My Butoh, My Space Dance / 私の舞踏、私のスペースダンス

[1]

Molecular Biology has developed greatly and has made a great contribution to our world since the DNA genetic model was revealed to be a double helical structure in 1953. If we can express amicable but mysterious relationships between the body and the environment as “Visible Information” like DNA, we can realize same kind of revolution, then the outcome goes beyond the art world, affecting the whole society. And, I believe that we can make a revolution similar to Molecular Biology. I would like to shoulder one part of it through my Space Dance.

1953年にDNAの遺伝子モデルが二重螺旋構造である事が明らかにされて以来、分子生物学は大きな発展を遂げ、私たちの世界に偉大な貢献をもたらすようになった。私は、もし身体と環境の間で交わされている親密な、そして謎に満ちた関係をDNA のような「見える情報」として表現できるなら、その成果はアートの世界を超え、社会全体に影響を与えるものとなり、分子生物学と同様な革命を起こすことができると信じている。私はスペースダンスを通してその一端を担いたい。

[2]

Butoh is a “Step from Within”.

舞踏とは、「内部からのステップ」である。

Butoh is “Self-Realization” through the body of the individual, direct, and original dance technique.

舞踏とは、各人の個性に根ざした、自前のダンステクニックによる身体芸術であり、「直接的な自己表現」である。

Butoh is “Recovery of the Wild in Mankind” and “Rebirth of the Intoxicated Body” somehow lost in the contemporary world.

舞踏とは、「野性の回復」であり、現代世界において失われた「陶酔する身体」の復活である。

Butoh is an art that promotes us growth, and keep “Age-worthy Flower” blossoming continuously. Like “Flower of Noh”, in Butoh we have “Aged Flower” and “Secret Flower”, we can create the beauty year by year beyond our age.

舞踏とは、「年齢と共に成熟するダンス」をつくる身体芸術である。能の「」のように、舞踏にも「時分の花」と「秘すれば花」があり、舞踏家は年々に成熟する美を創造できる。

[3]

In 2001 when I performed at the United Nations in New York and in Istanbul supported by Japanese Government I could start the original form of Space Dance based on Butoh through my epochal experiences by the meeting with Shusaku Arakawa and the Theory of Affordance by James Gibson.

スペースダンスは、1996年における美術家・荒川修作とジェームス・ギブソンのアフォーダンス理論との出会いを契機に、舞踏をベースとして、2001年のニューヨーク国連本部とイスタンブールでの公演でその原形が誕生した。

The essence of Space Dance is “How to recover the lost memories?”, “How to express the Tacit Knowledge?”, and various “Fruits called Design” through “Digitization of Tacit Knowledge”.

スペースダンスの核心は、「失われた記憶の発掘」と「身体知の情報化」であり、「身体知の情報化」を通して得られる諸々の「デザインという果実」である。

[4]

In Space Dance, the body is not a tool for expressing a “Story“, the body is a “Story”.

スペースダンスでは、身体は「物語」を表現するための道具ではなく、身体が「物語」である。

In any time the “Excellent Dancer” in the world keeps a special ability to “Dance with a technique to organize the body as the object“. In Space Dance we study this technique. Then we try to recover the lost memories through our dance movements and we accumulate its result as “Tacit Knowledge” about the body.

すぐれたダンサーは、いつの時代でも、「身体を客体化してダンスする」という一つの特別な技術を持っている。スペースダンスでは、この技術を学び、ダンスの動きを通じて「記憶の発掘」に挑戦し、そこで得られた成果を「身体知」として蓄積する。

In this time when we dance together with the earth we can recognize some strange new feeling happen around the temporal lobe and vertex lobe of “Brain“. Why? Because it is a first experience for the brain to move the body by such a strange new way.

ダンサーが地球との密接な関係を回復してダンスする時、「」の頭頂葉や側頭葉にわずかな異変が生じる。それは、地球と感覚的に接続された身体を動かすことは「脳」にとっても負荷の大きい仕事だからである。

In order to do a first task our brain also had to acquire a new ability. Its experience will be an experience just like a dancer looks for the universe as dancer’s “Second Body” through the earth, as if a blind person looks for the ground as his “Second Body” through his beloved stick.

