New Start of Dance / ダンスの新しい出発

[1]

Now we know that a new generation of circus like “Modern Circus” by Camille Boitel in France is making a dashing appearance. It gives an image of “Opera of New Era” to us and it aims the integration of several fields. And, on the Interne a virtual idol like Miku Hatsune  is making a dashing appearance too and she is pioneering the new interests of the people who want to express themselves through more new way. Also, like Bjork, a famous singer in Iceland, we know several earnest trials to expand the arts. Also, we can find a new possibility and a new start in “Dance” too if we give a different reading of the function of the dance.

フランスのカミーユ・ポワテルの「現代サーカス」のような、「新しい時代のオペラ」を思わせる、各分野の統合を目指す新世代サーカスが登場している。ネット世界では日本の「初音ミク」のようなネット上で人びとに共有されるバーチャルアイドルが登場し、表現者の新しい意欲を開拓している。アイルランドの歌姫ビョークのように、本格的なアートの拡張の試みも始まっている。ダンスもまた、ダンスを読み替えることで新しい出発が可能になっている

[2]

If we re-understand a “Dance” as “Creation of Posture”, “Dance” goes to what everyone in the world does “Creation and Adjustment of Posture” as their behaviors unconsciously every day. And, as Space Tube keeps an ability to change the general public including the kids to an improvised dancer, so we can find a way for us to bring Space Tube to 7.5 billion people worldwide. Shoes and socks are the daily necessities of people all over the world. Everyone wants to take a bath preferably every day. Can Space Tube be like shoes, socks or baths? I want to invent magic for that.

ダンスを「姿勢の創造」と読み解けば、ダンスは世界中のあらゆる人びとが毎日無意識にやっていること、「姿勢の創造と調整」に行き当たる。スペースチューブがふつうの人びとを即席のダンサーにする力をもつことから、世界の75億人にスペースチューブを届ける方法が出てくる。くつやくつ下は世界中の人びとの毎日の必需品である。誰でもお風呂にも、できれば毎日入りたい。スペースチューブも、くつやくつ下やお風呂のようにできないか? そのための魔法を発明したい。

[3]

It is common to both the poor and the rich that “Body is a Daily Concern of People in the world”. The pain of one and the same body gives “Distortion” common to both, and its recovery creates a common “Smile”. As such a body is “Remodeled” to the extent that he or she can’t be aware of, “Ambiguous” and “Sense of Confusion” progresses, a new device that realizes its recovery appears and a new body care method needs to be established. Because if our body shake, all our life will be unsettled.

「身体が世界中の人間の毎日の関心事」であることは、貧しい者にも豊かな者にも共通している。同じひとつの身体の苦痛が両者に共通の「ゆがみ」を与え、その回復が共通の「笑顔」をつくる。このような身体が、本人が自覚できない範囲で「改造」され、「曖昧」になり、「感覚の混乱」が進行していく以上、その回復を実現する新しい装置が登場し、身体ケアの新しい方法が確立される必要がある。身体がゆらげば、あらゆる生活がゆらぐからである。

[4]

I am conceived about “SPACE MUSEUM” as a place to respond to such the requests as follows;

私は、このような要請に応える場所として『スペースミュージアム』について次のように構想している。

SPACE MUSEUM ” is a place of experience, a place of design, a place of informing that presents the results of those to the world. And it is a place of education to train the pillars.

スペースミュージアム』は、体験の場であり、デザインの場であり、それらの成果を世界に提示する発信の場である。そして、その担い手を育てる教育の場である。

[5]

For the above purpose, I adopt a collaboration based on “Dance + Architecture + Design + Information”. Our modern era will become an era where collaboration by other fields is required. That is because we deal with “New Problem Groups” that can’t be solved by the previous methods. For that reason, the experts who deal with that need to be updated their expertise. Finally, our world has also come into an era where free collaboration is possible through collaboration of senses. Conceptually, the artists and scientists live in different worlds, but in the world of sensations the two are surprisingly close, and it is no contradiction that one person doubles as both. Those who had been forced to walk separately in various circumstances, but now they are asked to walk together for the first time, so they are very surprised to this big change. Such a new era is coming.

以上の目的の為に、「ダンス・建築・デザイン・情報」によるコラボレーションを採用する。現代という時代は他分野によるコラボレーションを必要とする時代になっていく。それは、これまでの方法では解決できない「新しい問題群」を扱うからである。そのために、それを扱う専門家たちの専門性も更新される必要が出てくる。やっと私たちの世界も、感覚の協同による自由なコラボレーションが可能な時代に入ってきたのである。概念上はアーティストとサイエンティストは別世界に住む異邦人たちだが、感覚の世界では両者は驚くほど近づき、一人の人間が両者を兼ねることも矛盾ではなくなっていく。これまで一緒に歩くことが必要だったのにいろんな事情で別々に歩くことを強いられてきた者たちが、いまはじめて一緒に歩くことを求められ、驚いている。そんな新しい時代がやってきているのである。

[6]

And, it is the space dancer that plays an important role in “Space Museum”. This is because space dancers are evaluated socially as one of “Body Experts”, they are the persons who precede “Tacit Knowledge”, and stand at the closest position to express “Tacit Knowledge” as the information. The space dancers train their body skills day by day and study to float a body a bit, they are doing “Creation of Posture ~ Formation of Form” which people can’t do in the everyday life. Today, we have special value to “Tacit Knowledge” cultivated in floating the body a bit, in the information society, in the aged society, and in the space age. However, this value has never been socialized, it has been left secret in the narrow world of performing arts of dance.

