Call for Assistant Directors, Producer, and Students / 募集~アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒

Call for Assistant Directors, Producers, and Students/
募集~アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒

We will hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo September 2020” at NEC, Tama-rokuto Science Center, and Tokyo Space Dance Studio as Live & Online Project in order to renewal the contents of SPACE MUSEUM, find the members for opening it, and form the human resources network. For this purpose, we call for Assistant Directors, Producers, and Students.

私たちは、今年9月、東京のNEC・多摩六都科学館・東京スペースダンススタジオにおいて、スペースミュージアムを構成するコンテンツの更新・スペースミュージアム開館メンバーの獲得・人材ネットワークの形成を目的として、『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』をライブ & オンラインプロジェクトとして開催します。以上の目的のために、アシスタントディレクター・プロデューサー・生徒を募集します。


“SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo 2020”


“Call for Assistant Directors”


“Call for Producers”


“Call for Students”

Tokyo Space Dance / 東京スペースダンス

 

SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo 2020 / スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020

SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION
in Tokyo 2020
/
スペースダンス・デザインプレゼンテーション
in 東京2020
 


We will hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTSTATION in Tokyo 2020” on September 2020 at NEC, Tama-rokuto Science Center, and Tokyo Space Dance Studio as Live & Online Project in order to renewal the contents of SPACE MUSEUM, find the members for opening SPACE MUSEUM, and form the human resources network.

We could hold “KIDS SCIENCE EXPOSITION – SPACE TUNNEL” in Kyoto on August this year supported by INAMORI FOUNDATION and produced by NHK Educational and it was a great success to get 7,500 kids & their parents in 2 days. We could receive an evalution from the supervisor of this event Terufumi Ono, director of Mie Prefectural Museum, that “the physical experience will be important enough to become an information society and Space Tube Experience has become a valuable opportunity for it. This trend will be accelerated future. Already 410,000 people in the world could enjoy Space Tube Experience.

For expanding this big possibility we aim to open SPACE MUSEUM with 3 contents “KIDS SPACE DANCE + SPACE DANCE SCHOOL + APAROS & DESIGN” in the world together with investors, producers, and collaborators. If you are interested in our plan, please contact with us, to Tokyo Space Dance;  jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

私たちは、来年9月、東京のNEC・多摩六都科学館・東京スペースダンススタジオにおいて、スペースミュージアムを構成するコンテンツの更新・スペースミュージアム開館メンバーの獲得・人材ネットワークの形成を目的として、『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』をライブ & オンラインプロジェクトとして開催します。

今年8月、京都で開催した『こども宇宙博~スペーストンネル』(主催・稲盛財団、制作・NHKエデュケーショナル)では、2日間で7,500人という実に多くの親子が参加しスペースチューブ体験を楽しみました。監修・大野照文氏(三重県総合博物館館長)からは、「情報社会になるほど身体的体験が重要になり、スペースチューブ体験はその為の貴重な機会になった」との批評をいただきました。この傾向はますます加速されるでしょう。世界中で既に41万人がスペースチューブを体験しています。

私たちはこの可能性を拡大する為に、投資家・プロデューサー・協同者と共に「こども宇宙ダンス + スペースダンススクール + アパロス & デザイン」から構成されるスペースミュージアムを世界中で開館する事を目指します。ご関心のある方は、東京スペースダンス( jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp)までご連絡ください。

 
This is  a top grosser for SPACE MUSEUM. Already 410,000 people enjoyed Space Tube Experience in the world.
スペースミュージアムの「稼ぎ頭」。世界中で既に41万人がスペースチューブを体験しています。
 
We treain Space Dancer with a concept of “Dance & Design”. And we present its results on “SD-School” and “SD-Museum“.
スペースダンサーを「ダンス & デザイン」のコンセプトにより育成します。その世界を「SD-School」と「SD-Museum」で発表します。
 
 
We develop “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” based on Space Tube Experience, then, using APAROS, we design Virtual IDOL, History of Posture’s Evolution, Fluid Furniture, New Office, Robot Suit and so on.
スペースチューブ体験をベースとして「アパロス~私の<分身>としてのAIロボット」を開発し、アパロス使用によりバーチャルアイドル・姿勢の進化史・流体家具・ニューオフィス・ロボットスーツ等をデザインします。

A Story constituted on the Million Hypotheses / 百万の仮説の上に構成される一つの物語

A Story constituted on the Million Hypotheses /
百万の仮説の上に構成される一つの物語

1 アートとサイエンス、二つの心
1 Art and Science, Two Spirits

[1]

現代科学の最先端を走る一人の理論物理学者リサ・ランドールは、自分の余剰次元の考えが科学的に実証されたものではなく、「自分が信じている考え」であること、宗教者やアーティストと同様に「自分に訪れた直感」であることを告白している。

Theoretical physicist Lisa Randall who runs at the forefront of modern science, said on her book that her idea of “Surplus Dimension” is not based on scientific positive evidence, but “her own belief” as well as religions and artists. She confessed it is a just “intuition” that come to her mind.

