Call for Opening & Operation Members / 開館・運営メンバー募集

“Plan of SPACE MUSEUM / スペースミュージアム計画”
Call for Opening & Operation Members /
開館・運営メンバー募集

Currently, we are operating “SPACE MUSEUM” on the internet and uploaded a newest following “Plan of SPACE MUSEUM” to open around the world.

私たちは、ネット上に『スペースミュージアム』を運営しつつ、以下の最新の『スペースミュージアム計画』をアップし、リアルなスペースミュージアムを世界にオープンするための準備をしています。

We call for the opening and operatin members to embody and realize this plan. We think for opening and operationg one SPACE MUSEUM, we need 9 people “Investor + Producer + Director + Space Dancer + Architect + Industrial Designer + Media Artist + Net Producer + Editor“. If you are interested in our plan, please contact with us.

この計画を具体化し、実現するために、開館と運営の為のメンバーを募集します。1館のスペースミュージアムの開館と運営には、「投資家 + プロデューサー + ディレクター + スペースダンサー + 建築家 + 工業デザイナー + メディアアーティスト + ネットプロデューサー + 編集者」の9名が必要です。ご関心のある方は、東京スペースダンスまでご連絡ください。

◎INQUIRY

Tetsuro Fukuhara (Director of Tokyo Space Dance); jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp
Aumi Toyabe (Assistant Director of Tokyo Space Dance); ayumi.toyabe@outlook.com

Tokyo Space Dance / 東京スペースダンス
http://sde-museum.com/

ECKHART GARDEN 4 / エックハルトの庭4

ECKHART GARDEN 4 / エックハルトの庭4
2020.4

[Short Poem; One day of AI Painter / 詩; AI画家の一日]

“I was lonely, when I traced my memory and reproduced you as an AI image in my room, just real you appeared in front of me and could embrace me tight.”

「淋しかったので、記憶を辿り、あなたをAIとして私の部屋に再現したら、ほんもののあなたが目の前に現れて、私をきつく抱きしめてくれた。」

I edited “ECKHART GARDEN 4” with “SHORT POEM; One day of AI Painter”, “PHOTO; Seeking a Wing“, “VIDEO; Space Dance in the Robotic Universe 4“, and “STORY; Imagination in the age of AI“.

エックハルトの庭4』を『詩~AI画家の一日』『写真~翼を求めて』『動画~スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース4』『物語~AI時代の想像力』によって構成しました。

■ PHOTO / 写真
“Seeking a Wing / 翼を求めて”

■ VIDEO / ビデオ
“Space Dance in the Robotic Universe 4”
スペースダンス・イン・ザ・ロボティックユニバース4

■ STORY / 物語
“Imagination in the age of AI / AI時代の想像力”

Imagination in the age of AI – Space, Information, Body, and Way of Life / AI時代の想像力~宇宙・情報・身体・生き方

Now the world is changing dramatically with a big scale. For stepping into “Unknown World” with 4 themes such as “Space, Information, Body, and Way of Life” we are seeking a “New Imagination“.

いま、世界は大きく、ドラマティックに変わっている。宇宙・情報・身体・生き方」をテーマとする未知の世界」に踏み出すために、私たちは「新しい想像力」を求められている。
 
[1] Space / 宇宙
 

From my view point as a Butoh-Space Dance Choreographer, the greatest result of the space development until today is finding a “Chance to organize a Gravity” by the creation of artificial gravity through several astronauts experiences that could realize the experiences of non-gravity environment in the space walk and at a spaceship, also they could experience 1/6 gravity on the Moon. Edwin Aldrin, one of first astronauts of NASA who could reach the ground of Moon on 1969 said “My body is light now, when I start a running I can’t stop! Also I can calm down with my slanting posture!” His reactions about Moon Walking are very interesting for me.

