Imagination in the age of AI – Space, Information, Body, and Way of Life / AI時代の想像力~宇宙・情報・身体・生き方

Now the world is changing dramatically with a big scale. For stepping into “Unknown World” with 4 themes such as “Space, Information, Body, and Way of Life” we are seeking a “New Imagination“.

いま、世界は大きく、ドラマティックに変わっている。宇宙・情報・身体・生き方」をテーマとする未知の世界」に踏み出すために、私たちは「新しい想像力」を求められている。
 
[1] Space / 宇宙
 

From my view point as a Butoh-Space Dance Choreographer, the greatest result of the space development until today is finding a “Chance to organize a Gravity” by the creation of artificial gravity through several astronauts experiences that could realize the experiences of non-gravity environment in the space walk and at a spaceship, also they could experience 1/6 gravity on the Moon. Edwin Aldrin, one of first astronauts of NASA who could reach the ground of Moon on 1969 said “My body is light now, when I start a running I can’t stop! Also I can calm down with my slanting posture!” His reactions about Moon Walking are very interesting for me.

私のスペースダンス舞踏家としての観点からは、現在までの宇宙開発の最大の成果は、宇宙飛行士たちが宇宙遊泳やスペースシャトルで無重力環境を体験し、また月において六分の一の重力環境を体験したことによる、人工重力の創出による「重力調整のチャンスを手に入れたこと」である。1969年に最初の月着陸を果たしたNASAの宇宙飛行士バズ・オルドリンは「身体が軽くなり、走り出したら止まらない。斜めになったまま静止することもできる」と語っていて、彼のムーンウォーキングの感想は大変に面白い。

If the humans start to come and go to the conditions between 0 gravity and 1 gravity in the universe this happening will be a complete first experience in our human’s history. So, like a case of the fish that could get the evolution by the advance to the ground, this happening will be a special drama on a stage of the evolution such a “Challenge to the Step for Next Human”. If we have a possibility of the “Next” as the humans it will be started by such an adventure of the new creation of the postures.

人間が宇宙でゼロ重力と一重力の間を自由に往来することになれば、それは人間の歴史には存在しなかったまったく新しい出来事である。魚が陸に進出して両生類に進化した場合に似て、「人間の次のステップへのチャレンジ」という、進化の舞台上の特別のドラマに結びつく可能性がある。人間に「」が存在するなら、それはこのような新しい姿勢形成の冒険によってはじまるだろう。

So, can we get the pseudo experience to come and go to the conditions between 0 gravity and 1 gravity on this ground too? Can we try to do a new adventure? What are some similar experiences?

私たちは、この地上でも、ゼロ重力と一重力の間を往来するような疑似的体験を得られるだろうか? そんな新しい冒険ができるだろうか? それに近い体験にはどんなものがあるだろうか?

[2] Information / 情報
 

We have a big theme called “Progress of Virtual Reality” as a pending matter in our information-oriented society. Humans have never infiltrated the information as virtual in the daily world.

情報社会における「仮想化の進展」が懸案の課題になっている。人間は現在ほど情報を仮想として日常の世界に浸透させたことはなかった。

For example, what will happen if our lover figures projected around us evolves as an AR by AI? If not only visual effects but also all necessary sensations are artificially entered into the brain and increase reality as if it actually existed? Will it lead to unnecessary theory of a real lover or the problem of further promoting declining birthrate with the sexless? However, as a desire for cloned pets and cloned humans, would it benefit greatly to those who wish to see the deceased relatives or lover’s restorations?

たとえば、自分の周囲に投影される恋人像がARとしてAIにより進化するとどうなるだろうか。視覚効果だけではなく、必要なすべての感覚が脳に人工的に入力され、現実に存在しているかのようにリアリティを増加させるとすれば? リアルな恋人の不要論に結びついたり、セックスレスで少子化をさらに促進させるという問題も生じるだろうか? しかし、クローン人間に対する欲求と同じで、亡き親族や恋人の再生を願う者には大きな恩恵になるのでは?

Recently, the event that professional Go players and Shogi players lose to artificial intelligence Go and artificial intelligence Shogi is going on. As a result, the vigilance against artificial intelligence will rise at once, it is feared that AI will surpass the human’s intelligence and the day when human’s work will be totally deprived. Indeed, various programming of “AI models” such as “Taxi Driver with superior intuition than humans”, “Financial Market Trader who produce ideas better than humans”, and “Politician who create policies superior to humans” has begun.

最近では、プロの囲碁士や将棋士が人工知能囲碁士や人工知能将棋士に負けるという出来事が続いている。その結果、人工知能に対する警戒は一挙に高まり、AIが人間の知性を凌駕し、人間の仕事が完全に奪われてしまう日が来ることが恐れられている。実際に、「人間より優れた直感をもつタクシードライバー」や、「人間より優れたアイデアを生む金融市場トレーダー」や、「人間より優れた政策をつくる政治家」など、多様な「AIモデル」のプログラミングが始まっている。

However, what is the realization of  “Progress of Virtual Reality” that we really need? Instead of being swayed by “Progress of Virtual Reality” as we do today, what is “Virtual” that enriches ourselves truly? What do we want to do for that? We need to think more about it with enough imagination.

しかし、私たちに本当に必要な「仮想化の進展」の在り方とは? 現在のように「仮想化の進展」に私たちが振り回されるのではなく、私たち自身を豊かにする「仮想」とは? そのためには、私たちはどうなりたいのか? それについて、私たちは、充分な想像力により更に深く考える必要があるだろう。

[3] Body / 身体
 

Now Medical Service will open a new door of our human’s history using by iPS cell, Genome Editing and so on. The body is being in the spotlight as the object of “Regeneration” and “Industrialization.”

iPS細胞やゲノム編集により、医療が新しい歴史の扉を開けようとしている。身体は「改造」と「産業化」の対象として、これまでとはまったく違う注目を浴びはじめている。

Moreover, on 2015 Anthony James, a molecule biologist, announced a sensational big news that he could get a success to create a new mosquito that don’t need the intermediation with a malaria parasite by Genome Edition.