ふと、自分の本当の気持ちに気づいた。私は余剰次元が何らかのかたちで存在しているに違いないと、信じているのである。まさか自分がそんなふうになるなんて」。(リサ・ランドール『ワープする宇宙』 NHK出版/2005 21ページ)

Suddenly I noticed my true feelings. I believe that Surplus Dimension must exist in some form. No way that I will be its way.”(“Warped Passages” by Lisa Randall 2005, at page 21.)

 つまり、彼女も、自分の科学的発想をサイエンス以外のものに基礎を置いており、彼女の精神には宗教或いはアートとサイエンスの二つの心が存在している。私たちのこれからの時代は、宗教とアートとサイエンスがかつてのルネサンスのように再び接近する時代になるだろう。宗教やアートと距離をとることで成立したサイエンスの時代は、その意味で終るのである。宗教やアートがサイエンスをリードすることは依然としてあり得る。そして、サイエンスが、一度否定した宗教やアートに対して新しい解釈を加え、宗教やアートを更新することもできる。私がこの本でめざすのも、サイエンスの更新であり、宗教とアートの更新である。

In other words, she is also based on something other than science for her scientific idea, and in her mind two spirits are living, one sprit come from Religion or Art and other spirit come from Science. From now our era will be an era that Religion, Art, and Science come closer each other again like the former Renaissance. In that meaning the era of science established by taking distance from Religion and Art will end. Religion and Art can still lead Science. Science can also update Religion and Art by adding new content to Religion and Art once denied. What I am going for in this book is renewal of Science, and renewal of Religion and Art.

[2]

この本では、科学的真実といわれるものも今だ「仮説」の域に留まっているものが多いという事実も考慮し、「仮説」であるか「真実」であるかは第一義的に重要ではない。重要なのは、私という一個のアンテナにとり「真実らしく感じられるか」どうかであり、それが「仮説」であっても、或いはSFの主張であっても、私がこの本で探求するテーマにとり面白く、重要であると見做される見解については、それを採用するという方針を採っていく。

On this book a theme that some one view belongs to a “Hypotheses” or a “True” will be not important basically. Because, we know almost “Scientific Facts” are remaining in the position of “Hypotheses”. Most important thing is that I can feel one view as “Like True” for my feeling, for my antenna or not. So, even if it is a “Hypotheses”, or if it is a science fiction, if it will be interesting and important for my book, I take a policy to adopt it.

[3]

私には、長年舞踏家として培ってきた以下の思いがある。

As a Butoh-Space Dance Choreographer long year, I have bringing up these following ideas;

人間の身体と脳は、動物だった頃の記憶も含め、あらゆる記憶を保存している。その記憶は、身体の特有な動きを通して回復される。人間は夢見る存在であり、その夢は、余剰次元と未来に向かって流れ込んでいる

Our human’s body and brain keep all memories including the memories of animal’s age. We can get back these memories through our body’s characteristic movements. Humans are dreaming beings, and our dreams are flowing towards the Surplus Dimension and towards the Future.

このような思いを支える感覚として、私には「余剰次元が、私たちが住む四次元世界とは別のあり方ですぐ近くに存在し、そこには失われた動物たちや異星人たちや死者たちが住んでおり、つねに何かを発信している」というものがあり、これは真実である。或いは、そのような余剰次元が存在して欲しいと希望していることは事実である。したがって、それが現在のサイエンスによって事実として立証されないからと言って否定する必要は何もない。それは、現在のサイエンス自身が更新されていく運命にある過渡的存在であることも間違いないからである。そのような存在に自分の一番大切な部分を保証される必要はないはずだ。

I have one feeling which supports my ideas as “Surplus Dimension exists very near our world with a different layer, and the lost animals, the aliens, and the dead people live there. And always they are sending some messages to us”. This feeling is a true for me. Or, it is a true I hope that’s Surplus Dimension exists with such a condition. So, if today’s Science can’t prove my feeling I don’t need to negate it. Because I know today’s Science itself is a transitional existence and there’s no doubt that it have a destiny always to be renewed. I don’t need such a Science to guarantee my most important part.