私のスペースダンス舞踏家としての観点からは、現在までの宇宙開発の最大の成果は、宇宙飛行士たちが宇宙遊泳やスペースシャトルで無重力環境を体験し、また月において六分の一の重力環境を体験したことによる、人工重力の創出による「重力調整のチャンスを手に入れたこと」である。1969年に最初の月着陸を果たしたNASAの宇宙飛行士バズ・オルドリンは「身体が軽くなり、走り出したら止まらない。斜めになったまま静止することもできる」と語っていて、彼のムーンウォーキングの感想は大変に面白い。

If the humans start to come and go to the conditions between 0 gravity and 1 gravity in the universe this happening will be a complete first experience in our human’s history. So, like a case of the fish that could get the evolution by the advance to the ground, this happening will be a special drama on a stage of the evolution such a “Challenge to the Step for Next Human”. If we have a possibility of the “Next” as the humans it will be started by such an adventure of the new creation of the postures.

人間が宇宙でゼロ重力と一重力の間を自由に往来することになれば、それは人間の歴史には存在しなかったまったく新しい出来事である。魚が陸に進出して両生類に進化した場合に似て、「人間の次のステップへのチャレンジ」という、進化の舞台上の特別のドラマに結びつく可能性がある。人間に「」が存在するなら、それはこのような新しい姿勢形成の冒険によってはじまるだろう。

So, can we get the pseudo experience to come and go to the conditions between 0 gravity and 1 gravity on this ground too? Can we try to do a new adventure? What are some similar experiences?

私たちは、この地上でも、ゼロ重力と一重力の間を往来するような疑似的体験を得られるだろうか? そんな新しい冒険ができるだろうか? それに近い体験にはどんなものがあるだろうか?

[2] Information / 情報
 

We have a big theme called “Progress of Virtual Reality” as a pending matter in our information-oriented society. Humans have never infiltrated the information as virtual in the daily world.

情報社会における「仮想化の進展」が懸案の課題になっている。人間は現在ほど情報を仮想として日常の世界に浸透させたことはなかった。

For example, what will happen if our lover figures projected around us evolves as an AR by AI? If not only visual effects but also all necessary sensations are artificially entered into the brain and increase reality as if it actually existed? Will it lead to unnecessary theory of a real lover or the problem of further promoting declining birthrate with the sexless? However, as a desire for cloned pets and cloned humans, would it benefit greatly to those who wish to see the deceased relatives or lover’s restorations?

たとえば、自分の周囲に投影される恋人像がARとしてAIにより進化するとどうなるだろうか。視覚効果だけではなく、必要なすべての感覚が脳に人工的に入力され、現実に存在しているかのようにリアリティを増加させるとすれば? リアルな恋人の不要論に結びついたり、セックスレスで少子化をさらに促進させるという問題も生じるだろうか? しかし、クローン人間に対する欲求と同じで、亡き親族や恋人の再生を願う者には大きな恩恵になるのでは?

Recently, the event that professional Go players and Shogi players lose to artificial intelligence Go and artificial intelligence Shogi is going on. As a result, the vigilance against artificial intelligence will rise at once, it is feared that AI will surpass the human’s intelligence and the day when human’s work will be totally deprived. Indeed, various programming of “AI models” such as “Taxi Driver with superior intuition than humans”, “Financial Market Trader who produce ideas better than humans”, and “Politician who create policies superior to humans” has begun.

最近では、プロの囲碁士や将棋士が人工知能囲碁士や人工知能将棋士に負けるという出来事が続いている。その結果、人工知能に対する警戒は一挙に高まり、AIが人間の知性を凌駕し、人間の仕事が完全に奪われてしまう日が来ることが恐れられている。実際に、「人間より優れた直感をもつタクシードライバー」や、「人間より優れたアイデアを生む金融市場トレーダー」や、「人間より優れた政策をつくる政治家」など、多様な「AIモデル」のプログラミングが始まっている。

However, what is the realization of  “Progress of Virtual Reality” that we really need? Instead of being swayed by “Progress of Virtual Reality” as we do today, what is “Virtual” that enriches ourselves truly? What do we want to do for that? We need to think more about it with enough imagination.