そして、『スペースミュージアム』で重要な役割を果たすのは、スペースダンサーである。それは、スペースダンサーが「身体の専門家」の一人として社会的に評価され、『身体知』を先行して担う者であり、『身体知』の情報化のためにもっとも近い位置に立っているからである。スペースダンサーは、日々身体技術を鍛え、少し身体を浮かすことを覚え、日常ではできない「姿勢の創造~フォルムの形成」を行っている。この、少し身体を浮かすことの中で培われる身体知に、情報社会・高齢社会・宇宙時代を迎えた今日においては特別の価値がある。しかし、この価値は、これまで社会化されたことはなく、ダンスという狭い舞台芸術の中で秘密のまま放置されてきた。

[7]

As long as the dancers have the intention of informing “Tacit Knowledge” that they have cultivated, they can open a “New Function” suitable for the 21st century and can be active as a social entity as well as the Bauhaus architects in the first half of the 20th century. Because the importance of the dancers who shoulder “Tacit Knowledge” increase dramatically in the information society. If the creation and adjustment of “Posture” becomes a daily theme for people all over the world, the dancers who are doing it every day will be tied in a new way to the people, and the utility of dance will draw attention in their lives.

ダンサーは、自分が培ってきた身体知を情報化する意志をもつかぎり、20世紀前半のバウハウス時代の建築家と同様に、21世紀にふさわしい「新しい職能」をひらき、社会的存在として活躍できる可能性が出てきた。身体知を担う者たちの重要性は、情報化社会では格段に増加するからである。「姿勢」の創造や調整が世界中の人びとの毎日のテーマになれば、それを日々やっているダンサーは人びとに新しい形で結びつき、ダンスの効用が生活の中で注目されることになる。

[7]

Therefore, even in such a case, if there is no reflection on the 20th century art system, and if we interpret about dance only like “Dancers are the persons who create the beautiful movements that can’t be realized by ordinary people on the stage” it is boring just by comparing the superiorities between the humans, we see only the differentiation between a dancer and ordinary people. So, more than that, if we interpret about dance like “Dancers are the persons who recollect a history of the evolution of the life, and depend on its recollection they challenge the creation of the new postures through dance movements. They are pioneers who develop the vision of the body for the tomorrow”, it will be useful for ordinary people and it will show a new spread. From now, limiting the use of dance will make dance a boring one.

したがって、このような時にも、20世紀のアートシステムに対する反省もなく、「ダンサーとは舞台上でふつうの人びとにはできない美しい動きをつくり出す人」とだけ解釈し、これまでと同様にダンサーとふつうの人びとを差別化していれば、人間同士の優劣を比較しているだけでつまらない。それよりも、「ダンサーとは、生物の進化史を身体の動きを通して追想し、それを根拠に新しい姿勢の創造に挑戦する人。未来の身体への予感を率先して開拓する人」と解釈していけば、それはふつうの人びとにも役立つことで、新しい広がりを見せる。これからは、ダンスの用途を限定することは、ダンスをつまらないものにすることである。

[8]

If it is true that space development, biometric remodeling, robot development, virtual space development, elderly people’s culture development are all difficult to understand for the general public, the dancers have a lot of opportunities. Then, if they realize collaboration, they will catch the opportunity to create “New Dance”. Even in Laban’s school in London, which is famous for its high level of dance education, only a few graduates can enter the world famous dance troupe, and other graduates can’t get jobs. Even if they get a job at such a troupe, the timing of their retirement is incredibly early. The circumstances are the same also at the university’s dance faculties around the world, and there is no witness to boldly show contradiction of contemporary dance education so much. The time is coming to address new demands.

宇宙開発も、生体改造も、ロボット開発も、仮想空間開発も、高齢者文化開発も、誰もが身体がわからなくなり困っていくのが事実だとすれば、ダンサーにはチャンスはいくらでもある。そこでコラボレーションを成立させれば、「新しいダンス」の創造へのきっかけをつかめる。高レベルのダンス教育がされていることで有名なロンドンのラバンの学校でも、ごく一部の卒業生が世界的に有名な舞踊団に入れるだけで、他の卒業生には就職口がない。またそのような舞踊団に就職できても、彼らのリタイアの時期は信じられないほど早い。世界中の大学のダンス学部でも事情は同じであり、これほど現代ダンス教育の矛盾を端的に示す証拠もない。就職口が無い教育を実施するダンス学部とは、第一歩から「教育の理念」に反しているだろう。舞踏も含め、「ダンス&デザイン」のコンセプトにより、「新しいダンス」と「社会化されるダンス」の構築へ。新しい要請に向けて柁を切るべき時が来ているのである。

