WELCOME / ようこそ

Tetsuro Fukuhara & SPACE MUSEUM /
福原哲郎 & スペースミュージアム

Tetsuro Fukuhara started his activity as a Japanese Butoh Choreographer and he created “SPACE DANCE” with the concept of “Dance & Design” through the experience of doubting the social role of art. On 2001, at the United Nations in New York he held SPACE DANCE performance and first “Kids SPACE DANCE“, and on 2004-2006, at Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA) in Tokyo he held a joint research on “GRAVITY” and “BODY” together with the architects, designers, media art curator, cognitive psychologists, robot developers, brain scientists, astrobiologists, and so on. After that, his book “VISION of BODY” was published and he held a memorial lecture “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” at Kopernik Science Center in Warsaw, and he is holding Space Dance Project around the world.

福原哲郎は日本の舞踏家として活動を開始し、アートの社会的役割に疑問をもった体験から「ダンス&デザイン」のコンセプトを掲げ、「スペースダンス」を創出しました。2001年、NY国連本部でスペースダンス公演と最初の「こども宇宙ダンス」を実施。2004-2006年、東京で宇宙航空研究開発機構(JAXA)と「重力」と「身体」を巡る共同研究をデザイナー・建築家・メディアアートキュレーター・認知心理学者・ロボット開発者・脳科学者・宇宙生物学者等と実施しました。その後、『身体の夢 / VISION of BODY』を出版、コペルニクス科学館で記念講演『アバロス~私の分身としてのAIロボット』を実施し、世界各地でスペースダンスプロジェクトを展開しています。

Currently, he is operating “SPACE MUSEUM” on the internet and preparing to open real “SPACE MUSEUM” around the world.

現在は、ネット上に『スペースミュージアム』を運営しつつ、リアルなスペースミュージアムを世界各地にオープンするための準備をしています。

The activities of Tetsuro are summarized as “Director“, “Writer“, “Space Dance Choreographer“, and “Media Artist“.

福原哲郎の活動を、「ディレクター」「スペースダンス舞踏家」「作家」「メディアアーティスト」として纏めました。

Based on his activities as a SPACE DANCE Choreographer, it is important to explore and express from several sides of “BODY“, “SCIENCE“, “DESIGN“, “ARCHITECTURE“, “STORY“, and “AI“, so his activities are multi-dimensional.

スペースダンス舞踏家としての活動をベースとする福原哲郎には、身体・科学・デザイン・建築・物語・AIに対する多様な面からの探求と表現が重要で、そのため活動内容も多肢にわたります。

What is SPACE DANCE PROJECT ? /
スペースダンスプロジェクトとは?

SPACE DANCE PROJECT” is a project pursuing a new dance expression, as well as a project to create a design after a dance with the concept of “DANCE & DESIGN”.

スペースダンスプロジェクトは、新しいダンス表現を追求するプロジェクトであるとともに、『ダンス & デザイン』をコンセプトとして、ダンスの後に新しいデザインを誕生させることを目指します。

We could hold “KIDS SCIENCE EXPOSITION – SPACE TUNNEL” in Kyoto, Japan on August this year supported by INAMORI FOUNDATION and produced by NHK Educational and it was a great success to get 7,500 kids & parents in 2 days. We could receive an evalution from the supervisor of this event Terufumi Ono, director of Mie Prefectural Museum, that “the physical experience will be important enough to become an information society and Space Tube Experience has become a valuable opportunity for it”. Due to the rapid progress of the information society, this trend will be accelerated future.

2019年8月、京都で開催した『こども宇宙博~スペーストンネル』(主催・稲盛財団、制作・NHKエデュケーショナル)では、2日間で7,500人という多くの親子が参加しスペースチューブ体験を楽しみました。監修・大野照文氏(三重県総合博物館館長)からは、「情報社会になるほど身体的体験が重要になり、スペースチューブ体験はその為の貴重な機会になった」との批評をいただきました。情報社会の進展は急激であり、この傾向はますます加速されるでしょう。

For expanding this big possibility we are operating “SPACE MUSEUM” as an online version and preparing “Plan of SPACE MUSEUM” to open real one.
 
私たちはこの可能性を拡大するために、ネット上に『スペースミュージアム・オンライン』を運営し、リアルなスペースミュージアム開館のために「スペースミュージアム計画」を用意しました。

SPACE MUSEUM will be consisted of “Kids Space Dance + Space Dance Workshop & Performance + Space Design Workshop + Social Design Workshop“, and we think for opening and operating one SPACE MUSEUM, we need 9 people “Investor + Producer + Director + Space Dancer + Architect + Industrial Designer + Media Artist + Net Producer + Editor” as the core members.

