「Blog A-Dance Research/ブログA~ダンスの研究」カテゴリーアーカイブ

My Butoh, My Space Dance / 私の舞踏、私のスペースダンス

[1]

Molecular Biology has developed greatly and has made a great contribution to our world since the DNA genetic model was revealed to be a double helical structure in 1953. If we can express amicable but mysterious relationships between the body and the environment as “Visible Information” like DNA, we can realize same kind of revolution, then the outcome goes beyond the art world, affecting the whole society. And, I believe that we can make a revolution similar to Molecular Biology. I would like to shoulder one part of it through my Space Dance.

1953年にDNAの遺伝子モデルが二重螺旋構造である事が明らかにされて以来、分子生物学は大きな発展を遂げ、私たちの世界に偉大な貢献をもたらすようになった。私は、もし身体と環境の間で交わされている親密な、そして謎に満ちた関係をDNA のような「見える情報」として表現できるなら、その成果はアートの世界を超え、社会全体に影響を与えるものとなり、分子生物学と同様な革命を起こすことができると信じている。私はスペースダンスを通してその一端を担いたい。

[2]

Butoh is a “Step from Within”.

舞踏とは、「内部からのステップ」である。

Butoh is “Self-Realization” through the body of the individual, direct, and original dance technique.

舞踏とは、各人の個性に根ざした、自前のダンステクニックによる身体芸術であり、「直接的な自己表現」である。

Butoh is “Recovery of the Wild in Mankind” and “Rebirth of the Intoxicated Body” somehow lost in the contemporary world.

舞踏とは、「野性の回復」であり、現代世界において失われた「陶酔する身体」の復活である。

Butoh is an art that promotes us growth, and keep “Age-worthy Flower” blossoming continuously. Like “Flower of Noh”, in Butoh we have “Aged Flower” and “Secret Flower”, we can create the beauty year by year beyond our age.

舞踏とは、「年齢と共に成熟するダンス」をつくる身体芸術である。能の「」のように、舞踏にも「時分の花」と「秘すれば花」があり、舞踏家は年々に成熟する美を創造できる。

[3]

In 2001 when I performed at the United Nations in New York and in Istanbul supported by Japanese Government I could start the original form of Space Dance based on Butoh through my epochal experiences by the meeting with Shusaku Arakawa and the Theory of Affordance by James Gibson.

スペースダンスは、1996年における美術家・荒川修作とジェームス・ギブソンのアフォーダンス理論との出会いを契機に、舞踏をベースとして、2001年のニューヨーク国連本部とイスタンブールでの公演でその原形が誕生した。

The essence of Space Dance is “How to recover the lost memories?”, “How to express the Tacit Knowledge?”, and various “Fruits called Design” through “Digitization of Tacit Knowledge”.

スペースダンスの核心は、「失われた記憶の発掘」と「身体知の情報化」であり、「身体知の情報化」を通して得られる諸々の「デザインという果実」である。

[4]

In Space Dance, the body is not a tool for expressing a “Story“, the body is a “Story”.

スペースダンスでは、身体は「物語」を表現するための道具ではなく、身体が「物語」である。

In any time the “Excellent Dancer” in the world keeps a special ability to “Dance with a technique to organize the body as the object“. In Space Dance we study this technique. Then we try to recover the lost memories through our dance movements and we accumulate its result as “Tacit Knowledge” about the body.

すぐれたダンサーは、いつの時代でも、「身体を客体化してダンスする」という一つの特別な技術を持っている。スペースダンスでは、この技術を学び、ダンスの動きを通じて「記憶の発掘」に挑戦し、そこで得られた成果を「身体知」として蓄積する。

In this time when we dance together with the earth we can recognize some strange new feeling happen around the temporal lobe and vertex lobe of “Brain“. Why? Because it is a first experience for the brain to move the body by such a strange new way.

ダンサーが地球との密接な関係を回復してダンスする時、「」の頭頂葉や側頭葉にわずかな異変が生じる。それは、地球と感覚的に接続された身体を動かすことは「脳」にとっても負荷の大きい仕事だからである。

In order to do a first task our brain also had to acquire a new ability. Its experience will be an experience just like a dancer looks for the universe as dancer’s “Second Body” through the earth, as if a blind person looks for the ground as his “Second Body” through his beloved stick.

新しい負荷がかかる仕事をするためには、「脳」も新しい力を獲得する必要があった。その体験は、まるで、盲人が愛用の杖を自分の「第2の身体」として地面を探っていくように、ダンサーも地球を「第2の身体」として宇宙を探っていくような体験である。

Our brain keeps all memories about all life on our earth. Because our brain into the Mother’s womb during 10 months grow up through the process of evolution of the brain from the beginning to today’s human brain. So, in our dance movements too, sometime we can find “Other strange movements than human movements”.