Movie “INTERSTELLAR” and Theoretical Physicist, Lisa Randall / 映画『インターステラー』と宇宙物理学者リサ・ランドール

[1]

On the door of the cover of the popular theoretical physicist Lisa Randall’s “Knocking Heaven’s Door” (2013), she is one of the leading-edge questers for Surplus Dimension, we can read several words like “What does it mean to be Science? What is Higgs Particle? What is Dark Matter? Is it possible to make a Black Hole? And we are living in Surplus Dimension?” I think this is a nice catch copy by a combination of really skilled questions, which evokes the readers’ willingness to buy and invites them.

最先端の余剰次元の探求者の一人である理論物理学者リサ・ランドールの『宇宙の扉をノックする』(2013)の表紙の扉には、「科学するとはどういうことか? ヒッグス粒子は何か? 暗黒物質は? ブラックホールは作れるのか? そして私たちは異次元にも住むのか?」と書かれている。実に巧みな質問の組合せによるキャッチコピーで、これで読者の購買意欲を喚起し、誘っているのである。

[2]

Because, if we read it carefully, the question other than the last “We are living in Surplus Dimension?” is a “Scientific Question“, but this question is different. But, this last non-scientific question invites ordinary people’s interest and ignites purchasing will.

というのも、よく読めば、最後の「私たちは異次元にも住むのか?」以外の問いは「科学的問い」であるが、この問いは違うからである。しかし、この最後の非科学的問いが、ふつうの人びとの関心を誘い、購買意欲に火をつけるのである。

[3]

In this book, Lisa Randall answered to one choreographer that “the influence by Surplus Dimension on physical phenomena is infinitely small, so if we are receiving it, we could already see its effects” to the choreographer’s question of “I know you study Surplus Dimension, please teach me does Surplus Dimension influences the movement of humans body?”.

この本の中で、ある振付家の「あなたが研究する余剰次元は、人間の身体の動きにも影響を与えているのか?」という質問に対して、リサ・ランドールは「与えていないと思う。物理現象に対する余剰次元の影響は限りなく小さいから。与えているなら、私たちは既にその効果を観測しているはず」と答えている。

[4]

For me, this exchange is interesting. Because, her answer also leaves the possibility that if its observation accuracy increases dramatically in the near future “its effect may be observed“. And if it comes up with a case where the effect is demonstrated, can she admit it honestly? Because she confessed in the previous work “Warped Passages” (2007) that she believed its existence before “Demonstration” in her verification work about Surplus Dimension, in short she belongs to a next generation type as a scientist.

私には、このやり取りが面白い。それは、彼女の答え方が、近い将来観測精度が飛躍的にアップするなら「その効果が観測されるかも知れない」という可能性も残しているからだ。そして、もしその効果が実証される事態になる場合には、彼女なら素直に認めるのではないか? 彼女は前著『ワープする宇宙』(2007)において、余剰次元の検証作業の中で、「実証」よりも先にその存在を「信じている」ことを告白した次世代型の科学者であるからである。

[5]

Christopher Nolan’s movie “Interstellar” (2014) is a work that expresses the scene that Surplus Dimension affects Four-Dimensional World. This movie is like a picture for Lisa Randall’s Surplus Dimension Theory. The featured scene is a scene where the hero returned to a nostalgic room 30 years later when he departed to the universe to reunite with his daughter.  The hero contacts from Surplus Dimension called “4 dimensional hypercube TESARACT” where time and space expand and shrink, and the daughter lives in the same our Four-Dimensional World.

余剰次元が四次元世界に影響を与える光景を描いた作品として,クリストファー・ノーラン監督の映画『インターステラー』(2014)がある。この映画は、リサ・ランドールの余剰次元論を絵にしたような作品だ。注目は、主人公が娘に再会するために宇宙に出発してから30年後に懐かしい部屋に戻ってきた場面。主人公は時間と空間が伸縮する「4次元超立方体テサラクト」という異次元空間から娘にコンタクトし、娘は私たちと同じ四次元世界に住んでいる。

[6]

In the movie, the two worlds are connected via “Bookshelf” of this room as an intermediary. Father moved the books and the watch from behind and gave a signal, both of them “daughter when small” and “daughter who grew up as a physicist” both feel “Father” sensitively. Finally, the grown daughter notices that the watch on the bookshelf carved “Cipher“. Then, she could solve the secret of gravity from the cipher and could success in launching a big space colony near Saturn. This is a story that human beings who were about to die on the diseased Earth were relieved by migrating to space colony.

