Art and Science, Two Spirits / アートとサイエンス、二つの心

[1]

現代科学の最先端を走る一人の理論物理学者リサ・ランドールは、自分の余剰次元の考えが科学的に実証されたものではなく、「自分が信じている考え」であること、宗教者やアーティストと同様に「自分に訪れた直感」であることを告白している。

Theoretical physicist Lisa Randall [C-26] [R-1] who runs at the forefront of modern science, said on her book that her idea of “Surplus Dimension” is not based on scientific positive evidence, but “her own belief” as well as religions and artists. She confessed it is a just “intuition” that come to her mind.

  「ふと、自分の本当の気持ちに気づいた。私は余剰次元が何らかのかたちで存在しているに違いないと、信じているのである。まさか自分がそんなふうになるなんて」(リサ・ランドール『ワープする宇宙』 NHK出版/2005 21ページ)

  “Suddenly I noticed my true feelings. I believe that Surplus Dimension must exist in some form. No way that I will be its way.” (“Warped Passages” by Lisa Randall 2005, at page 21.)

つまり、彼女も、自分の科学的発想をサイエンス以外のものに基礎を置いており、彼女の精神には宗教或いはアートとサイエンスの二つの心が存在している。私たちのこれからの時代は、宗教とアートとサイエンスがかつてのルネサンスのように再び接近する時代になるだろう。宗教やアートと距離をとることで成立したサイエンスの時代は、その意味で終るのである。宗教やアートがサイエンスをリードすることは依然としてあり得る。そして、サイエンスが、一度否定した宗教やアートに対して新しい解釈を加え、宗教やアートを更新することもできる。私がここでめざすのも、サイエンスの更新であり、宗教とアートの更新である。

In other words, she is also based on something other than science for her scientific idea, and in her mind two spirits are living, one sprit come from Religion or Art and other spirit come from Science. From now our era will be an era that Religion, Art, and Science come closer each other again like the former Renaissance. In that meaning the era of science established by taking distance from Religion and Art will end. Religion and Art can still lead Science. Science can also update Religion and Art by adding new content to Religion and Art once denied. What I am going for in this part is renewal of Science, and renewal of Religion and Art.

[2]

ここでは、科学的真実といわれるものも今だ「仮説」の域に留まっているものが多いという事実も考慮し、「仮説」であるか「真実」であるかは第一義的に重要ではない。重要なのは、私という一個のアンテナにとり「真実らしく感じられるか」どうかであり、それが「仮説」であっても、或いはSFの主張であっても、私がこの本で探求するテーマにとり面白く、重要であると見做される見解については、それを採用するという方針を採っていく。

On this book a theme that some one view belongs to a “Hypotheses” or a “True” will be not important basically. Because, we know almost “Scientific Facts” are remaining in the position of “Hypotheses”. Most important thing is that I can feel one view as “Like True” for my feeling, for my antenna or not. So, even if it is a “Hypotheses”, or if it is a science fiction, if it will be interesting and important for my book, I take a policy to adopt it.

[3]

私には、長年舞踏家として培ってきた以下の思いがある。

As a Butoh-Space Dance Choreographer long year, I have bringing up these following ideas;

  人間の身体と脳は、動物だった頃の記憶も含め、あらゆる記憶を保存している。その記憶は、身体の特有な動きを通して回復される。人間は夢見る存在であり、その夢は、余剰次元と未来に向かって流れ込んでいる。

  Our human’s body and brain keep all memories including the memories of animal’s age. We can get back these memories through our body’s characteristic movements. Humans are dreaming beings, and our dreams are flowing towards the Surplus Dimension and towards the Future.

このような思いを支える感覚として、私には「余剰次元が、私たちが住む四次元世界とは別のあり方ですぐ近くに存在し、そこには失われた動物たちや異星人たちや死者たちが住んでおり、つねに何かを発信している」というものがあり、これは真実である。或いは、そのような余剰次元が存在して欲しいと希望していることは事実である。したがって、それが現在のサイエンスによって事実として立証されないからと言って否定する必要は何もない。それは、現在のサイエンス自身が更新されていく運命にある過渡的存在であることも間違いないからである。そのような存在に自分の一番大切な部分を保証される必要はないはずだ。

I have one feeling which supports my ideas as “Surplus Dimension exists very near our world with a different layer, and the lost animals, the aliens, and the dead people live there. And always they are sending some messages to us”. This feeling is a true for me. Or, it is a true I hope that’s Surplus Dimension exists with such a condition. So, if today’s Science can’t prove my feeling I don’t need to negate it. Because I know today’s Science itself is a transitional existence and there’s no doubt that it have a destiny always to be renewed. I don’t need such a Science to guarantee my most important part.