Real World and Another World / 現実と異界

[1]

It has already been found that the creation of space culture is not possible with an earth-centered idea. For example, military strategies that bring the know-how of war on the ground into space have already been proven through a number of recent battles to be useless in space. 

In fact, as long as we know that all of the bullets and rays fired from Earthlings’ weapons, whether they are nuclearized or not, can break through the alien’s body unharmed. Then there are no one who disagrees with this point. The weapons invented by the Earthlings were only effective against the Earthlings and the creatures born on Earth.

宇宙文化創造は、地球中心の発想では可能にならない事が既に判明している。たとえば、地上での戦争のノウハウを宇宙に持ち込む軍事戦略についても、宇宙では役に立たないことは、既に最近の数々の実戦を通して実証された。

実際、地球人の武器から発射される弾丸や光線などが、それが核化されているか否かには無関係にそのすべてが宇宙人の身体を無傷で突き抜けてしまうことがわかっている以上、現在ではこの点について異論を差し挟む者たちも存在しなくなった。地球人が発明した武器が有効なのは、地球人と地球で誕生した生物に対してだけだったのである。

[2]

But why does the pistol bullet shot by the Earthlings break through the alien’s body? Until the advent of Space Tunnel, the reason was not clear, even if we had experienced and knew it in the field. Space Tunnel Experience made it clearer than anything else. In other words, in fact, people were able to clearly see the true appearance of aliens in Space Tunnel for the first time in history. 

Aliens disappear in an instant when they appear in Space Tunnel. Why is that? Space Tunnel is a cyberspace and a passage connecting the four-dimensional world and the five-dimensional world. In other words, the alien belonged to the five-dimensional world. Therefore, even if we shoot the aliens who appear in Space Tunnel with a pistol, it will not actually be damaged because it is a virtual reality that transcribed into our four-dimensional world.

しかし、地球人が撃ったピストルの弾はなぜ宇宙人の身体を突き抜けてしまうのか? スペーストンネルが登場するまでは、実地では経験して知っていても、その理由は明確ではなかった。それが、スペーストンネル体験により、何よりも明瞭になった。つまり、実際に、人びとは、スペーストンネルの中で、宇宙人の本当の姿を、史上はじめて、その目で明確に確認できたからだ。

宇宙人は、スペーストンネルの中に現れるかと思えば、一瞬の内に消え去る。それは、なぜか? スペーストンネルは、電脳空間であると共に、四次元世界と五次元世界を結ぶ通路である。つまり、宇宙人は五次元世界に属していたのだ。だから、仮にスペーストンネルの中に現れた宇宙人をピストルで撃っても、宇宙人にとっては自分を四次元世界に転写した仮想で現実ではないから、実際にダメージを受けることはないわけだ。

[3]

This fact was scientifically and officially proved by Space Tunnel Experience. Such a situation has never been experienced on Earth before, and it was a bolt from the blue for everyone. In this way,  from the perspectives of education, war, and cultural creation, for the humans on Earth it will be needed to get “New Methods and Training for Space Advancement and Growth” based on new space ideas that have never been seen before, 

この事実が、スペーストンネル体験により、科学的に、公式に証明されたのである。このような事態は、これまでの地球では経験されたことがなく、誰にとっても青天の霹靂だった。こうして、地球の人間には、教育の観点からも、戦争の観点からも、文化創造の観点からも、これまでにない新しい宇宙思想に基づく「宇宙進出と成長のための新しい方法と訓練」が必要になったのである。

[4]

As the group of theoretical physicists Lisa Randall, who had already made a prediction about the depressions of parallel universes and three-dimensional space in the early 21st century, the Another World(five-dimensional space) does not exist in a space different from our Real World(four-dimensional space). It is thought that they exist in the same place so as to overlap with each other in Real World.

