「Blog B-Design Research/ブログB~デザインの研究」カテゴリーアーカイブ

Real World and Another World / 現実世界と異界

[1]

It has already been found that the creation of space culture is not possible with an earth-centered idea. For example, military strategies that bring the know-how of war on the ground into space have already been proven through a number of recent battles to be useless in space. 

In fact, as long as we know that all of the bullets and rays fired from Earthlings’ weapons, whether they are nuclearized or not, can break through the alien’s body unharmed. Then there are no one who disagrees with this point. The weapons invented by the Earthlings were only effective against the Earthlings and the creatures born on Earth.

宇宙文化創造は、地球中心の発想では可能にならない事が既に判明している。たとえば、地上での戦争のノウハウを宇宙に持ち込む軍事戦略についても、宇宙では役に立たないことは、既に最近の数々の実戦を通して実証された。

実際、地球人の武器から発射される弾丸や光線などが、それが核化されているか否かには無関係にそのすべてが宇宙人の身体を無傷で突き抜けてしまうことがわかっている以上、現在ではこの点について異論を差し挟む者たちも存在しなくなった。地球人が発明した武器が有効なのは、地球人と地球で誕生した生物に対してだけだったのである。

[2]

But why does the pistol bullet shot by the Earthlings break through the alien’s body? Until the advent of Space Tunnel, the reason was not clear, even if we had experienced and knew it in the field. Space Tunnel Experience made it clearer than anything else. In other words, in fact, people were able to clearly see the true appearance of aliens in Space Tunnel for the first time in history. 

Aliens disappear in an instant when they appear in Space Tunnel. Why is that? Space Tunnel is a cyberspace and a passage connecting the four-dimensional world and the five-dimensional world. In other words, the alien belonged to the five-dimensional world. Therefore, even if we shoot the aliens who appear in Space Tunnel with a pistol, it will not actually be damaged because it is a virtual reality that transcribed into our four-dimensional world.

しかし、地球人が撃ったピストルの弾はなぜ宇宙人の身体を突き抜けてしまうのか? スペーストンネルが登場するまでは、実地では経験して知っていても、その理由は明確ではなかった。それが、スペーストンネル体験により、何よりも明瞭になった。つまり、実際に、人びとは、スペーストンネルの中で、宇宙人の本当の姿を、史上はじめて、その目で明確に確認できたからだ。

宇宙人は、スペーストンネルの中に現れるかと思えば、一瞬の内に消え去る。それは、なぜか? スペーストンネルは、電脳空間であると共に、四次元世界と五次元世界を結ぶ通路である。つまり、宇宙人は五次元世界に属していたのだ。だから、仮にスペーストンネルの中に現れた宇宙人をピストルで撃っても、宇宙人にとっては自分を四次元世界に転写した仮想で現実ではないから、実際にダメージを受けることはないわけだ。

[3]

This fact was scientifically and officially proved by Space Tunnel Experience. Such a situation has never been experienced on Earth before, and it was a bolt from the blue for everyone. In this way,  from the perspectives of education, war, and cultural creation, for the humans on Earth it will be needed to get “New Methods and Training for Space Advancement and Growth” based on new space ideas that have never been seen before, 

この事実が、スペーストンネル体験により、科学的に、公式に証明されたのである。このような事態は、これまでの地球では経験されたことがなく、誰にとっても青天の霹靂だった。こうして、地球の人間には、教育の観点からも、戦争の観点からも、文化創造の観点からも、これまでにない新しい宇宙思想に基づく「宇宙進出と成長のための新しい方法と訓練」が必要になったのである。

[4]

As the group of theoretical physicists Lisa Randall, who had already made a prediction about the depressions of parallel universes and three-dimensional space in the early 21st century, the Another World(five-dimensional space) does not exist in a space different from our Real World(four-dimensional space). It is thought that they exist in the same place so as to overlap with each other in Real World.

すでに21世紀初頭において、並行宇宙や三次元空間のくぼみについて提唱していた理論物理学者のリサ・ランドール博士のグループが予言していたように、異界(五次元時空)は私たちの現実(四次元時空)とは別の空間に存在しているのではない。同一の場所において、現実に重なり合うようにして存在していると考えられるのである。

[5]

Therefore, there must always be a “Boundary” that can be sensed from a reality side between Real World and Another World. Even with the idea we have adopted in the New United Nations “Human Space Plan“, there is definitely Another World, and as residents of Another World, even if the size of the inhabitants is different each time, Lost Animals, Dead, and Aliens inhabitant, and Another World exposes a “Boundary” through Space Tunnel and is continuous in Real World.