新しい負荷がかかる仕事をするためには、「脳」も新しい力を獲得する必要があった。その体験は、まるで、盲人が愛用の杖を自分の「第2の身体」として地面を探っていくように、ダンサーも地球を「第2の身体」として宇宙を探っていくような体験である。

Our brain keeps all memories about all life on our earth. Because our brain into the Mother’s womb during 10 months grow up through the process of evolution of the brain from the beginning to today’s human brain. So, in our dance movements too, sometime we can find “Other strange movements than human movements”.

「脳」は、その誕生の過程で、母の胎内に約10ヶ月存在する間に発生時の脳から現在の人間の脳に至るまでの進化史を再現しつつ形成される為、脳にはすべての生命体の記憶が貯蔵されている。そのために、人の身体の動きにも「人の動き以外の奇妙な動き」が混じっている。

So, in Space Dance when we try to dance to organize our body as the object we can touch several “Forgotten Memories” sometimes with a wave motion of the internal organs, sometimes with a sound of the bone, and sometimes with an excitement of the nerve. In that time we can feel a new feeling in our brain, then under this influence we can dance with the inexperienced movements by chance. In short we can stimulate several “Forgotten Memories“.

スペースダンスでは、ダンサーが、臓器のかすかな波動のようなものとして、或いは骨の響きとして、或いは神経の震えとして、脳にわずかな異変を感じ、その影響でふとしたはずみにこれまで経験したことがない動きをはじめる時に、脳に貯蔵された「忘れられた記憶」に触れ、それらの記憶を刺激し、覚醒させる。

“Forgotten Memories” wake up a strong nostalgia in our mind. And this nostalgia gives new energy to us. Then we understand “Unknown Movement’s World” exists behind our usual human’s movements.

「忘れられた記憶」はダンサーの心につよい郷愁の念を呼び起こし、ダンサーに新しいエネルギーを与え、人間としての「既知の動きの世界」の背後に「未知の動きの世界」が存在することを教える。

This energy is infinite, it continue our dance without end. When we dig up “Forgotten Memories” we can organize the “Unexpected Movements” based on each memories. We shake with its freshness and we are amazed to ourselves. Then, we start to talk a “New story beyond the human’s drama.”

このエネルギーは無限である。「忘れられた記憶」を発掘したダンサーは、脳の機能を発展させ、個々の記憶に対応した「思いがけない動き」を体現し、その新鮮さにふるえ、自ら驚く。その発掘と体現の程度により、ダンサーは「人間的な劇を超えた新しい物語」を身体をもって語りはじめる。

Usually, very soon, we feel tired in our movements without this energy. But when we house this energy we get the lasting energy from the circulation between the body and the ground, then it arise like the growth of a snowball on the slope with heavy snow. We never feel tired.

このエネルギーを宿したダンサーは、踊れば踊るほど、「大雪が積もった坂道を転げ落ちる雪ダルマ」のようにエネルギーを増幅させ、疲れることがない。

Like that, in Space Dance we dig up “Forgotten Memories” and we expand “Unknown Movement’s World”, then we try to express its process as “History of Posture’s Evolution” including Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey.

スペースダンスでは、こうして「忘れられた記憶」を発掘し、それに応じた「未知の動きの世界」を展開し、この過程を魚・両生類・四足動物・鳥・サルを含む「姿勢の進化史」として表現する。

Why the expression of “History of Posture’s Evolution” is important for Space Dance? Because the purpose of Space Dance is the looking back on the past of all life, then it is the creation for “Body of Future” as a return from its retrospection.

なぜ「姿勢の進化史」として表現することが重要なのか? それはスペースダンスが、ヒトの起源について回想すると共に、その回想からのリターンとして、ヒトの「身体の未来」をデザインすることを目的としているからである。

In Space Dance we make a visualization of “History of Posture’s Evolution” as the image. And we express “Tacit Knowledge about Unknown Movement’s World” as the information using by information technology. Finally, we try to make several designs through the Tacit Knowledge for the new body, the new object, and the new space.

スペースダンスでは、このようにして体験される「姿勢の進化史」を映像として可視化すると共に、ここで蓄積される「未知の動きの世界についての身体知」を、情報技術を使用して情報化し、身体・モノ・空間を対象としたデザインとして変換し、出力する。

Then, Space Dance is very different from usual dance, Space Dance will be a work of “Design after Dance“.

こうして、スペースダンスとは、通常のダンスとは異なり、ダンスの後にデザインを出力する「ダンス&デザイン」の行為となる。