「activity」カテゴリーアーカイブ

MY SPACE DANCE 4 / 私のスペースダンス4

SPACE DANCE SCHOOL
MY SPACE DANCE 4 / 私のスペースダンス4

Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

I uploaded “My SPACE DANCE 4”. Its theme is “Sense of Distance in Space”. This a record when I danced with Leo at a campus of University of Tokyo. He is one of my students and studies there. In that time I could find a very interesting structure that connects the rooftops of 2 buildings, so we danced at a step of the structure. I edited this record together with past photos of Space Dancers that fit into this theme.

「私のスペースダン4」をアップしました。テーマは「空間の中の距離の感覚」。生徒の一人・Leoが通う東大のキャンパスに2つのビルの屋上をつなぐ面白い構造物を見つけ、そのステップで彼とダンスした時の記録。このテーマに該当するスペースダンサーの過去の写真と共に編集しました。

[Dance Video / ダンスビデオ]

[My Dance Philosophy / 私のダンス哲学]

Around 1990. Since I started to perform in various cities in Japan and overseas, I felt that the theaters in every city had the same coditions inside, so they were boring for me. If I go outside of the theater I can find a lot of different information and various unique scenery in the city, but inside of the theater is homogenized, so I see almost same little information. In order to form my dance, I need my own “Story” essentially. However, its story will be able to update when I breathe the current surrounding information that fills my body. If the information lacks freshness, my “Story” will not be updated. On 1996, when I performed at a big theater in Beirut, Levanon, it has just ended the civil war, I was supprised to the disparity of information between inside and outside of a theater, and suddenly I woke up. About a reason of “Boredom”. About a fact that my “Story” becomes thin as I dance every time.

Such me, when I returned to Japan I could meet with Jun Aoki, architect, who proposed “Slanted Floor” and Shusaku Arakawa, artist who said furiously that he will make an architectural revolution by constructing all floors in the world with “Curved Surfaces”. Same time I could meet with Masako Sasaki who intruduced a theory of “Affordance” to Japan. Even though it was a short time, I could learn from the exchange with them that they were looking the same theme from different angles, and I knew that there a big wave of change inside the world and I knew I was one of those people who were swept away by its wave. Through these experiences I could start my “SPACE DANCE”.

SPACE DANCE is a “Method” for dancers to update their “Story” every day by breathing the fresh information. The core of SPACE DANCE is “Dance with Affordance” which treats the body as an object, and a dance with a concept of “Dance & Design”. And the fresh information can provide the necessary environment for this work.

Only after having a “Story” that is updated and enriched, dancers can also enjoy and can dance from inside with a big “Rapture”. The decline in age and physical function is not an obstacle. Because, “Rapture” reorganizes the body necessary for dancing, and “Maturity of Fruit” increases with the age. Why we leave the theater and dance in the city and nature? Its reason is symple because it is just easy to get the fresh information. SPACE DANCE is not aimed at “Natural Regression”. Because a final station of SPACE DANCE is the building a “New Theare” which guarantees “Reserving Fresh Information” on the knowledge through these experiences.

1990年の前後。私が国内と海外のいろんな都市で公演するようになってから、どの都市の劇場も内部は同じで「退屈」と感じるようになった。劇場の一歩外に出れば、その街特有の景色と多様な情報に溢れているのに、内部の空間は均質化されほとんど同じ情報しか存在しない。ダンスが成立する為には、動機となる私自身の「物語」が必須である。しかしその「物語」は、現在の私の身体を包む周囲の情報を私が呼吸することによって更新される。情報に新鮮味が欠けていれば、私の「物語」も更新されない。私は、1996年に内戦が終わったばかりのベイルートの劇場で公演した時、劇場の内と外のあまりの情報の格差に驚き、突然気づいた。「退屈」の理由について。ダンスするほど私の「物語」が希薄になっていくという事実について。

そんな私が、日本に戻り、「斜めの床」を提案していた建築家・青木淳や、世界中の全ての床を「曲面」で構成することで建築革命を起こすと息巻いていた美術家・荒川修作と出会った。同時期に、アフォーダンスの紹介者・佐々木正人とも出会った。一時期とはいえ、同じテーマを別の角度から見ていた彼らとの交流から、世界の内側では大きな変革の波が進行している事を知り、私もその波にさらわれた一人であることを知った。そこから、私の「スペースダンス」も誕生した。

