「Criticism-Art, Architecture, Design, Science, Philosophy, Technology, AI, Novel, Movie, Comic/批評~アート・建築・デザイン・科学・哲学・テクノロジー・人工知能・小説・映画・コミック」カテゴリーアーカイブ

Architect Toyoda Keisuke / 建築家・豊田啓介

豊田啓介。偶然、見つけた。やっとこういう事を言う建築家が出てきた、という感じ。そして、この文を編集したのは若いころ荒川修作を支援していた電通のプロデューサーで、僕の仕事も雑誌で紹介してもらったことがある。豊田氏曰く、「デジタル環境が一気に実効性の分水嶺を超えたときに、人間がどう進化するのかという予想をしたいのと、そのためには促成栽培で進化の最先端を自分たちで体験してみたい」。彼は、人間が住む環境が変われば人間自体が変わることをよくわかっている建築家で、しかもその変化を自分たちで率先して体験しようとしている。

https://noizarchitects.com/en/

Movie “INTERSTELLAR” and Theoretical Physicist, Lisa Randall / 映画『インターステラー』と宇宙物理学者リサ・ランドール

“INTERSTELLAR” and Lisa Randall
We also live in Surplus Dimension? 
『インターステラー』と
リサ・ランドール
私たちは異次元にも住むのか?

[1]

On the door of the cover of the popular theoretical physicist Lisa Randall’s “Knocking Heaven’s Door” (2013), she is an explorer of Surplus Dimension, we can read several words like “What does it mean to be Science? What is Higgs Particle? What is Dark Matter? Is it possible to make a Black Hole? And we are living in Surplus Dimension?” I think this is a nice catch copy by a combination of really skilled questions, which evokes the readers’ willingness to buy and invites them.

余剰次元の探求者として人気の理論物理学者リサ・ランドールの『宇宙の扉をノックする』(2013)の表紙の扉には、「科学するとはどういうことか? ヒッグス粒子は何か? 暗黒物質は? ブラックホールは作れるのか? そして私たちは異次元にも住むのか?」と書かれている。実に巧みな質問の組合せによるキャッチコピーで、これで読者の購買意欲を喚起し、誘っているのである。

[2]

Because, if we read it carefully, the question other than the last “We are living in Surplus Dimension?” is a “Scientific Question“, but this question is different. But, this last non-scientific question invites ordinary people’s interest and ignites purchasing will.

というのも、よく読めば、最後の「私たちは異次元にも住むのか?」以外の問いは「科学的問い」であるが、この問いは違うからである。しかし、この最後の非科学的問いが、ふつうの人びとの関心を誘い、購買意欲に火をつけるのである。

[3]

In this book, Lisa Randall answered to one choreographer that “the influence by Surplus Dimension on physical phenomena is infinitely small, so if we are receiving it, we could already see its effects” to the choreographer’s question of “I know you study Surplus Dimension, please teach me does Surplus Dimension influences the movement of humans body?”.

この本の中で、ある振付家の「あなたが研究する余剰次元は、人間の身体の動きにも影響を与えているのか?」という質問に対して、リサ・ランドールは「与えていないと思う。物理現象に対する余剰次元の影響は限りなく小さいから。与えているなら、私たちは既にその効果を観測しているはず」と答えている。

[4]

For me, this exchange is interesting. Because, her answer also leaves the possibility that if its observation accuracy increases dramatically in the near future “its effect may be observed“. And if it comes up with a case where the effect is demonstrated, can she admit it honestly? Because she confessed in the previous work “Warped Passages” (2007) that she believed its existence before “Demonstration” in her verification work about Surplus Dimension, in short she belongs to a next generation type as a scientist.

私には、このやり取りが面白い。それは、彼女の答え方が、近い将来観測精度が飛躍的にアップするなら「その効果が観測されるかも知れない」という可能性も残しているからだ。そして、もしその効果が実証される事態になる場合には、彼女なら素直に認めるのではないか? 彼女は前著『ワープする宇宙』(2007)において、余剰次元の検証作業の中で、「実証」よりも先にその存在を「信じている」ことを告白した、次世代型の科学者であるからである。

[5]

Christopher Nolan’s movie “Interstellar” (2014) is a work that expresses the scene that Surplus Dimension affects Four-Dimensional World. This movie is like a picture for Lisa Randall’s Surplus Dimension Theory. The featured scene is a scene where the hero returned to a nostalgic room 30 years later when he departed to the universe to reunite with his daughter.  The hero contacts from Surplus Dimension called “4 dimensional hypercube TESARACT” where time and space expand and shrink, and the daughter lives in the same our Four-Dimensional World.