[4]

私の「物語」も、ほとんどが「仮説」から構成される推論の域を出ていない「物語」かも知れない。しかし、私にとっては「思い当たる内容」であり、心に響くものとして、重要な「物語」である。このような「物語」でも、世界に新しく起きる問題を解決したり、人びとがよりよく生きるための力を発揮するならば、それは貴重な試みであるということになる。

My “Story” just might be a “Story” constructed by “Hypotheses” mostly which exists in the area of reasoning. But, it is my “Reminded Matter” and important “Story” which really touch my heart. So, even such a “Story”, if it will work to solve several new problems in the world and if it will be useful for people to get a good life, it will be a valuable trial.

2 一つの物語
2 One Story

[1]

以上の議論を前提として、私は、私の「百万の仮説の上に構成される一つの物語」について、次のように始めることにする。

Assuming these discussions I will start to tell my “A Story constituted on the Million Hypotheses” as follows;

むかしむかし、イクティオステガなどの「弱い魚たち」が、「強い魚たち」によって海を追われ、川に逃れたという「仮説」がある。そして、イクティオステガたちが「強い魚たち」につかまらないために胸ビレを川底の砂利に入れて急流に耐えている内に、胸ビレが骨格を備えて足になり、肺呼吸を発明し、やがて足を使って陸上に進出し、両生類になったという「仮説」がある

In a very far-gone age, we have one hypothesis that “Strong Fishes” had pursed “Weak Fishes” like “Ichthyostega” to eat, then “Weak Fishes” run away to the river from the sea. And during the very long time when “Weak Fishes” was trying to keep their positions in the river keeping by their pectorals into the gravel of the bottom of a river, their pectorals could change to the feet with a bone. Then, by chance “Weak Fishes” could invent the pulmonary respiration, and at last they could advance to the ground, finally they could be an “Amphibian”.

これらの「仮説」によれば、両生類は、川から、しかも、「弱い魚たち」から誕生したのである。このような両生類は、イクティオステガたちの記憶を、自分たちの脳や動作の中に宿しているだろうか。そして、両生類がイクティオステガたちの記憶をもっているとするならば、それは喜びに満ちた記憶なのだろうか。つまり、自分たちが両生類になったことは嬉しい事件であり、このようなルーツをもつことを誇りに思っているだろうか。或いは、逆に、それは悲しみに満ちた記憶なのだろうか。

If these hypotheses are right, “Amphibian” could be bone from the river, moreover from “Weak Fishes”. I wonder such “Amphibian” could keep the memory about “Ichthyostega” in their brain and in their behaviors? And, if “Amphibian” keeps its memory I wonder it is a memory with happiness? In other words, this accident that they could be born as “Amphibian” from “Weak Fishes” was happy or not? They were proud of its roots? Or, its memory was filled with sadness?

[2]

私がこのように問うのは、このような来歴をもつ両生類が陸上の多様な環境で成長することで、多くの四足動物として進化していくからである。そして、一部の四足動物は、食物を採るためか、或いは別の理由もあったのか、「空中に飛び出す必要」に迫られ、彼らは木に登り、前足を翼に変え、鳥になった。また、他の一部の四足動物は、これも同様に、食物を採るためか、或いは別の理由もあったのか、「立ち上がりたいという欲求」にさいなまれ、前足を空中に上げ、後ろ足だけで立ち、二足歩行を不完全ながらも成功させ、サルになった。そして、このようなサルが、自由になった前足を「」として使い、動物の骨を武器としても使用するようになり、道具文化の第一歩を記したといわれているが、それは真実だろうか。

Why I want to ask these questions? Because “Amphibian” with this history could grow up at the various environments on the ground and they could evolve into many kind of quadruped animals. Then, one part of quadruped animals by a reason for getting the foods, or by other reason, they were driven by necessity to rise into the air. So they started to climb a tree and they changed their forefeet to the wings, finally they could transform into the “Birds”. Also, other part of quadruped animals by a same reason for getting the foods, or by other reason, they were driven by necessity to stand up. So they started to throw out their forefeet in the air and they could stand up on only their hind feet still imperfectly, finally they could transform into the “Apes”. And we know such the apes could use their forefeet as a “Hand” and they could organize the animal’s born as the weapon, then they could realize a first step of the instrument culture. So, these stories are true, or not?