従って、現実と異界の間には、必ず現実の側から感知できる「境界」が存在するはずである。僕たちが新・国連の『ヒト宇宙化計画』で採用している考え方でも、異界は確実に存在し、そこには異界の住人たちとして、その住人たちのサイズはその都度異なるとしても、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが生息しており、異界はスペーストンネルを介して「境界」を露出させ、現実に連続している。

[6]

Space Tunnel is a space developed on cyberspace, and is a passage that connects Real World and Another World developed by our group. Lost Animals, Dead, and Aliens appear in a special place in this passage.

スペーストンネルとは、電脳空間上に開発された空間であり、僕たちのグループが開発した現実の世界と異界をつなぐ通路のことだ。この通路の特殊な場所に、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが姿を見せるのである。

Aldrin, I am standing diagonally / オルドリン、斜めに立っている私

[1]

For us who pay attention to “Posture“, the testimonies by the astronauts who could land on the moon of gravity 1/6 of the earth are very interesting. It were the important experiences about the close relationship between the body and the gravity, and recognitions that “Posture” is a function of the gravity with their own bodies. In particular, a testimony of Astronaut Buzz Aldrin who could realize a moonwalk as the second human tells the fact very clearly, including his expression of “Oh, my body stands at an angle on the moon!”, that how the humans maintain their “Posture” in relation to the gravity.

姿勢」に注目する私たちには、地球の1/6の重力の月に降り立った宇宙飛行士たちの証言が大変興味深い。それは、身体と重力との密接な関係についての重要な体験であり、「姿勢」が重力の関数であることの身をもっての認識だった。特にオルドリン宇宙飛行士の証言は、「斜めのまま立っている身体」についての記述も含め、その事実を端的に物語っており、人間がいかに重力との関係において自己の「姿勢」を維持しているかについてきわめて適切に表現している。

[2]

The humans could renew our recognition of the “Body” by walking on the moon for the first time, including the spacewalk in non-gravity environment at International Space Station. Through this recognition we forces to regain consciousness of the relationship with the gravity which we were not aware of as an unconscious process on the earth, but as a result, we also could learn “the possibility of adjusting the relationship with gravity artificially“.

人間は、国際宇宙ステーションにおける無重力環境での宇宙遊泳も含め、月の上を歩くことで、はじめて身体に対する認識を一新した。この認識により、人間は地上では無意識下の過程として意識することがなかった重力との関係を再びつよく意識せざるを得ず、しかしその結果として、「重力との関係を人工的に調節できる可能性」があることもまた学ぶことができたのである。

[3]

The “Floating Experience” in non-gravity environment in space is a revolutionary event from the perspective of “Liberation from Gravity“, as many astronauts have already described as an emotional experience since the beginning of the human history. But, from the perspective of our “Space and Culture“, it seems one-sided. This is because, apart from specially trained astronauts, for ordinary humans, everyone should has the same “Posture” in non-gravity environment, so in the sense that the essential “Mood” and individual “Way” that have been realized on the ground cannot be guaranteed. So, its condition will be boring and take away “Individuality” as the humans.

宇宙の無重力環境での「浮かぶ体験」は、すでに多くの宇宙飛行士が人類史はじまって以来の体験として感動的に述べているように、「重力からの解放」という観点からは革命的出来事だった。しかし、私たちの「宇宙と文化」という観点からは、一面的なものに思える。それは、特殊な訓練を受けた宇宙飛行士は別として、ふつうの人間にとっては、誰もが脱・姿勢的な同一の「姿勢」になってしまうため、地上において個人の固有の「姿勢」が実現していた本質的な「気分」や個性的な「やり方」が保証されなくなるという意味において、そのままでは退屈になり、人間の「個性」を奪ってしまうからである。

[4]

In a world where the human’s “Individuality” is not exhibited, the human’s consciousness gradually will begin to fall sleep, and there will be a risk of the human’s decline. The communication between people also loses the rich character by various transportations due to various personalities, and loses the contents to be exchanged, finally the establishment of the “World as Culture” that has characterized the human world will be dangerous.