「脳」は、その誕生の過程で、母の胎内に約10ヶ月存在する間に発生時の脳から現在の人間の脳に至るまでの進化史を再現しつつ形成される為、脳にはすべての生命体の記憶が貯蔵されている。そのために、人の身体の動きにも「人の動き以外の奇妙な動き」が混じっている。

So, in Space Dance when we try to dance to organize our body as the object we can touch several “Forgotten Memories” sometimes with a wave motion of the internal organs, sometimes with a sound of the bone, and sometimes with an excitement of the nerve. In that time we can feel a new feeling in our brain, then under this influence we can dance with the inexperienced movements by chance. In short we can stimulate several “Forgotten Memories“.

スペースダンスでは、ダンサーが、臓器のかすかな波動のようなものとして、或いは骨の響きとして、或いは神経の震えとして、脳にわずかな異変を感じ、その影響でふとしたはずみにこれまで経験したことがない動きをはじめる時に、脳に貯蔵された「忘れられた記憶」に触れ、それらの記憶を刺激し、覚醒させる。

“Forgotten Memories” wake up a strong nostalgia in our mind. And this nostalgia gives new energy to us. Then we understand “Unknown Movement’s World” exists behind our usual human’s movements.

「忘れられた記憶」はダンサーの心につよい郷愁の念を呼び起こし、ダンサーに新しいエネルギーを与え、人間としての「既知の動きの世界」の背後に「未知の動きの世界」が存在することを教える。

This energy is infinite, it continue our dance without end. When we dig up “Forgotten Memories” we can organize the “Unexpected Movements” based on each memories. We shake with its freshness and we are amazed to ourselves. Then, we start to talk a “New story beyond the human’s drama.”

このエネルギーは無限である。「忘れられた記憶」を発掘したダンサーは、脳の機能を発展させ、個々の記憶に対応した「思いがけない動き」を体現し、その新鮮さにふるえ、自ら驚く。その発掘と体現の程度により、ダンサーは「人間的な劇を超えた新しい物語」を身体をもって語りはじめる。

Usually, very soon, we feel tired in our movements without this energy. But when we house this energy we get the lasting energy from the circulation between the body and the ground, then it arise like the growth of a snowball on the slope with heavy snow. We never feel tired.

このエネルギーを宿したダンサーは、踊れば踊るほど、「大雪が積もった坂道を転げ落ちる雪ダルマ」のようにエネルギーを増幅させ、疲れることがない。

Like that, in Space Dance we dig up “Forgotten Memories” and we expand “Unknown Movement’s World”, then we try to express its process as “History of Posture’s Evolution” including Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey.

スペースダンスでは、こうして「忘れられた記憶」を発掘し、それに応じた「未知の動きの世界」を展開し、この過程を魚・両生類・四足動物・鳥・サルを含む「姿勢の進化史」として表現する。

Why the expression of “History of Posture’s Evolution” is important for Space Dance? Because the purpose of Space Dance is the looking back on the past of all life, then it is the creation for “Body of Future” as a return from its retrospection.

なぜ「姿勢の進化史」として表現することが重要なのか? それはスペースダンスが、ヒトの起源について回想すると共に、その回想からのリターンとして、ヒトの「身体の未来」をデザインすることを目的としているからである。

In Space Dance we make a visualization of “History of Posture’s Evolution” as the image. And we express “Tacit Knowledge about Unknown Movement’s World” as the information using by information technology. Finally, we try to make several designs through the Tacit Knowledge for the new body, the new object, and the new space.

スペースダンスでは、このようにして体験される「姿勢の進化史」を映像として可視化すると共に、ここで蓄積される「未知の動きの世界についての身体知」を、情報技術を使用して情報化し、身体・モノ・空間を対象としたデザインとして変換し、出力する。

Then, Space Dance is very different from usual dance, Space Dance will be a work of “Design after Dance“.

こうして、スペースダンスとは、通常のダンスとは異なり、ダンスの後にデザインを出力する「ダンス&デザイン」の行為となる。

Tana, Resident in Surplus Dimension / 異界の住人・タナ

[1]

One day, when I was playing at the “Boundary” in the space tunnel, I met Tana, who at first did not seem to be a human being in our world. That’s because Tana had a different atmosphere than a living human being, and there was a shadow of us inside the space tunnel, but Tana didn’t have it. Something that doesn’t have a shadow is something that doesn’t belong to this world, like a vampire, or a dead human being.

ある日、私がスペーストンネルの「境界」で遊んでいたら、どう見てもこの世の人間とは思えないタナに出会った。それは、タナが生きた人間とは違う雰囲気をもっていたし、スペーストンネルの内部では僕たちの影ができるが、タナにはそれがなかったからだ。影が映らない存在なんてバンパイアとか死んだ人間とか、要するにこの世のものではない存在だ。

[2]

When I look closely, Tana, like a pterosaur, was a boy who often appears in my dreams. I knew Tana in my dreams. At this way, I may be able to meet a pterosaur soon. Tana had previously come up in a dream and told me that the book I was looking for was in the National Library of Paris. I went for a trial while I was at work and its book was really there. That’s why I trusted Tana as a special person.