[3]

そして、最後に、われわれ人類についてであるが、一部のサルたちが、或いはサルに近い種族たちが、いまだ不完全な自分たちの二足歩行について不満に思い、「何かの不足を感じた」のか、或いは別の動機によるものなのか、二足歩行を他のサルたちにはない二本の筋を腰に進化させて完全なものに高め、後足だけで真っ直ぐに立てるようにして、自分たちを「最初の人類」としての特徴を際立たせることに成功した。

And, at last, about our humans, one part of the apes, or one ethnic group near the apes, they started to feel their bipedalism was not enough for their life, and by a reason for feeling something lack, or by other motive, they could get a success to stand up only by hind feet perfectly evolved by two new muscles on the waists which other apes didn’t have it. Then, they could raise their bipedalism as a perfect activity and get a great success to point up their character as “First Human Race.”

[4]

こうして、二足歩行を完成させた人類が、直立することによって脳を肥大化させ、「手」をさらに自在に使用して多様な道具を発明し、火を使用し、モノを誕生させ、言葉をたくみに使い、食物を生産し、戦争の技術を磨き、敵を殺して同族を増やし、コミュニケーションを発達させ、サルの世界にはない人工物の世界と高度な文化を築きあげ、人類として地上に君臨するようになっていく。これらの過程でも、人類は、さまざまな迷いごとや、悩みや、自分にも理解不能な数々の欲望や絶望に襲われただろうか。人類草創期における「悩み」について、また魚からの進化の歴史も含めこのような特徴をもつ人類として誕生したことの「喜び」について、或いは「悲しみ」について、今でもそれを記憶として語り表現することができる人間が、この世に存在するだろうか。

Like that, our humans through a perfect bipedalism could enlarge a brain, could invent various tools using by “Hand” well, could make a fire, could create various artificial objects, could use language, could produce the foods, could develop a skill for the war, could increase the “Family” killing by the enemy, could develop a communication, and could develop the artificial and high cultural world which we couldn’t find it in the ape’s world. Then, little by little, they could dominate on the grand as “Human Race”. In this process, maybe, our human experienced several doubts and worries, and they were visited with several abstruse desires and despairs? Can we find people in our world even now who can express it as their memories about the “Worries” in the early stage of our humans, and about “Joy of Life” they could birth with these characters, or its “Sadness”?

[5]

そして、「物語」はさらに続く。驚くべきことに、パキケトゥスやアンプロケトゥスという一部の四足動物たちが、何を思ったのか、再び海に還る道を選んだのだ。彼らが、クジラやイルカたちの祖先になったという。彼らは、地上生活の中で「何か」に気づき、それで自発的に海に還ったのだろうか。或いは、彼らもまた、かつてのイクティオステガたちと同じで、「よわい動物たち」として、「つよい動物たち」に邪魔者扱いされ、或いは捕食され絶滅させられる恐怖にさらされ、それで仕方なく海に還るしかなくなったのだろうか。或いは、海へのつよい郷愁の念をもっていたために、地上生活に耐えられなくなって海に還ったのだろうか。或いはもっと単純に、彼らの生息地の食料が不足し始め、かつての海の生活の方がその確保に楽だということを思いついたのだろうか。

And, moreover I will continue to tell my story. What is amazing is that like Pakicetus and Ambulocetus, other one part of quadruped animals, what kind of thinking they had in that time I don’t know, but they made choice to return back to the sea. Then, they were being the ancestors of the whales and the dolphins. So, I wonder about them, they could recognize “Something”, so they returned to the sea spontaneously? Or, they had a same reason with “Ichthyostega”, they came to be treated as nuisances, as “Weak Animals” from “Strong Animals” on the ground? They were exposed to the fears of the predation and the extinction, so they should returned to the sea helplessly as their only one way? Or, because they kept a strong nostalgia to the sea, so they couldn’t stand any more of their condition on the ground, then they returned to the sea? Or, more in simple, the food were running short in their habitat, so they thought the getting the food was more easy in the sea?

[6]

このパキケトゥスやアンプロケトゥスたちの行動の「」については、誰もが関心をもつのではないか? なぜ、せっかく、魚から動物になれたのに、ふたたび魚と同じような存在になる道を選んだのか。陸上に存在することに恐怖があったとしても、或いはその他にも何か居心地の悪さのようなものを感じたり、或いは地上にやがて危機が訪れることをいち早く感じ取った等の理由で、それで海への帰還を決断したのだろうか。われわれ人間は、なぜ、クジラやイルカを特別に愛したり、クジラやイルカに人間に似た高度な知性が宿っていると推測したり、特に平和な顔つきをしたイルカに特別の親しみを感じたりするのだろうか。われわれ人間は、本当のところでは、自分たちの進化の歴史に何か恥じるものを隠しているのだろうか。人間である事は「痛み」なのだろうか?