映画では、彼らの世界はこの部屋の「本棚」を仲介としてつながっている。父親が背後から本を動かし、信号を発し、「小さい時の娘」も、「物理学者として成長した娘」も、二人とも「父親」を敏感に感じ取る。最後に、成長した娘が本棚に置かれた時計が「暗号」を刻んでいることに気づく。そして、その暗号から重力の秘密を解き明かし、土星近くへの巨大スペースコロニーの打ち上げに成功する。疾病した地球で滅亡寸前だった人類が、スペースコロニーに移住することで救済されたという物語である。

[7]

In this movie, the theoretical physicist Kip Thorne who was awarded the Nobel prize served as a science consultant and became a big topic after the appearance of the black hole by the latest scientific knowledge was portrayed. But, there is no detailed explanation about TESARACT which is the most important, which is regarded as a space connected to all the times of the Earth’s past, present and future, which arrived after the hero was absorbed by this black hole. Although TESARACT is in contact with our Four-Dimensional World through a bookshelf as one of Surplus Dimensions.

この映画では、ノーベル賞を受賞した理論物理学者キップ・ソーンが科学コンサルタントを務め、最新の科学的知見によるブラックホールの姿が描写されて大きな話題になった。しかし、最も肝心な、主人公がこのブラックホールに吸収された後に行き着いた、地球の過去、現在、未来全ての時間と連結している空間であるとされているテサラクトについて、詳しい説明は存在しない。テサラクトは余剰次元の一つとして、本棚を通して私たちの四次元空間と接しているのに。

[8]

Why the time at TESARACT connected to the earth’s time? The hero entered in TESARACT by being absorbed by the black hole, how did he come out from TESARACT? Also, can he enter in TESARACT again? Is there no physical change due to entering and leaving TESARACT? The effectiveness of TESRACT is expected to be enormous for the humans, but what kind of benefit can we imagine?

なぜ、テサラクトでは、地球の時間と連結しているのか? 主人公はブラックホールに吸収されることでテサラクトに入ったが、どうやってテサラクトから出てきたのか? また、再度テサラクトに入ることは出来るのか? ブラックホールに吸収されるだけで何もしなくてもそれは可能になるのか? テサラクトへの出入りによる身体の変化はないのか? テサラクトの有効性は人類にとり莫大であると予想されるが、どんな利益として想像されるだろうか?

[9]

I think about Surplus Dimension including these questions as one “Hypothesis” or “Story” as follows.

TESARACT is one of Surplus Dimensions where time and space freely stretch and shrink, but there are many Surplus Dimensions adjoin to our Four-Dimensional World other than TESARACT. In Surplus Dimension that I perceive “They – The Dead, Lost Animals, Aliens” live as close to “They” who appear in “Interstellar”, 

私は、これらの問いを含め、余剰次元について、一つの「仮説」或いは「物語」として、次のように考えている。

テサラクトは時間と空間が自由に伸縮する余剰次元の一つであるが、私たちの四次元世界と隣接する余剰次元はテサラクト以外にも多く存在する。私が知覚する一つの余剰次元には、『インターステラー』に登場する『彼ら』と近い存在として、『彼ら~死者たち・失われた動物たち・異星人たち』が住んでいる。 

[10]

And, this Surplus Dimension is composed of substances different from substances including Higgs boson and dark matter constituting Four-Dimensional World. Those who live in Four-Dimensional World can have a “Mind” with continuity in this Surplus Dimension after their death. But, since the substance is different, the body is also different, so it seems to be completely different from the other’s point of view. Only the principal understands the identity. Even “They” who live in Surplus Dimension, other than their own, don’t know how they were in Four-Dimensional World.

そして、この余剰次元は、四次元世界を構成する物質とは異なるヒッグス粒子や暗黒物質を含む物質で構成されている。この点が非常に重要である。四次元世界に住む者は、死後、この余剰次元で連続性をもつ「」を持つことが可能だが、物質が異なるため身体も異なり、他者から見れば全く異なる存在に見える。本人にしかその同一性はわからない。余剰次元に住む『彼ら』も、四次元世界ではどんな姿だったのか、本人以外、誰にもわからない。

[11]

In order for us living in Four-Dimensional World to move to Surplus Dimension, we need to discover the “Boundary” in Four-Dimensional World, and we need to occur “Saturation of Mind and Body = Catharsis” there. If we can move, we will have a different body, live a different time from Four-Dimensional World, and we can move space freely. Also we can make a contact to Four-Dimensional World from Surplus Dimension. If we want to return to Four-Dimensional World it will be OK to stop “Saturation”.

四次元世界に住む者が余剰次元に移動するためには、四次元世界の中で「境界」を発見し、そこに移動し、そこで「心身の飽和=カタルシス、或いは<ゆらぎ>」を起こす必要がある。移動できれば、異なる身体をもつ存在となり、四次元世界とは異なった時間を生き、空間も自由に移動できる。余剰次元から四次元世界にコンタクトすることも出来る。四次元世界に戻るためには、この「心身の飽和」を停止すればいい。

[12]

Why “They – The Dead, Lost Animals, Aliens” which I perceive could move to Surplus Dimension? Because they experienced “Death” that is close to “Saturation”. They are living with same mind when they had lived in Four-Dimensional World, and with different body. But, they can’t return to Four-Dimensional World. Because they lost body that they kept it in Four-Dimensional World. Me too, if i die in Four-Dimensional World even if I can move to Surplus Dimension but I can’t return to Four-Dimensional World. Just I only can send “Signal” to Four-Dimensional World.