よく見ると、タナは、翼竜と同じように、僕の夢によく出てくる少年だった。僕は夢の中でタナを知っていた。この調子でいけば、僕はもうすぐ翼竜にも会えるのかも知れない。タナは以前、夢の中に出てきて、僕が探していた本がパリの国立図書館にあることを教えてくれた。仕事のついでに試しに行ってみると、本当にそこにあった。だから僕はタナを特別な存在として信頼した。

And when I was looking at an old photo book on another day, Tana was on it. How, Tana died in Prague, Czechoslovakia in 1850, according to this record. Tana was a real person in the 19th century. Naturally, I was very surprised. And since then, I have come to believe in the existence of the world of the dead. Anyone who has such an experience, not just me, will have no choice but to believe.

そして、別の日に古い写真集を見ていたら、タナが載っていた。何と、タナはこの記録によれば1850年にチェコスロバキアのプラハで死んでいた。タナは19世紀の実在の人物だったのだ。当然、僕は、大変に驚いた。そして、それ以来、僕は死者の世界の存在を信じるようになった。僕だけではなく、こんな経験をすれば、誰だって信じるしかなくなるだろう。

[3]

The day I met Tana, he came to see me because he had something to do. Since he died at the age of 17, he seems to have remained at same age. He was also a disciple of a famous puppeteer in Prague. Partly because of his profession, he was interested in our work of manipulating space tube robots and net robots as human’s alter ego. By the way, the book I searched for in the National Library of Paris was also a document about Western dolls. So I was surprised to hear “What kind of business do you have with me? Tana explains that they need a “Moving House” and want me to help.

僕がタナに出会った日は、タナの方で用事があるということで、僕に会いにきたという。17才で死んで以来、年齢はそのままで止まっているそうだ。そして、プラハで有名な人形使いの弟子をしていたそうだ。その職業のせいもあり、スペースチューブロボットやネットロボットを人間の分身として操る僕たちの仕事に興味があったという。そういえば、僕がパリの国立図書館で探した本も、西洋の人形についての文献だった。それで、「どんな用事があるの?」と聞いて驚いた。タナは次のように説明し、自分たちには「引っ越し」が必要で、それを手伝って欲しいと言う。

[4]

Tana said that “We would like to restore the relationship with the real world that was estranged until now. In the days when the world religions had power, the exchange between this world and the other world was active, but now it is not. Then, now human beings are planning to go out into space. However, as you can understand that you have a deep affection for animals, human beings are not just real living human beings. We dead are also human beings as our memory, and the dead are also dreaming. In truth, the desire of living humans to want to go to space is influenced by our dreams strongly. So if they go to space, we also need to go to space.

タナは言った、「これまで疎遠だった現実との関係を回復したいと思います。世界の宗教が力を持っていた時代には、この世とあの世の交流は活発でした。しかし、現在では、そうではありません。ところが、人類はいま宇宙に出て行くことを計画しています。しかし、動物に深い愛情を示すあなたには理解してもらえると思いますが、人類とは、現実の生きた人間たちのことだけではありません。私たち死者もまた記憶のなかの人類として存在し、死者もまた夢を見ています。実際のところ、生きた人間たちが宇宙に行きたいと願うのは、私たちの夢にも強く影響されているのです。彼らが宇宙に行くなら、私たちも宇宙に行く必要があります。

We cannot leave the evolution of humankind to them alone. If they perish, we too will be affected and perished. As you know, their plans for the universe are not always good in all. Already many human space colonization plans have failed. They need our cooperation and accompaniment.”

人類の進化を彼らだけに任せるわけには行きません。彼らが滅べば、私たちもその影響を受けて滅ぶことになります。 あなたもご存知のように、彼らの宇宙についての計画は、全体としては必ずしもよいとは言えませんので。既に多くの人類の宇宙移住計画は失敗しています。人類には私たちの協力と同行が必要なのです」。

[5]

I told Tana, “That’s right. Even in our new United Nations, same as in the past, governments of each country are starting to come up with self-centered space plans with the selfishness, so it will be difficult to coordinate. Tana happily said, “You understand my opinion!?”

“I see. That’s it. I understood the dead started preparing by the dead. Is Megumi’s mysterious energy related to that?”
“That’s right. Megumi is very well lately. We are just starting to prepare for a big moving house. Megumi is very educated and she is one of the leaders. She is a great activist. Can you cooperate?”
“Of course. I’m happy.”
“Thank you.”
“Because if that’s the case, it’s a great business to ask from our side.”