スペースミュージアムは、こども宇宙ダンス・スペースダンスワークショップ & 公演・スペースデザインワークショップ・ソーシャルデザインワークショップによって構成され、1館のスペースミュージアムの開館と運営には、中心メンバーとして、「投資家 + プロデューサー + ディレクター + スペースダンサー + 建築家 + 工業デザイナー + メディアアーティスト + ネットプロデューサー + 編集者」の9名が必要であると考えています。

 

If you are interested to hold one of these projects or to open “SPACE MUSEUM”, please contact with us;

これらのプロジェクトの実施を希望する方、またはスペースミュージアム開館にご関心のある方は、東京スペースダンスまでご連絡ください;

◎INQUIRY
Tetsuro Fukuhara (Director of Tokyo Space Dance);  jv4t-fkhr@asahi-net.or.jp

…………………………………
[Profile of Tetsuro Fukuhara & Tokyo Space Dance]

Tetsuro Fukuhara is Director of Tokyo Space Dance, Founder of SPACE MUSEUM ONLINE, Space Dance Choreographer, Writer, and Media Artist. 2000 – 2003, His appearances at many international cultural events such as “Space Dance Performance and Lecture” at Massachusetts Institute of Technology Media Laboratory in Boston, at the United Nations in New York, and others around the world. He has served as Future Physical Development Committee, Lecturer at Musashino Arts University, and Manager of ARSeeD Inc within SONY. 2004-2006, began a study in Tokyo with the Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA). 2006, “One Day at Universe” was published by Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA).  2006, “Space Dance in the Robotic Universe” was one of twenty performances short-listed by an international jury for the UNESCO Digital Arts award. 2008, he published a book “Space Dance” by Shunjusha Publishing Company in Tokyo. From 2009 he hold “Space Dance in the Tube” in Asia, Africa, Middle East, Europe, South-Middle-North America, and in Japan. 2013-2018, at Yamanashi Prefectural Science Center, Nagoya Dome, Museum of Contemporary Art Tokyo, LaNaNa, Eskisehir Science Center, Cer Modern Museum, Baza Theatre, Theatre Institute, SESC Museum, Niigata Creative Center, Warsaw University, Manggha Museum, Tama-Rokuto Science Center he hold “Space Dance in the Tube”, 450,000 audiences come to this project and enjoyed a Space Tube and Space Dance Performance. On August 2018, he published “VISION of BODY” and on September he presented “APAROS – AI Robot as My Alter Ego” at Kopernik Science Center in Warsaw, Poland. On August 3 & 4 2019 he hold “Kids Space Dance – Space Tunnel” in Kyoto supported by INAMORI FOUNDATION and NHK Educational, 7,500 people enjoyed Space Tube Experience during 2 days. From January 2020 he started to present ECKHART GARDEN 1-7.

東京スペースダンス・ディレクター、Founder of SPACE MUSEUM ONLINE、スペースダンス舞踏家、作家、メディアアーティスト。MITメディアラボやニューヨーク国連本部をはじめ多くの海外都市で展示・公演・ワークショップ・特別授業・写真展を開催。未来身体開発委員会・武蔵野美術大学非常勤講師・株アルシード担当部長(ソニー内)等を歴任。2004年~2006年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同研究を実施し代表研究者を務める。2006年、『或る日、宇宙で』(宇宙航空研究開発機構・出版)。『福原哲郎のSD/R-U』がユネスコによる「Digital Arts Award」に選出される。2008年、『宇宙ダンス/新しい身体をつくる』(春秋社・出版)。2009年より『スペースダンス・イン・ザ・チューブ』をヨーロッパ・アフリカ・中東・アジア・南米・中米・北米で開催。2013年〜2018年、山梨県立科学館・ナゴヤドーム・東京都現代美術館・越後妻有里山現代美術館・LaNaNa・エスキシェヒール科学センター・CER現代美術館・SESC現代美術館・新潟こども創造センター・ワルシャワ大学・マンガ美術館・多摩六都科学館・コペルニクス科学館等で開催し45万人が来場した。2018年8月、『身体の夢 / VISION of BODY』(英語&ポーランド語版)出版、コペルニクス科学館で記念講演『アバロス~私の分身としてのAIロボット』を行う。2019年8月3日&4日、主催・稲盛財団、制作・NHKエデュケーショナルによる『こども科学博』に参加、2日間で7,500人の多くの親子がスペースチューブ体験を楽しんだ。2020年1月よりエックハルトの庭1-7の発表を続ける。

http://sde-museum.com/

…………………………………
[all rights reserved copyright @ tokyo space dance 2020]