と「坐ると寝るの<間>」に新しい姿勢を形成できる機能をもち、イスでもあり同時にベッドであるような「新しい家具」です。

[Workshop 6]
減重力環境の月と火星における居住空間

MEF University; Sami Yucel, Berra Bay

We design “Living Room on Moon and Mars at less-gravity environment” assuming that the humans will start to live on Moon and Mars in the near future. As we know, our earth has one gravity, Moon has 1/6 gravity, and Mars has 1/3 gravity, It is expected that our body itself will change on Moon and Mars. For example, at non-gravity environment our body is completely floating, so the walking is impossible. So, if we have been in this condtition for many years, our foot that was essential for the walking may start to degenerate because it is unnecessary, and it may eventually disappear or be reborn as a new hand.

近い将来に人間が月と火星での居住を開始する事態を想定し、「減重力環境としての月と火星での居住空間」をデザインします。地球が1重力環境であるのに対して月は1/6重力、火星は1/3重力で、月と火星では身体自体が大きく変容することが想像されます。例えば、無重力環境では身体は完全に浮いてしまい、歩行は不可能です。そのため、この状態を何年も続けていれば、歩行のために必須だった足は不要のため退化を始め、やがて消失するか、或いは新しい手に生まれ変わっていくかも知れません。

In this way, what kind of furniture and living room will be needed for daily life for the body that is expected to receive a big transformation? So, maybe there is not doubt that furniture and living room designed for the body grown under the gravity on earth can’t be used in space. While imagining the above, we try to design a new living room in response to chages in the gravity environment.

このように、大きな変容が予想される身体の為には、どのような家具や居住空間が日々の生活に必要になるでしょうか? 地球で1重力下で育った身体のためにデザインした家具や居住空間は、宇宙ではそのままでは使用できないことは間違いないでしょう。以上について想像しつつ、重力環境の変化に応じた新しい居住空間のデザインに挑戦します。

[Workshop 7]
姿勢の進化史を追想すると

In Space Tube we can experience a nostalgic feeling as if we return back to the mother’s womb, and if we can deepen its experience we can get back several lost memories when we were the animals far away. Focus on the dancer’s movements to promote recovery of the memories in Space Tube, we design “History of Posture’s Evolution, Fish, Amphibia, Quadrupted Animal, Bird, Monkey, and Human” as the visualization.

スペースチューブの中では、母親の胎内に帰ったかのような懐かしい感覚を体験でき、その中での動きを深化させることで、私たちが遠い昔動物だった頃の記憶も含め、失った多様な記憶を回復できます。スペースチューブの中で記憶の回復を促進させる、時には大変奇妙な動きをするダンサーに焦点を当て、「魚・両生類・四足動物・鳥・サル・人間から構成される姿勢の進化史」を映像としてデザインします。

[Workshop 8]
New Office with Space Cube /
スペースキューブがある新オフィス

We construct “Space Cube” as a compact form of Space Tube utilizing the experiences of the above design workshop 1-6, then we design “New Generation Office” for the young generation who works at Google, Yahoo, Microsoft and so on. If we can setup Space Cube at the house and office for the adults and kids, they can get Space Tube Experience easy everyday. Also, today’s young generation who want dairy physical&nbsp; training and want to give a break to turn on and off for their works, if they setup Space Cube at their office, it will be convenient, they don’t need to go to the studio after leaving their office.

スペースチューブのコンパクト形態としての「スペースキューブ」を構想し、グーグル・ヤフー・マイクロソフトなどで働く主として若い世代のための「新世代オフィス」をデザインします。スペースキューブがオフィスや家庭にあれば、大人も子供も毎日容易にスペースチューブ体験ができます。また、日常的に身体的体験を必要とし、仕事のオン・オフにも区切りをつけたい現代の若い世代には、オフィスにスペースキューブがインテリアの一つとして常設されていれば好都合で、退社後に他のトレーニングジムに行く必要もなくなります。

[Workshop 9]
Evolution of Information Space with Mixed Reality /
拡張現実によって進化する情報空間

We design “Change in Space” using Augmented Reality. For example, with Augumented Reality and Hologram I try to digitize a former “Lover” who died prematurely, then I try to appear her as a hologram in my room and talk with her. Or, I try to appear “Dinosaur” that I want to see directly, instead of TV of Film, in my room. Also, I try to create the appearance of flying in the air outside my window.