僕がタナに「それはその通りだね。僕たちの新・国連でも、やはり昔のように、各国政府が勝手に自国中心主義の宇宙計画を打ち出すようになっているので、その調整に苦労させられる」と答えると、タナも嬉しそうに「わかっていただけますか!?」と言った。

「なるほど。それでわかった。死者たちは死者たちで準備を開始したということなんだ。メグミの不思議な元気もそれに関係しているわけだ?」
「さすがです。その通り。メグミさんは最近とても元気です。私たちはいま大移動の準備をはじめたところです。メグミさんはとても博学で、彼女もそのリーダーの一人です。すごい活動家ですよ。協力していただけますか?」
「もちろん。喜んで」
「有難うございます」
「だって、そういうことなら、それはこちらからお願いすべき素晴らしい事業だから」

[6]

Certainly, the strange things will happen in the world. The other day, I was just surprised to meet Kibe as one of lost animals. I met Tana as one of the dead today. And I can meet Megumi, who has been wandering in the darkness of my heart for a long time, soon. I have always wanted to live knowing not only animals but also death. It was Megumi’s death that triggered it. The Megumi actually will guide me to the world of the dead. I can also meet my daughter Cosmos. How, I have a daughter. I’ve always wanted a daughter. And Megumi is going to move to a new world with Cosmos. Now I understand the meaning of my recent dream. My life is going to be renewed with a new stage.

たしかに、世界には不思議なことが起きる。ついこの間、失われた動物としてのキベに出会って驚いたばかりだ。今日は死者の一人としてタナに出会った。そして、僕の心の闇を長くさまよっていたメグミとも、すぐにも再会できるという。僕は、いつ頃からか、動物だけでなく、死についても知りながら生きたいと願ってきた。そのきっかけをつくったのはメグミの死だ。そのメグミが、実際に死者の世界を案内してくれる。娘のコスモスにも会えるのだ。何と、僕には娘がいる。僕はずっと娘が欲しかった。そしてメグミはコスモスを連れて新しい世界に引越ししようとしている。今になり、最近見た夢の意味がわかった。僕の生活がまたひとつ新しい舞台に向って変化しようとしているのだ。

New Start of Dance / ダンスの新しい出発

[1]

Now we know that a new generation of circus like “Modern Circus” by Camille Boitel in France is making a dashing appearance. It gives an image of “Opera of New Era” to us and it aims the integration of several fields. And, on the Interne a virtual idol like Miku Hatsune  is making a dashing appearance too and she is pioneering the new interests of the people who want to express themselves through more new way. Also, like Bjork, a famous singer in Iceland, we know several earnest trials to expand the arts. Also, we can find a new possibility and a new start in “Dance” too if we give a different reading of the function of the dance.

フランスのカミーユ・ポワテルの「現代サーカス」のような、「新しい時代のオペラ」を思わせる、各分野の統合を目指す新世代サーカスが登場している。ネット世界では日本の「初音ミク」のようなネット上で人びとに共有されるバーチャルアイドルが登場し、表現者の新しい意欲を開拓している。アイルランドの歌姫ビョークのように、本格的なアートの拡張の試みも始まっている。ダンスもまた、ダンスを読み替えることで新しい出発が可能になっている

[2]

If we re-understand a “Dance” as “Creation of Posture”, “Dance” goes to what everyone in the world does “Creation and Adjustment of Posture” as their behaviors unconsciously every day. And, as Space Tube keeps an ability to change the general public including the kids to an improvised dancer, so we can find a way for us to bring Space Tube to 7.5 billion people worldwide. Shoes and socks are the daily necessities of people all over the world. Everyone wants to take a bath preferably every day. Can Space Tube be like shoes, socks or baths? I want to invent magic for that.

ダンスを「姿勢の創造」と読み解けば、ダンスは世界中のあらゆる人びとが毎日無意識にやっていること、「姿勢の創造と調整」に行き当たる。スペースチューブがふつうの人びとを即席のダンサーにする力をもつことから、世界の75億人にスペースチューブを届ける方法が出てくる。くつやくつ下は世界中の人びとの毎日の必需品である。誰でもお風呂にも、できれば毎日入りたい。スペースチューブも、くつやくつ下やお風呂のようにできないか? そのための魔法を発明したい。

[3]

It is common to both the poor and the rich that “Body is a Daily Concern of People in the world”. The pain of one and the same body gives “Distortion” common to both, and its recovery creates a common “Smile”. As such a body is “Remodeled” to the extent that he or she can’t be aware of, “Ambiguous” and “Sense of Confusion” progresses, a new device that realizes its recovery appears and a new body care method needs to be established. Because if our body shake, all our life will be unsettled.

「身体が世界中の人間の毎日の関心事」であることは、貧しい者にも豊かな者にも共通している。同じひとつの身体の苦痛が両者に共通の「ゆがみ」を与え、その回復が共通の「笑顔」をつくる。このような身体が、本人が自覚できない範囲で「改造」され、「曖昧」になり、「感覚の混乱」が進行していく以上、その回復を実現する新しい装置が登場し、身体ケアの新しい方法が確立される必要がある。身体がゆらげば、あらゆる生活がゆらぐからである。

[4]

I am conceived about “SPACE MUSEUM” as a place to respond to such the requests as follows;

私は、このような要請に応える場所として『スペースミュージアム』について次のように構想している。

SPACE MUSEUM ” is a place of experience, a place of design, a place of informing that presents the results of those to the world. And it is a place of education to train the pillars.