スペースダンスは、ダンサーが自分の「物語」を新鮮な情報を呼吸することで日々更新していく為の「方法」である。スペースダンスの核心は、身体を客体として扱う「アフォーダンス的ダンス」と「ダンス & デザイン」のコンセプトにあるが、それに必要な環境も周囲の新鮮な情報が提供してくれる。

更新され豊かになっていく「物語」を抱えてはじめて、ダンサーも内面から、楽しんでダンスできる。年齢や身体機能の低下は障害にならない。「楽しみ」がダンスに必要な身体を再編成してくれるからで、高齢になるほど「成果の成熟度」が増すからである。劇場を離れ、街や自然の中でダンスするのも、新鮮な情報を手に入れやすいからである。スペースダンスは、自然回帰を目的にしていない。スペースダンスの終着駅は、これらの経験を通して得られた知識をもとに建設する、「新鮮な情報の確保」を保証できる「新しい劇場」だからである。

My Space Design 1 / 私のスペースデザイン1

My SPACE DESIGN 1 / 私のスペースデザイン1

I uploaded “APAROS & DESIGN, production note by image“.  I could start to develop “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” together with Merve Akdogan.

When we can install APAROS in “Space Dance School“, the effectiveness of this school as an online version will chage drastically. Because APAROS will be developed as a single unit for personal use, and starts to “Remember” the space dancer’s movements, “Reproduce” it, and “Develop” the new movements as if it express the human potential desires. When such a virtual idol begins to play an active role as the Virtual Reality or the Mixed Reality, what will happen? I am looking forward to it.

The major different point between APAROS and many other virtual idols is that APAROS is developed based on Space Tube Experience. Therefore, APAROS is “Physical” as a digital existence that is inseparable from the space, and can always grow up as “Aleter Ego” of each space dancers, finally APAROS can contribute to “Evolution of Body“. Since the developments of other virtual idols don’t start with the humans physical desires, simply satisfying the people’s ideal desires, then the body should be deserted behind. So, we need to start it with the physical desires. When we take “Evolution of Body” as our theme we should consider carefully about this difference.

アパロス&デザイン、イメージによる制作ノート」をアップしました。私は、Merve Akdoganと、「アパロス- 私の<分身>としてのAIロボット」の開発を開始しています。

APAROSを「SD-School」に搭載できると、online版としての「SD-School」の有効性は激変するだろう。それは、APAROSが、個人用として一体づつ開発され、スペースダンサーの動きを「記憶」し、「再現」し、人間の潜在的願望を表現したかのような新しい動きの「開発」を始めるからである。こんなバーチャルアイドルがVRやMRとして活躍を始めると、一体どうなるだろう? 私にはそれが楽しみだ。

APAROSと他の多くのバーチャルアイドルとの大きな違いは、APAROSがスペースチューブ体験をベースとして開発されるという点にある。そのため、APAROSはスペースと不分離のデジタル的存在として「身体的」であり、つねにスペースダンサーの「分身」として育ち、「身体の進化」に貢献できる。他のバーチャルアイドルの開発は、人間の身体的欲求から出発していないので、人びとの観念的欲求を満たすだけで、身体は「置き去り」にされる。従って、身体的欲求から出発する事がいかに重要か。「身体の進化」をテーマにする場合には、この違いをよくよく考える必要がある。

MY SPACE DANCE 3 / 私のスペースダンス3

MY SPACE DANCE 3 / 私のスペースダンス3

This video is a record when I danced in Byobugaura and Istanbul. Like an architect who has received an order for a new architecture, I go sometimes in the nature, sometimes in the people with a big joy. 

屛風ヶ浦とイスタンブールでダンスした時の記録。新しい建築の注文を受けた建築家のような嬉々とした気分で、ある時は自然の中へ、ある時は人びとの中へ。

[Dance Video / ダンスビデオ]

[My Dance Philosophy / 私のダンス哲学]

J.J.Gibson, a founder of the concept of “Affordance“, said “Humans are in contact with the earth through a Bone Space in which almost 100 bones and muscles are linked and act as a system. How we touch the ground and the floor well? Humans are always looking for its good and comfortable way as the behavior of Bone Space.”