すでに21世紀初頭において、並行宇宙や三次元空間のくぼみについて提唱していた理論物理学者のリサ・ランドール博士のグループが予言していたように、異界(五次元時空)は私たちの現実(四次元時空)とは別の空間に存在しているのではない。同一の場所において、現実に重なり合うようにして存在していると考えられるのである。

[5]

Therefore, there must always be a “Boundary” that can be sensed from a reality side between Real World and Another World. Even with the idea we have adopted in the New United Nations “Human Space Plan“, there is definitely Another World, and as residents of Another World, even if the size of the inhabitants is different each time, Lost Animals, Dead, and Aliens inhabitant, and Another World exposes a “Boundary” through Space Tunnel and is continuous in Real World.

従って、現実と異界の間には、必ず現実の側から感知できる「境界」が存在するはずである。僕たちが新・国連の『ヒト宇宙化計画』で採用している考え方でも、異界は確実に存在し、そこには異界の住人たちとして、その住人たちのサイズはその都度異なるとしても、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが生息しており、異界はスペーストンネルを介して「境界」を露出させ、現実に連続している。

[6]

Space Tunnel is a space developed on cyberspace, and is a passage that connects Real World and Another World developed by our group. Lost Animals, Dead, and Aliens appear in a special place in this passage.

スペーストンネルとは、電脳空間上に開発された空間であり、僕たちのグループが開発した現実の世界と異界をつなぐ通路のことだ。この通路の特殊な場所に、失われた動物たち・死者たち・異星人たちが姿を見せるのである。

The Forest is Burning / 森が燃えている

[1]

I started to fall asleep again in the meeting. When I get bored, I get tired and I can’t open my eyes. So I leave the response at the meeting to my assistant Morris, and I go into my dream and see the continuation of my usual dreams. Into a dream. This is the best fun for me. It’s a rest above all.

What is it? I can see something.

僕は、また会議の中で居眠りを始めた。退屈になると、疲れがドット出てきて、目を開けていられない。だから、会議での応答は助手のモリスに任せ、僕は夢の中に入り、いつもの夢の続きを見る。夢の中へ。これが僕には最高の楽しみ。何よりの休息だ。

何だろう? 何か見える。

[2]

Forests around the world are burning. The sparks around me began to turn bright red. Looking up, animals are running around in the sky. There are also animals that I have never seen. Leading the way are probably the species of animals that quickly disappeared from the ground. Some dinosaurs have wings. There are also wolves. There are also rabbits and deer. 

世界中の森が燃えている。僕の周囲も火の粉で真っ 赤に染まりはじめた。見上げると、空を動物たちが走りまわっている。そこには見たこともない動物たちも混じっている。先頭を走っているのは、おそらく地上から早々と姿を消した種類の動物たちだ。翼をもつ恐竜たちもいる。オオカミたちもいる。うさぎや鹿たちもいる。

[3]

Anyway, how are they all doing? Humans also started running mixed in it. People of ancient times and people of today are together. Both men and women are disjointed and funny, with tattered primitive clothing, the latest suits and dresses. Are everyone desperately running away? For that reason, why did everyone have a gentle look? If we look closely, it looks like animals and humans are very happy. Is it a new move? Did they find a new world? This may not be a painful war or accident. Something wonderful may be happening. 

それにしても、何てみんな元気なんだろう。人間たちもその中に混じって走りはじめた。大昔の人たちも、いまの人たちも、一緒になって。男も女も、ボロボロの原始服だったり、最新のスーツやドレスだったり、バラバラでおかしい。みんな必死に逃げ惑っているのか? それにしてはみんなおだやかな表情なのはなぜだ? よく見ると、動物も人間もとても幸福そうな雰囲気だ。新しい引越しなのか? 新天地が見つかったのか? これは痛ましい戦争や事故ではないのかも知れない。何か素晴らしいことが起きているのかも知れない。

[4]

It’s beautiful. What is this nostalgic feeling? However, we should be careful when wee feel nostalgic. It may be a sign that we will be taken to a place we do not know. That way, I know that many people have disappeared somewhere. Oh, someone walks over there. Every time someone get closer to me, and create various small spaces around the body like soap bubbles to make them sparkle. Do someoe have anything to do with me because someone is coming to me?