しかし、私たちに本当に必要な「仮想化の進展」の在り方とは? 現在のように「仮想化の進展」に私たちが振り回されるのではなく、私たち自身を豊かにする「仮想」とは? そのためには、私たちはどうなりたいのか? それについて、私たちは、充分な想像力により更に深く考える必要があるだろう。

[3] Body / 身体
 

Now Medical Service will open a new door of our human’s history using by iPS cell, Genome Editing and so on. The body is being in the spotlight as the object of “Regeneration” and “Industrialization.”

iPS細胞やゲノム編集により、医療が新しい歴史の扉を開けようとしている。身体は「改造」と「産業化」の対象として、これまでとはまったく違う注目を浴びはじめている。

Moreover, on 2015 Anthony James, a molecule biologist, announced a sensational big news that he could get a success to create a new mosquito that don’t need the intermediation with a malaria parasite by Genome Edition.

2015年には、分子遺伝学者アンソニー・ジェームズによる、ゲノム編集によりマラリア原虫を媒介しない新しい蚊を,つくることに成功したという衝撃的な発表が行われた。

At last, Humans has gotten a “Technology to handle All Species of the Creatures”.

いよいよ人間が「あらゆる生物種を操作できる技術」を手に入れてしまった。

The way how to treat the individual body will be “Free for everybody“, they don’t need any kind of permissions to do it including a makeup, a cosmetic surgery, and a drug, also a tattoo, a body pierce, a doing injury to the body, at last a suicide. So, nobody can oppose to it basically. By taking the Enhancement if we can get back our health, or if we can get the body ability more beyond the natural condition, and if we don’t have any side effects after the operation, also if we will be able to control a long life freely, it will be just a realization of our human’s long dream. In that time, we can’t find any kind of reasons for opposition, everybody will jump at the Enhancement.

化粧や整形美容やクスリの使用をはじめ、刺青やピアスや身体損傷や自殺を含め、個人の身体をどう扱うかは「個人の自由」であるため、基本的には誰も反対できない。生体改造を実施して少しでも身体を回復でき、あるいは生得以上の身体能力を獲得し、術後に副作用もなく、しかも長生きについてもある程度自由に調整できるというような事態になれば、それは人間の長年の夢の実現であり、反対すべき理由は何もない。間違いなく、多くの人びとが躊躇なく飛びつくことになる。

If we can cover our lost lovers with its clones, can we control the urge to wish to see them even in clones?

亡き恋人をクローン人間で補えるとしたら? 私たちはクローンでも会いたいと願う衝動を抑えられるだろうか?
 
[4] Way of Life / 生き方
 

From now, the way of life as an individual becomes important, regardless of whether it is married or single, the trend will be a “Single Life”. Both men and women depend on their opponent as before, but something interesting does not begin, and it is difficult to mature with the age of interesting jobs we get once. Since a woman began to become self-sustaining, it would be serious if a man did not become independent. The concept of a retirement age and the second life also began to be suspicious. The sense of age is beginning to change incredibly.

これからは、個人としての生き方が重要になり、結婚しているか独身かの差にかかわらず、トレンドは「一人の生活」になるだろう。男も、女も、これまでと同じように相手に頼っていると面白いことが始まらず、一度手に入れた面白い仕事も年齢と共に成熟させることが難しいからだ。女が率先して自立を始めたので、男も自立しないと大変なことになる。定年や第二の人生という概念も怪しくなりはじめた。年齢に対する感覚も、信じられないほど変わりはじめている。

When one meets an opposite sex, when the interest shifts to “Culture” instead of “Love”, the age of the partner is irrelevant. Even a nine-year-old child or an aged 90-year old, if we understand that they are the owner of the knowledge and skills that we wanted to know, we are interested in and obsessed with a form different from “Love.” Even though we are with them, we don’t feel expectation or incongruity as when “Love” was the purpose. Experiencing such a transformation of sensation becomes an important condition for “Single Life” because it can be freed from the feeling specialized in the sex of women and men.