拡張現実の使用による「空間の変化」をデザインします。拡張現実とホログラム技術を使用することで、例えば私が、早死したかつての「恋人」をデジタル化し、ホログラムとして自分の部屋に出現させ、彼女と対話することを試みます。或いは、テレビや映画ではなくもっと直接に見たいと願っていた「恐竜」を自分の部屋に出現させたり、窓の外の空中を飛んでいる様子を演出することを試みます。

In our modern digital society in which augmented reality is highly developed, people’s desire are visualized as “Information” and it is filing in the space, then the space is greatly transformed. Such an evolution of the information space is very useful, as long asl we keep in mind that what is visualized is “Information”, not “Reality“. Because, the quality of “Experience” will be changed and not only it will be possible to realize the dreams that humans were unable to do such as the reproduction of the lost existences, but also it will be useful to exploring the ideal way what people are seeking internally. 

拡張現実が高度に発展する現代のデジタル社会では、人びとの望みが「情報」として視覚化され、空間を満たすようになり、空間は大きく変質します。視覚化されるものは「情報」であり、「実在」ではないことに注意さえすれば、このような情報空間の進化はとても有益です。「経験」の質が変容し、失われた存在の再現など、人間には不可能だった夢を実現できるようになります。また、人びとが内心では何を求めているのか、その潜在願望の在り方を探求するのにも役立ちます。

[Workshop 10]
Real and Fake, Original and Imitation /
本物と偽物、オリジナルと真似

On the assumption that about the lost beloved thing, or about the old best friend we can no longer meet, as much as we remember, and we design a reproduce about them on our PC using digital technology, and at one time if we can reproduce “things or person with something special familiar feeling” as the images on the screen and if we can  really feel “That is it!” In that case, is the existence on the screen “Fake” rather than “Real“? Also, on the assumption that we continue to input the conditions such as our “Favorite Melody and Favorite Harmony” into the “Automatic Music AI Program” that learned many musics in the past, and at one time, if we can output “Music or Song that makes us feel special emotion with some reason“. In that case, is its music or song an “Original“, or an “Imitation“?

紛失した愛用品について、或いは今は会えないかつての親友について、可能な限り思い出し、デジタル技術を使用してPC上でその再現をデザインします。そして、ある時、「特別に親しみを感じるそのモノやその人」を画面上の像として再現でき、「これだ!」とつよく感じたとします。その場合、画面上の存在は「本物」ではなく、「偽物」でしょうか? 或いは、過去の多くの曲目を学習した「自動作曲AIプログラム」に自分の「好きな旋律、好きな和声」などの条件を入力し、ある時「なぜか特別な感動を覚える曲や歌」を出力できたとします。この曲や歌は、「オリジナル」な作品と言えるでしょうか? 或いは「真似」の世界なのでしょうか?

Now in our society, it is possible that we will be suddenly arrested one day by a police officer and we can see ourselves as one of the criminals in a scene photography of a bank robbery shown as the evidence at the police office. Even if we protect “It is a deep fake, not real“, the proof becomes more difficult if we don’t have an alibi and the higher AI technology used. Similarly, if I modify a Van Gogh painting with AI and sell it saying “This is my new work“, it will be difficult to probe that it is not the original if AI technology is high. How to do in these cases? In any case, a new understanding and coutermeasures for “What is Real? and What is Original?” will be necessary.

最近では、ある日突然私たちが警察に逮捕され、警察で証拠として見せられた銀行強盗の現場写真に私たちが犯人の一人として映っているという事は、あり得ます。私たちがいくら「それは偽物、本物ではない」と抗議しても、偶然その日のアリバイがなかったり、使用されたAI技術が非常に高いとその証明は困難になります。同様に、ゴッホの絵をAIで改変し「これが私の新作です」と言って売り出しても、AI技術が高ければ、それがオリジナルではないことを証明するのが困難になります。これらの場合、どうすればいいのでしょうか? いずれの場合も、「本物とは何か? オリジナルとは何か?」に対する新しい理解と対策が必要になってくるでしょう。

[Workshop 11]
Riality and Idea, Nature and Artificial / 
現実と観念、自然と人工

We design “Artificial Love” that  exceeds “Natural Love” in the degree of happiness. Mother Teresa, who was single all her life, said “No, I am married with Jesus.” She said that she could bear the daily hard work for the people through this living with Jesus. What kind of existence such as Jesus? She was lucky enough, or because of her special ability to feel closer to Jesus, so just could she escape from “Real” world to “Ideal” world?