I think, maybe almost people will be interested in a “Mystery” of the behaviors of Pakicetus and Ambulocetus. Why they selected the way to be back to a same existence like the fish again, since they could transfer to the animal from the fish with big efforts? Even if they felt the fears to exist on the ground, also they felt something uncomfortable condition, or depend on such a reason they felt the crisis will come soon, then they decided to return back to the sea? Also, why our today’s people love whales and dolphins specially? Why we conjecture that maybe whales and dolphins keep a high intelligence? Particularly why we feel strong affinities with dolphins, because they keep a peaceful face? Are we ashamed of our history of human’s evolution with a true feeling? For us the existence of human beings is “Pain”?

[7]

人間はなぜ、山に登り天頂を仰ぎ見ることと同様に、海に潜ることも特別に愛するのだろうか。山も、海も、古来から人間には畏れと憧れが入り混じる崇拝の対象である。人間がクジラやイルカを「友人」と感じたり、彼らの存在に「癒し」を感じたりするのはなぜなのか。或いは、人間もまた、時が来れば、宇宙に進出するか、或いは彼らと同様に海への帰還を選択する運命にあることを無意識に悟っているため、それで、我知らず、彼らに先行者としての親しみを感じているのだろうか。

Why human beings love to dive into the sea in the same way we love to climb a mountain and look up to the heaven? Both Mountain and Sea has been the subjects of worship mixed with fear and admiration from the ancient times. Why we feel whales and dolphins will be our “Friends” and why we feel “Restoration” in their existence? Or, our humans too, when our time come, we will be aware to our fate to advance to the universe or to return back to the sea in the same as Pakicetus and Ambulocetus unconsciously? So, in spite of ourselves, we could feel the affinities with them as a predecessor?

[8]

そして、人間の祖先も、気づいてはいたが、しかし、あくまで陸上に残る道を選択したのだろうか。そして、今ではないが、「いずれは」と思っているのだろうか。或いは、やはり、何も気づかなかったがゆえに、現在の姿があるのだろうか。「物語」は、ここから、さらに、次のように、私の「仮説」に基づいた物語として大きく展開される。

And, the ancestor of our humans, although they could notice the crisis which will come in the future on the ground, but they insisted on selecting a way to be on the ground? Or, it is not “Now” but they think it on “Someday”? Or, with a reason they didn’t notice the crisis, so they continued its existence on the ground as today’s condition? From these points, I will expand my story on more large scale depend on my hypothesis as follows;

人間は、近く、パキケトゥスやアンプロケトゥスたちと 「同じ種類の冒険」をはじめる

Our humans, in a short time, will start to do “Same kind of Adventures” like Pakicetus and Ambulocetus.

[9]

人間は、「坐るための椅子」をデザインすることで、 サルとは違う人間としての特有の進化を決定づけ、新しい文化を誕生させた。私の「物語」では、魚・両生類・四足動物・鳥・サル・人間のそれぞれにおいて、それぞれの姿勢に応じた文化が存在するという、「姿勢は文化創造の母胎である」という「仮説」を採用している。つまり、文化とは人間の独占物ではない。そのために「姿勢」が重要なキーワードになっている。

Humans could get a very characteristic evolution as human beings different from the monkey realized by a design of “Chair for the Sitting”. Then, they could develop a new culture. In my story I adopted a hypothesis that “Posture is a Womb for Creating Culture”. In this hypothesis each fish, amphibian, quadruped animal, bird, monkey, human have each cultures depend on each postures. So, the culture is not a monopoly of humans. In this meaning “Posture” is one of very important keywords in my story.

[10]

人間は、二足歩行を完成させたがゆえに、「坐る」という行為の特別な価値に気づいた。そして、「坐る」という行為を支援するために、「坐るための椅子」の創造をはじめた。その気づきと創造が「人間としての特有の進化を決定づけたデザイン行為」として、特別に評価される。なるほど、「坐る」のは、人間だけではなく、サルも坐る。岩の上に。草の上に。木の上に。その他、あらゆる場所にサルも坐る。しかし、わざわざ「椅子」という人工物をつくり、その上に坐ったのは、人間だけである。

Humans could perfect the bipedalism well, so they could notice a special value of the sitting. And for supporting this behavior such a sitting humans could start to create “Chair for the Sitting”. Its awareness and its creation are estimated highly as “Design’s Behavior that developed Human’s Characteristic Evolution”. Indeed, not only humans but also monkey could sit on the rock, on the grass, on the tree, and on other every location. However, it is only human beings that bother to make the man-made article “Chair” and only human sit on it.