一人の異性と出会った時に、関心が「恋愛」ではなく「文化」に移っている場合には、相手の年齢は関係なくなる。9才の子どもでも、90才の老人でも、相手が自分が知りたかった知識や技術の持ち主であることがわかれば、「恋愛」とは違った形で関心を示し、夢中になる。一緒にいても、「恋愛」が目的だった時のような期待感や違和感を感じない。このような感覚の変容を体験することは、女や男という性別に特化した感覚から自由になれるため、「一人の生活」のための大切な条件になる。

Influenced by the great fluctuations of adults’ world, there are major changes in the world of children. When the present children go out to society, it is pointed out that becoming a profession where 60% or more of them don’t exist, and 20 years later many big companies also disappear, becoming a society without a specific success model. The great sense of death also changes, and it is fully expected that “Grave” will be unnecessary after 50 years. Children are urged to develop new imagination and obliging themselves to acquire new ways of living. What do the children learn and what kind of good skill can they learn? Education for children becomes increasingly important.

大人たちの世界の大きな変動に影響され、子供たちの世界にも大きな変化が起きていく。現在の子供たちが社会に出る時には、その6割以上がまだ存在していない職業につくこと、20年後には多くの大企業も消え去り、特定の成功モデルが存在しない社会になると指摘されている。死に対する感覚も大きく変化し、50年後には「」が不要になっていることも充分に予想される。子供たちは、新しい想像力を開発し、新しい生き方を身につける必要にいやでも迫られる。子供たちは何を学び、どんな得意な術を身につければいいのか。子供たちに対する新しい教育がますます重要になる。

As the place where we should live is also higher the level at which information technology provides “New Real”, we will be able to do “One Place of Residence” and “World Tour” at the same time. People will combine real travel and net use, and will start a completely different form of life. Changing the life style itself becomes a symbol of “Age of the Individual.”

住むべき場所も、情報技術が「新しいリアル」を提供するレベルが高くなるため、「一所定住」と「世界周遊」を同時にむりなくこなせるようになる。人びとは、リアルな移動とネット利用を組み合わせ、これまでとはまったく違う形式の生活をはじめるだろう。生活スタイルの変更自体が「個人の時代」のシンボルになる。

Call for Students for SPACE DANCE SCHOOL

Call for Students for SPACE DANCE SCHOOL
スペースダンススクール・生徒募集

We opened “SPACE DANCE SCHOOL” as Live-class and Online-class. ●Age, Gender, Nationality, and Experience are not required. Space Dance is different from usual dances, it has a concept of “Dance & Design” and aims to create something new design after the dance. At this school, regardless of what kind of organizations they belong to or whether they are active alone, and is not affectived by the global trends that change every year, we will train space dancers who can deside their ways independently as artists, and can actively work for their lifetime, finally they will be one brand by themselves. ●Lecturer; Tetsuro Fukuhara(Tokyo), Ayumi Toyabe(Budapest), and other assitant directors at each cities ●Content; At Live-class the students try to master “SPACE DANCE” through a text of “Space Dance Workshop & Performance” (http://sde-museum.com/plan-sm/sd-wp/) and as its result the students upload “My Space Dance” on “SD-School” (https://www.facebook.com/tae2070/) one time per month.

Fee & Time of Live-class; Basically, every Saturday 13:00 2 -3 hours, at each cities. 4,000 Japanese yen per month. ●On Online-class; After the participation to Live-class at least one month, the students continue to upload their “My Space Dance” on “SD-School” one time per month from the area where they live. Then, they can receive a teaching by their lecturers. Also they can participate to the community in which Space Dancers join around the world. 1,000 Japanese yen per month. ●Qualification; Please send your brief history, motivation for application, and email address. We notify the successful applicants who passed the examination by e-mail within 2 weeks after receiving your materials. ●Data Sending Destination & Inquiry; Tetsuro Fukuhara in Tokyo; jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp, or Ayumi Toyabe in Budapest; ayumi.toyabe@outlook.com.