人間の「個性」が発揮されない世界になれば、人間の意識は次第に眠りはじめ、人間的な衰退に向かうおそれがある。人と人とのコミュニケーションも、多様な個性による多様な交通という豊かな性格を失い、交換すべき内容を失って希薄になり、人間世界を特徴づけてきた「文化としての世界」の成立自体が危ういものになる。

[5]

In the world of physical expression such as several sports, martial arts, dance, theater, and so on as well as in the world of various craftsmanship, important basic human movements that form the unique “Posture” by putting effort into the waist become impossible. The same is true in the everyday world of standing behavior, and there is no doubt that the basic state of the human’s physical existence will be confused.

スポーツ・武術・ダンスなどの身体表現の世界においても、さまざまな職人芸の世界においても、腰に力を入れて独特な「姿勢」を形成する人間の重要な基本動作が不可能になる。立ち居振る舞いの日常世界でも同様であり、そのままでは人間のフィジカル面における基本的な存在のあり様が混乱していくことは間違いない。

[6]

Therefore, we propose that we need the artificial gravity for the human life in space, and in order to form a rich space culture, the wearing “Personal Tool for supporting Posture” with which we can customize the artificial gravity will be effective. This is because, above all, “Posture” is the mother’s womb of cultural creation, and in the future human world including the space environment, it is inevitable that the physical and spiritual desires of individuals will further increase. So, the unprecedented support for the “Body” will be one of the focal points the culture of next-generation.

したがって、私たちは、宇宙での人間生活のためには人工重力が必要であり、さらに人びとがより豊かな宇宙文化を形成していくためには、人工重力をカスタマイズできる「個人用の姿勢支援ツール」を装着することが有効になると提案する。それは、何よりも、「姿勢」が文化創造の母胎であるからであり、また宇宙環境を含めた今後の人間世界では個人としての物理的・精神的欲求が一段と高まることは必至であり、このような個人の「身体」に対するこれまでにない姿勢支援が、次世代文化の一つの焦点になるからである。

[7]

“Personal Tool for supporting Posture” we propose is a body support system that allows us to freely customize the artificial pravity and build our favorite “Posture” between zero gravity and one gravity. It is a tool that supports the body beyond the innate physical ability of the humans, and it transforms according to the situation and preference of the humans, and can be moved as plastic clothes, artificial hands and feet, free walking sticks, etc. It functions as an auxiliary tool. In our proposal we plan to make “Personal Tool for supporting Posture” work with the connection to “Artificial Gravity Generator” by rotation in the International Space Station, space hotel, lunar dwelling, and Mars dwelling.

私たちが提案する姿勢支援ツールは、0G~1Gの間で、自由に人工重力をカスタマイズし、好みの「姿勢」を構築できる身体支援システムである。それは、人間の生得の身体能力をこえて身体を支援するツールで、人間が置かれた状況や好みに応じて変形し、可塑的服や人工の手や足や自在な杖などとして、或いは移動機械などとして、補助具的に機能する。 私たちの提案では、このような姿勢支援ツールを、国際宇宙ステーション・宇宙ホテル・月面住居・火星住居などにおける回転による「人工重力発生装置」に連結させて機能させるという設定である。

[8]

By using “Personal Tool for supporting Posture” we can form our favorite “Posture” freely according to the space environment in which we are placed and build a new “Physical Base for Demonstrating Individuality“. Through this tool, it is expected that various “Individuality” will be born by various “Posture”, and the creation of a new space culture that was unthinkable on the earth can be expected. A new concept of the body will be born and there is a possibility that a new evolution of the humans will be realized in an unexpected way.

姿勢支援ツールにより、人間は自分の置かれた宇宙環境に即し、自分の望む「姿勢」を自由に形成し、「個性発揮のための身体的拠点」を新しく構築できる。その使用により、多様な「姿勢」による多様な「個性」が誕生することが予想され、地上では考えられなかった新しい宇宙文化の創造が期待できる。新しい身体の概念が生まれ、思いがけないあり方で、人間の新しい進化が実現される可能性が出てくる。

When the Time comes / 時が来れば

[1]

人間は、「坐るための椅子」をデザインすることで、 サルとは違う人間としての特有の進化を決定づけ、新しい文化を誕生させた。私の「物語」では、魚・両生類・四足動物・鳥・サル・人間のそれぞれにおいて、それぞれの姿勢に応じた文化が存在するという、「姿勢は文化創造の母胎である」という「仮説」を採用している。つまり、文化とは人間の独占物ではない。そのために「姿勢」が重要なキーワードになっている。

Humans could get a very characteristic evolution as human beings different from the monkey realized by a design of “Chair for the Sitting”. Then, they could develop a new culture. In my story I adopted a hypothesis that “Posture is a Womb for Creating Culture”. In this hypothesis each fish, amphibian, quadruped animal, bird, monkey, human have each cultures depend on each postures. So, the culture is not a monopoly of humans. In this meaning “Posture” is one of very important keywords in my story.