[11]

「椅子」という人工物に坐る場合と、自然の石などの上に坐る場合の違いとは、一体何か。それは、単なる坐り心地の問題だけではない。それは、端的に、「椅子」という人工物の上に坐ることで、初めて人間が、自己の身体をモノに拡張し、拡張した先で「自然」と出会い、そのことで「自然」を、或いは「地球」を、自己の身体を含めて「客体視」できるようになった、ということである。

What is the difference between when humans sit on an artificial object named “Chair” and on other natural objects? Of course it is not only the theme about the comfortable sitting. Frankly speaking, humans could get an ability of “Looking Objectively”. In short, through the sitting on “Chair”, they could expand the body to the world, and at its point they could meet “Nature” again. Then, humans could start to look “Nature” and “Earth” including the body objectively.

[12]

この「客体視」の能力が、私の「百万の仮説の上に構成される一つの物語」では、サルと人間の間の決定的な差異をつくり出す。つまり、人間だけが、この「客体視」により、地上に生きる自己の存在を、同時に「外部の目」をもって見つめることが出来るようになった。その最初の成果が、「」の発明であり、「宗教」の発生である。

This ability of “Looking Objectively” generated the definite difference between our humans and the monkey and other animals at my “A Story constituted on One Hundred Hypotheses”. In the end, by this ability, only humans could start to look our existence on the ground with a “View from Outside”. Its first fruits of this view were an invention of “God” and an occurrence of “Religion

人間は、この「客体視」の能力により、地上の生活者として存在しながら、同時に自分が宇宙にも観念として存在する者となり、この宇宙に存在する者が、地球に存在する同一の者を見つめはじめた。人間は、サルや他の動物とは異なる新しい「心」を持つようになったのである

Humans, through this ability of “Looking Objectively” could start to live into the universe as a spirit at the same time humans existed on the earth, and humans start to look same person who lived on the earth. Humans has been getting a new “Mind” different from the monkey and other animals.

[13]

脳科学者・入来篤史(理化学研究所脳科学総合研究センター)は、「心」の発生について次のような実にユニークな仮説を立てている。

Atsushi Iriki, a brain scientist at Brain Science Institute of Physical and Chemical Research Center in Tokyo, suggested a very unique hypothesis about the occurrence of “Mind” like follows;

様相が一変したのは、ヒトの祖先が、外界の事物を手に持ち、それを身体の延長として動かそうと、道具の使用をはじめたときでした。このとき、道具が身体の一部となると同時に、身体は道具と同様の事物として客体化されて、脳内に表象されるようになります。自己の身体が客体化されて分離されると、それを動かす脳神経系の機能の内に独立した地位を占める主体を想定せざるを得なくなります。その仮想的な主体につけられた名称が、意思を持ち感情を抱く座である心というものではないでしょうか。」(『脳研究の最前線』講談社 2007 172ページ)

When the ancestor of humans started to hand the outward object to move it as an extension of their body, and when they could use it as a tool, something happened and it underwent a radical change. In that time, the body also changed to be an outward object at the same time a tool changed to be one part of the body. Then, the body was symbolized in the brain as a new organization. So, like that, when the body was separated as the object, we should imagine a new core as the independent position to move the body into the cranial nerve of the brain. I foresee that the name of its virtual core will be a “Mind” as a space with a will and with a feeling.”(“Origin of Intelligence, Hand and Brain Mechanism to Create the Future.”(Riken Brain Science Institute. Kodansha 2007 at page 172.)

以上は、脳にとって、客体化されていない身体を動かすためには脳機能の拡張も人間的な「心」も必要ではなかったが、客体化された身体を動かすためには脳機能の拡張と人間的な「心」が必要になったという素晴らしい議論である。入来の立場は「人間は単に環境の変化に合わせて生き抜いてきたのではなく、道具使用により人工環境つくり出し、人工環境も身体化することで脳機能と心をさらに発展させる新しい進化の途上にある」というもので、この説が立証されればダーウィンの進化論に変わる新しい進化論を形成すると期待されている。

I think his hypothesis is a great and wonderful discussion. In short, he said that our brain didn’t need to develop a brain’s ability and didn’t need to get the human’s “Mind” to move the body as the subject, but our brain needed it when the humans started to move the body as the object. His position is “the humans have not survived simply in accordance with changes in the environment, but the humans are in the process of new evolution to further develop brain function and mind by creating an artificial environment by using tools and looking the artificial environment itself as the object”, if his position is proved as right it is expected to form a new evolution theory which turns into Darwin’s theory of evolution.