私が知覚する『彼ら~死者たち・失われた動物たち・異星人たち』が余剰次元に移動できたのは、彼らが特殊な力を身につけた存在で、「心身の飽和」に近い「」を体験したからである。『彼ら』は四次元世界に住んでいた時と同じ心を持ち、異なる身体をもって生きている。しかし、『彼ら』は四次元世界に戻ることは出来ない。それは、四次元世界で持っていた身体を死によって崩壊させたからである。私も、四次元世界で死ねば、余剰次元に移動できても、四次元世界には戻れない。四次元世界に「信号」を送ることが出来るだけである。

[13]

The hero of “Interstellar” was able to move to TESARACT because it fell into the black hole and accidentally experienced a state close to “Saturation of mind and body”. He moved to TESARACT through the black hole, also he returned to Four-Dimensional World through the black hole again, but he can move to TERASACT again. Because, he couldn’t established its method deliberately. Therefore, he can’t establish the effective use of TESARACT as a property of the humans. He could only return to a planet where one colleague is left and continues their research in the last scene of the movie. Since the space colony have already been realized, so there is not much meaning to work there.

『インターステラー』の主人公がテサラクトに移動できたのは、ブラックホールに落下し、偶然、「心身の飽和」に近い状態を体験したからである。彼はブラックホールを通過してテサラクトに移動し、またブラックホールを通過して四次元世界に戻ったが、再度テサラクトに移動することは出来ない。その方法が確立されていないからである。従って、人類の財産としてテサラクトを有効に利用することは出来ない。主人公は、映画の最後の場面で、恋人が一人残されて研究を続ける惑星に戻っただけである。既にスペースコロニーが実現されているので、そこでの仕事にはあまり意味がないと思われるが。

[14]

If I produce a sequel of “Interstellar”, at first let’s the hero develop a transportation to TESARACT. For its purpose, the humans intellectual maturity and the physical modification are also required. Then, let’s the hero solve all other Surplus Dimensions and develop a “New Way of Collaboration” with all existence living in Surplus Dimensions. This collaboration will be the arrival of new opportunities, this will give us the unknown possibilities of space development by the humans more than space colony which only allows the migration of earthlings.

もし、私が『インターステラー』の続編を制作するなら、まず主人公にテサラクトについてもっと研究させ、そこへの交通手段を開発させる。そのためには、人間の知的成熟と、身体の改造も求められることになるだろう。そして、他の全ての余剰次元についても解明し、余剰次元に住む多くの他の存在との「新しいコンタクトと協働の仕方」を開拓させる。余剰次元に住む全ての存在との協働は、まさに人間にとりまったく新しいチャンスの到来であり、単に地球人の移住だけを可能にするスペースコロニーよりも、人類による宇宙開発の未知なる可能性を与えることになるからだ。

When the Time comes / 時が来れば

[1]

二足歩行を完成させた人類が、直立することによって脳を肥大化させ、「手」をさらに自在に使用して多様な道具を発明し、火を使用し、モノを誕生させ、言葉をたくみに使い、食物を生産し、戦争の技術を磨き、敵を殺して同族を増やし、コミュニケーションを発達させ、サルの世界にはない人工物の世界と高度な文化を築きあげ、人類として地上に君臨するようになっていく。これらの過程でも、人類は、さまざまな迷いごとや、悩みや、自分にも理解不能な数々の欲望や絶望に襲われただろうか。人類草創期における「悩み」について、また魚からの進化の歴史も含めこのような特徴をもつ人類として誕生したことの「喜び」について、或いは「悲しみ」について、今でもそれを記憶として語り表現することができる人間が、この世に存在するだろうか。

Our humans through a perfect bipedalism could enlarge a brain, could invent various tools using by “Hand” well, could make a fire, could create various artificial objects, could use language, could produce the foods, could develop a skill for the war, could increase the “Family” killing by the enemy, could develop a communication, and could develop the artificial and high cultural world which we couldn’t find it in the ape’s world. Then, little by little, they could dominate on the grand as “Human Race”. In this process, maybe, our human experienced several doubts and worries, and they were visited with several abstruse desires and despairs? Can we find people in our world even now who can express it as their memories about the “Worries” in the early stage of our humans, and about “Joy of Life” they could birth with these characters, or its “Sadness”?

