Aldrin, I am standing diagonally / オルドリン、斜めに立っている私

[1]

For us who pay attention to “Posture“, the testimonies by the astronauts who could land on the moon of gravity 1/6 of the earth are very interesting. It were the important experiences about the close relationship between the body and the gravity, and recognitions that “Posture” is a function of the gravity with their own bodies. In particular, a testimony of Astronaut Buzz Aldrin who could realize a moonwalk as the second human tells the fact very clearly, including his expression of “Oh, my body stands at an angle on the moon!”, that how the humans maintain their “Posture” in relation to the gravity.

姿勢」に注目する私たちには、地球の1/6の重力の月に降り立った宇宙飛行士たちの証言が大変興味深い。それは、身体と重力との密接な関係についての重要な体験であり、「姿勢」が重力の関数であることの身をもっての認識だった。特にオルドリン宇宙飛行士の証言は、「斜めのまま立っている身体」についての記述も含め、その事実を端的に物語っており、人間がいかに重力との関係において自己の「姿勢」を維持しているかについてきわめて適切に表現している。

[2]

The humans could renew our recognition of the “Body” by walking on the moon for the first time, including the spacewalk in non-gravity environment at International Space Station. Through this recognition we forces to regain consciousness of the relationship with the gravity which we were not aware of as an unconscious process on the earth, but as a result, we also could learn “the possibility of adjusting the relationship with gravity artificially“.

人間は、国際宇宙ステーションにおける無重力環境での宇宙遊泳も含め、月の上を歩くことで、はじめて身体に対する認識を一新した。この認識により、人間は地上では無意識下の過程として意識することがなかった重力との関係を再びつよく意識せざるを得ず、しかしその結果として、「重力との関係を人工的に調節できる可能性」があることもまた学ぶことができたのである。

[3]

The “Floating Experience” in non-gravity environment in space is a revolutionary event from the perspective of “Liberation from Gravity“, as many astronauts have already described as an emotional experience since the beginning of the human history. But, from the perspective of our “Space and Culture“, it seems one-sided. This is because, apart from specially trained astronauts, for ordinary humans, everyone should has the same “Posture” in non-gravity environment, so in the sense that the essential “Mood” and individual “Way” that have been realized on the ground cannot be guaranteed. So, its condition will be boring and take away “Individuality” as the humans.

宇宙の無重力環境での「浮かぶ体験」は、すでに多くの宇宙飛行士が人類史はじまって以来の体験として感動的に述べているように、「重力からの解放」という観点からは革命的出来事だった。しかし、私たちの「宇宙と文化」という観点からは、一面的なものに思える。それは、特殊な訓練を受けた宇宙飛行士は別として、ふつうの人間にとっては、誰もが脱・姿勢的な同一の「姿勢」になってしまうため、地上において個人の固有の「姿勢」が実現していた本質的な「気分」や個性的な「やり方」が保証されなくなるという意味において、そのままでは退屈になり、人間の「個性」を奪ってしまうからである。

[4]

In a world where the human’s “Individuality” is not exhibited, the human’s consciousness gradually will begin to fall sleep, and there will be a risk of the human’s decline. The communication between people also loses the rich character by various transportations due to various personalities, and loses the contents to be exchanged, finally the establishment of the “World as Culture” that has characterized the human world will be dangerous.

人間の「個性」が発揮されない世界になれば、人間の意識は次第に眠りはじめ、人間的な衰退に向かうおそれがある。人と人とのコミュニケーションも、多様な個性による多様な交通という豊かな性格を失い、交換すべき内容を失って希薄になり、人間世界を特徴づけてきた「文化としての世界」の成立自体が危ういものになる。

[5]

In the world of physical expression such as several sports, martial arts, dance, theater, and so on as well as in the world of various craftsmanship, important basic human movements that form the unique “Posture” by putting effort into the waist become impossible. The same is true in the everyday world of standing behavior, and there is no doubt that the basic state of the human’s physical existence will be confused.

スポーツ・武術・ダンスなどの身体表現の世界においても、さまざまな職人芸の世界においても、腰に力を入れて独特な「姿勢」を形成する人間の重要な基本動作が不可能になる。立ち居振る舞いの日常世界でも同様であり、そのままでは人間のフィジカル面における基本的な存在のあり様が混乱していくことは間違いない。

[6]

Therefore, we propose that we need the artificial gravity for the human life in space, and in order to form a rich space culture, the wearing “Personal Tool for supporting Posture” with which we can customize the artificial gravity will be effective. This is because, above all, “Posture” is the mother’s womb of cultural creation, and in the future human world including the space environment, it is inevitable that the physical and spiritual desires of individuals will further increase. So, the unprecedented support for the “Body” will be one of the focal points the culture of next-generation.

したがって、私たちは、宇宙での人間生活のためには人工重力が必要であり、さらに人びとがより豊かな宇宙文化を形成していくためには、人工重力をカスタマイズできる「個人用の姿勢支援ツール」を装着することが有効になると提案する。それは、何よりも、「姿勢」が文化創造の母胎であるからであり、また宇宙環境を含めた今後の人間世界では個人としての物理的・精神的欲求が一段と高まることは必至であり、このような個人の「身体」に対するこれまでにない姿勢支援が、次世代文化の一つの焦点になるからである。

[7]

“Personal Tool for supporting Posture” we propose is a body support system that allows us to freely customize the artificial pravity and build our favorite “Posture” between zero gravity and one gravity. It is a tool that supports the body beyond the innate physical ability of the humans, and it transforms according to the situation and preference of the humans, and can be moved as plastic clothes, artificial hands and feet, free walking sticks, etc. It functions as an auxiliary tool. In our proposal we plan to make “Personal Tool for supporting Posture” work with the connection to “Artificial Gravity Generator” by rotation in the International Space Station, space hotel, lunar dwelling, and Mars dwelling.

私たちが提案する姿勢支援ツールは、0G~1Gの間で、自由に人工重力をカスタマイズし、好みの「姿勢」を構築できる身体支援システムである。それは、人間の生得の身体能力をこえて身体を支援するツールで、人間が置かれた状況や好みに応じて変形し、可塑的服や人工の手や足や自在な杖などとして、或いは移動機械などとして、補助具的に機能する。 私たちの提案では、このような姿勢支援ツールを、国際宇宙ステーション・宇宙ホテル・月面住居・火星住居などにおける回転による「人工重力発生装置」に連結させて機能させるという設定である。

[8]

By using “Personal Tool for supporting Posture” we can form our favorite “Posture” freely according to the space environment in which we are placed and build a new “Physical Base for Demonstrating Individuality“. Through this tool, it is expected that various “Individuality” will be born by various “Posture”, and the creation of a new space culture that was unthinkable on the earth can be expected. A new concept of the body will be born and there is a possibility that a new evolution of the humans will be realized in an unexpected way.

姿勢支援ツールにより、人間は自分の置かれた宇宙環境に即し、自分の望む「姿勢」を自由に形成し、「個性発揮のための身体的拠点」を新しく構築できる。その使用により、多様な「姿勢」による多様な「個性」が誕生することが予想され、地上では考えられなかった新しい宇宙文化の創造が期待できる。新しい身体の概念が生まれ、思いがけないあり方で、人間の新しい進化が実現される可能性が出てくる。