余剰次元が四次元世界に影響を与える光景を描いた作品として,クリストファー・ノーラン監督の映画『インターステラー』(2014)がある。この映画は、リサ・ランドールの余剰次元論を絵にしたような作品だ。注目は、主人公が娘に再会するために宇宙に出発してから30年後に懐かしい部屋に戻ってきた場面。主人公は時間と空間が伸縮する「4次元超立方体テサラクト」という異次元空間からコンタクトし、娘は私たちと同じ四次元世界に住んでいる。

[6]

In the movie, the two worlds are connected via “Bookshelf” of this room as an intermediary. Father moved the books and the watch from behind and gave a signal, both of them “daughter when small” and “daughter who grew up as a physicist” both feel “Father” sensitively. Finally, the grown daughter notices that the watch on the bookshelf carved “Cipher“. Then, she could solve the secret of gravity from the cipher and could success in launching a big space colony near Saturn. This is a story that human beings who were about to die on the diseased Earth were relieved by migrating to space colony.

映画では、彼らの世界はこの部屋の「本棚」を仲介としてつながっている。父親が背後から本を動かし、信号を発し、「小さい時の娘」も、「物理学者として成長した娘」も、二人とも「父親」を敏感に感じ取る。最後に、成長した娘が本棚に置かれた時計が「暗号」を刻んでいることに気づく。そして、その暗号から重力の秘密を解き明かし、土星近くへの巨大スペースコロニーの打ち上げに成功する。疾病した地球で滅亡寸前だった人類が、スペースコロニーに移住することで救済されたという物語である。

[7]

In this movie, the theoretical physicist Kip Thorne who was awarded the Nobel prize served as a science consultant and became a big topic after the appearance of the black hole by the latest scientific knowledge was portrayed. But, there is no detailed explanation about TESARACT which is the most important, which is regarded as a space connected to all the times of the Earth’s past, present and future, which arrived after the hero was absorbed by this black hole. Although TESARACT is in contact with Four-Dimensional World through a bookshelf as one of Surplus Dimensions.

この映画では、ノーベル賞を受賞した理論物理学者キップ・ソーンが科学コンサルタントを務め、最新の科学的知見によるブラックホールの姿が描写されて大きな話題になった。しかし、最も肝心な、主人公がこのブラックホールに吸収された後に行き着いた、地球の過去、現在、未来全ての時間と連結している空間であるとされているテサラクトについて、詳しい説明は存在しない。テサラクトは余剰次元の一つとして、本棚を通して四次元空間と接しているのに。

[8]

Why the time at TESARACT connected to the earth’s time? The hero entered in TESARACT by being absorbed by the black hole, how did he come out from TESARACT? Also, can he enter in TESARACT again? Is there no physical change due to entering and leaving TESARACT? The effectiveness of TESRACT is expected to be enormous for the humans, but what kind of benefit can we imagine?

なぜ、テサラクトでは、地球の時間と連結しているのか? 主人公はブラックホールに吸収されることでテサラクトに入ったが、どうやってテサラクトから出てきたのか? また、再度テサラクトに入ることは出来るのか? ブラックホールに吸収されるだけで何もしなくてもそれは可能になるのか? テサラクトへの出入りによる身体の変化はないのか? テサラクトの有効性は人類にとり莫大であると予想されるが、どんな利益として想像されるだろうか?

[9]

I think about Surplus Dimension including these questions as one “Hypothesis” or “Story” as follows.

TESARACT is one of Surplus Dimensions where time and space freely stretch and shrink, but there are many Surplus Dimensions adjoin to our Four-Dimensional World other than TESARACT. In Surplus Dimension that I perceive “They – The Dead, Lost Animals, Aliens” live as close to “They” who appear in “Interstellar”, 

私は、これらの問いを含め、余剰次元について、一つの「仮説」或いは「物語」として、次のように考えている。

テサラクトは時間と空間が自由に伸縮する余剰次元の一つであるが、私たちの四次元世界と隣接する余剰次元はテサラクト以外にも多く存在する。私が知覚する一つの余剰次元には、『インターステラー』に登場する『彼ら』と近い存在として、『彼ら~死者たち・失われた動物たち・異星人たち』が住んでいる。 

[10]

And, this Surplus Dimension is composed of substances different from substances constituting Four-Dimensional World. Those who live in Four-Dimensional World can have a “Mind” with continuity in this Surplus Dimension after their death. But, since the substance is different, the body is also different, so it seems to be completely different from the other’s point of view. Only the principal understands the identity. Even “They” who live in Surplus Dimension, other than their own, don’t know how they were in Four-Dimensional World.