スペースミュージアム』は、体験の場であり、デザインの場であり、それらの成果を世界に提示する発信の場である。そして、その担い手を育てる教育の場である。

[5]

For the above purpose, I adopt a collaboration based on “Dance + Architecture + Design + Information”. Our modern era will become an era where collaboration by other fields is required. That is because we deal with “New Problem Groups” that can’t be solved by the previous methods. For that reason, the experts who deal with that need to be updated their expertise. Finally, our world has also come into an era where free collaboration is possible through collaboration of senses. Conceptually, the artists and scientists live in different worlds, but in the world of sensations the two are surprisingly close, and it is no contradiction that one person doubles as both. Those who had been forced to walk separately in various circumstances, but now they are asked to walk together for the first time, so they are very surprised to this big change. Such a new era is coming.

以上の目的の為に、「ダンス・建築・デザイン・情報」によるコラボレーションを採用する。現代という時代は他分野によるコラボレーションを必要とする時代になっていく。それは、これまでの方法では解決できない「新しい問題群」を扱うからである。そのために、それを扱う専門家たちの専門性も更新される必要が出てくる。やっと私たちの世界も、感覚の協同による自由なコラボレーションが可能な時代に入ってきたのである。概念上はアーティストとサイエンティストは別世界に住む異邦人たちだが、感覚の世界では両者は驚くほど近づき、一人の人間が両者を兼ねることも矛盾ではなくなっていく。これまで一緒に歩くことが必要だったのにいろんな事情で別々に歩くことを強いられてきた者たちが、いまはじめて一緒に歩くことを求められ、驚いている。そんな新しい時代がやってきているのである。

[6]

And, it is the space dancer that plays an important role in “Space Museum”. This is because space dancers are evaluated socially as one of “Body Experts”, they are the persons who precede “Tacit Knowledge”, and stand at the closest position to express “Tacit Knowledge” as the information. The space dancers train their body skills day by day and study to float a body a bit, they are doing “Creation of Posture ~ Formation of Form” which people can’t do in the everyday life. Today, we have special value to “Tacit Knowledge” cultivated in floating the body a bit, in the information society, in the aged society, and in the space age. However, this value has never been socialized, it has been left secret in the narrow world of performing arts of dance.

そして、『スペースミュージアム』で重要な役割を果たすのは、スペースダンサーである。それは、スペースダンサーが「身体の専門家」の一人として社会的に評価され、『身体知』を先行して担う者であり、『身体知』の情報化のためにもっとも近い位置に立っているからである。スペースダンサーは、日々身体技術を鍛え、少し身体を浮かすことを覚え、日常ではできない「姿勢の創造~フォルムの形成」を行っている。この、少し身体を浮かすことの中で培われる身体知に、情報社会・高齢社会・宇宙時代を迎えた今日においては特別の価値がある。しかし、この価値は、これまで社会化されたことはなく、ダンスという狭い舞台芸術の中で秘密のまま放置されてきた。

[7]

As long as the dancers have the intention of informing “Tacit Knowledge” that they have cultivated, they can open a “New Function” suitable for the 21st century and can be active as a social entity as well as the Bauhaus architects in the first half of the 20th century. Because the importance of the dancers who shoulder “Tacit Knowledge” increase dramatically in the information society. If the creation and adjustment of “Posture” becomes a daily theme for people all over the world, the dancers who are doing it every day will be tied in a new way to the people, and the utility of dance will draw attention in their lives.

ダンサーは、自分が培ってきた身体知を情報化する意志をもつかぎり、20世紀前半のバウハウス時代の建築家と同様に、21世紀にふさわしい「新しい職能」をひらき、社会的存在として活躍できる可能性が出てきた。身体知を担う者たちの重要性は、情報化社会では格段に増加するからである。「姿勢」の創造や調整が世界中の人びとの毎日のテーマになれば、それを日々やっているダンサーは人びとに新しい形で結びつき、ダンスの効用が生活の中で注目されることになる。

[8]

Therefore, even in such a case, if there is no reflection on the 20th century art system, and if we interpret about dance only like “Dancers are the persons who create the beautiful movements that can’t be realized by ordinary people on the stage” it is boring just by comparing the superiorities between the humans, we see only the differentiation between a dancer and ordinary people. So, more than that, if we interpret about dance like “Dancers are the persons who recollect a history of the evolution of the life, and depend on its recollection they challenge the creation of the new postures through dance movements. They are pioneers who develop the vision of the body for the tomorrow”, it will be useful for ordinary people and it will show a new spread. From now, limiting the use of dance will make dance a boring one.

したがって、このような時にも、20世紀のアートシステムに対する反省もなく、「ダンサーとは舞台上でふつうの人びとにはできない美しい動きをつくり出す人」とだけ解釈し、これまでと同様にダンサーとふつうの人びとを差別化していれば、人間同士の優劣を比較しているだけでつまらない。それよりも、「ダンサーとは、生物の進化史を身体の動きを通して追想し、それを根拠に新しい姿勢の創造に挑戦する人。未来の身体への予感を率先して開拓する人」と解釈していけば、それはふつうの人びとにも役立つことで、新しい広がりを見せる。これからは、ダンスの用途を限定することは、ダンスをつまらないものにすることである。

[9]

If it is true that space development, biometric remodeling, robot development, virtual space development, elderly people’s culture development are all difficult to understand for the general public, the dancers have a lot of opportunities. Then, if they realize collaboration, they will catch the opportunity to create “New Dance”. Even in Laban’s school in London, which is famous for its high level of dance education, only a few graduates can enter the world famous dance troupe, and other graduates can’t get jobs. Even if they get a job at such a troupe, the timing of their retirement is incredibly early. The circumstances are the same also at the university’s dance faculties around the world, and there is no witness to boldly show contradiction of contemporary dance education so much. The time is coming to address new demands.

