Deep Fake / MetaHuman Creator

“INFORMATION for SPACE MUSEUM”
[11] Deep Fake / MetaHuman Creator

The 3D character creation tool “Meta Human Creator” announced by Epic Games in February this year. I was surprised that it come finally here. Because the created 3D character has an eerie reality with the face and the voice of the humans as a model, it could surpass the “limit of giving the <impression of a mere man-made> no matter how much the accuracy is improved” of the conventional CG.

米Epic Games社が今年2月に発表した、3Dキャラクター作成ツール「MetaHuman Creator」。ついにここまで来たかと驚いた。作成された3Dキャラクターが、これまでのCGの「どこまで精度を高めても<ツクリモノという印象>を与える限界」を超え、モデルになった人間とまるで瓜二つの顔と声をもち、不気味なリアリティを発揮しているからだ。

If I use this tool to create “a being who has my face and body and speaks in another voice“, will I feel “amplified“? What if “a being who has the face and body of another person and speaks with my voice“? In the case of “a being who has my face and body and speaks with my voice“? In each case, I will feel that the humans are entering an “era of strange alter ego.”

私がこのツールを使い、「私の顔と身体をもち、別人の声で喋る存在」をつくれば、私は自分が「増幅された」と感じるだろうか? 「別人の顔と身体をもち、私の声で喋る存在」の場合は? 「私の顔と身体をもち、私の声で喋る存在」の場合は? いずれの場合も、私は人間が「奇妙な分身の時代」に入っていくことを感じるだろう。

The above is the case where this tool is effectively used, but next when this technology is abused. For example, what if someone with malicious intent sent “a video of a person with the same face as me, speaking in the same voice as me, and robbing a bank” to the police and I was arrested? Then, if I can’t prove the alibi on the day of this incident, what’s left for me? It’s just the world of Deep Fake.

以上はこのツールが有効利用される場合だが、次にこの技術が悪用される場合について。例えば、悪意をもつ何者かにより「私と同じ顔をして、私と同じ声で喋り、銀行強盗をはたらいている人物の映像」が警察に送られ、私が逮捕されたとしたら? 生憎私がこの事件当日のアリバイを証明できない場合、私に残された道は? まさにDeep Fakeの世界だ。

And, ahead of this trend, will the day come when “video” will appear as “hologram” and then be produced as “real existence“?

そして、この流れの先に、やがて「映像」が「ホログラム」として登場し、次に「実在」として制作される日がやって来るのだろうか?

Atsushi Iriki / 入来篤史

“INFORMATION for SPACE MUSEUM”
[10] Atsushi Iriki / 入来篤史

Atsushi Iriki, brain scientist, said about “Mind leaving the Body” like the below;

“In the near future world connected by the net, what happens to our “Self” leaving the body and floating into the electronic society? When the mind leaves the body, where does it go? Will human’s brain and mind with science technology and intelligence create new “Something” again?”(“Origin of Intelligence, Hand and Brain Mechanism to Create the Future” by Riken Brain Science Institute. Kodansha 2007 at page 181.)

It is impossible to estimate “Mind leaving the Body” for an ordinary brain scientist who thinks that the mind occurs only in the body. But we can’t find any contradictions in his thought because he thinks that the mind occurs in the brain as a virtual existence. If his thought is right we are released from the big question of long-standing such as “how is the mind occurred as a physical entity in the brain?” Also, his thought gives great hints to the search of the mind in the surplus dimension.

Is the mind a physical entity? Or not? If we adopt the hypothesis as “Mind is a Virtual Existence” by Iriki, our view of the world will change dramatically. His hypothesis is a revolutionary one exactly.

脳科学者・入来篤史は、「身体を離れた心」について次のように述べていた。

「ネットでつながれた近未来世界では、身体を離れ、電子社会を浮遊する<自己>はどうなるのでしょうか? 心が身体を離れた時、それは一体どこへ向かうのでしょうか? 科学技術と知性をもった人間の脳と心は、また新たな<何か>を創造するのでしょうか?」(『脳研究の最前線 / 知性の起源~未来を創る手と脳の仕組み』講談社2007)。

「身体を離れた心」を想定することは「身体においてのみ心は発生する」と考える通常の脳科学者にとってはあり得ないが、「心は脳の中で仮想的存在として発生している」と考える入来にとっては、以上の記述に矛盾はない。まず、心が仮想の存在であるなら、私たちは長年にわたる「心は脳の中で物理的実体としていかに成立しているか」という大きな問いから解放される。次に、その効果は余剰次元における心の探索にも大きなヒントを与える。

心は物理的な実体なのか。或いはそうではないのか。入来のように「心は仮想的存在である」という仮説を採用するなら、私たちの世界観は大きく変化する。まさに革命的な仮説である。