[2]

人間は、二足歩行を完成させたがゆえに、「坐る」という行為の特別な価値に気づいた。そして、「坐る」という行為を支援するために、「坐るための椅子」の創造をはじめた。その気づきと創造が「人間としての特有の進化を決定づけたデザイン行為」として、特別に評価される。なるほど、「坐る」のは、人間だけではなく、サルも坐る。岩の上に。草の上に。木の上に。その他、あらゆる場所にサルも坐る。しかし、わざわざ「椅子」という人工物をつくり、その上に坐ったのは、人間だけである。

Humans could perfect the bipedalism well, so they could notice a special value of the sitting. And for supporting this behavior such a sitting humans could start to create “Chair for the Sitting”. Its awareness and its creation are estimated highly as “Design’s Behavior that developed Human’s Characteristic Evolution”. Indeed, not only humans but also monkey could sit on the rock, on the grass, on the tree, and on other every location. However, it is only human beings that bother to make the man-made article “Chair” and only human sit on it.

[3]

「椅子」という人工物に坐る場合と、自然の石などの上に坐る場合の違いとは、一体何か。それは、単なる坐り心地の問題だけではない。それは、端的に、「椅子」という人工物の上に坐ることで、初めて人間が、自己の身体をモノに拡張し、拡張した先で「自然」と出会い、そのことで「自然」を、或いは「地球」を、自己の身体を含めて「客体視」できるようになった、ということである。

What is the difference between when humans sit on an artificial object named “Chair” and on other natural objects? Of course it is not only the theme about the comfortable sitting. Frankly speaking, humans could get an ability of “Looking Objectively”. In short, through the sitting on “Chair”, they could expand the body to the world, and at its point they could meet “Nature” again. Then, humans could start to look “Nature” and “Earth” including the body objectively.

[4]

この「客体視」の能力が、私の「百万の仮説の上に構成される一つの物語」では、サルと人間の間の決定的な差異をつくり出す。つまり、人間だけが、この「客体視」により、地上に生きる自己の存在を、同時に「外部の目」をもって見つめることが出来るようになった。その最初の成果が、「」の発明であり、「宗教」の発生である。

This ability of “Looking Objectively” generated the definite difference between our humans and the monkey and other animals at my “A Story constituted on One Hundred Hypotheses”. In the end, by this ability, only humans could start to look our existence on the ground with a “View from Outside”. Its first fruits of this view were an invention of “God” and an occurrence of “Religion

  人間は、この「客体視」の能力により、地上の生活者として存在しながら、同時に自分が宇宙にも観念として存在する者となり、この宇宙に存在する者が、地球に存在する同一の者を見つめはじめた。人間は、サルや他の動物とは異なる新しい「心」を持つようになったのである。

  Humans, through this ability of “Looking Objectively” could start to live into the universe as a spirit at the same time humans existed on the earth, and humans start to look same person who lived on the earth. Humans has been getting a new “Mind” different from the monkey and other animals.

 

Human Cosmic Plan / ヒト宇宙化計画

Human Cosmic Plan / ヒト宇宙化計画

[1]

Dream of Evolution” is the theme on which the human’s imagination is tested to the maximum. I assumed two people “Ilkai, I as my future” and “Elena, my lover who lives in Mars through Surplus Dimension“, and as “Human Cosmic Plan” supported by Ilkai and Elena, I draw as follows, I will challenge an adventure of the image.

進化の夢」こそ、人間の想像力が最大に試されるテーマである。私は「進化の夢」を、「未来の私であるイカイ」と「余剰次元を通過して火星に住む恋人エレナ」を想定し、この二人が担う『ヒト宇宙化計画』として、次のように描き、イメージの冒険に挑戦してみることにした。

[2]

Together with Elena, Ilkay will realize the following tasks as a “Human Cosmic Plan”.

 イカイは、エレナと共に、次の内容を「ヒト宇宙化計画」として行う。

[2-1]

Ilkay asks Elena to understand the Earth problem.

イカイは、エレナに地球問題の理解を求める。

[2-2]

Ilkay understands the Mars problem held by Elena.