『スペースダンススクール 』を、ライブ版とオンライン版として開設しました。 ●年齢・性別・国籍・経験不問。スペースダンスは、通常のダンスとは異なり、「ダンス & デザイン」をコンセプトとし、ダンスの後に何らかのデザインを誕生させることを目指します。スペースダンススクールでは、自分がどのような組織に属しているかや一人で活動しているかに関係なく、また毎年のように変化する世界のトレンドにも左右されず、自分の表現が一つのブランドに成り得るように、アーティストとして自己決定し、生涯にわたり能動的に活動できるスペースダンサーを育成します。●講師 福原哲郎(東京) + 鳥谷部歩美(ブダペスト) + その他各都市のアシスタント・ディレクター ●内容 ライブクラスでは、『スペースダンスワークショップ & 公演』(http://sde-museum.com/plan-sm/sd-wp/)をテキストとしてスペースダンスについて学び、その成果を『マイ・スペースダンス』として毎月『SD-School』(https://www.facebook.com/tae2070/)に発表します。

ライブ版費用・日時 各都市とも、原則として、毎週土曜日13:00より2~3時間程度。4000円/月。●オンライン版費用 ライブ版に最低1ヶ月参加の後、引き続き自分の『マイ・スペースダンス』を『SD-School』に居住する地域より毎月1回投稿し、講師の指導を求めることができます。また、内外のスペースダンサーたちが集うコミュニティに参加できます。費用~1000円/月 ●応募・資料送付先・問合せ 略歴・写真・応募の動機・Eメールアドレスを資料として送って下さい。審査合格者には資料到着後2週間以内にメールで通知します。福原哲郎(東京); jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp、或いは鳥谷部歩美(ブダペスト); ayumi.toyabe@outlook.com。

Pleasure of Dancing / ダンスの楽しみ

Pleasure of Dancing / ダンスの楽しみ

[1]

人間は、二足歩行により、空いた前足を自由にし、その前足でモノをつかむようになり、その効率を高めるために「親指」の構造を変化させ、それでもっと自由にモノをつかめるようになり、前足が「完全な手」になったという仮説がある。確かに、人間がこのような「器用な親指」を持っていなかったら、「坐るための椅子」などという高度なデザインも誕生しなかっただろう。

We have one hypothesis that humans could free the front feet through the bipedalism and they could hold the objects by the front feet. And they could change the structure of a “Thumb” to improve its efficiency, so they could hold the objects perfectly. At last, they could develop the front feet as a “Perfect Hand”. Yes, sure, if humans couldn’t develop such a “Skillful Thumb”, probably they couldn’t design a high-degree “Chair for the Sitting”.

そして、人間の動きには、食料確保や危険を避ける等の生存の必要性だけではなく、動物たちとは趣向を異にする、ある種の独特な「過剰さ」が含まれている。この「過剰さ」がやがて、動物的本能に従った生活を変化させ、人間の世界に、スポーツや芸術を含めた多様な「動きの文化」というものを誕生させた。

And, It seems that human’s movement includes not only the necessity of survival such as food security and danger avoidance but also a certain kind of unique “Over-Expectation” different from other animals influenced by the ability of “Looking Objectively”. This “Over-Expectation” will eventually go beyond living according to human’s instincts and create a diverse “Culture of Movement” in the human’s world, including sports and arts.

[2]

人間が動くのは、端的に「動くことが面白い」からである。それは、世界中で毎日人間がやっていることを見れば明白だ。スポーツや、ダンス等の多様な身体芸術の誕生を見ても、よくわかる。スポーツの短距離走のように、なぜ人間は速く走ってみたいのか。なぜそれが他者に対して誇るべき行為なのか。或いは、逆にスローで歩いてみたり、動きの美に点数をつけて競ってみたり、職人芸を競ってみたり、わざとバランスを崩して遊んでみたり。実に、子供から大人まで、人間はいろんな理由をつけ、多種多様な動きの形式を編み出し、動くこと自体を楽しんでいる。

Why humans enjoy “Movements”? Its reason is simple, because “the movement itself is interesting” for us. It is clear when we see the daily human’s behaviors including several sports and dances in the world. Like a short-distance race, why humans would like to run as much as fast? Why we will be proud of its record to other people? Or, conversely, we will try to walk with a super-slow. Or, we will give points to a beauty of the movement and compete with it each other. Or, we will compete with a craftsmanship. Or, we will loose a balance purposely and enjoy it. In deed, both adult and child, our humans could create a lot of various forms of the movements and enjoy it with several reasons.