宇宙開発も、生体改造も、ロボット開発も、仮想空間開発も、高齢者文化開発も、誰もが身体がわからなくなり困っていくのが事実だとすれば、ダンサーにはチャンスはいくらでもある。そこでコラボレーションを成立させれば、「新しいダンス」の創造へのきっかけをつかめる。高レベルのダンス教育がされていることで有名なロンドンのラバンの学校でも、ごく一部の卒業生が世界的に有名な舞踊団に入れるだけで、他の卒業生には就職口がない。またそのような舞踊団に就職できても、彼らのリタイアの時期は信じられないほど早い。世界中の大学のダンス学部でも事情は同じであり、これほど現代ダンス教育の矛盾を端的に示す証拠もない。就職口が無い教育を実施するダンス学部とは、第一歩から「教育の理念」に反しているだろう。舞踏も含め、「ダンス&デザイン」のコンセプトにより、「新しいダンス」と「社会化されるダンス」の構築へ。新しい要請に向けて柁を切るべき時が来ているのである。

Residents in Surplus Dimension / 異界の住人たち

Residents in Surplus Dimension
/ 異界の住人たち

[1]

One day, while I was playing in Space Tunnel, I noticed that Space Tunnel would deform depending on the postures I took. It was a subtle deformation, so I didn’t pay attention to it at first. But, when I saw it closely I also noticed that in Space Tunnel, like the convex and the concave, the “Boundary” where two contradictory curved surfaces were connected was created or disappeared. This “Boundary” is the gateway to another world? In other words, when the residents in Surplus Dimension appear they form the unique warped spaces, so they distort Space Tunnel subtly. Its distortion is just the “Boundary”. What an unique way for the residents in Surplus Dimension to appear through the “Boundary”!

ある日、がスペーストンネルの中で遊んでいたら、私がとる姿勢に応じてスペーストンネルが変形することに気がついた。とても微妙な変形なので、最初は気に留めていなかった。しかし、よく見ていると、スペーストンネルの中には、凸と凹のように、たがいに矛盾する二つの曲面が接続されている「境界」が生まれたり消滅したりしていることにも気がついた。この「境界」が異界への出入り口になるのではないか? つまり、異界の住人たちがスペーストンネルに姿を現わす時は、それぞれ独特なワープする空間を形成するために、スペーストンネルの形状を微妙に歪めるのだ。その歪みが「境界」なのだ。「境界」を介して異界の住人たちが出現するとは、何とユニークな方法だろう。

[2]

I could meet Kibe, a clone monkey, when I took a “Monkey’s Posture” and entered a “Monkey’s World” in Space Tunnel. Kibe was 17 years old. His hands were the same as the humans, but when I saw his feet I knew his big toes were the same as the humans. Kibe was born by inserting a genetically modified human male’s sperm into the womb of his mother monkey. He is one of the most noticeable artificial animals in the medical world. But, he suddenly left home last year and he was a hot topic in the world. According his speaking, after he was educated as a “Family Member” on a trial basis at one researcher’s house who had a direct relationship with his birth, Kibe escaped, then he started to live alone in Space Tunnel. He was grateful for the education, but he said it was the imposition of values in the humans world to him, so he couldn’t stand it.

私が、クローンサルのキベに出会ったのは、スペーストンネルの中で「サルの姿勢」をとって「サルの世界」に侵入した時だった。キベは17才。キベの手は人間と同じだったが、足を見ると、何と足の親指も人間の手の親指と同じだった。キベは、お母さんサルの子宮に遺伝子改良された人間の男の精子が挿入されて誕生した。いま世界の医学界でもっとも注目されている人工動物のひとつだ。しかし、昨年、突然家出したということで、世間でも話題になっていた。キベの話しでは、誕生に直接関係した一人の研究者の家で6年間、試験的に「家族同様」として「教育」された後、脱出して一人でスペーストンネルに住むようになったという。その教育には感謝もしているが、それは人間界の価値観の押しつけのため、ガマンできなくなったという。

[3]

Kibe cried and spoke to me. “I know my birth was meant to tell people the direction of humans evolution. The humans want to know what new things I would invent with a tool by four hands when my legs became hands completely. I lived in a room with lots of tools every day. It was my daily routine to play around with it. But I was not interested in its play. It was good for the humans, but not for me. Why the humans do such selfish things to make me half human and half monkey? I want to return to my monkey’s world.”