イカイは、エレナが抱える火星問題を理解する。

[2-3]

Together with Elena, Ilkay solves the Earth problem and the Mars problem.

イカイは、エレナと共に、地球問題と火星問題を解決する。

[2-4]

Ilkay becomes a family with Elena, give birth to children, and raise “Race of Universe”.

イカイは、エレナと家族になり、子供を産み、「宇宙人種」を育てる。

[2-5]

Ilkay forms a “Big Family” with the cosmic race and start a journey to the end of the universe.

イカイは、宇宙人種による「大きな家族」を形成し、宇宙の果てへの旅をはじめる。

[3]

Elena is a Mars resident. Residents of Mars were born from the migration of Earth residents to Mars. The Mars residents successfully made use of the environment of one third of gravity and made great progress. However, the Mars residents were unable to endure the foolishness of hatred, conflict, and war that endlessly continued among the residents of the Earth, so they modified the brain to insulate the history as the descendants of the Earth’s inhabitants. But its independence failed.

エレナは火星住民である。火星住民は地球住民が火星に移住したことから誕生した。火星住民は三分の一の重力という環境をうまく利用し、大きく進歩した。しかし、火星住民は地球住民の間で延々と続く憎悪・争い・戦争という愚かさに我慢できず、脳を改造して地球住民の子孫としての歴史に終止符をうち、地球住民と絶縁した。しかし、その独立は失敗した。

If we break out our own roots, we meet a counterattack from the environment. Therefore, the Mars residents dilute the body, the existence itself becomes half a dream, and it is destined to disappear. However, Elena still knows that she has a hope for herself as a Mars resident. That is the union with Ilkay.

自らのルーツを絶てば、環境からの逆襲に会う。そのため、火星住民は身体を希薄化させ、存在自体が半ば夢と化し、このままでは消滅する運命にある。しかし、エレナはまだ火星住民としての自分に希望が残されていることを知っている。それが、イカイとの合体である。

[4]

On the other hand, Ilkay aimed to build and operate a “New Body” on Earth, but in the union with the Earth woman, it was not possible to create the universe race from the “New Body”. Therefore, he could not solve the Earth problem. After that, he understood that it is impossible on the sick Earth, he need a pure existence who knows the contradiction of the Earth culture well, it is Elena living on Mars. Ilkai left for Mars and met Elena.

一方、イカイは、地球で「新しい身体」の構築と稼動をめざしたが、地球の女性との合体では「新しい身体」から宇宙人種を誕生させることができなかった。そのため、地球問題も解決できなかった。その後、それは病んでしまった地球では不可能なこと、地球文化の矛盾を知り尽くす純粋な存在が必要であること、それが火星に住むエレナであることを理解した。イカイは火星に出発し、エレナに会った。

[5]

Ilkai and Elena met on Mars, tried Space Dance, and reviewed the evolutionary history of life. They touched the family tree of each animal roots and rotated beautifully at high speed like a pair of the double helix of DNA, Then they were united and with their union they created “New Posture” that were different from both Earth residents and Mars resident, finally through this experience they designed a “Tool for supporting Posture“. As its result they could realize a birth of the first intelligence as an outer race.

火星で出会ったイカイとエレナは、宇宙ダンスを試み、生命の進化史を追想して二人のそれぞれの動物の系譜につながり、遺伝子の二重ラセンの一対のように美しく高速に回転し、合体し、その合体から地球住民とも火星住民とも異なる「新しい姿勢」を創造し、それを支える「姿勢支援ツール」をデザインした。その成果により、宇宙人種としての最初の知性を誕生させた。

[6]

The people of the Earth also used “Tool for supporting Posture” to discover directions to the universe where they can advance, resolve the egoism among the nations, restore the global environment, and solve the Earth problem.

その結果、地球住民も、「姿勢支援ツール」を使用し、進出可能な宇宙への方向を発見し、国家間のエゴイズムを解消させ、地球環境を修復し、地球問題を解決した。

[7]

Through the use of “Tool for supporting Posture”, the Mars resident realized the body as the entity again, awoke from the dream, and found out the direction of advance to the universe that is also different from the Earth residents. Residents of Mars began to flourish more and settled the Mars problem.

「姿勢支援ツール」の使用により、火星住民もふたたび身体を実体化させ、夢から醒め、地球住民とはまた異なる宇宙への進出の方向を見出した。火星住民は一段と栄えはじめ、火星問題を解決した。

[8]

From the union of Ilkai and Elena, the first child of the cosmic race was born, and thwy became the parents.