[3]

しかし、なぜ動くことがそんなに面白いのか? あらためて考えてみると少しもわからない。平凡な脳科学者なら、この問いに「それは、動くと脳にドーパミンという快楽をもたらす神経伝達物質が沢山分泌されるから」と答えるだろう。しかし、この答えは問いをずらしているだけだ。「動くと、脳にドーパミンが分泌されるのはなぜか?」と問う必要があるからだ。私は舞踏家として次のように見当をつけてみた。

But, why the movement is so interesting? If we think about its reason again we understand that we don’t know its reason exactly. I wonder maybe some today’s brain scientist will give the answer to us like “I know its reason, because a lot of dopamine will be secreted in the brain through the movement”. But this answer is not fine, this brain scientist avoids giving a clear answer by changing the point slightly. Because we should ask like “Why a lot of dopamine will be secreted through the movement?” So, I tried to imagine about its reason as a Butoh-Space Dance Choreographer.

  それは、私が自分のダンスの中で発見したように、一つの動きは他の動きを自然に誘うからである。一つの動きの中で発見される楽しさは、その動きの中で閉じることはない。まるで見えない法則があるかのように、動きが動きを求めている

  I think about its reason like that one movement invites other movements naturally as I found in my dance. I feel that a pleasure which I can find in one movement don’t close into this movement, the movement seeks other movements just like one invisible rule works there.

その動きの連鎖は、無限の選択肢をもっている。そして、一つの動きには、一つ以上の記憶が対応している。そのために、ヒトは多様な動きの組合せで、多様な記憶の世界を再現できる。

Its chain of the movements keeps the endless options. And over one memory corresponds to one movement. So, we can reproduce various memorial worlds by the combination of the various movements.

[4]

私は、これが、なぜ動くことが面白いかの本質的な理由ではないかと思う。「記憶の追跡」は、人間の普遍的欲求の一つであるからだ。「記憶の追跡」を、アタマの中ではなく、動きを通して、「より親密に、より広大な範囲で」追求できるとすれば、誰もがこのような「動きの世界」に夢中になるだろう。そして、実際に、スポーツ選手たちは無意識に、ダンサーたちはより意識的に、その経験にトライしているのである。子供たちも、こんな体験がゲームでも出来るなら大喜びで挑戦するに違いない。

I think this is its essential reason why the movements are so interesting for our humans. Because “Follow-up Memories” is one of the universal desires of us. If we can seek “Follow-up Memories” through the movements with a whole body, not only into the brain, more amicably, and more vastly, sure everybody will devote to the movement world. Also, children too, if they can try to do such an experience as a game, sure they will devote it.

そして、自分の動きの中に「ヒトとしての動きとは思えない動き」が混じっていることを発見した時に、誰もが言葉では表現できないほどの「なつかしさ」に襲われ、その秘密に驚き、動きにはそれまで知らなかった「未知のステージ」が「既知のステージ」の裏側に畳みこまれていることに気づくことになる。私も、ダンスしている時、「この動きは、ヒトのものとは思えない」と感じる瞬間がある。そして、そういう時が特別に楽しい。

And, at the moment when we find one event like “Movements which we can’t recognize it as Human’s Movements” are mixed together into our usual movements, everybody will be stricken with a “Nostalgia” that we can’t express it through a language. Then, we will be surprised at its secret and we recognize that “Unknown Stage” exists behind our usual human movements. Me too, several time I experience the moment that I feel this my movement will be not by humans. In that time I am so happy specially. Why? I don’t know its reason exactly, but sure.

[5]

人間は骨格の構造上、動物たちの動きの記憶を宿し、その記憶を脳が保存している。人間の脳も、爬虫類の脳、旧哺乳類の脳、新哺乳類の脳という、三層構造からできている。そのために、二足歩行する人間の動きとそうでない動物の動きの差も、人間は判別できる。

Our humans keep all memories of animal’s movements depend on the structure of the skeleton and our brain preserves the memories. Human’s brain is organized with 3 layers of a brain of the Reptiles, a brain of Old-Mammalia, and a brain of New-Mammalia. So, humans can judge the difference between human’s movement by the bipedalism and other animal’s movements.