そして、この余剰次元は、四次元世界を構成する物質とは異なる物質で構成されている。この点が非常に重要である。四次元世界に住む者は、死後、この余剰次元で連続性をもつ「」を持つことが可能だが、物質が異なるため身体も異なり、他者から見れば全く異なる存在に見える。本人にしかその同一性はわからない。余剰次元に住む『彼ら』も、四次元世界ではどんな姿だったのか、本人以外、誰にもわからない。

[11]

In order for us living in Four-Dimensional World to move to Surplus Dimension, we need to discover the “Boundary” in Four-Dimensional World, and we need to occur “Saturation of Mind and Body = Catharsis” there. If we can move, we will have a different body, live a different time from Four-Dimensional World, and we can move space freely. Also we can make a contact to Four-Dimensional World from Surplus Dimension. If we want to return to Four-Dimensional World it will be OK to stop “Saturation”.

四次元世界に住む者が余剰次元に移動するためには、四次元世界の中で「境界」を発見し、そこに移動し、そこで「心身の飽和=カタルシス、或いは<ゆらぎ>」を起こす必要がある。移動できれば、異なる身体をもつ存在となり、四次元世界とは異なった時間を生き、空間も自由に移動できる。余剰次元から四次元世界にからコンタクトすることも出来る。四次元世界に戻るためには、この「心身の飽和」を中断すればいい。

[12]

Why “They – The Dead, Lost Animals, Aliens” which I perceive could move to Surplus Dimension? Because they experienced “Death” that is close to “Saturation”. They are living with same mind when they had lived in Four-Dimensional World, and with different body. But, they can’t return to Four-Dimensional World. Because they lost body that they kept it in Four-Dimensional World. Me too, if i die in Four-Dimensional World even if I can move to Surplus Dimension but I can’t return to Four-Dimensional World. Just I only can send “Signal” to Four-Dimensional World.

私が知覚する『彼ら~死者たち・失われた動物たち・異星人たち』が余剰次元に移動できたのは、「心身の飽和」に近い「」を体験したからである。『彼ら』は四次元世界に住んでいた時と同じ心を持ち、異なる身体をもって生きている。しかし、『彼ら』は四次元世界に戻ることは出来ない。それは、四次元世界で持っていた身体を死によって崩壊させたからである。私も、四次元世界で死ねば、余剰次元に移動できても、四次元世界には戻れない。四次元世界に「信号」を送ることが出来るだけである。

[13]

The hero of “Interstellar” was able to move to TESARACT because it fell into the black hole and accidentally experienced a state close to “Saturation of mind and body”. He moved to TESARACT through the black hole, also he returned to Four-Dimensional World through the black hole again, but he can move to TERASACT again. Because, he couldn’t established its method deliberately. Therefore, he can’t establish the effective use of Tesaract as a property of the humans. He could only return to a planet where one colleague is left and continues their research in the last scene of the movie. Since the space colony have already been realized, so there is not much meaning to work there.

『インターステラー』の主人公がテサラクトに移動できたのは、ブラックホールに落下し、偶然、「心身の飽和」に近い状態を体験したからである。彼はブラックホールを通過してテサラクトに移動し、またブラックホールを通過して四次元世界に戻ったが、再度テサラクトに移動することは出来ない。その方法が確立されていないからである。従って、人類の財産としてテサラクトを有効に利用することは出来ない。主人公は、映画の最後の場面で、恋人が一人残されて研究を続ける惑星に戻っただけである。既にスペースコロニーが実現されているので、そこでの仕事にはあまり意味がないと思われるが。

[14]

If I produce a sequel of “Interstellar”, at first let’s the hero develop a transportation to TESARACT. For its purpose, the humans intelectural maturity and the physical modification are also required. Then, let’s the hero solve all other Surplus Dimenstions and develop a “New Way of Collaboration” with all existence living in Surplus Dimensions. This collaboration will be the arrival of new opportunities, this will give us the unknown possibilities of space development by the humans more than space colony which only allows the migration of earthlings.

もし、私が『インターステラー』の続編を制作するなら、まず主人公にテサラクトについて研究させ、そこへの交通手段を開発させる。そのためには、人間の知的成熟と、身体の改造も求められることになるだろう。そして、他の全ての余剰次元についても解明し、余剰次元に住む多くの他の存在との「新しい協働の仕方」を開拓させる。余剰次元に住む全ての存在との協働は、まさに人間にとりまったく新しいチャンスの到来であり、単に地球人の移住だけを可能にするスペースコロニーよりも、人類による宇宙開発の未知なる可能性を与えることになるからだ。