イカイとエレナの合体から、宇宙人種の最初の子供が誕生し、二人はその親になった。

[9]

“Human Cosmic Plan” is the consensus of both the Earth residents and the Mars residents who reached at end of their self-examination, the cosmic race by the union of Ilkai and Elena are the only people who deserve the name of “Post Human“.  Ilkay and Elena made a “Big Family” as the cosmic race and started a journey to the end of the universe.

「ヒト宇宙化計画」とは、地球住民と火星住民が自己の反省の果てに辿り着いた両者の総意であり、イカイとエレナの合体による宇宙人種こそ、「ポスト人間」の名に値する存在である。イカイとエレナは、宇宙人種として「大きな家族」をつくり、宇宙の果てへの旅を開始した。

Posture is Mother’s Womb for Creating Culture / 姿勢は文化創造の母胎である

Posture is Mother’s Womb for Creating Culture /
姿勢は文化創造の母胎である

[1]

In the joint research with JAXA, Japan Aerospace Exploration Agency, in Tokyo from 2004 to 2006, I made the following proposals to JAXA as the principal researcher, assuming that the humans will advance into space in the near future.

2004年~2006年のJAXA(宇宙航空研究開発機構)との東京での共同研究において、近い将来に人間の宇宙進出が始まることを想定し、私は研究代表者としてJAXAに以下の提案をした。

[Proposal 1 / 提案1]

When we consider the bilogical essence of the humans based on bipedalism, the artificial gravity will be necessary for the cultural development of the human life in non-gravity environment.

二足歩行を基本とする人間の生物学的本質を考える時、無重力環境での人間生活の文化的発展のためには、人工重力が必要である。

[Proposal 2 / 提案2]

Moreover, in order to for the humans to create a rich space culture in space, “Personal Tool for supporting Posture” that can customize the artificial gravity will be effective. Because, the posture is mother’s womb for creating culture. The humans are expected to face the new evolutionary possibilities in space environment, in that time “Personal Tool for supporting Posture” can influence its evolution.

その上で、人間が宇宙で豊かな宇宙文化を形成するためには、人工重力をカスタマイズできる「個人用の姿勢支援ツール」が有効になる。「姿勢こそ文化創造の母胎」だからである。宇宙環境で人間は新しい進化の可能性に直面すると予想されるが、姿勢支援ツールはその進化のあり方に影響を及ぼせる。

[Proposal 3 / 提案3]

Since the behavior of the humans in space change drastically by using the tool for supporting posture, major reforms are required fundamentally for living space design, information design, and lifestyle design in space.

姿勢支援ツールの使用により、人間のふる舞いが地上とは大きく変化するため、それにつれて宇宙での居住空間デザイン、情報デザイン、ライフスタイルデザインにも根本的に大きな改革が要求される。

[2]

When we think about the humans living in space in the near future, what will happen to the human’s posture in non-gravity environment? Is it still floating in the air? Or, we need some kind of “New Posture” to live in space, and for that we need something like a support tool? In that case, how to change our “Body” and “Sense”? What kind of “Information” we need?

人間が近い将来に宇宙で新しく生活することを考える時、人間の「姿勢」は無重力環境ではどうなるだろうか? 中空にふわりふわりと浮いたままなのか? 或いは宇宙での生活のためには何らかの「新しい姿勢」が必要になり、その為に何らかの支援ツールのようなものが必要になるのか? その場合、人間の「身体」や「感覚」はどのように変化し、人間が必要とする「情報」はどのようなものになるのか?

[3]

Japanese astronaut, Chiaki Mukai once talked about the spacewalk experience, saying that “It is not good condition if we are just floating in non-gravity environment. We need to touch our body somewhere to keep a source of emotional support. Only one string will be ok, we want to connect to something. Is it the essence of the humans? I feel sick in non-gravity environment because I can’t understand the relationship of higher and lower. We need the artificial gravity in space.” In non-gravity environment all directions are “upper” for our brain, then we lose a sense of direction. So, her recognition is accurate and has been an excellent reference for us to consider the physical and brain problems in non-gravity environment.