洞窟時代の人間は、地球の広大な地域において、洞窟の壁に「動物の顔をもつ人間」の絵もたくさん描いていた。動物に特別の親近感をもっていたからで、描くという行為が、何らかの重要な文化的儀式のようなものになっていたにちがいない。

Humans of a time who lived in a cave, at very wide fields on the earth, they could develop to draw many pictures of “Humans with an Animal Face” at the walls of the caves. Because humans could keep a special familiarity with the animals, so the behavior of the drawing picture of “Human with an Animal Face” must have been like some important cultural ceremony.

[6]

私の身体と脳の中にも、いろいろな動物の記憶が残されているはずだ。それを感じる時に、とても懐かしく、嬉しい気持ちになる。私はその楽しさをもっと追求したくて、わざと関節をずらし、新しい動きの工夫をする。ダンサーが本能的に「奇妙な動き」を試みるのも、そのためだろう。追求したい感覚が動きによってどのように広がるのか、どんな感情をもつのか、判断はそこに集中される。それは、ダンサーのひそかな楽しみになっているはずだ。

In my body movements and into my brain, I feel, sure, various animal’s memories should be left. When I get it I am so happy with a feeling of strong nostalgia. I will make my efforts to create several new dance movements sifting by the joints of the body for seeking its pleasure more. Why the dancers will try to make a “Strange Movements”? I think they have a same aim. Their judgments will be focused on one point, how to spread their seeking sensations by their movements? In that time they will get what kind of emotions? I know these works should be their one of secret pleasures.

人間として生まれてからの記憶だけではなく、魚・両生類・四足動物・鳥・サルの進化史を、動きの組み合せを通して辿ること。それが大変に面白い。感覚を研ぎすませることで、両生類や四足動物やサルなどの動きの記憶を脳に蓄積された「動きのプール」から思い出し、再現することができるのだ。

It will be very interesting for the dancers to try to recall the history of the evolutions of Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey through the combinations of the movements, not only to recall the history of human beings. With a well-keened sense, we can reconstruct the movements of Fish, Amphibian, Quadruped Animal, Bird, and Monkey by remembering its memory from “Pool of the Movements” in our brains.

[7]

しかし、何のために? そんな進化史を辿ることに何の意味があるのか? 私がそう問うたびに、私の内部の動物が私に「何か」を囁きかけてくる。私は、その囁きを聞いている内に、その理由を、「生命の進化史にうまく所属しないと、人間の進化もうまく行かないから」と考えるようになった。それは、進化史をうまく辿れた時ほど、過去からのリターンとして、より新鮮な「人間の次の動き」を与えられる気がするからだ。

But, why we try to do it? What kind of meanings we can find out through such a recalling the history of the evolution? Each time I put a question to me, one my internal animal whisper something to me. During I have heard its whispers long time, I could understand about its reason like that “If we can’t belong to the life history of the evolution well, we can’t develop our evolution well”. Because I feel that we can get more flesh “Next Humans Movement” as much as we can recall the history of the evolution well as a return from the past.

[8]

したがって、すぐれたダンサーという存在も、 このリターンの振幅の大きいダンサーであるに違いない。「すぐれたダンサー」は、ひどく懐かしい存在であると観客に感じさせると同時に、誰も見たことがない動きの世界を美の世界としてつくり出す。そうだとすれば、観客がダンサーに求めるものも、単なるダンス技術の優劣ではないこともよく理解できる。リターンの振幅の大きいダンサーとは、観客を思いがけない動きの世界に誘う者であり、その動きによって動物たちの姿も再現させ、つよい郷愁に誘う者である。

Therefore, such an “Excellent Dancer” should be a dancer who can realize this return with wide amplitude of vibration. “Excellent Dancer”, they create the unknown beautiful movement’s world which anybody don’t see before, and same time they will be a very familiar existence in front of the audiences. So, we can understand well that something the audiences want towards them will be not only the superiority or inferiority of their dance techniques. What is “Excellent Dancer” with wide amplitude of vibration? Sure, they invite the audiences to the unexpected movement’s world and they recall other animal’s figures through their dances, finally they wake up a strong nostalgia in the audience’s minds.