美しい。何だろう、この懐かしい感覚は。しかし、懐かしい感覚がする時は注意した方がいい。どこか知らないところに連れて行かれたりする前兆かも知れない。そうやって、多くの人たちがどこかに消えてしまったことを僕は知っている。あれ、向うから誰か歩いてくる。僕に近づくたびにからだの周りにシャボン玉のようにいろんな小さな空間をつくり出して、キラキラさせている。僕に向かってくるから、僕に用事があるのか?

[5]

Who? I know? Looking straight at me. What? Oh, surprised! Is she? Yes! She is my nostalgic person. I understood her at once. I never forget her even after many years. The eyes that stare at me are the same as at that time. The beautiful eyes that have confused me.

誰? 知ってる人? 僕をまっすぐに見ている。えっ、何? 驚いた! 彼女なの? 彼女だ。僕の懐かしい人。僕には、すぐにわかった。何年たっても忘れない。僕を見つめる目はあの時と同じ。僕を惑わせてきた美しい目だ。

[6]

“This is Megumi. How are you? I’m doing fine. You may be surprised, but I still love you. I didn’t have such a close relationship with that professor, but you didn’t understand. I was bad, but it made me sad. Children are of course yours. a girl. I live well with her every day. The name is Cosmos. Her face is lot like you and she is very cute. It’s slow here because the flow of time is different, but Cosmos is now 9 years old. She’s a girl, so she can’t help but want to see her dad. She annoys me crying to see her dad.”

「メグミです。お元気ですか? 私は元気でやっていますよ。意外に思うかも知れませんけど、私はいまでもあなたを愛しています。あの教授とはそんな深い仲ではなかったのに、あなたには理解してもらえませんでした。私が悪かったけど、それが私を悲しくさせました。 子供はもちろんあなたの子です。女の子。私と毎日元気に暮らしていますよ。名前はコスモス。あなた似で、とても可愛いわ。ここでは時間の流れが違うからゆっくりだけど、コスモスもやっと9歳になりました。女の子だからお父さんに会いたくて仕方ないみたい。お父さんに会いたいと泣いて私を困らせます」。

[7]

I sent to you a cryptic map, so please come and see me if you want. I’m dying to see you too. I want to apologize to you and understand me. But when you come, please talk to your important Erica. I don’t think it will be opposed. I have spoken many times in Erica’s dreams. We are very good friends. I know what the love between you and Erica is. I envy you. And I want you to come here and know that this is not a damp and lonely world. I want you to understand why I wanted to come here early. If you come, I can move with Cosmos.

「暗号のような地図をあなたに送ったので、よければ会いにきてください。私もあなたに会いたくてたまらない。あなたに謝りたいし、私のこともわかって欲しい。でも、来てくれる時には、あなたの大切なエリカさんにも相談してくださいね。たぶん反対されないと思います。私は、これまでも何度もエリカさんの夢の中でお話ししてきました。私たちは大の仲良し。あなたとエリカさんの愛がどんなか、私もよく知っていますよ。うらやましいと思っています。そして、ここに来て、ここが湿った淋しい世界ではないことを知って欲しいです。私がなぜ早くここに来たかったか、あなたに理解して欲しいから。あなたが来てくれたら、私もコスモスと一緒に動けます。」

Water Wings / 水の翼に

I met a wonderful dancer named Ana in Mexico City. When she gets serious, she looks at people with indescribably beautiful eyes with a very strong eye light. Her friend told me that she died shortly after I returned to Japan. I can’t believe it, she was so young and so fine. I want to see her.

In my sense, when the world is likened to an “Expanding Sphere,” the living world is nothing more than the “Surface of Sphere,” while the dead world belongs to the “Inside of Sphere,” which is truly enormous. The older I get, the more Ana-like beings, including my Elena, the “Inside of Sphere” continue to expand. In such a vast world, how can I find them? To meet them, I need to think them and draw them. I felt that its reality determines the “Quality” of the encounter with them.

In one painting of them, they wears “Water Wings” on their naked back and dances innocently at the beach.