2015年には、分子遺伝学者アンソニー・ジェームズによる、ゲノム編集によりマラリア原虫を媒介しない新しい蚊を,つくることに成功したという衝撃的な発表が行われた。

At last, Humans has gotten a “Technology to handle All Species of the Creatures”.

いよいよ人間が「あらゆる生物種を操作できる技術」を手に入れてしまった。

The way how to treat the individual body will be “Free for everybody“, they don’t need any kind of permissions to do it including a makeup, a cosmetic surgery, and a drug, also a tattoo, a body pierce, a doing injury to the body, at last a suicide. So, nobody can oppose to it basically. By taking the Enhancement if we can get back our health, or if we can get the body ability more beyond the natural condition, and if we don’t have any side effects after the operation, also if we will be able to control a long life freely, it will be just a realization of our human’s long dream. In that time, we can’t find any kind of reasons for opposition, everybody will jump at the Enhancement.

化粧や整形美容やクスリの使用をはじめ、刺青やピアスや身体損傷や自殺を含め、個人の身体をどう扱うかは「個人の自由」であるため、基本的には誰も反対できない。生体改造を実施して少しでも身体を回復でき、あるいは生得以上の身体能力を獲得し、術後に副作用もなく、しかも長生きについてもある程度自由に調整できるというような事態になれば、それは人間の長年の夢の実現であり、反対すべき理由は何もない。間違いなく、多くの人びとが躊躇なく飛びつくことになる。

If we can cover our lost lovers with its clones, can we control the urge to wish to see them even in clones?

亡き恋人をクローン人間で補えるとしたら? 私たちはクローンでも会いたいと願う衝動を抑えられるだろうか?
 
[4] Way of Life / 生き方
 

From now, the way of life as an individual becomes important, regardless of whether it is married or single, the trend will be a “Single Life”. Both men and women depend on their opponent as before, but something interesting does not begin, and it is difficult to mature with the age of interesting jobs we get once. Since a woman began to become self-sustaining, it would be serious if a man did not become independent. The concept of a retirement age and the second life also began to be suspicious. The sense of age is beginning to change incredibly.

これからは、個人としての生き方が重要になり、結婚しているか独身かの差にかかわらず、トレンドは「一人の生活」になるだろう。男も、女も、これまでと同じように相手に頼っていると面白いことが始まらず、一度手に入れた面白い仕事も年齢と共に成熟させることが難しいからだ。女が率先して自立を始めたので、男も自立しないと大変なことになる。定年や第二の人生という概念も怪しくなりはじめた。年齢に対する感覚も、信じられないほど変わりはじめている。

When one meets an opposite sex, when the interest shifts to “Culture” instead of “Love”, the age of the partner is irrelevant. Even a nine-year-old child or an aged 90-year old, if we understand that they are the owner of the knowledge and skills that we wanted to know, we are interested in and obsessed with a form different from “Love.” Even though we are with them, we don’t feel expectation or incongruity as when “Love” was the purpose. Experiencing such a transformation of sensation becomes an important condition for “Single Life” because it can be freed from the feeling specialized in the sex of women and men.

一人の異性と出会った時に、関心が「恋愛」ではなく「文化」に移っている場合には、相手の年齢は関係なくなる。9才の子どもでも、90才の老人でも、相手が自分が知りたかった知識や技術の持ち主であることがわかれば、「恋愛」とは違った形で関心を示し、夢中になる。一緒にいても、「恋愛」が目的だった時のような期待感や違和感を感じない。このような感覚の変容を体験することは、女や男という性別に特化した感覚から自由になれるため、「一人の生活」のための大切な条件になる。

Influenced by the great fluctuations of adults’ world, there are major changes in the world of children. When the present children go out to society, it is pointed out that becoming a profession where 60% or more of them don’t exist, and 20 years later many big companies also disappear, becoming a society without a specific success model. The great sense of death also changes, and it is fully expected that “Grave” will be unnecessary after 50 years. Children are urged to develop new imagination and obliging themselves to acquire new ways of living. What do the children learn and what kind of good skill can they learn? Education for children becomes increasingly important.

大人たちの世界の大きな変動に影響され、子供たちの世界にも大きな変化が起きていく。現在の子供たちが社会に出る時には、その6割以上がまだ存在していない職業につくこと、20年後には多くの大企業も消え去り、特定の成功モデルが存在しない社会になると指摘されている。死に対する感覚も大きく変化し、50年後には「」が不要になっていることも充分に予想される。子供たちは、新しい想像力を開発し、新しい生き方を身につける必要にいやでも迫られる。子供たちは何を学び、どんな得意な術を身につければいいのか。子供たちに対する新しい教育がますます重要になる。

As the place where we should live is also higher the level at which information technology provides “New Real”, we will be able to do “One Place of Residence” and “World Tour” at the same time. People will combine real travel and net use, and will start a completely different form of life. Changing the life style itself becomes a symbol of “Age of the Individual.”

住むべき場所も、情報技術が「新しいリアル」を提供するレベルが高くなるため、「一所定住」と「世界周遊」を同時にむりなくこなせるようになる。人びとは、リアルな移動とネット利用を組み合わせ、これまでとはまったく違う形式の生活をはじめるだろう。生活スタイルの変更自体が「個人の時代」のシンボルになる。