[2]

そして、「物語」はさらに続く。驚くべきことに、パキケトゥスやアンプロケトゥスという一部の四足動物たちが、何を思ったのか、再び海に還る道を選んだのだ。彼らが、クジラやイルカたちの祖先になったという。彼らは、地上生活の中で「何か」に気づき、それで自発的に海に還ったのだろうか。或いは、彼らもまた、かつてのイクティオステガたちと同じで、「よわい動物たち」として、「つよい動物たち」に邪魔者扱いされ、或いは捕食され絶滅させられる恐怖にさらされ、それで仕方なく海に還るしかなくなったのだろうか。或いは、海へのつよい郷愁の念をもっていたために、地上生活に耐えられなくなって海に還ったのだろうか。或いはもっと単純に、彼らの生息地の食料が不足し始め、かつての海の生活の方がその確保に楽だということを思いついたのだろうか。

And, moreover I will continue to tell my story. What is amazing is that like Pakicetus and Ambulocetus, other one part of quadruped animals, what kind of thinking they had in that time I don’t know, but they made choice to return back to the sea. Then, they were being the ancestors of the whales and the dolphins. So, I wonder about them, they could recognize “Something”, so they returned to the sea spontaneously? Or, they had a same reason with “Ichthyostega”, they came to be treated as nuisances, as “Weak Animals” from “Strong Animals” on the ground? They were exposed to the fears of the predation and the extinction, so they should returned to the sea helplessly as their only one way? Or, because they kept a strong nostalgia to the sea, so they couldn’t stand any more of their condition on the ground, then they returned to the sea? Or, more in simple, the food were running short in their habitat, so they thought the getting the food was more easy in the sea?

[3]

このパキケトゥスやアンプロケトゥスたちの行動の「」については、誰もが関心をもつのではないか? なぜ、せっかく、魚から動物になれたのに、ふたたび魚と同じような存在になる道を選んだのか。陸上に存在することに恐怖があったとしても、或いはその他にも何か居心地の悪さのようなものを感じたり、或いは地上にやがて危機が訪れることをいち早く感じ取った等の理由で、それで海への帰還を決断したのだろうか。われわれ人間は、なぜ、クジラやイルカを特別に愛したり、クジラやイルカに人間に似た高度な知性が宿っていると推測したり、特に平和な顔つきをしたイルカに特別の親しみを感じたりするのだろうか。われわれ人間は、本当のところでは、自分たちの進化の歴史に何か恥じるものを隠しているのだろうか。人間である事は「痛み」なのだろうか?

I think, maybe almost people will be interested in a “Mystery” of the behaviors of Pakicetus and Ambulocetus. Why they selected the way to be back to a same existence like the fish again, since they could transfer to the animal from the fish with big efforts? Even if they felt the fears to exist on the ground, also they felt something uncomfortable condition, or depend on such a reason they felt the crisis will come soon, then they decided to return back to the sea? Also, why our today’s people love whales and dolphins specially? Why we conjecture that maybe whales and dolphins keep a high intelligence? Particularly why we feel strong affinities with dolphins, because they keep a peaceful face? Are we ashamed of our history of human’s evolution with a true feeling? For us the existence of human beings is “Pain”?

[4]

人間はなぜ、山に登り天頂を仰ぎ見ることと同様に、海に潜ることも特別に愛するのだろうか。山も、海も、古来から人間には畏れと憧れが入り混じる崇拝の対象である。人間がクジラやイルカを「友人」と感じたり、彼らの存在に「癒し」を感じたりするのはなぜなのか。或いは、人間もまた、時が来れば、宇宙に進出するか、或いは彼らと同様に海への帰還を選択する運命にあることを無意識に悟っているため、それで、我知らず、彼らに先行者としての親しみを感じているのだろうか。

Why human beings love to dive into the sea in the same way we love to climb a mountain and look up to the heaven? Both Mountain and Sea has been the subjects of worship mixed with fear and admiration from the ancient times. Why we feel whales and dolphins will be our “Friends” and why we feel “Restoration” in their existence? Or, our humans too, when our time come, we will be aware to our fate to advance to the universe or to return back to the sea in the same as Pakicetus and Ambulocetus unconsciously? So, in spite of ourselves, we could feel the affinities with them as a predecessor?

[5 ]

そして、人間の祖先も、気づいてはいたが、しかし、あくまで陸上に残る道を選択したのだろうか。そして、今ではないが、「いずれは」と思っているのだろうか。或いは、やはり、何も気づかなかったがゆえに、現在の姿があるのだろうか。「物語」は、ここから、さらに、次のように、私の「仮説」に基づいた物語として大きく展開される。

And, the ancestor of our humans, although they could notice the crisis which will come in the future on the ground, but they insisted on selecting a way to be on the ground? Or, it is not “Now” but they think it on “Someday”? Or, with a reason they didn’t notice the crisis, so they continued its existence on the ground as today’s condition? From these points, I will expand my story on more large scale depend on my hypothesis as follows;

  人間は、近く、パキケトゥスやアンプロケトゥスたちと 「同じ種類の冒険」をはじめる。

  Our humans, in a short time, will start to do “Same kind of Adventures” like Pakicetus and Ambulocetus.