私は、アナという素晴らしいダンサーにメキシコシティで出会った。彼女は真剣になると、とてもつよい目の光を放ち、言葉に出来ないほど美しい目をして人を見る。その彼女が私が日本に帰国してすぐに死んだと、友人から聞かされた。とても信じられない。あんなに若くて元気だったのに。私は彼女に会いたい。

世界を「膨張する球」に例える時、私の感覚では、生者の世界が「球の表面」に存在するだけなのに対し、死者の世界は「球の内部」に属し、その数はまさに膨大である。私が年を取るほど、私のエレナを含めてアナのような存在が増え、「球の内部」も膨張を続ける。そんな広大な世界の中で、彼女たちをどうやって探せばいいのか? 彼女たちに会うためには、彼女たちを思うこと。そして、彼女たちを描くこと。そのリアルさが彼女たちとの出会いの「質」を決めるのだと私は感じている。

彼女たちを描いた一枚の絵では、彼女たちは裸の背中に「水の翼」をつけ、海辺で無心にダンスしている。

My Butoh, My Space Dance / 私の舞踏、私のスペースダンス

[1]

Molecular Biology has developed greatly and has made a great contribution to our world since the DNA genetic model was revealed to be a double helical structure in 1953. If we can express amicable but mysterious relationships between the body and the environment as “Visible Information” like DNA, we can realize same kind of revolution, then the outcome goes beyond the art world, affecting the whole society. And, I believe that we can make a revolution similar to Molecular Biology. I would like to shoulder one part of it through my Space Dance.

1953年にDNAの遺伝子モデルが二重螺旋構造である事が明らかにされて以来、分子生物学は大きな発展を遂げ、私たちの世界に偉大な貢献をもたらすようになった。私は、もし身体と環境の間で交わされている親密な、そして謎に満ちた関係をDNA のような「見える情報」として表現できるなら、その成果はアートの世界を超え、社会全体に影響を与えるものとなり、分子生物学と同様な革命を起こすことができると信じている。私はスペースダンスを通してその一端を担いたい。

[2]

Butoh is a “Step from Within”.

舞踏とは、「内部からのステップ」である。

Butoh is “Self-Realization” through the body of the individual, direct, and original dance technique.

舞踏とは、各人の個性に根ざした、自前のダンステクニックによる身体芸術であり、「直接的な自己表現」である。

Butoh is “Recovery of the Wild in Mankind” and “Rebirth of the Intoxicated Body” somehow lost in the contemporary world.

舞踏とは、「野性の回復」であり、現代世界において失われた「陶酔する身体」の復活である。

Butoh is an art that promotes us growth, and keep “Age-worthy Flower” blossoming continuously. Like “Flower of Noh”, in Butoh we have “Aged Flower” and “Secret Flower”, we can create the beauty year by year beyond our age.

舞踏とは、「年齢と共に成熟するダンス」をつくる身体芸術である。能の「」のように、舞踏にも「時分の花」と「秘すれば花」があり、舞踏家は年々に成熟する美を創造できる。

[3]

In 2001 when I performed at the United Nations in New York and in Istanbul supported by Japanese Government I could start the original form of Space Dance based on Butoh through my epochal experiences by the meeting with Shusaku Arakawa and the Theory of Affordance by James Gibson.

スペースダンスは、1996年における美術家・荒川修作とジェームス・ギブソンのアフォーダンス理論との出会いを契機に、舞踏をベースとして、2001年のニューヨーク国連本部とイスタンブールでの公演でその原形が誕生した。

The essence of Space Dance is “How to recover the lost memories?”, “How to express the Tacit Knowledge?”, and various “Fruits called Design” through “Digitization of Tacit Knowledge”.

スペースダンスの核心は、「失われた記憶の発掘」と「身体知の情報化」であり、「身体知の情報化」を通して得られる諸々の「デザインという果実」である。

[4]

In Space Dance, the body is not a tool for expressing a “Story“, the body is a “Story”.

スペースダンスでは、身体は「物語」を表現するための道具ではなく、身体が「物語」である。

In any time the “Excellent Dancer” in the world keeps a special ability to “Dance with a technique to organize the body as the object“. In Space Dance we study this technique. Then we try to recover the lost memories through our dance movements and we accumulate its result as “Tacit Knowledge” about the body.

