「News/お知らせ」カテゴリーアーカイブ

Call for Assistant Directors / アシスタントディレクター募集

Call for Assistant Directors
/ アシスタントディレクター募集

In relation that we hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTATION in Tokyo 2020” in Tokyo on September 2020, in order to develop Space Dance Project, we call for 3 assistant directors from the fields of “Dance, Architecture & Design, and Media Design & Media Art“. “Actual work, one day per one week. Fee, 20,000 Japanese yen per month“. Also, If there is a profit in the participating project, it wll be distributed fairly. If you are interested in please contact with us, Tokyo Space Dance, jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』を2020年9月に東京で開催するのに関連し、プロジェクトを促進する為に、「ダンス系、建築 & デザイン系、メディアデザイン & メディアート系」の3名のアシスタントディレクターを募集します。「実働~週一日。謝礼~2万円/月」。また、参加したプロジェクトに利益が出た場合には公平に分配します。ご関心のある方は「東京スペースダンス; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp」までご連絡ください。

Call for Producers / プロデューサー募集

Call for Producers / プロデューサー募集

In relation that we hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTATION in Tokyo 2020” in Tokyo on September 2020, we call for producers for the follwing projects. If you realize a project according to the following budget plan, we hand to you 1/3 of the acquired budget as a fee. If you are interested in please contact with us, Tokyo Space Dance, jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』を2020年9月に東京で開催するのに関連し、以下のプロジェクトに対するプロデューサーを募集します。下記の予算計画に従いプロジェクトを実現していただいた場合には、謝礼として獲得予算の1/3を謝礼としてお渡します。ご関心のある方は「東京スペースダンス; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp」までご連絡ください。

◎”KIDS SPACE DANCE”
◎”SPACE DANCE DESIGN WORKSHOP”
◎”SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE”
◎”SPACE DANCE in the TUBE”
◎”SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE”

[BUDGET PLAN / 予算計画]

Call for Assistant Directors, Producer, and Students / 募集~アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒

Call for Assistant Directors, Producers, and Students/
募集~アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒

We will hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo September 2020” at NEC, Tama-rokuto Science Center, and Tokyo Space Dance Studio as Live & Online Project in order to renewal the contents of SPACE MUSEUM, find the members for opening it, and form the human resources network. For this purpose, we call for Assistant Directors, Producers, and Students.

私たちは、今年9月、東京のNEC・多摩六都科学館・東京スペースダンススタジオにおいて、スペースミュージアムを構成するコンテンツの更新・スペースミュージアム開館メンバーの獲得・人材ネットワークの形成を目的として、『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』をライブ & オンラインプロジェクトとして開催します。以上の目的のために、アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒を募集します。


“SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo 2020”


“Call for Assistant Directors”


“Call for Producers”


“Call for Students”

Tokyo Space Dance / 東京スペースダンス

 

INFORMATION for SPACE MUSEUM / スペースミュージアムの為の関連情報

“INFORMATION for SPACE MUSEUM 2”

[1]

Keisuke Toyoda / 豊田啓介
[Keisuke Toyoda / NOIZ, News Office Project]

Keisuke Toyoda. This is my feeling, finally I could find an architect who says this kind of speaking in Japan. And this speaking was edited by one woman Dentsu producer who supported Shusaku Arakawa when she was young and had introduced my work in her magazine. Mr.Toyoda says “I want to predict how humans will evolve when the digital environment goes beyond the effective watershed at once, and for that purpose I would like to experience the cutting edge of evolution by forcing cultivation.” I think he is an architect who knows that the humans will change if the environment in which they live is changed, and he is taking the lead in experiencing its changes.