 

Human Cosmic Plan / ヒト宇宙化計画

Human Cosmic Plan / ヒト宇宙化計画

[1]

Dream of Evolution” is the theme on which the human’s imagination is tested to the maximum. I assumed two people “Ilkai, I as my future” and “Elena, my lover who lives in Mars through Surplus Dimension“, and as “Human Cosmic Plan” supported by Ilkai and Elena, I draw as follows, I will challenge an adventure of the image.

進化の夢」こそ、人間の想像力が最大に試されるテーマである。私は「進化の夢」を、「未来の私であるイカイ」と「余剰次元を通過して火星に住む恋人エレナ」を想定し、この二人が担う『ヒト宇宙化計画』として、次のように描き、イメージの冒険に挑戦してみることにした。

[2]

Together with Elena, Ilkay will realize the following tasks as a “Human Cosmic Plan”.

 イカイは、エレナと共に、次の内容を「ヒト宇宙化計画」として行う。

[2-1]

Ilkay asks Elena to understand the Earth problem.

イカイは、エレナに地球問題の理解を求める。

[2-2]

Ilkay understands the Mars problem held by Elena.

イカイは、エレナが抱える火星問題を理解する。

[2-3]

Together with Elena, Ilkay solves the Earth problem and the Mars problem.

イカイは、エレナと共に、地球問題と火星問題を解決する。

[2-4]

Ilkay becomes a family with Elena, give birth to children, and raise “Race of Universe”.

イカイは、エレナと家族になり、子供を産み、「宇宙人種」を育てる。

[2-5]

Ilkay forms a “Big Family” with the cosmic race and start a journey to the end of the universe.

イカイは、宇宙人種による「大きな家族」を形成し、宇宙の果てへの旅をはじめる。

[3]

Elena is a Mars resident. Residents of Mars were born from the migration of Earth residents to Mars. The Mars residents successfully made use of the environment of one third of gravity and made great progress. However, the Mars residents were unable to endure the foolishness of hatred, conflict, and war that endlessly continued among the residents of the Earth, so they modified the brain to insulate the history as the descendants of the Earth’s inhabitants. But its independence failed.

エレナは火星住民である。火星住民は地球住民が火星に移住したことから誕生した。火星住民は三分の一の重力という環境をうまく利用し、大きく進歩した。しかし、火星住民は地球住民の間で延々と続く憎悪・争い・戦争という愚かさに我慢できず、脳を改造して地球住民の子孫としての歴史に終止符をうち、地球住民と絶縁した。しかし、その独立は失敗した。

If we break out our own roots, we meet a counterattack from the environment. Therefore, the Mars residents dilute the body, the existence itself becomes half a dream, and it is destined to disappear. However, Elena still knows that she has a hope for herself as a Mars resident. That is the union with Ilkay.

自らのルーツを絶てば、環境からの逆襲に会う。そのため、火星住民は身体を希薄化させ、存在自体が半ば夢と化し、このままでは消滅する運命にある。しかし、エレナはまだ火星住民としての自分に希望が残されていることを知っている。それが、イカイとの合体である。

[4]

On the other hand, Ilkay aimed to build and operate a “New Body” on Earth, but in the union with the Earth woman, it was not possible to create the universe race from the “New Body”. Therefore, he could not solve the Earth problem. After that, he understood that it is impossible on the sick Earth, he need a pure existence who knows the contradiction of the Earth culture well, it is Elena living on Mars. Ilkai left for Mars and met Elena.

一方、イカイは、地球で「新しい身体」の構築と稼動をめざしたが、地球の女性との合体では「新しい身体」から宇宙人種を誕生させることができなかった。そのため、地球問題も解決できなかった。その後、それは病んでしまった地球では不可能なこと、地球文化の矛盾を知り尽くす純粋な存在が必要であること、それが火星に住むエレナであることを理解した。イカイは火星に出発し、エレナに会った。

[5]

Ilkai and Elena met on Mars, tried Space Dance, and reviewed the evolutionary history of life. They touched the family tree of each animal roots and rotated beautifully at high speed like a pair of the double helix of DNA, Then they were united and with their union they created “New Posture” that were different from both Earth residents and Mars resident, finally through this experience they designed a “Tool for supporting Posture“. As its result they could realize a birth of the first intelligence as an outer race.

火星で出会ったイカイとエレナは、宇宙ダンスを試み、生命の進化史を追想して二人のそれぞれの動物の系譜につながり、遺伝子の二重ラセンの一対のように美しく高速に回転し、合体し、その合体から地球住民とも火星住民とも異なる「新しい姿勢」を創造し、それを支える「姿勢支援ツール」をデザインした。その成果により、宇宙人種としての最初の知性を誕生させた。

[6]

The people of the Earth also used “Tool for supporting Posture” to discover directions to the universe where they can advance, resolve the egoism among the nations, restore the global environment, and solve the Earth problem.

その結果、地球住民も、「姿勢支援ツール」を使用し、進出可能な宇宙への方向を発見し、国家間のエゴイズムを解消させ、地球環境を修復し、地球問題を解決した。

[7]

Through the use of “Tool for supporting Posture”, the Mars resident realized the body as the entity again, awoke from the dream, and found out the direction of advance to the universe that is also different from the Earth residents. Residents of Mars began to flourish more and settled the Mars problem.