Jun Tani / 谷淳

“INFORMATION for SPACE MUSEUM”
[9] Jun Tani / 谷淳

Jun Tani, a brain scientist, (former Brain Science Institute of Physical and Chemical Research Center in Tokyo), metioned a very interesting knowledge like the below;

“When I teach various movement patterns to QRIO(robot by SONY), QRIO will generate a new movement pattern. This condition arises from the distortion of the internal structure of the memory by the fact that different motion patterns that have been packed together in memory. I feel unexpectedly some subjective existence beyond the machine at the moment when QRIO stops to repeat what QRIO has learned and QRIO starts to create a new movement.” (Riken News No.286, 2005)

In 2006, supported by Jun Tani, I could operated a project to apply JAXA’s multi joint robot to a robot for the nursing care together with the robot developers of JAXA. Depend on this experience, I named my “Alter Ego” as APAROS, and I want to develop APAROS as a robot useful for my creative activities and my life for the future as a Butoh-Space Dance Choreographer, also as a robot who can work by himself without me as an independent robot. At that time, the program developed by Jun Tani will be a biggest hint.

脳科学者・谷淳(元・理化学研究所脳科学総合研究センター)は、次のような非常に面白い知見を述べていた。

「いろいろな運動パターンをQRIO(SONYのロボット)に学習させていくと、QRIOは新規の運動パターンを生成するようになる。これは、多数詰め込まれた異なる運動パターンが記憶の中で押し合いへし合いして、記憶の内部構造がゆがむことから発生する。私は、QRIOが学習したことをただ繰り返すのではなく、思いがけず新しい動きを生成しだす瞬間に、機械を超えたような主観的な実在を思わず感じてしまう」。(谷淳『学び行動するロボットから人を知る』(理研ニュースNo.286, 2005)

私は、2006年に谷淳の協力を得て、JAXAの多関節ロボットを介護ロボットとして流用するためのプロジェクトをJAXAのロボット開発者たちと実施した。私はその経験を生かし、私の「分身」をアパロスと命名し、「舞踏家である私の創造活動と私の未来の生活に役立つロボットであり、また私から独立して一人で活動できる自立型ロボット」として開発したいと考えている。その際に、谷淳が開発したプログラムが最大のヒントになる。

EXHIBITION of Tetsuro Fukuhara’s SPACE DANCE & GLORIFICATION of ELENA

Pinar Sinka organized “EXHIBITION of Tetsuro Fukuhara’s SPACE DANCE & GLORIFICATION of ELENA” at ArtServe Gallery in Florida, U.S.A. on August 14 – September 5 2021.

[SPACE DANCE]
http://sde-museum.com/plan-sm/space-dance-7-days/photo-video-exhibition/
https://youtu.be/l4RLiX8sEBE

 [Space Dance Tetsuro]
[SPACE DANCE at Outside Location]
[SPACE DANCE in SPACE TUBE]

 [KIDS SPACE DANCE]
https://youtu.be/CGkmWE_Gx14

 [SPACE DANCE SCHOOL]
http://sde-museum.com/sm-online/exhibition-sd-online-2021/

 Ayumi Toyabe (Budapest, Hungary)
Pinar Sinka (Florida & Washington D.C., U.S.A.)
Mark Bankin (Paris, France)
Esma Akin (Antalya, Turkey)
Gizem Defne Erdemir (Izmir, Turkey)
akito (Tokyo, Japan)
Chirine Karame (Yokohama, Japan)
Laura Andrea Vargas Bazan (Mexico City, Mexico) 
Leo Bourdet (Paris, France)
Mária Roskó (Budapest, Hungary)
Nico Athene (Cape Town, South Africa)
Kristina Helena Johnstone (Pretoria, South Africa)(guest)
Marega Palser(Newport, WALES)(guest)
Anna Juniewicz(Warsaw, Poland)(guest)
Caterina Genta (Roma, Italy)(guest)
Cristina Elias (Sao Paulo, Brazil)(guest)
Anjah Ki-hai (San Augustin, Colombia)(guest)
Eeva-Maria Mutka (Penpynfarch, Wales, UK)(guest)
Metz Salazar (Mexico City, Mexico)(guest)

 [Photographic Collection “Glorification of Elena”]
http://sde-museum.com/sm-online/shop/works-for-sale/

 [SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE – Omnibus Editing]
Tetsuro Fukuhara (Tokyo, Japan)

Real World and Another World / 現実世界と異界

[1]

It has already been found that the creation of space culture is not possible with an earth-centered idea. For example, military strategies that bring the know-how of war on the ground into space have already been proven through a number of recent battles to be useless in space. 

In fact, as long as we know that all of the bullets and rays fired from Earthlings’ weapons, whether they are nuclearized or not, can break through the alien’s body unharmed. Then there are no one who disagrees with this point. The weapons invented by the Earthlings were only effective against the Earthlings and the creatures born on Earth.