In dance, when we can organize our body as a “Object” we can get conscious of this Bone Space well. And when we can get the energy for the dance through a collaboration between the body and the environment, not by ourselves, our Bone Space can get touch the ground and the floor very well. Also, its energy arise like the growth of a snowball depend on the condition as we use it more, it increas more. When I can dance well, when I am in this state, in this time my body is like a “Fluid Body“. No matter how much I dance, I am not tired basically, because I don’t force a dance to me. Sometimes I can get the unexpected strong power, and I can continue my dance beyond the age. Now my real age is 71, but I feel I am so young in my dance. So, I can say  that I have the “Universal Age 17” to people.

アフォーダンス」という概念をつくったギブソンは、「人間は、 ほぼ100個ある全ての骨と筋がリンクし一つのシステムとして働くボーンスペースによって大地と接触している。大地や床にいかにうまく接地するか? 人間は、それをこのボーンスペースの動作として常に探っている」と言っている。

ダンスにおいては、このボーンスペースは、ダンサーが自分の身体を「客体」として扱える時に意識できる。そして、ダンスに必要なエネルギーを、自力ではなく、身体と環境とのコラボから取り入れる時に、ダンサーのボーンスペースは地面や床に最もうまく接地できており、しかもそのエネルギーは、坂道を転げ落ちる雪ダルマのように、使えば使うほど増加する。私がうまくダンス出来ている時も、まさにこの状態にある時で、身体は「流体のような身体」になっている。いくらダンスしても、身体に「ムリ」を強いてつくったダンスではないので、基本的に疲れない。時に思いがけないパワーも出て、年をとっても続けられる。私の実年齢は71才。しかし私は、ダンスの中では自分がとても若いと感じる。だから、「私は宇宙年齢17才」と人びとに名乗っている。

MY SPACE DANCE 2 / 私のスペースダンス2

MY SPACE DANCE 2 / 私のスペースダンス2

Tetsuro Fukuhara / 福原哲郎

I danced in Byoubugaura, Choshi again and under the Togetsu-kyou in Arashiyama, Kyoto, Japan.  In Byoubugaura a strong wind, like a storm, was blowing. But, why?, I feel calm when I come to the sea. In under Togetsur-kyo I come for dancing every year from 2014. And, on the way back, my standard course is to greet Mayto-raya at nearby Uzumasa Koryuji Temple.

銚子の屛風ヶ浦の海岸で再び、そして京都・嵐山の渡月橋の下でダンスした。屛風ヶ浦では、嵐に近いようなつよい風が吹いていた。しかし、何故か私は海に来ると心が落ち着く。渡月橋の下には2014年以来、毎年ダンスしに来ている。そして、その帰りに近くの太秦広隆寺のマイトレーヤに挨拶に行くのが定番コースになっている。

[Dance Video / ダンスビデオ]

[My Dance Pilosophy / 私のダンス哲学]

Why I contine to dance? That is because I have the same passion as Hokusai Katsushika, Ukiyo-e artist in the Edo period, said “I want to live and draw for more five years” just before death. Trough dance, I have learned the “Sense of refresing the world in the moment” and the “Sense that only one dance movement exists in the infinite chain of other all movements beyond the human’s world.” These senses are so nice and intersting, so I can’t stop to dance. Moreover, in the case of dance, we can get the “Ability to distinguish the differnce between Real and Virtual” necessary in today’s information society and the “Physical Experience” that serves as a resours for designing a benefical fusion of Real and Virtual. 