「姿勢支援ツール」の使用により、火星住民もふたたび身体を実体化させ、夢から醒め、地球住民とはまた異なる宇宙への進出の方向を見出した。火星住民は一段と栄えはじめ、火星問題を解決した。

[8]

From the union of Ilkai and Elena, the first child of the cosmic race was born, and thwy became the parents.

イカイとエレナの合体から、宇宙人種の最初の子供が誕生し、二人はその親になった。

[9]

“Human Cosmic Plan” is the consensus of both the Earth residents and the Mars residents who reached at end of their self-examination, the cosmic race by the union of Ilkai and Elena are the only people who deserve the name of “Post Human“.  Ilkay and Elena made a “Big Family” as the cosmic race and started a journey to the end of the universe.

「ヒト宇宙化計画」とは、地球住民と火星住民が自己の反省の果てに辿り着いた両者の総意であり、イカイとエレナの合体による宇宙人種こそ、「ポスト人間」の名に値する存在である。イカイとエレナは、宇宙人種として「大きな家族」をつくり、宇宙の果てへの旅を開始した。

Miracle named Love / 愛という奇跡

Miracle named Love / 愛という奇跡

[1]

It is necessary for everyone as much as “Love“, and there is nothing to bother. It is as close as possible, none is impossible in the distance for “Love”. Human beings are always “Alone“, both when we come into the world, when we create our important expressions, and when we die. So, one miracle named “Love” has been born to bring into contact “One” and “One.”

」ほど誰にとっても必要で、また悩ますものはない。「愛」ほどすぐ身近にあり、また遠くて不可能なものはない。人間はいつも「一人」だ。生まれてくる時も。表現の大切な時も。死ぬ時も。だから「一人」と「一人」をつなぐ「愛」という奇跡が生まれた。

[2]

Elena awoke up slowly and greeted me with a familiar smile. Then she stood up quietly and for me she began a most sympathetic and most bewitching dance in the world. I have never seen such a beautiful dance.

エレナがゆっくりと目を覚まし、私を笑顔で迎えてくれた。そして静かに立ち上がり、世界でもっとも優しく、もっとも妖艶なダンスを始めた。私はこれほど美しいダンスを見たことがない。

[3]

I was very surprised with Elena’s speaking. She said that now the dead people hope to get the emigration to the universe together with the lost animals and the alien. They want to leave the earth. Elena already knew that my group was planning a “Space Emigration Plan“. So, she tried to contact with me and she handled Elena as my memory in my brain, then she invited me here. Now I feel I understand a reason why Elena left our world at a young age.

エレナの話しを聞き、私は驚いた。いま死者たちは、失われた動物たちや異星人たちと共に宇宙への移住を希望しているという。彼らも地球を離れたがっているのだ。エレナは私のグループが「宇宙移住計画」を練っていることも知っていた。それで、エレナが私との接触を試み、私の記憶の中のエレナを動かし、私をここに呼び寄せた。なぜエレナは若くしてこの世を去ったのか。いまその理由がわかる気がする。

[4]

I became a new through the reunion with Elena. When I looked at my face in the mirror, there was a “New Face” I had never seen. Somehow I felt nostalgic with this face. Just now, I live in my usual word and I also live in Elena’s world same time, I could start the surprising and unexpected life. My life change with a big scale.

エレナと再会することで、新しくなった私。私の顔を鏡で見たら、そこには見たこともない「新しい顔」があった。なぜか、懐かしいと思った。私はいま、これまでの世界に住むと共にエレナが生きる世界にも住み、思いがけない生活を始めるのだ。私の人生が大きく変わる。

[5]

Elena taught me about several interesting points of “Surplus Dimension”. The structure of the “Surplus Dimension” is unique, and countless worlds coexist here. But, the materials constituting one world and the materials constituting other world are different completely, so there is no contact between 2 worlds, any war and any conflict can’t happen there. The progress of one world will not be hindered by the trend of other worlds. Also, for every worlds, even if they fail, if they wish, they can start again from the beginning.

エレナが私に余剰次元の特徴を教えてくれた。その構造は独特で、ここでは無数の世界が共存している。しかし、一つの世界を構成する物質と他の世界を構成する物質が異なるため、両者の間には戦争もなく、いかなる争いも存在しない。一つの世界の進展は、他の世界の動向により妨げられることがない。そして、どんな世界も、失敗しても、望むなら、最初からやり直しできる。

[6]

My work is to realize the emigration to the universe together with Elena in order to not repeat the mistakes of earth culture. Also, in order to recognize one fact more exactly that in our humans world also dead people, lost animals, and alien live together, and
they want to get their own growth.

私の仕事は、エレナと宇宙への移住を果たすこと。地球文化の過ちを繰り返すことがないように。人間の世界には死者たちや失われた動物たちや異星人たちも住んでおり、彼らもまた彼らの成長を望んでいることをもっとよく知るために。