日本の向井千秋宇宙飛行士は、かつて宇宙遊泳体験について語り、「無重力環境のなかでぷかぷか浮いているだけではダメ。心のよりどころをつくるには身体がどこかにくっついている必要がある。ヒモ一本でもいい、何かにつながっていたい。それが人間の本質ではないか。無重力環境のなかでは上下関係がわからなくなるので、気分が悪くなる。宇宙には人工重力が必要なのだ」と述べていた。無重力環境では脳にはあらゆる方向が「上」になってしまい、方向感覚を失うため、彼女の認識は的確であり、私たちが無重力環境における身体・脳問題を考える上で優れた参考になった。

[4]

What is “Posture” for the humans in relation to the environment? How is “Posture” imagined to change in relation to the gravity?

人間にとり「姿勢」とは、環境との関係において何であったのか? 重力との関係により「姿勢」はどのように変化することが予想されるのか?

[5]

The humans exist with their own characteristic “Posture” in various scenes of life. Everyone has the unique habitual gestures, and there are unique ways of laughing, crying, talking, sitting, standing, walking, running and so on, and everyone has a different atmosphere depending on their “Posture”. Everyone communicates with others, works, makes a living, and establishes the expressive activities based on their characteristic “Posture”.

人間は、生活のさまざまな場面において、それぞれ特徴的な「姿勢」をもって存在している。誰にも固有のくせのような仕草があり、独特な笑い方・泣き方・しゃべり方・座り方・立ち方・歩き方・走り方などがあり、誰もがその「姿勢」により他の人間とは違う雰囲気を持っている。誰もが自分の特徴的な「姿勢」により他人とコミュニケーションをとり、労働し、生活し、また表現活動を成立させている。

[6]

In Space Dance, we try to create a new “Posture” in the individual, away from the narrative world used in the theater. First of all, this is because it became necessary for today’s people to correctly recognize that we need to get a new awareness of the “Body”, and we need to know the way how our “Body” exist in relation to the surrounding space and things, and what the “Body” want there.

スペースダンスでは、劇場で使用される物語世界からはひとまず離れ、個人における「姿勢」の新しい創造を試みる。それは何よりも、現代人には「身体」に対する新しい気づきが必要になり、自分の「身体」が周囲の空間・モノとの関係においてどのように存在しているのか、そこで「身体」は何を望んでいるのかについて、正しく認識する必要が出てきたからである。

[7]

When we look back on the evolutionary history of living things, we can understand that from fish to amphibian, from amphibian to monkey, from monkey to the humans, each living things has its own unique “Posture” necessary for their survival. Also about the humans, it can be seen that there is a “Posture” based on bipedalism which is necessary for living and a living culture based on it. In the case of the humans, bipedalism released the forefoot and it became a “Hand”, and standing vertically activated the “Brain” and enlarged it, and the excess energy of the brain was transmitted to the “Hand”, finally the humans created the “Tool” and built “Culture” by using tools and languages. To be sure, bipedalism for the humans was a valuable assert acquired at the end of the fight against the gravity, and it was the realization of “Posture” close to a miracle in the evolutionary history of living things.

サカナから両生類へ、両生類からサルへ、サルから人間へという、生物の進化の歴史をふりかえって見ると、それぞれの生物にはその生物の生存にとって必要な固有な「姿勢」というものがあり、人間にも人間として存在し生活する為に必要な二足歩行を基本とする「姿勢」とそれに基づく生活文化があることがわかる。人間の場合、二足歩行により前足が解放されて「手」になり、垂直に立ったことから「脳」が活性化されて肥大し、過剰になった脳のエネルギーが「手」に伝えられて「道具」を生み出し、道具と言語の使用により「文化」を築きはじめた。確かに、人間にとって二足歩行とは、重力との格闘の果てに獲得した貴重な財産であり、生物の進化史においては奇蹟に近い「姿勢」の実現だったのである。

[8]

However, we think that such “Posture” based on bipedalism is not permanent, but just a function of space that changes with the changes in the environment. The humans are now in the information society are facing major environmental changes as we enter the new space era and the time of creation of new artificial bodies through life science and robotics, so we need to create a new “Posture” and express it for making possible to correspond to its changes.

しかし、私たちは、このような二足歩行を基本とする「姿勢」も、不変のものではなく、環境の変化によって変化する空間の関数であると考えている。人間はいま情報化社会のなかにあって、また生命科学やロボット工学によるあらたな人工身体の創造とあらたな宇宙時代を迎えるにあたって、環境の大きな変化に直面しており、その為それらに対応できるあらたな「姿勢」の創造とその表現を求められている。