私は、なぜダンスし続けるのか? それは、江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎が死の間際に「あと5年は生きて、描きたい」と言ったように、私にもそれと同じような情熱が存在するから。私は、ダンスを通して、「世界を一瞬にして新鮮にする感覚」や「たった一つのダンスの動きも、人間界をこえた動きの無限の連鎖の中に存在しているという感覚」を覚えてしまった。それが楽しくて止められない。しかも、ダンスの場合、現在の情報社会で必須な「リアルと仮想を区別する能力」と、両者の有益な融合をデザインするための原資となる「身体的体験」が手に入るのだ。

 

MY SPACE DANCE 1 / 私のスペースダンス1

SPACE DANCE SCHOOL – My SPACE DANCE
/ スペースダンススクール – 私のスペースダンス


For training Space Dancers,
also supporting the active behaviors as artists.
スペースダンサ ー育成と、
アーティストとしての能動的活動を支援するために。

Lecturer; Tetsuro Fukuhara + Ayumi Toyabe
講師; 福原哲郎 + 鳥谷部歩美

…………………………………

MY SPACE DANCE 1 / 私のスペースダンス1

Tetsuro Fukuhara/福原哲郎

On August 17 & 31 I danced together with Ayumi Toyabe at Byobugaura-sea in Choshi and at Ueno park, Japan, she is returning home from Budapest temporarily. Her dance was an affordance dance that Tokyo Space Dance seeks and she danced with “Site“, and she was as powerful as if she was transformed into a spirit, also as delicate as “Butterfly“and so beautiful. I was throwing my heart in the sky and watching her dance as if i was dancing. And I felt that when I was dancing she was watching my dance as her dance. This is an ideal relationship between the aritist and the viewer. Because, naturally, we resonate and inspire each other.

8月17日と31日。銚子の屏風ケ浦の海岸と上野公園で、ブタペストから一時帰国中の鳥谷部歩美さんとダンスした。彼女のダンスは東京スペースダンスが求めるアフォーダンス的ダンスで、彼女は「地形」と共にダンスし、地霊に化身したかのようにパワフルで、しかも「」のように繊細で美しい。こんな彼女のダンスを、私は心を空中に投げ出し、自分がダンスしているかのように見ていた。そして、私がダンスしている時、彼女も私のダンスをまるで自分事のように見ていた気がした。こんな関係こそ、表現者と見る者の間に結ばれる理想的関係ではないか。二人が、自然に、共振し、触発し合うからである。

[Dance Video / ダンスビデオ]

[My Dance Pilosophy / 私のダンス哲学]

I dance with a mask. Because, related to my age, I want to erase the personality as the humans and I want to make clear the “Form” as the existence. And, as the Noh mask is used to embody the spirit of the dead, I also use a mask as a rite of passage to Surplus Dimension. So, when I dance with a mask, i am not here. I feel so. Because I am going to Surplus Dimension to meet my lost girlfriend Elena who died young. Elena says she want to see my “Form”, not me. Because, in Surplus Dimension “Form” is “Treasure” and 
the composition of the material is different in Surplus Dimension, so it will be easy to make a “Form”. Her ability to make a “Form” is also excellent. Then, I also meet her “Form” with my “Form” and I embrace her deeply.

私はマスクをしてダンスする。私が年を取ってきたことにも関係し、人間的個性を消し、存在する者としての「形/form」を鮮明にしたいからである。そして、能のマスクが死者の霊を体現するためにも用いられるように、私もマスクを余剰次元への通過儀礼として使用する。だから、私がマスクをしてダンスしている時、私は「ここ」にはいない、と自分では感じる。余剰次元に住む早死にした私の恋人エレナに会いに行っているのだ。エレナは、私ではなく、私の「形/form」を見たいと言っている。余剰次元では「形/form」こそが「」であり、またそこでは物質の組成が異なり、「形/form」の形成も容易になるからである。彼女の「形/form」を形成する力も特別に優れている。だから私も、「形/form」をもって彼女の「形/form」と出会い、彼女を深く抱きしめる。

◎About Tetsuro’s Mask / 哲郎さんのマスク
Ayumi Toyabe/鳥谷部歩美

  ”About Tetsuro wearing a mask while dancing. The audience can’t see the “face”, “gender” and “age” from it. That’s why the audience can see/take “DANCE” as a pure body movement. This is what I thought when I see his dance 2nd time”.

  「哲郎さんがマスクをつけて踊っていることに関して。観客側は彼の「」「性別」「年齢」が一目でわからない、という状況に置かれる。だからこそ、”踊り”というものが純粋に観客の目に入ってくると感じた。これは私が彼の踊りを2度目に見た時、思ったことです。」