キベが泣きながら話してくれた。「僕の誕生は人間の進化の方向を占うためのもので、僕の足が完全に手になったら四つの手で道具を使い僕がどんな新しいものを発明するのか、知りたかったらしい。僕はたくさんの道具がある部屋で毎日生活していた。それをいじって遊ぶのが僕の日課だった。でも僕はそんなことに興味がない。それは人間のためにはなっても、僕のためじゃない。半分が人間で半分がサルの僕をつくるなんて、どうして人間はそんな勝手なことをするの? 僕はサルの世界に戻りたい」。

Pleasure of Dancing / ダンスの楽しみ

Pleasure of Dancing / ダンスの楽しみ

[1]

人間が動くのは、端的に「動くことが面白い」からである。それは、世界中で毎日人間がやっていることを見れば明白だ。スポーツや、ダンス等の多様な身体芸術の誕生を見ても、よくわかる。スポーツの短距離走のように、なぜ人間は速く走ってみたいのか。なぜそれが他者に対して誇るべき行為なのか。或いは、逆にスローで歩いてみたり、動きの美に点数をつけて競ってみたり、職人芸を競ってみたり、わざとバランスを崩して遊んでみたり。実に、子供から大人まで、人間はいろんな理由をつけ、多種多様な動きの形式を編み出し、動くこと自体を楽しんでいる。

Why humans enjoy “Movements”? Its reason is simple, because “the movement itself is interesting” for us. It is clear when we see the daily human’s behaviors including several sports and dances in the world. Like a short-distance race, why humans would like to run as much as fast? Why we will be proud of its record to other people? Or, conversely, we will try to walk with a super-slow. Or, we will give points to a beauty of the movement and compete with it each other. Or, we will compete with a craftsmanship. Or, we will loose a balance purposely and enjoy it. In deed, both adult and child, our humans could create a lot of various forms of the movements and enjoy it with several reasons.

[2]

しかし、なぜ動くことがそんなに面白いのか? あらためて考えてみると少しもわからない。平凡な脳科学者なら、この問いに「それは、動くと脳にドーパミンという快楽をもたらす神経伝達物質が沢山分泌されるから」と答えるだろう。しかし、この答えは問いをずらしているだけだ。「動くと、脳にドーパミンが分泌されるのはなぜか?」と問う必要があるからだ。私は舞踏家として次のように見当をつけてみた。

But, why the movement is so interesting? If we think about its reason again we understand that we don’t know its reason exactly. I wonder maybe some today’s brain scientist will give the answer to us like “I know its reason, because a lot of dopamine will be secreted in the brain through the movement”. But this answer is not fine, this brain scientist avoids giving a clear answer by changing the point slightly. Because we should ask like “Why a lot of dopamine will be secreted through the movement?” So, I tried to imagine about its reason as a Butoh-Space Dance Choreographer.

  それは、私が自分のダンスの中で発見したように、一つの動きは他の動きを自然に誘うからである。一つの動きの中で発見される楽しさは、その動きの中で閉じることはない。まるで見えない法則があるかのように、動きが動きを求めている

  I think about its reason like that one movement invites other movements naturally as I found in my dance. I feel that a pleasure which I can find in one movement don’t close into this movement, the movement seeks other movements just like one invisible rule works there.

その動きの連鎖は、無限の選択肢をもっている。そして、一つの動きには、一つ以上の記憶が対応している。そのために、ヒトは多様な動きの組合せで、多様な記憶の世界を再現できる。

Its chain of the movements keeps the endless options. And over one memory corresponds to one movement. So, we can reproduce various memorial worlds by the combination of the various movements.

[3]

私は、これが、なぜ動くことが面白いかの本質的な理由ではないかと思う。「記憶の追跡」は、人間の普遍的欲求の一つであるからだ。「記憶の追跡」を、アタマの中ではなく、動きを通して、「より親密に、より広大な範囲で」追求できるとすれば、誰もがこのような「動きの世界」に夢中になるだろう。そして、実際に、スポーツ選手たちは無意識に、ダンサーたちはより意識的に、その経験にトライしているのである。子供たちも、こんな体験がゲームでも出来るなら大喜びで挑戦するに違いない。

I think this is its essential reason why the movements are so interesting for our humans. Because “Follow-up Memories” is one of the universal desires of us. If we can seek “Follow-up Memories” through the movements with a whole body, not only into the brain, more amicably, and more vastly, sure everybody will devote to the movement world. Also, children too, if they can try to do such an experience as a game, sure they will devote it.

そして、自分の動きの中に「ヒトとしての動きとは思えない動き」が混じっていることを発見した時に、誰もが言葉では表現できないほどの「なつかしさ」に襲われ、その秘密に驚き、動きにはそれまで知らなかった「未知のステージ」が「既知のステージ」の裏側に畳みこまれていることに気づくことになる。私も、ダンスしている時、「この動きは、ヒトのものとは思えない」と感じる瞬間がある。そして、そういう時が特別に楽しい。

And, at the moment when we find one event like “Movements which we can’t recognize it as Human’s Movements” are mixed together into our usual movements, everybody will be stricken with a “Nostalgia” that we can’t express it through a language. Then, we will be surprised at its secret and we recognize that “Unknown Stage” exists behind our usual human movements. Me too, several time I experience the moment that I feel this my movement will be not by humans. In that time I am so happy specially. Why? I don’t know its reason exactly, but sure.