幸福度において「自然の愛」を凌駕するような「人工の愛」をデザインします。生涯独身だったマザーテレサは「いいえ、私もイエスと結婚しています」と言い、日々の辛い仕事もイエスと共に生活しているので耐えられると言っていました。このようなイエスとは、どのような存在なのでしょうか? 彼女は、幸運にも、或いは彼女の特殊な力によりイエスを身近に感じることができ、「現実」から「観念」の世界に逃避できていただけなのでしょうか?

In our real word, in truth, there is a limit to “Natural Love“, and even if we think that its love was realized with 100 percent, but later we think it was not enough. Also, my love with Elena ended without being realized as full love because of my immaturity and because she died young. Can I challenge to realize “Love with 100 percent” as “Artificial Love“, as “Living Image“, if I can rebirth Elena as artificial information and start over the relationship wth her?

現実世界での「自然の愛」には限界があり、100パーセント実現されたと思った愛でも、そうではなかったと後で思う場合も多いでしょう。私のエレナとの愛も、私の未熟のせいで、また彼女が若くして死んだせいで、充分な愛として実現されることなく終わりました。私が、エレナを「人工」の情報として再生させることができ、彼女との関係をやり直すことができるなら、「人工の愛」として、「生きたイメージ」として、「100パーセントの愛」の実現に挑戦できるでしょうか?

[Workshop 12]
From Information to Experience, New Life Space
情報から体験へ、新しい生活空間

We design “Information” that stimulates “Experience“. As the game designer Tetsuya Mizuguchi suggestes, a new flow of “From Information to Experience” will emerge in accordance with the evolution of information space. The accuracy of information that can be perceived by humans is limited to 8K. So, even if the accuracy is increased beyond 8K, humans can’t recognize it, so it is worthless. Because humans desires are endless, people who are tired for pursuing the accuracy of information will start to seek “Actual Experience” of information. There is no limit in the world of experience such as information, and the experience keeps an unknown depth, so the quest never stops.

その「体験」を促すような「情報」をデザインします。ゲームデザイナー・水口哲也が提案するように、情報空間の進化につれて、情報から体験へ」という新しい流れが誕生するでしょう。人が知覚できる情報の精度は8Kが限度で、それ以上は精度を増しても人は認識できず価値がないと言われています。人間の欲求にはキリがないため、情報の精度の追求に飽きた人びとは、情報の実際の体験を求め始めることになるでしょう。体験には情報のような限度はなく、昔も今も体験は未知の深さをもっており、探求が止むことはありません。

Even if my Elena and dinosaur who appeared in my information space gained more precision and were able to interact intimately and enjoy this experience like a real experience, but it were not real revivals of Elena and dinosaur, so my room is a same room. When I swith it off, it stays in its original room and my life has not changed. But, taking this opportunity by my Elena and dinosaur, if my life will change? For example, what if a doorbell ring while I am talking with Elena and a woman who looks exactly like Elena is standing there? And what if she says “I feel I am called here“, and I feel she is a “Lover’s Rebirth“, and a new life starts with her? If such a situation occurs, it may be a wonderful example that information has changed the condition, and information has created a “New Experience“?

情報空間に登場させた私のエレナも恐竜も、どれほど精度が増し、親密に触れ合うことができてこの体験を実体験のように享受できても、実際にエレナや恐竜が蘇生したわけではなく、私の部屋が変化するわけではありません。電気のスイッチを切れば元の部屋のままで、私の生活には何の変化もありません。しかし、登場したエレナや恐竜を契機に、生活も変化するとすれば? 例えば、私がエレナと話し込んでいる時に玄関のベルが鳴り、そこにエレナとそっくりな女性が立っていたとしたら? そして、彼女が私、あなたに呼ばれた気がしたので、ここに来ました」と言い、私にも彼女が「恋人の再生」と感じられ、彼女との新しい生活が始まったとしたら? そのような事件が起きるなら、情報を契機に事態が一変し、情報が「新しい体験」を誕生させるという見事な一例になるのではないでしょうか?

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]