すぐれたダンサーは、いつの時代でも、「身体を客体化してダンスする」という一つの特別な技術を持っている。スペースダンスでは、この技術を学び、ダンスの動きを通じて「記憶の発掘」に挑戦し、そこで得られた成果を「身体知」として蓄積する。

In this time when we dance together with the earth we can recognize some strange new feeling happen around the temporal lobe and vertex lobe of “Brain“. Why? Because it is a first experience for the brain to move the body by such a strange new way.

ダンサーが地球との密接な関係を回復してダンスする時、「」の頭頂葉や側頭葉にわずかな異変が生じる。それは、地球と感覚的に接続された身体を動かすことは「脳」にとっても負荷の大きい仕事だからである。

In order to do a first task our brain also had to acquire a new ability. Its experience will be an experience just like a dancer looks for the universe as dancer’s “Second Body” through the earth, as if a blind person looks for the ground as his “Second Body” through his beloved stick.

新しい負荷がかかる仕事をするためには、「脳」も新しい力を獲得する必要があった。その体験は、まるで、盲人が愛用の杖を自分の「第2の身体」として地面を探っていくように、ダンサーも地球を「第2の身体」として宇宙を探っていくような体験である。

Our brain keeps all memories about all life on our earth. Because our brain into the Mother’s womb during 10 months grow up through the process of evolution of the brain from the beginning to today’s human brain. So, in our dance movements too, sometime we can find “Other strange movements than human movements”.

「脳」は、その誕生の過程で、母の胎内に約10ヶ月存在する間に発生時の脳から現在の人間の脳に至るまでの進化史を再現しつつ形成される為、脳にはすべての生命体の記憶が貯蔵されている。そのために、人の身体の動きにも「人の動き以外の奇妙な動き」が混じっている。

So, in Space Dance when we try to dance to organize our body as the object we can touch several “Forgotten Memories” sometimes with a wave motion of the internal organs, sometimes with a sound of the bone, and sometimes with an excitement of the nerve. In that time we can feel a new feeling in our brain, then under this influence we can dance with the inexperienced movements by chance. In short we can stimulate several “Forgotten Memories“.

スペースダンスでは、ダンサーが、臓器のかすかな波動のようなものとして、或いは骨の響きとして、或いは神経の震えとして、脳にわずかな異変を感じ、その影響でふとしたはずみにこれまで経験したことがない動きをはじめる時に、脳に貯蔵された「忘れられた記憶」に触れ、それらの記憶を刺激し、覚醒させる。

“Forgotten Memories” wake up a strong nostalgia in our mind. And this nostalgia gives new energy to us. Then we understand “Unknown Movement’s World” exists behind our usual human’s movements.

「忘れられた記憶」はダンサーの心につよい郷愁の念を呼び起こし、ダンサーに新しいエネルギーを与え、人間としての「既知の動きの世界」の背後に「未知の動きの世界」が存在することを教える。

This energy is infinite, it continue our dance without end. When we dig up “Forgotten Memories” we can organize the “Unexpected Movements” based on each memories. We shake with its freshness and we are amazed to ourselves. Then, we start to talk a “New story beyond the human’s drama.”

このエネルギーは無限である。「忘れられた記憶」を発掘したダンサーは、脳の機能を発展させ、個々の記憶に対応した「思いがけない動き」を体現し、その新鮮さにふるえ、自ら驚く。その発掘と体現の程度により、ダンサーは「人間的な劇を超えた新しい物語」を身体をもって語りはじめる。

Usually, very soon, we feel tired in our movements without this energy. But when we house this energy we get the lasting energy from the circulation between the body and the ground, then it arise like the growth of a snowball on the slope with heavy snow. We never feel tired.

このエネルギーを宿したダンサーは、踊れば踊るほど、「大雪が積もった坂道を転げ落ちる雪ダルマ」のようにエネルギーを増幅させ、疲れることがない。

Like that, in Space Dance we dig up “Forgotten Memories” and we expand “Unknown Movement’s World”, then we try to express its process as “History of Posture’s Evolution” including Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey.