[4]

人間は骨格の構造上、動物たちの動きの記憶を宿し、その記憶を脳が保存している。人間の脳も、爬虫類の脳、旧哺乳類の脳、新哺乳類の脳という、三層構造からできている。そのために、二足歩行する人間の動きとそうでない動物の動きの差も、人間は判別できる。

Our humans keep all memories of animal’s movements depend on the structure of the skeleton and our brain preserves the memories. Human’s brain is organized with 3 layers of a brain of the Reptiles, a brain of Old-Mammalia, and a brain of New-Mammalia. So, humans can judge the difference between human’s movement by the bipedalism and other animal’s movements.

洞窟時代の人間は、地球の広大な地域において、洞窟の壁に「動物の顔をもつ人間」の絵もたくさん描いていた。動物に特別の親近感をもっていたからで、描くという行為が、何らかの重要な文化的儀式のようなものになっていたにちがいない。

Humans of a time who lived in a cave, at very wide fields on the earth, they could develop to draw many pictures of “Humans with an Animal Face” at the walls of the caves. Because humans could keep a special familiarity with the animals, so the behavior of the drawing picture of “Human with an Animal Face” must have been like some important cultural ceremony.

[5]

私の身体と脳の中にも、いろいろな動物の記憶が残されているはずだ。それを感じる時に、とても懐かしく、嬉しい気持ちになる。私はその楽しさをもっと追求したくて、わざと関節をずらし、新しい動きの工夫をする。ダンサーが本能的に「奇妙な動き」を試みるのも、そのためだろう。追求したい感覚が動きによってどのように広がるのか、どんな感情をもつのか、判断はそこに集中される。それは、ダンサーのひそかな楽しみになっているはずだ。

In my body movements and into my brain, I feel, sure, various animal’s memories should be left. When I get it I am so happy with a feeling of strong nostalgia. I will make my efforts to create several new dance movements sifting by the joints of the body for seeking its pleasure more. Why the dancers will try to make a “Strange Movements”? I think they have a same aim. Their judgments will be focused on one point, how to spread their seeking sensations by their movements? In that time they will get what kind of emotions? I know these works should be their one of secret pleasures.

人間として生まれてからの記憶だけではなく、魚・両生類・四足動物・鳥・サルの進化史を、動きの組み合せを通して辿ること。それが大変に面白い。感覚を研ぎすませることで、両生類や四足動物やサルなどの動きの記憶を脳に蓄積された「動きのプール」から思い出し、再現することができるのだ。

It will be very interesting for the dancers to try to recall the history of the evolutions of Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey through the combinations of the movements, not only to recall the history of human beings. With a well-keened sense, we can reconstruct the movements of Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey by remembering its memory from “Pool of the Movements” in our brains.

[6]

しかし、何のために? そんな進化史を辿ることに何の意味があるのか? 私がそう問うたびに、私の内部の動物が私に「何か」を囁きかけてくる。私は、その囁きを聞いている内に、その理由を、「生命の進化史にうまく所属しないと、人間の進化もうまく行かないから」と考えるようになった。それは、進化史をうまく辿れた時ほど、過去からのリターンとして、より新鮮な「人間の次の動き」を与えられる気がするからだ。

But, why we try to do it? What kind of meanings we can find out through such a recalling the history of the evolution? Each time I put a question to me, one my internal animal whisper something to me. During I have heard its whispers long time, I could understand about its reason like that “If we can’t belong to the life history of the evolution well, we can’t develop our evolution well”. Because I feel that we can get more flesh “Next Humans Movement” as much as we can recall the history of the evolution well as a return from the past.

[7]

したがって、すぐれたダンサーという存在も、 このリターンの振幅の大きいダンサーであるに違いない。「すぐれたダンサー」は、ひどく懐かしい存在であると観客に感じさせると同時に、誰も見たことがない動きの世界を美の世界としてつくり出す。そうだとすれば、観客がダンサーに求めるものも、単なるダンス技術の優劣ではないこともよく理解できる。リターンの振幅の大きいダンサーとは、観客を思いがけない動きの世界に誘う者であり、その動きによって動物たちの姿も再現させ、つよい郷愁に誘う者である。

Therefore, such an “Excellent Dancer” should be a dancer who can realize this return with wide amplitude of vibration. “Excellent Dancer”, they create the unknown beautiful movement’s world which anybody don’t see before, and same time they will be a very familiar existence in front of the audiences. So, we can understand well that something the audiences want towards them will be not only the superiority or inferiority of their dance techniques. What is “Excellent Dancer” with wide amplitude of vibration? Sure, they invite the audiences to the unexpected movement’s world and they recall other animal’s figures through their dances, finally they wake up a strong nostalgia in the audience’s minds.