宇宙文化創造は、地球中心の発想では可能にならない事が既に判明している。たとえば、地上での戦争のノウハウを宇宙に持ち込む軍事戦略についても、宇宙では役に立たないことは、既に最近の数々の実戦を通して実証された。

実際、地球人の武器から発射される弾丸や光線などが、それが核化されているか否かには無関係にそのすべてが宇宙人の身体を無傷で突き抜けてしまうことがわかっている以上、現在ではこの点について異論を差し挟む者たちも存在しなくなった。地球人が発明した武器が有効なのは、地球人と地球で誕生した生物に対してだけだったのである。

[2]

But why does the pistol bullet shot by the Earthlings break through the alien’s body? Until the advent of Space Tunnel, the reason was not clear, even if we had experienced and knew it in the field. Space Tunnel Experience made it clearer than anything else. In other words, in fact, people were able to clearly see the true appearance of aliens in Space Tunnel for the first time in history. 

Aliens disappear in an instant when they appear in Space Tunnel. Why is that? Space Tunnel is a cyberspace and a passage connecting the four-dimensional world and the five-dimensional world. In other words, the alien belonged to the five-dimensional world. Therefore, even if we shoot the aliens who appear in Space Tunnel with a pistol, it will not actually be damaged because it is a virtual reality that transcribed into our four-dimensional world.

しかし、地球人が撃ったピストルの弾はなぜ宇宙人の身体を突き抜けてしまうのか? スペーストンネルが登場するまでは、実地では経験して知っていても、その理由は明確ではなかった。それが、スペーストンネル体験により、何よりも明瞭になった。つまり、実際に、人びとは、スペーストンネルの中で、宇宙人の本当の姿を、史上はじめて、その目で明確に確認できたからだ。

宇宙人は、スペーストンネルの中に現れるかと思えば、一瞬の内に消え去る。それは、なぜか? スペーストンネルは、電脳空間であると共に、四次元世界と五次元世界を結ぶ通路である。つまり、宇宙人は五次元世界に属していたのだ。だから、仮にスペーストンネルの中に現れた宇宙人をピストルで撃っても、宇宙人にとっては自分を四次元世界に転写した仮想で現実ではないから、実際にダメージを受けることはないわけだ。

[3]

This fact was scientifically and officially proved by Space Tunnel Experience. Such a situation has never been experienced on Earth before, and it was a bolt from the blue for everyone. In this way,  from the perspectives of education, war, and cultural creation, for the humans on Earth it will be needed to get “New Methods and Training for Space Advancement and Growth” based on new space ideas that have never been seen before, 

この事実が、スペーストンネル体験により、科学的に、公式に証明されたのである。このような事態は、これまでの地球では経験されたことがなく、誰にとっても青天の霹靂だった。こうして、地球の人間には、教育の観点からも、戦争の観点からも、文化創造の観点からも、これまでにない新しい宇宙思想に基づく「宇宙進出と成長のための新しい方法と訓練」が必要になったのである。

[4]

As the group of theoretical physicists Lisa Randall, who had already made a prediction about the depressions of parallel universes and three-dimensional space in the early 21st century, the Another World(five-dimensional space) does not exist in a space different from our Real World(four-dimensional space). It is thought that they exist in the same place so as to overlap with each other in Real World.

すでに21世紀初頭において、並行宇宙や三次元空間のくぼみについて提唱していた理論物理学者のリサ・ランドール博士のグループが予言していたように、異界(五次元時空)は私たちの現実(四次元時空)とは別の空間に存在しているのではない。同一の場所において、現実に重なり合うようにして存在していると考えられるのである。

[5]

Therefore, there must always be a “Boundary” that can be sensed from a reality side between Real World and Another World. Even with the idea we have adopted in the New United Nations “Human Space Plan“, there is definitely Another World, and as residents of Another World, even if the size of the inhabitants is different each time, Lost Animals, Dead, and Aliens inhabitant, and Another World exposes a “Boundary” through Space Tunnel and is continuous in Real World.

従って、現実と異界の間には、必ず現実の側から感知できる「境界」が存在するはずである。僕たちが新・国連の『ヒト宇宙化計画』で採用している考え方でも、異界は確実に存在し、そこには異界の住人たちとして、その住人たちのサイズはその都度異なるとしても、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが生息しており、異界はスペーストンネルを介して「境界」を露出させ、現実に連続している。

[6]

Space Tunnel is a space developed on cyberspace, and is a passage that connects Real World and Another World developed by our group. Lost Animals, Dead, and Aliens appear in a special place in this passage.

スペーストンネルとは、電脳空間上に開発された空間であり、僕たちのグループが開発した現実の世界と異界をつなぐ通路のことだ。この通路の特殊な場所に、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが姿を見せるのである。