スペースダンスでは、こうして「忘れられた記憶」を発掘し、それに応じた「未知の動きの世界」を展開し、この過程を魚・両生類・四足動物・鳥・サルを含む「姿勢の進化史」として表現する。

Why the expression of “History of Posture’s Evolution” is important for Space Dance? Because the purpose of Space Dance is the looking back on the past of all life, then it is the creation for “Body of Future” as a return from its retrospection.

なぜ「姿勢の進化史」として表現することが重要なのか? それはスペースダンスが、ヒトの起源について回想すると共に、その回想からのリターンとして、ヒトの「身体の未来」をデザインすることを目的としているからである。

In Space Dance we make a visualization of “History of Posture’s Evolution” as the image. And we express “Tacit Knowledge about Unknown Movement’s World” as the information using by information technology. Finally, we try to make several designs through the Tacit Knowledge for the new body, the new object, and the new space.

スペースダンスでは、このようにして体験される「姿勢の進化史」を映像として可視化すると共に、ここで蓄積される「未知の動きの世界についての身体知」を、情報技術を使用して情報化し、身体・モノ・空間を対象としたデザインとして変換し、出力する。

Then, Space Dance is very different from usual dance, Space Dance will be a work of “Design after Dance“.

こうして、スペースダンスとは、通常のダンスとは異なり、ダンスの後にデザインを出力する「ダンス&デザイン」の行為となる。

Tana, Resident in Surplus Dimension / 異界の住人・タナ

[1]

ある日、私がスペーストンネルの「境界」で遊んでいたら、どう見てもこの世の人間とは思えないタナに出会った。それは、タナが生きた人間とは違う雰囲気をもっていたし、スペーストンネルの内部では僕たちの影ができるが、タナにはそれがなかったからだ。影が映らない存在なんてバンパイアとか死んだ人間とか、要するにこの世のものではない存在だ。

[2]

でも、よく見ると、タナは、翼竜と同じように、僕の夢によく出てくる少年だった。僕は夢の中でタナを知っていた。この調子でいけば、僕はもうすぐ翼竜にも会えるのかも知れない。タナは以前、夢の中に出てきて、僕が探していた本がパリの国立図書館にあることを教えてくれた。仕事のついでに試しに行ってみると、本当にそこにあった。だから僕はタナを特別な存在として信頼した。そして、別の日に古い写真集を見ていたら、タナが載っていた。何と、タナはこの記録によれば1850年にチェコスロバキアのプラハで死んでいた。タナは19世紀の実在の人物だったのだ。当然、僕は、大変に驚いた。そして、それ以来、僕は死者の世界の存在を信じるようになった。僕だけではなく、こんな経験をすれば、誰だって信じるしかなくなるだろう。

[3]

私がタナに出会った日は、タナの方で用事があるということで、私に会いにきたという。17才で死んで以来、年齢はそのままで止まっているそうだ。そして、プラハで有名な人形使いの弟子をしていたそうだ。その職業のせいもあり、スペースチューブロボットやネットロボットを人間の分身として操る私たちの仕事に興味があったという。そういえば、私がパリの国立図書館で探した本も、西洋の人形についての文献だった。それで、「どんな用事があるの?」と聞いて驚いた。タナは次のように説明し、自分たちには「引っ越し」が必要で、それを手伝って欲しいと言う。

[4]

「これまで疎遠だった現実との関係を回復したいと思います。世界の宗教が力を持っていた時代には、この世とあの世の交流は活発でした。しかし、現在では、そうではありません。ところが、人類はいま宇宙に出て行くことを計画しています。しかし、動物に深い愛情を示すあなたには理解してもらえると思いますが、人類とは、現実の生きた人間たちのことだけではありません。私たち死者もまた記憶のなかの人類として存在し、死者もまた夢を見ています。生きた人間たちが宇宙に行きたいと願うのは、私たちの夢にも影響されているのです。彼らが宇宙に行くなら、私たちも宇宙に行く必要があります。人類の進化を彼らだけに任せるわけには行きません。彼らが滅べば、私たちもその影響を受けて滅ぶことになります。 あなたもご存知のように、彼らの宇宙についての計画は、全体としては必ずしもよいとは言えませんので」。

[5]