[14]

「椅子」という人工物に坐るようになった人間は、地球に所属していながら、他の動物とは異なる「心」をもち、地球の外部にも所属している。人間は精神において自然と一体ではなく、自分を自然から切り離して見る視線をもったのである。人間が、ふとした時に、急に淋しさを感じたり、或いはつよい郷愁の思いにかられ、自然への「帰還」に恋焦がれるのも、自然から切断されている自己を抱えたからである。自然と一体である者は、このような自然への「帰還」は必要としない。

Humans who has come to sit on the artificial object named “Chair” could belong to the outside of the earth with a different “Mind” from other animals at the same time they belong to the earth. They didn’t keep the unity with the nature, they had eyes to see themselves apart from the nature. Why humans, by chance, suddenly feel the loneliness or they are overcome with strong nostalgia? Because, it is a reason they took on the separation from the nature. A person who keeps the unity with the nature he don’t need this kind of “Return” to the nature.

[15]

人間が、宇宙について思索することに不自然さを感じないのも、人間の「もう一つの自己」が宇宙に住んでいるからである。つまり、人間は日々、宇宙に存在するもう一人の自分と出会い、対話しているのだ。人間は、この「もう一つの自己」を、キリスト教やイスラム教では「神」の名で代表させ、仏教では「大きな我」と呼び、地上の自分よりも「もう一つの自己」の方がより大きく偉大な存在であるかのように、その存在を敬いつつ生きてきた。

Humans don’t feel the unnaturalness for thinking about the universe, because their “Alter Ego” exists into the universe. In other words, humans meet “Alter Ego” who lives into the universe and humans are taking a dialogue with them. Human symbolized such as “Alter Ego” as a name of “God” in Christian Religion or Islam, or called it as “Big Ego” in Buddhism, then humans has been living with a great respect to them just like they are big and great more than humans.

[16]

この「客体視」の能力が、私の「物語」では特別な能力として注目される。その理由は、人類が今、科学技術の進展と過度な消費行動の功罪として、一方で地球環境の破壊を進めることになり、他方で宇宙への最初の進出を現実に可能なものとし、こうして人類が宇宙時代という「新しい時」を迎え、「これから、人類として、どうするのか?」という、これまで存在しなかった問いを、かつてない規模と切実さで突きつけられるようになってきたからである。つまり、私の「物語」では、何よりもこの問題の解決のために、「客体視」の能力を戦略的に使用する。

The ability of “Looking Objectively” will be watched as a special ability in my “Story”. Because now humans, as the merits and the demerits of the development of science technology and too much consumption, on the one side we advance to destroy the global environment, on the other side we can reach the initial foray into the universe, then humans enter upon a “New Era called Space Age” and they are becoming to face with unknown question like “What will you do as a human being now?” In short, in my “Story” we will use this ability of “Looking Objectively” strategically to solve these urgent themes.

[17]

その為に、私はこれまで述べてきた一連の「仮説」の上に、更に次の「仮説」を導入する。

For this my purpose, moreover I will bring in this new “Hypothesis” on a chain of my several hypothesizes I have mentioned so far;

人間が、「ポスト人間」に進化する為に必要な条件とは、宇宙を舞台として、0重力~1重力間における「新しい姿勢構築」を実現するために必要な「流体家具 – 姿勢支援ロボット」をデザインすることである。「流体家具」の使用によって、人間は「新しい宇宙文化」を誕生させることができる

For our humans, the necessary condition to evolve as “Post-Human” will be to design “Fluid Furniture” to realize the “Creating New Postures” between 0 gravity and 1 gravity at a stage of the universe. Then the humans can develop “New Universal Culture”.

人間が、地上において「坐るための椅子」をデザインすることで新しい進化を決定づけたように、人間が「ポスト人間」への進化を果たすためには、宇宙において「流体家具 – 姿勢支援ロボット」をデザインし、「客体視の能力」を最大限に利用して「もう一つの自己」をさらに強化し、新しい姿勢形成により「新しい宇宙文化」を誕生させることが必要、という「仮説」である。

Yes, this is a hypothesis that the humans at first needs to design a “Fluid Furniture”, then the humans needs to strengthen “Alter Ego” using by the ability of “Looking Objectively” as much as possible, at last the humans needs to create “New Universal Culture” by “Creating New Postures”, like humans could get a new evolution from the apes with a design of “Chair for the Sitting” on the ground in ancient times.

[18]

つまり、私たちは、「海に還ったクジラやイルカ」の状態を、無重力状態の宇宙に持ち込み、「クジラやイルカの祖先が陸上生活で気づいたであろう<何か>」について、その解決を、宇宙に移して行うのである。その「何か」についての解決は「宇宙で挑戦する仕事」として果たされることになる。

In the end, we will bring the condition of whales and dolphins they returned to the sea into the universe with 0 gravity, and about “Something the ancestors of whales and dolphins could notice in their life on the earth” we will move its stage to the universe and we will try to solve it there. The solution of its “Something” will be fulfilled as a “Task we will challenge into the Universe”.