豊田啓介。日本でもやっとこういう事を言う建築家を見つけた、という感じ。そして、この文を編集したのは若いころ荒川修作を支援していた電通の女性プロデューサーで、私の仕事も雑誌で紹介してもらったことがある。豊田氏曰く、「デジタル環境が一気に実効性の分水嶺を超えたときに、人間がどう進化するのかという予想をしたいのと、そのためには促成栽培で進化の最先端を自分たちで体験してみたい」。彼は、人間が住む環境が変われば人間自体が変わることをよくわかっている建築家で、しかもその変化を自分たちで率先して体験しようとしている。

[2]

Mirror World by Kevin Kelly / ケヴィン・ケリーのミラーワールド

Kevin Kelly asserts that the humans eventually dive into a Mirror World that is born in the process of digitizing the world.I think a Mirror World will be useful if we can recognize that it can’t be “Real” and it is just one ultimate form of Mixed Reality that depends on the “Real” of our world. For example, my lover who lives far away is digitized and appears in my room with reality far beyond the level of holograms so far. And, why?, a whale that I wanted to see suddenly appears in my room, and out of the window a whale swims in the sky. My hopes are visualized and its images fill my surroundings. These images will definitely help me to study and express my potential aspirations and my themes.

ケヴィン・ケリーは、人類はやがて世界がデジタル化される過程に生まれるミラーワールドにダイヴしていくことになると主張している。ミラーワールドは「実在」にはなれず、私たちのリアル世界という「実在」を当てにしたMixed Realityの一つの究極の姿に過ぎないという点に注意さえすれば、確かに有用である。例えば、遠く離れた地に住む私の恋人がデジタル化され、これまでのホログラムのレベルを遥かに超えたリアリティをもって私の部屋に出現する。何故か、私が見たかったクジラが突然私の部屋に出現し、窓の外に出て空中を泳ぎ出す。私の希望が視覚化され、私の周辺を満たすのだ。これらの映像は、私の潜在的願望の在り方や私が掲げるテーマを研究し表現する上で役立つことは間違いないだろう。

INFORMATION for SPACE MUSEUM / スペースミュージアムの為の関連情報

INFORMATION for SPACE MUSEUM
/ スペースミュージアムの為の関連情報

We collect the related information to meet with the investors and members for opening Space Museum in the world, and to renew the contents of SPACE MUSEUM with  sufficiente scale.

スペースミュージアム開館に必要な投資家やメンバーに出会うために、またスペースミュージアムを構成するコンテンツを充分な規模で更新していくために、関連する情報を集めます。

“INFORMATION for SPACE MUSEUM 1”

[1]

Bjork Digital / ビョーク・デジタル

Why is Bjork’s expression unique? Because, as she said “The real role of artist is to bring life to new technologies“, she is not using by technology, she is using technology. But, even she doesn’t seem to be able to develop her own music using digital. It takes a time. In any case, there is no doult that she is a front-runner as the example of the artist’s activeness. We too, for keeping our originality, we have also decied not to publicly perform a “Space Dance Performance” until the results of “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” that started its developments are achieved.

ビョークの表現はなぜユニークなのか? それは、彼女が「アーティストの本当の役割は新しいテクノロジーに命を吹き込むこと」と言っているように、テクノロジーに使われているのではなく、テクノロジーを使いこなしているから。しかし、その彼女でさえ、デジタル使用で彼女の音楽自体を新しく開発できているわけではないようだ。それには時間がかかる。いずれにしても、アーティストの能動性を証明する事例として、彼女がその先行者であることに間違いない。私たちも、オリジナリティを守るため、開発を開始した「アパロス~私の<分身>としてのAIロボット」の成果が出るまでは公に「スペースダンス公演」はしないと決めている。

[2]

Yoichiro Miyake / 三宅陽一郎

There is also a strong ally in Japanese Game World for developing our “APAROS – Virtual IDOL”. His name is Yoichiro Miyake, Game AI developer. He said “I want the game character to have inteligence. Instead of moving it with ad hoc commands like a puppet, the character feels and recognize the world, decides the will, and moves the body. In short, I want to give the character the their own subjective world.” I could learn for the first time that there are AI programmers who think well about the relatioship between intelligence and body in the game industry.

私たちの「アパロス~バーチャルアイドル」開発にとって、日本のゲーム業界にも心強い味方がいた。それはゲームAI開発者・三宅陽一郎。彼は「キャラクターに知能を持たせたい。操り人形のようにその場限りの命令で動かすのではなく、キャラクターがその世界を感じ、認識し、意志を決定し、身体を動かす。一言で言えば、キャラクターに<主観的な世界>を与えたい」と言っている。私はゲーム業界にも「知能と身体の関係」についてよく考えているAIプログラマーが存在することを初めて知った。