パキケトゥスたちは「海」に還ったが、人類は「宇宙」にその思いを託す

Pakicetus and Ambulocetus returned back to the “Sea”, but our humans trust its hope to the “Universe”.

そのために私は、「流体家具による新しい姿勢創造」という、これまで発想されたことがない「新タイプの宇宙文化開発の方法」を考え、その方法を私自身を被験者として実践したい。それは、現在までの地球文化を宇宙に持ち込むだけでは新しい発展はなく、「人類に未来はない」と私が考えるからである。

For this work, I try to find a “Way for Space Culture Development as a New Type” that has never been conceived. Then I will practice its way as I am a test subject for it. Because I think that if we bring only today’s earth culture to the universe we should lost our “Tomorrow for Human Beings”.

 

ECKHART GARDEN 1 2020.1 / エックハルトの庭1 2020.1

ECKHART GARDEN 1 2020.1 / エックハルトの庭1 2020.1

[Short Poem / 詩]

“A long time ago, I felt I went up to the ground as a “Mermaid“. When I was sinking in the water of the sea, various memories revived in my mind. There is also a legend that the mermaid is the ghosts of the animals who had returned to the sea and become dolphins and whales long ago when they didn’t remember anymore. I don’t know if they regret or they are  inviting the humans to the sea?”

大昔、私は「人魚」として大地に上がったこともあった気がする。海の水に身を沈めていたら、ひとつの記憶が蘇ってきた。人魚とは、もう覚えていないくらい遠い昔に、海に還ってイルカやクジラになった動物たちの亡霊だという伝説もある。人魚たちはいま、悔やんでいるのか。それとも人間を海に誘っているのか」。

We edited “ECKHART GARDEN 1 2020.1” with “DESIGN PHOTO; Animals in the Memories“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 1“, and “STORY; A Story constited on the Million Hypotheses“.

エックハルトの庭1 2020.1』を『デザイン写真~記憶の中の動物たち』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース1』『物語~百万の仮説の上に成立する一つの物語』によって構成しました。

■ DESIGN PHOTO; Animals in the Memories
(デザイン写真; 記憶の中の動物たち)

■ VIDEO; Space Dance in the Robotic Unierse 2020.1
(ビデオ; スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース1)

■ STORY; A Story constited on the Million Hypotheses
(物語; 百万の仮説の上に成立する一つの物語)

 

Call for Assistant Directors / アシスタントディレクター募集

Call for Assistant Directors
/ アシスタントディレクター募集

In relation that we hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTATION in Tokyo 2020” in Tokyo on September 2020, in order to develop Space Dance Project, we call for 3 assistant directors from the fields of “Dance, Architecture & Design, and Media Design & Media Art“. “Actual work, one day per one week. Fee, 20,000 Japanese yen per month“. Also, If there is a profit in the participating project, it wll be distributed fairly. If you are interested in please contact with us, Tokyo Space Dance, jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』を2020年9月に東京で開催するのに関連し、プロジェクトを促進する為に、「ダンス系、建築 & デザイン系、メディアデザイン & メディアート系」の3名のアシスタントディレクターを募集します。「実働~週一日。謝礼~2万円/月」。また、参加したプロジェクトに利益が出た場合には公平に分配します。ご関心のある方は「東京スペースダンス; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp」までご連絡ください。

Call for Producers / プロデューサー募集

Call for Producers / プロデューサー募集

In relation that we hold “SPACE DANCE DESIGN PRESENTATION in Tokyo 2020” in Tokyo on September 2020, we call for producers for the follwing projects. If you realize a project according to the following budget plan, we hand to you 1/3 of the acquired budget as a fee. If you are interested in please contact with us, Tokyo Space Dance, jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

『スペースダンス・デザインプレゼンテーション in 東京2020』を2020年9月に東京で開催するのに関連し、以下のプロジェクトに対するプロデューサーを募集します。下記の予算計画に従いプロジェクトを実現していただいた場合には、謝礼として獲得予算の1/3を謝礼としてお渡します。ご関心のある方は「東京スペースダンス; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp」までご連絡ください。

◎”KIDS SPACE DANCE”
◎”SPACE DANCE DESIGN WORKSHOP”
◎”SPACE DANCE WORKSHOP & PERFORMANCE”
◎”SPACE DANCE in the TUBE”
◎”SPACE DANCE in the ROBOTIC UNIVERSE”

[BUDGET PLAN / 予算計画]